高山君の修業時代

takayamakun no shugyoujidai

高山君の修業時代
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
二見書房
シリーズ
Charade books comics(シャレードブックスコミックス二見書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784576990576

あらすじ

高山直宏16歳、平凡だけど幸せな家庭を築くことを夢見るごくフツーの高校生。そんな高山を突然に襲った、校内でもすこぶるつきの美形、紫堂先輩からの真意不明のアプローチ! そして背後からは委員長の熱っぽい視線…。万年熱愛カップルに見守られ(?)、紫堂ファンには敵視され、高山のアイデンティティーはまさに崩壊寸前! いけすな紫堂先輩相手に毎日が「結果の見えてる試合」状態の学園生活、でも時折感じるこの胸の苦しさはもしかして恋!?

表題作高山君の修業時代

紫堂夏臣・高校生
高山直宏・高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数2

まるっと1冊修行時代

10ページ未満の短編が続いて19話。
高山君の苦難と試練の数々。
主にメンタル面において崩壊していく過程を、その原因とのあれやこれやが楽しく読める作品です。

よくあるような、男子校の先輩のお気に入り程度。
ちょっとした悪ノリだと思い続ける高山君と温度の違う周りのニヤニヤ感。
それに習ってこちらまで。
進展するのか踏みとどまれるのかと、にやにやした気持ちで見守ってしまいます。
先輩だけでなく委員長にまで気に入られている高山君の魅力についてつい考えてしまいますが、本当に平々凡々。
委員長のドリームには過大評価し過ぎてて笑ってしまいます。
ついには逃げきれない運命に四面楚歌。
だんだんよろめき始める高山君にそれは気のせいだぞ。
と呟いては、流されまいと抗う姿に勇気と元気を分けて貰える作品でした。

0

関西人におすすめ

同人誌とかで、さらっとかいた4Pくらいのもののほうがつぼにはまる体験ないですか?
そいういう本編以外の小ネタ集のような感覚です。

ですがそういうところにちりばめられた会話のうまさとか
笑い飛ばすうまさとか
作者本人が楽しんでる感じとか
なんだか微笑ましい作品です。
「なんでやねん」とつっこみながら読むのがおすすめですね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ