どうしてそんなに可愛いんだ

恋してダディ

koishite daddy

恋してダディ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌7
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
8
得点
40
評価数
17件
平均
2.8 / 5
神率
17.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784861344732

あらすじ

男手ひとつで幼稚園児の凛太郎を育てるサラリーマンの佐藤は、ひょんなことから隣人の大学生でゲイの高橋と親しくなる。子供好きでなにかと手助けしてくれる高橋に惹かれ始める佐藤だが、離婚して間もないのに不謹慎だと自重する。しかし、高橋の家に行きたいとだだをこねる凛太郎に苛立ち、叱りつけてしまい……!? キュートでスウィートなファミリーライフ。描き下ろし漫画アリ!!

表題作恋してダディ

バツイチ子持ちの会社員 佐藤滋郎
隣人の大学生 高橋夏樹・19歳

その他の収録作品

  • 愛してダディ
  • 見つめてダディ
  • 抱きしめてダディ
  • 許してダディ
  • 誘ってダディ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

子供たちのやり取りにキュン

子育てものが好きなので、あらすじも読まずに購入した作品です。

絵も綺麗で期待したけど、1話目でちょっと後悔しました。

攻めの子持ちパパの佐藤の、受けの高橋に言った言葉が酷かったのです。子供がいなくなって動転してるのは分かるけど、ゲイだから一生親の気持ちが分からなくて気楽だと言っちゃって…。これで、佐藤がイヤになってしまって(汗)
二人がくっ付くのも唐突に感じたし。

だけど、子供同士のやり取りは可愛くてキュンとなります。
ただ、佐藤の息子の幼稚園のお友達が、勝手に家の鍵を捨てたり、ヤンチャ過ぎて、ここでも引きました…(汗)
ちなみに、高橋は一生懸命頑張ってて、好感の持てる青年でした。

6

いやいや、ちょっとどうなの?

子持ちモノが好きなことと、表紙が可愛らしかったので手に取ってみました。

内容はすでに書いてくださっているので感想を。

う~ん、ちょっとあり得なくない?と思ってしまった。特に攻めの佐藤さんに対して(ゴメンナサイ)。
ゲイである高橋くんにちょっと拒否感を感じていたのに、あんなにあっさり好きになるもの?
園児の足で逃げてるのに、見つけられないってどんだけ鈍足(失礼!)なの?
子どもを保護してくれた高橋くんに、あんな罵声を浴びせるって人としてどうなの?
って思ってしまった。

で、なぜにあの流れで事を致すんだろう…。何をちゃっかりやっちゃってんの?って思っちゃいました。親としても、高橋くんの恋人としても、包容力もないしいまいち好きになれなかったです…。

対して高橋くんは年下でまだ学生なのにしっかりしてて頼りがいがあって、なおかつ可愛いというナイスな受けさまでした。

あと、ごめんなさい、凜太郎くんがダメでした…。凜ちゃんがダメ、っていうか子を持つ母親の目で見てしまうと、子どもがすることに対して「こんなのないし!」って思っちゃう所が多かった。

人の家の鍵を続き山の中で投げるとか、傍若無人にもほどがあるよ。
悪気はないだろうけど、友達を突き飛ばして崖の下に落っことしちゃうとか。
そんなんしたら園内でも大問題になりますよ~って思わず突っ込んでしまった。

そんな危ない場所に遠足行かないだろ~!とか、そんなところに行くなら親も目をはなさないだろ!とかね…。

ちょいちょいと突っかかりを感じ、どうにもこうにも作品に入り込めませんでした。

辛口評価でゴメンナサイ。あくまで私の「しゅみじゃない」ってことで。

2

子持ちパパ

子持ちパパのお話です。
ダディってタイトルからして
おじさんなのかとがっかりかんを
感じながら読んだ記憶がありました

読み切りだったと思っていたのですが、コミックになっているのを発見。なんと続いていた・・・

子持ちパパがマンション隣にすむ
かわいこちゃんと付き合うお話でした

ノーマルである子持ちぱぱは
隣人がゲイであることを知る
子供がきっかけで家族交流がはじまり。。。てきな
流れでした

苗字が高橋さんと佐藤さんっていうのがいいなぁと思った。

好きになるまでとか、 悩みといった深刻な具合はないので

子持ちパパやわいこちゃん男子が好きな方にはオススメです

0

ふ、不覚…ちびっこにやられた><

私は決して子持ちパパが萌えツボではないのだけれども…なんか今回はちびっこ達にやられた感じです…。
途中まで、こんな物わかりのいい幼稚園児がいるかい!と思いつつ読んでいたんですが、喧嘩してリン君がキヨ君を突き飛ばして泣いてしまうシーンからググッときてしまいました(汗)。
キヨ君、ほんとにリン君好きなんだね~(って今回メインではないんですけれどw)。
主人公の大人カップルはノンケxゲイで、お隣さん同士になったんですが、お話自体は今まで読んだ子持ちパパ+お隣さんによくある展開かなぁ~と思います。
忙しいサラリーマンのノンケをまだ学生のゲイの子が手伝ってあげるとか…ほのぼのした展開ですね。
そこに家族の問題とかが絡んでくるんですが、比較的荒波は酷くなく進むお話です。
ちょっと大人すぎる子供が気になるところではありますが、子持ちパパ、隣人、健気な受け様がお好きな方にはいいかも。

2

パパとママと

この人の漫画は、一番最初の「グリンピース」が一番好き。
というか、初期の数冊は凄く好きなんだけどな~な印象が強く、最近はちょっと疎遠になっておりました。
少年とか描かれるとすごく巧い作家さんだと思うのですが
最近は、アダルト~なものが多くて、面長すぎる顔が好みじゃないのです
時代の流れ?好みの移り変わり?もう少し若人の話をお願いしたい(´Д⊂

お話は、お隣のゲイとの~なお話。
痴情のもつれに遭遇してしまったのが運のつき。
ゲイというのはおいといて~な、ご近所づきあいが始まった。
それがまた可愛く見えて来ちゃって、最初こそ「ゲイ」という言葉に
ちょっぴり逃げ腰だったものが、という流れなお話。
よくある話っちゃそうですな。
家族になろう~家族に~と、ほのぼのな展開しかり。
可愛いとは思うのだけれど、よく見る話すぎて・・と思わなくもない。

何も考えずに読むと
子供も混じるので、可愛いと思います。
受がまだ10代だったとは思わなかったけども(笑
・・・・あとは、あれやね。
息子のホモ化。モーションかけてくる子が近くにいるので
時間の問題という気もしま続きす。あんがい攻に育つと面白いと思う

1

物分りよすぎやしないかい…?

小説とか漫画とか、基本読み始めた読物は最後まで目を通す方ですが、珍しく途中で挫折した作品…。こんなこと、滅多にないんですけどね…(´Å`;)
なにが原因かというと、子どもです……。子持ちパパが頑張るBLは好きなんですが…。
バツイチ子持ちな攻めの愛息子、凛太郎くん。幼稚園児っぽく描こうとしてるのはわかりますが、ダメでした…。甘え方も、我がままの言い方も、健気さも…どうしてかわざとらしく見えてしまって……。…あまりにも都合よく子どもを描きすぎなように感じてしまいました。。。
大人二人の恋愛を進めるために、必要なときに必要なことを言ったりやったりするのがムリがあるというか…物分りよすぎたり、ベタな我がままいいすぎたり……「ありえないから…!」と思わずつっこんでしまった。すごい計算高い子どもにしかみえない…。
いや、マンガだってわかってるんですけどね…。。。
わかっちゃいるんですが、それでも一度目に付くとそこばっか気になっちゃて、短気が災いしイライラと…。なので、途中で挫折しました…。
まあ、広い世の中、どこかにこんな理想的に子どもっぽい子どもがいるのかもしれませんが…。
続き人的に凛太郎くんとは相当、相性が悪かったみたいです…スミマセン。

《個人的 好感度》
★・・・・ :ストーリー
★・・・・ :エロス
★・・・・ :キャラ
★★・・・ :設定/シチュ
★・・・・ :構成

2

高橋くんにヤラレタ・・・(´艸`)

BLと子供って、一番遠い存在のような気がしてるんですけど、
北沢先生のお話は、ご自身があとがきで「子持ちパパが好き」と書かれていましたが、そのせいか全く違和感なく読めます。

さてさて。。。
前の方のレビューがすばらしいので、私はストーリーは端折りますw
まぁ~リンがかわいいのなんのっ!!!
そして滋郎パパが『ウチの子も高橋君もなんてかわいいんだ』と、わが子と並べて目を細めてしまうほど、ほんとに高橋君もかわいいんです~!
ヤツ当たり?で滋郎にバチーンとやらて、謝られた時の泣き顔が・・・
も~きゅーーーーんっでした!滋郎と共にやられたー!!
おっとりとした性格だけどすごく表情豊かで
エチ中の顔が超絶色っぽいのです~。
北沢先生の描く受クンたちは皆エチの時イイ顔しますなぁww

そんな高橋君、認めてもらえなかったお父さんのことや、子供は一生持てないだとか、ゲイとしていろんな悩みを抱えていたり・・・
リンに拒絶されて傷ついたりしながらも、すったもんだしながら『家族』としての絆が深まっていきます。『子供』の夢もかなったようなもんだし、オヤジも認めてくれたようだしw幸続きせそうで、こっちまで幸せ(´∀`*)ポワ
リンも、作者様があとがきで『彼らの話も描けたら』とおっしゃってるコトだし、ソッチの理解がある子に育つのでしょう。。。

全体的にほのぼのとしてますが、エッチも少ないページの中に濃ゆいのがガツン!と存在感があります(鼻息)
滋郎パパ、リンの妨害にあったりwしながらもけっこうガッツイてますww

あと、チョイチョイ出てくるギャグっぽくなる絵が大好きです!!
ガーンてなってるパパとかすごいかわいいの~

それから、先のレビュアー様のおかげでカバー裏の存在を知りました!!
ありがとうございました!!ほんとパパかわいすぎwww

0

子供の未来も心配だぁ~ww

自分的好みの子持ちモノです♪♪
毎度毎度つぶやいているが、子供が出てくるとずるいんだよな~v
胸を掴まれちゃう!
小さい子供って素直でウソつかないから(こういう作品の中では)、自然と大人も正直に向かい合わなくちゃならなくなる。
もちろん、そこにはシングルファザーなりの子育ての苦労もあるわけで。
それが、主人公達の愛を育てるのに一役買うから、すごく彼等に肩入れして
しかも子供にキュンしてみたりして、何だか魅力が増す気がするんですよねv
このお話も然り♪
ラストは男夫婦まで行ってますから~w
息子が大きくなったらどうなるんだろう?そんな期待と不安も込みで、楽しくて甘いお話でしたよ。

妻の浮気が原因で離婚した佐藤は、保育園児の子供と二人暮らし。
隣人のゲイの大学生が彼氏とケンカ別れする場面に出くわし、それ以来息子の凛太郎(リン)がその大学生・佐藤になつき、時々面倒を見てもらったらったりして、親しい付き合いをしている。
すでにゲイということはカミングアウトされているから知っているものの、事あるごとに「そんなことしないでください、期待しちゃいますよ」とけん制されてはい続きるものの、面倒見の良い、明るい高橋に佐藤は惹かれるのを止められず・・・

お父さん!息子が寝たのをいいことに隣室に行ってエチなんかしてていいんですか~!?www
でも、やってばっかりいるわけじゃないですから。。。

この佐藤、お父さんなのに案外ヘタレw
彼の方がグルグルしているというか、不安定というか、
子供の事で高橋に怒ってみたり、別れた妻の事で子供の気持ちがわからなかったり、保育園の先生に高橋が・・と嫉妬してみたり。
逆に高橋のほうが、年下なのにどっしり構えているっていうか、気持ちも細やかだし、察しがいいし、見極める目を持っていて(何でそれでDV彼氏が元カレなんだ~!?)
リンが高橋の事をママと呼ぶのもウンウンとうなづけるのですよ。

そして意外にもBLなのにBL予備軍のリンくんが主人公になるお話まで!
リンの事を「オレの嫁」と断言したキヨシくんとのケンカですね。
何か、こういうケンカすごくわかるんですよー!
そうそう!って、子供ってこういうどうしようもないことにこだわってケンカするんだ(ニヤニヤ、、)
キヨシ君、リンにキスしてたし~この二人どうなるの(ワクワク、、)

ラストは、高橋の両親への挨拶、ゲイをカミングアウトしたことで絶縁状態だった両親との仲直りがついて、男夫婦決定ですww

保育園の先生、高橋狙いかと佐藤がすごく警戒してましたが本当は佐藤がタイプだったとか!?
カバー裏本体表紙、必見ですwwww

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ