その店には、切なる願いを抱えた者が辿り着く――。

百いろどうぐばこ

momoiro dougubako

百色道具箱之刎颈浴血录

百いろどうぐばこ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×28
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
14
得点
113
評価数
33件
平均
3.6 / 5
神率
33.3%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784862639165

あらすじ

妖艶にして美貌の道具屋の主人・梟のもとを訪れる、『約束の小指を求める男』や『兄が産んだ子を抱いた男』、『主の骨を銜えた仔狐』らが紡ぐ恋の秘話。
梟の恋人(のはず)の千足は、いつもHの間の記憶がなくて落ち込むけれど、それは千足の秘められた正体のせいで…!?
大人気のチビキャラver.も収録、あじあ流幻惑恋愛譚v神秘で絢爛な恋の絵巻、登場!!
(出版社より)

表題作百いろどうぐばこ

甘味屋三男(鴉) 千足
道具屋(魂守) 梟

その他の収録作品

  • ちゃあのぼーけん、お昼編っ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数14

美しくて、不思議

はっきり言って、難解。
でも好き!
美麗な絵柄で、お題は妖しく、エロは…もうちょっと見せて!ってとこでの寸止めで。
美麗パートは、いいないいなとドキドキしながら読んで、サッと手を離されるような、わからないままぼんやり薄闇に置き去りにされるような、そんな物語達です。
そして、は〜わっかんねー…とため息の後のちびっこマンガで意味を補給する、その繰り返し。
輪廻輪廻の蔵の中、百いろなのはお道具箱より万華鏡、くるくる廻って読むたびに惑わされます。

1

初読では理解困難でした

読み始めてパッと頭に思い浮かんだのはCLAMP作品のHolic。
何というか…不思議で妖艶な話でした。
取り敢えず難しい…。
陰陽道がベースになっているんですが、抽象的で…初読時は話を追うのでいっぱいでしたorz
まぁ…「百人が見て百通りの物語」をコンセプトにしているらしいので、分かりやすすぎたら皆一緒になっちゃいますよね(´・ω・`)

期間をおいて再読したら、人物設定とかが頭にある程度残っていたからか初読時よりは入りやすかったです。
意識がある鴉(※体は千足)に駆け寄っていく梟が可愛いー(*ノдノ)
会いたかったんだよね!
久しぶりに会えて思わず飛びついちゃったんだよねwww
それまで超然とした態度だっただけにとても可愛いのです(*´艸`*)

話の合間に入るちびキャラ小話は和むヾ(≧∇≦)

ってか鴉と梟のラブラブシーンがもっと見たいー(((o(*゚▽゚*)o)))
だって鴉と一緒にいるときの梟ってば可愛いんだもん(*´Д`)ハァハァ
いじられキャラの千足と違って鴉は格好良いし!

読めば読むほど楽しめる…そんな感じでした~。

1

私には難しかった

ちょっと妖怪とかが出てくるテイストの話。
裏に伝承とか歌があって、それに合わせたダークファンタジーっぽい内容が込められています……が。

個人的にちょっと難易度が高かったです。
結局、誰と誰がラブラブなのかもわからなかったですし、そもそもラブという関係が存在しない世界なのかどうかも謎。
そういう物語が私の読解力ではきちんと読み取れないので、ややつまらなく感じました。
なんとなく(パクってるとかそういう意味ではなくて)「xxxHolic」とかあっち系の話にしたかったのかなー……というのは感じました。
ただ、それよりはどうしてもちょっと劣るかなーという印象。
まあ、書いてる年数が段違いなので、劣って当然という気もしますが。

もうちょっとわかりやすく書いてくれたら、わかりやすくてもう少し面白かったんだろうなーと思います。

1

いやはやこの世界観は…

すごいですね。
神にしようか…どうしようかと散々悩んでの萌×2です。

まずはひとつめの白蛇さんのお話が意味分からなくてちょっと凹み。
物の怪が誰がどうなってええええええ?と、正直今でもよく分かっていません……
でも白蛇がエロ可愛かった、とそれでもう十分。

ふたつめの鵺のお話。
双子のお話だけど、本当は三つ子だったはずの鵺と双子を織り交ぜたなんとも不思議で、少し切なく少し優しいストーリー。

みっつめの管狐のお話。
ここでようやく、梟(受)と鴉(攻)がイザナギとイザナミをモデルにされていることが分かる。
梟が黄泉なのも納得。
もしかして前のふたつもモデルのあるお話なのかな…私には分かりません(誰か知ってたら教えて!)
管狐の飼い主だった青年の悲恋と、梟と鴉の秘密とが交わって、不思議な読後感。
梟と鴉は悲恋ってわけではないのですが、ままならない運命が立ちはだかっていてそこがなんとも切ない。

みっつのお話全てにおいてうまく説明ができない。
わたなべあじあ先生の描かれる不思議ワールドに飛び込みたい方にはおすすめ。
実に雰囲気があって美しいです。本当に続き美しいです!!
美しいだけではなくて、一応補足のようなちびキャラの漫画が後に付きます。
それでも難解ではありますが……
あと、梟が鴉以外といたしているシーンがあるのですが、これはしょうがないというか
それでも鴉に十分配慮された(?)ものですので、そういうのが苦手な人でも十分いけるんじゃないかと思います。

何度か読み返してみて、白蛇のお話を十分消化できたら、神に上げるかもしれません。
それくらい良かったのです。

5

難しいけど美しい!

いつものバカップルがきゃっきゃっうふふしてるほのぼのあじあさん(誉め言葉)と違って、不思議系のお話。
買ったときに読みかけたら難しそうだと思い、数ヵ月放置してました(-_-;)

でも読んだらかなり惹き込まれますね!
やっぱり理解はできなかったけど(笑)

いつものちびキャラもちゃんと登場しててかわいらしかったです(*´∇`*)

あじあさんってシリアス系とジュネ系と絵柄の雰囲気が変わる気がします。
あのトーン使いはもはや芸術ですよね(`・ω・´)

1

私が馬鹿なだけか…

まったく意味の分からない内容でした。
複雑な内容を好む私でも、内容が難しすぎて理解出来なかったです。

しかしレビューを見てみると、皆さんかなりの好評価なので驚きました。

なので多分私が馬鹿すぎるだけですね(笑)

私は初のあじあさんだったのですが、もうあじあさんの本は読まないと思います。

0

すばらしく、絵が妖艶

こんなに雰囲気たっぷりで素敵なカバー絵なのに、なんでBBCの統一デザインのカバーかな、
多分、このカバーじゃなければ、もっと早くに、ちゃんと新刊で買っていたと思う。

お話はファンタジーで、世界観もいろいろややこしいのですが、すばらしく妖艶な絵に見入っているうちに、なんとなく雰囲気は伝わってきます。
それに、間に,可愛いチビキャラが登場して、本編を補完してくれるので、いろいろなことが具体的にわかるようになっています。

この本、カバーと紙質変えて愛蔵版で出してくれたら、ちゃんとお金払って買い直す。
そして評価も「神」にする。

4

雰囲気抜群

帯『そこは、何でも揃うお道具屋さん』

上手いなーっていうのが第一印象。
まずこういう世界を描く力量のある作家さんというのがそもそも限られてる、その力を持ってるあじあさんだからこそ描けた世界だとも思います。
自分はマンガには画力とマンガ力は別々に考える方なんですが、この作品に限ってはこの世界を完成させるにはある程度の画力も伴ってこその完成度だと思います。
梟の分かりにくさを分かりやすい千足がフォローしてますし、それは物語にも言えていて、やや難解に思える話ですが毎回チビキャラでのフォローがあります、親切で読み手を突き放さない構成で登場人物も華麗に描かれる人物達と、かわゆくてキュンとなるチビキャラ達とで成り立っている。
あとがきであじあさんが言っている「百通り」というのもいいなあ、そういう話もあっていいと思うしそういうのが面白い。
自分的には「ちゃあ」の狐にやられましたーーーかわいすぎるよ!!
あと千足のメガネバージョンが萌え。

3

こりゃまた凄い世界観だこと!

私があじあ先生に求めるものは、エロスと画です!!

なので、この作品も大変楽しめました!ヽ(*´з`*)ノ

でも、いろんな方が書いてますが、人を選ぶ類の作品だということに間違いはないと思います。

ストーリーや世界観は難解なので、途中でやめたくなる気持ちもなんとなくわかります。

ただ、幽霊、妖かし、古道や陰陽道など科学で解明できない奇怪なものがスキな人は嫌いじゃないんじゃないかしら…。

かくいう私も、その手の作品が大好物なので、あじあ先生の美麗なイラストと相まって非常に楽しめました!

鴉と梟のカップルも素敵です。
なよっちい受が苦手なので、男らしいふたりの絡みは拍手ものです!

Sっ気たっぷりな梟もいいキャラしてるし、個人的にはほんと美味しかった。
話が難解な分、2回、3回と読んでも楽しめるのでそれもいいかもですね。

1

夢うつつ

あじあサンの新刊!なんかすごく久しぶり!!(*ノ´∀`)ノ
絵柄がさらに難解になってますねwや、悪い意味ではなく
今回は、ちょっとファンタジーなお話おりまぜつつ。
というか、なんかまだ中途半端な感じですね。
もう1冊くらい続きそう・・とかワタシは想ってしまったんだがどうなのでしょう。
さて、お話としましてもこれまた難解。
というか、サラッと読めないのがまたミソでして
読めば読むほど味が出るというか。
一回読んでも頭にしっくり嵌らない。2度読んで面白みがわかるかな~というお話でした。私の頭が緩いだけ・・・の問題でもないはず・・
ただ、間間に挟まっている、チビキャラの解説
これがすごく解かりやすくて、難解な本編の面白さを感じさせてくれました。
というか、これがなかったら何がなにやらだったかも(笑
>>蛇
この蛇くん。最初大人バージョンのときはちょっとキャラクターの見分けがつかなかったんですが、お子様バージョンになってからグっと可愛さがましました。なんだこの卑猥な生物ゎww
エロい調教(オシオキ?)プレイ萌えました
>>黒猫さん
まだキャラクターがいまいち解か続きりにくい
攻なのか?ドSなのか?む=
>>ヌエの話
兄が身ごもり、子供を産んだ。
その父親の正体を知るために、夢のなかに入ったが、その正体は
本当に不思議な感覚~のお話でしたね。
ようは、神様がどぉ処置をしていくかっていうお話なんだろうか
つきに1度の逢瀬がかなったわけなのだが、それはそれで幸せなのか。
普通のハッピーエンドじゃないからムヤムヤしてしまう
>>キツネの話
この黒髪の美少年がツボ!可愛かったww
想いあうって素敵なことだとおもうのよ
>>梟
主人・梟。今回ばかりはエロかったですね。
ここにきて、「ああ・・そうか、そうだったのか」な部分が多い。
好いた相手に対しての態度が可愛くて萌w
チビキャラ「やりためてやるんだ」っ`Д´)っ・:∴タマラン
男の色気ってのがいいですよね。
とりあえず次回があることを祈って

2

惹き込まれるものものはありますが。

百人が見て百通りの物語と後書きにもあるように、これは凄くツボで大好き!って思う方と、ちょっと微妙~って思う方に分れそうな話だなぁという印象を受けました。
私はぎりぎり好き!な方です。
期待して読みましたが、『神』まではいきませんでした。

和テイストのファンタジーで猫又、蛇、管狐、鵺、妖、神などの絡む人のようで、人では無いそんな登場人物が沢山出る物語です。
雰囲気はどちらかと言えばシリアス切ない系で、そして少しの笑いが挟み込まれている感じでしょうか。
シリアス絵のパートでは静かに流れるように物語が進み、ちびキャラのパートではひたすらに愛玩したくなる可愛いお話が読めます。
シリアスパートが終わったらちびキャラパートでお話その後?というか補完?をするようなイメージです。

時代は明治とか大正とか、はっきりは描かれていませんがそのあたりの時代を連想させる時代背景がうかがえました。
現代もので和ファンタジーではなく、そういう少し前の時代のような世界だからこそ、起こりそうな不思議で妖しげな出来事や、小道具などの使われ方が利いているのかな?
あやふやなようで、しっかりした世界続き観がある、けれどやっぱりどこかあやふやに感じてしまう妖しい魅力。

道具や道具屋の主人で魂守という役目の梟、千足という一応梟のお相手の秘密などなど。謎も多く、分っていることよりも、分らないことの方が多い。
続編がでるのならば、その辺りをもっと知りたいところ。
ただ『百人見て百通り』という言葉を考えれば、語られないからこそ、想像したり妄想したり様々な受け取り方や解釈の仕方など出来るのかもしれませんが・・・。

自分で想像・解釈するには限界があるな!
なので、続編出ればいいな!

1

見事な妖しい世界にため息

もう、本当っ!ため息が出ます!!
妖かしや神話やそんな人外の世界が繰り広げられるあじあワールド。
その美しい絵が、効果を何倍にも増してため息をつかせるのです。
そして、合間にはさみこまれるチビ絵v
一冊の中で色々な味を楽しめるキャンディーBOXの様を呈して、魅了されてしまいました。

道具屋を営む梟。
最初、あれ、これは京極堂のようなお話なのか?と思いきや!
ストーリーの展開と共におぼろげに見えてくる彼等の世界と真の姿。
あとがきにて、あじあさんが「百人百様の捉え方」とおっしゃっているように、どの話も余韻を残し、その関係や展開や内に潜むものを自分なりの解釈で楽しんでいいんだという、その発想の柔軟さにあじあさんの絵を通して自分の物語にすることができる。

一見難解な本編にチビキャラ漫画がはいることにより、一見解説の意味を持たせている風もあるのでは?

梟の恋人、鴉を食べてしまったお仕置きに、子供に生まれ変わった蛇に与える罰は実に淫靡でエロスの華が咲いているようでした~v
ショタっ子風味は、この蛇に限らず次に登場する鵺、その次に登場する管狐、管狐と一体になる少年続きと、じつにじつにおいしく食べてしまいたい、蜜も滴る・・・ジュルリ・・・

また鴉の人である時の姿と封印が解かれた姿のギャップに非常に萌えます!
二人で術をなす、想いを残す余り管と魂が交わってしまった従兄弟を返し、絡まってしまった術を説く為に、天城と交わる梟に嫉妬する鴉の姿に、この二人の関係の奥深さと使命を見て、まだまだ先が知りたいと思うのです。
梟は、天の高原と現生を繋ぐ道の門番のような役目なのだろうか?
鴉の力が封じ込められている意味も、災いの神という彼を抑え込んでいる為に恋人でいるのか、それとも、その世界を超えて恋人でいるために境界を仕切るものとして存在しているのか、
その世界観についての想像と妄想がどんどん膨らむのでありました。

是非、是非、シリーズ化して、彼等の世界をもっと見せてほしいと願うのです!!

2

美麗さに魅入ってしまう・・・はぁ~(ため息)

初め、あじあ先生のあまりの美麗さのビカーッとした光に目が眩み、内容も朧気(おぼろげ)で、ページがなかなか進まない。
ここまで読めないマンガの読み手だったとは、しばし自失(汗)

世界は、現実とあちらとの中間。
なので時代は不明だけど、明治大正っていう感じ。
桜が嵐のように舞い散っている宵、
超絶美麗な男「梟(ふくろう)」が「黒蜜」と呼ばれる黒猫が獲ってきた“仏舎利”を、訳知りに受け取る。
黒メガネの男「千足(ちたる)」に、世話を焼かせ乍、人になっている黒蜜と一緒に揶揄し乍、居る場所は摩訶不思議な「道具屋」。
そこに来た客人「蛇」は、
「“約束できる小指”が欲しい」と言う。
ストーリーはここから始まります。

梟が、霊力を落としショタになった蛇にお仕置きをするシーン、
あじあ先生お得意の、指を突っ込んだ口元に涎、後孔に鈴口に溢水たっぷりな春画は、鳥肌立ちまくりな出来!うっきょーっ!
可哀想なショタ蛇ですが、黒蜜の執成しもあって“道具屋の道具”にならず、ホッとしました!次は、黒蜜×蛇に期待しています!

その他、数奇な双子の兄弟から産れ出た「鵺」の章、六花と続き八束の悲恋の傍にいた小さな小さな「管狐(くだぎつね)」の章、
間間に、可愛くて舐めたくなるSDキャラのストーリーが、説明役と中和役になってくれてます。
うわぁ~!マジ?どうしようっ?何でこんなに可愛いのーっ?!
(どうにもならないけど、一応言ってみた;)
もう完全にKO!あじあ先生の手練手管にやられちゃいました♪

そして、[憶えていない千足×梟]と[会えない烏×梟]、同じで同じではない相手を求める、いつもの梟にはない「切なさ」にキュン・・・
人外のいにしえの愛と苦しみと、エロと、可愛さを、あじあWORLDが存分に魅せてくれます!良いよ~とっても!

ただ、神世の難しい言葉や同音異語?(当て字)が難解です、もっと読まなくちゃ~!
金欠なのに思い切って発売当日に手にしたコミックス、スルメのように長く堪能できる作品でした!
次も早く欲しいです!

3

妖しく美しいあじあワールド

道具屋の主人・梟の元へ辿り着くのは、切なる願を抱えたモノたち。
店にやってくるモノたちの願いを叶える梟と、助手?で恋人でもある
千足(ちたる)、梟の式神・黒蜜の妖しくも美しいおはなし。
CLA○PのXXXHOL○C 的なストーリーです。

とにかく絵柄が美しい。あじあの描くポップキュートな絵柄も好きだけど
こういう絵柄こそ、これぞあじあの真骨頂!って感じです。

えちはほとんど無いですが、千足を喰った(仕向けたのは梟ですが)
子蛇をお仕置きするシーンは、あじあお得意の特殊なプレイを
している訳じゃないのになんともやらしい…。
画力は高いしセンスもあるしで満足でしたw
ショタ化した子蛇は可愛かった~

他にも赤ちゃん鵺やら手の平サイズの管狐やら、ちびッ子たちが
沢山出てきますがどれもすっごく愛らしく可愛い♪
特にちゃあ(管狐)は人型でもそのままの姿でもイケる!(何
人型では、学ラン黒髪ぱっつん薄幸の美少年でなんとも昭和な香り。
自分のご主人の為に必死に頑張る姿が愛らしいです。

書き下ろしや、お話しの途中に挟んでいるSSは3頭身化した
登場人物た続きちの日常。これも可愛くて面白かった~。
特にちゃあ(しつこ…

雑誌では続いているのかな?是非2巻も出して欲しい~
ちゃあが修行中らしいので、その後どうなるのかが気になり。
千足って結局何?(祟り神?)千足と梟の出会いは?
天城と梟の関係は?裏切り者って何があったの??
など。知りたいことがまだ沢山…(描かれてないよ…ね?;)

私的には、ちゃあの存在だけで「神」ですw

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ