ツンデレ不良はお好きですか? このキュン度はスゴい!今イチ押しのメロメロ同居ライフ♥ エロ増量の第2巻!

るったとこだま 2

るったとこだま 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×25
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
81
評価数
20件
平均
4.1 / 5
神率
40%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048545853

あらすじ

君となら、心もカラダもぴったりする。
『るった』こと塁崎隆夫(るいざきたかお)と宮城こだまは寮のルームメイト。
『泣く子も黙る不良』のるったからの告白を受け入れて以来、気持ちの上でもカラダのことでもリードされがちなこだまだったけれど、ある日、ふと思ってしまった。
「挿れんのって気持ちいい?」
ちょっとずつ変わり始めたこだまのココロとふたりの距離に、るったは一体どうするの…?
ますます青く、ちょっぴりエロく盛り上がる、オトコノコたちの青春グラフィティ♪
描き下ろしも収録!!
(出版社より)

表題作るったとこだま 2

受様の恋人で一匹狼の元不良/るった・塁崎隆夫
明るく屈託のない攻様の恋人/こだま・宮城こだま

その他の収録作品

  • (表題作なし)
  • どっちの景色
  • ラブイベント
  • 世界の中心で
  • 3月のバレンタイン
  • brand new days
  • with you
  • 特等席
  • るったとこだまとしまこ

評価・レビューする

レビュー投稿数8

一緒に里帰り

ルームメイトになったことから恋が始まった、不良のるったと真っ直ぐなこだまのお話の2巻です。2巻も1巻に引き続き、甘くて可愛い2人にキュンキュンします。

今回は、るったが熱を出したり、一緒にこだまの実家に帰ったり、一緒に体育祭を頑張ったり、相変わらず可愛いエピソードに萌えます。

特に好きなのが、こだまの実家に帰ったエピソードです。
最初は彼氏の実家だと緊張していたるったが、こだまの両親にこだまと同じように扱われて(おとし玉も貰ってます)、だんだん高校生らしくなっていくのが良かったです。
こだまもそう思って、るったを連れてきたんだろうな~と。ちゃっかり母親と仲良くなって、アドレス交換までしてたのは予想外だったみたいだけど(笑)

交友関係も広がって、一緒にいる月日も増えて、思い出もたくさんになって。だけど、いつでも大切なのが誰だか分かってる2人の一途さに萌えまくります。
付き合った2人がイチャイチャするのを見るのが大好きなので、2巻も大満足です。

3

百合ップル

2巻です!!
この作品は百合なんじゃないかと思います(●´ω`●)
るったもこだまも可愛すぎますね天使かな

2巻はるったが風邪をひいたり実家にお邪魔したり舎弟登場したりしています。
私はるったが風邪をひく話が好きです♡
るったに風邪をひかせたくないからと部屋から追い出し電話で「愛してる 大事なんだ」だなんてキザすぎます いい彼氏持ちましたねこだまは!

この作品はほのぼののパートと行為のギャップがあって好きですね、まぁ二人がエロすぎるって話なんですけど こう・・キスから入り~の段階や服を脱ぐ感じなどからエロスを感じます

1

猫はかわいい

るったとこだまはつきあっているルームメイトでもある

こだまは、たぶん女性経験がないままるったとエッチをしてしまったため、童貞のまま

自分がるったを抱きたいと宣言するのは、新鮮でかわいかったです
が、結局だかれるのですけどね

このシリーズで1番好きなのは
こだまの家にるったを連れて行く回です

とても優しいお母さんと
家族。そして猫ちゃん
こだまは良い子なんだと
やっと思えました
無駄に綺麗すぎるお母さんが多いなか
こだまのお母さんは癒し系の
本当にお母さんらしい
体型と笑顔
これが1番です

2

ツンデレというか、デレツン!?

“こだまのため”となると、めいっぱい必死なるったがカワイイ件。
1巻の読んだ感想はそんなに・・不良と~な設定はあるものの
さほど不良でもないし、あんがい簡単にくっついちゃうし
難なく甘甘だし。なんて思ってた気がするのですが
久しぶりに引っ張り出した第二巻。
可愛かったよぉぅ(*´∀`*)きゅぅん
心が穏やかな今読んだのもよかったのやもしらんのですが
可愛かった。青春グラフティ万歳!

お話は、恋人どうし、ラブカップルな日常が短編で描かれます
お正月、クリスマス、バレンタイン、体育祭
かぁわぁゆぅしぃぃいいいいいいっ!
必死なるった、ネコ抱きるった。
可愛かったです。あ、もちろん、受が嬉しそうな顔をしているから
が、大前提にあるのですけどね。

エロもわりと多めなので
ほどよく楽しめる作品

2

心優しき不良くん

続刊2作目は前作の、もしやリバなの?!って言う攻め様視点で描かれた内容が
受け様視点で描かれた、双方の気持ちはこうだった!!っていうお話からスタート
やっぱりこだま君にはそんなハードルは登れないですよねぇ~
でもでも、るったのある意味男らしさ全開でこだまを思う気持ちが胸キュンです。
そしてやっぱりいつものポジションが互いに落ち着く・・・甘いです。
しかし、今回もるった君は萌えさせてくれますねぇ~
なんで攻め様にこんなに萌える事が出来るのか!風邪で寝込んだるった君の姿まで
萌え対象になってしまいましたよ(笑)

今回はなんとこだま君の家にお泊りなんてイベントもあるんです。
ほんと回が進むごとにるったの可愛らしさがエスカレートしちゃいます。
受けであるこだまの可愛さとは質が違うんです!!
基本女の子よりも男の方が純粋で純情だと個人的には思っているので
まさにこの作品はそんなツボを擽りまくる内容なんですねぇ~~
毎回ヤラレちゃいます。
それにこだまと出会った事でどんどんるったが素敵な成長をしてるんです。
お互いがプラスに働く出会いって凄くステキですね。
2作続き目でますます好きになったシリーズです。

2

いちゃいちゃ

とても可愛い主役カップルがイチャコラしてるシリーズ続編です。
るった(攻め)もこだま(受け)も、本当に可愛い。
とくにるったのキャラが素晴らしくて、「不良で俺様だけど好きな子には純情一直線」っていう女のツボをついてくる性格だなァと思いました。

ただ、私にはちょっと物足りなかったかなァ…。
もともと、出来上がったカップルがイチャコラしてる続編ってあんまりスキじゃないもんで。もうちょい波乱万丈がほしい。
逆にいうと、そういう可愛くてほのぼのしてて癒されるような作品がスキな方にはたまらない一作だろうなと思います。

2

(*´o`*)

1巻に続き、2巻も凄い良かったです。絵も可愛いくて好みだし2巻も、ほわほわしてて良かった。お互いが本当に好きで読んでて幸せな気持ちになるので、可愛いほわほわした気持ちになりたい方は是非読んでほしい!

2

どんな季節も2人で一緒に

今回は受様と出会うまで一匹狼と怖れられた元不良と
ごく普通の明るく屈託のない高校生カプの恋物語です。

受様と出会うまで
喧嘩が趣味と豪語し腕っ節も良かった攻様は
近隣でも名を馳せるカリスマ不良として
学校でも寮でもまわりから
一歩引かれるような存在でした(笑)

しかし転校してきた受様が
攻様のルームメイトとなり
彼と屈託なく攻様と接しているうちに
こだわりのない受様の優しさに
攻様がまず惹かれ

告白された受様も
攻様への好意が少しづつ恋になり、
2人はラブラブなカップルに♪

本巻はそんな2人のその後を
季節とともに楽しむ1冊になっています。

【そっちの景色】
既刊『るったとこだま』で
描き下ろしされた続編を受様視点から
描いたお話になります♪

攻様への恋を自覚して恋人になってから
彼に抱かれ続けてきた受様ですが、

コイバナ仲間である友人カプ(男女)の
ラブラブな様子から
自分の「彼氏」である攻様について
色々考えてしまいます。

挿れんのって気持ちいい?

ついつい攻様に訊いてしまうのですが
訊か続きれた攻様はたまったものでは有りません!!

挿れたいって何?!
女を相手にしたいって事?!

ピキーンと固まってしまう攻様(笑)

でも受様だって男の子なのですから
そう言う気分になっても仕方がないかもと
攻様が断腸の想いで出した答えとは

死ぬほど嫌だが……
どっか信用のおける店を紹介してやるから

えええぇぇ?!浮気推奨なの?!

今度は受様の方がプチパニック!!
受様が挿れたいのは攻様なのに。
果たして2人の攻防の結末は?!

既刊『るったとこだま』の続刊は
月刊誌の連載作品らしく
2人の日常が季節に合わせて描かれています。

上記のお話の結果は
攻様が潔く受け身を引受けてくれたものの
受様が抱かる立場の自分よりも
抱く攻様の方がずっと色々と考えてくれてる
と気づいていつもの定位置に♪
リバは不成功(笑)

受様も具体的に
攻様を抱きたいと思った訳ではないのですが
攻様の衝撃はかなりだったみたいです。

その他のお話は季節行事や
学校行事とうまくリンクしてます。

お正月には受様の家族、
ホワイトデーには友人カプが絡み
新学期には攻様を慕う後輩が登場、
体育祭には攻様の級友達が参戦等々

どれも微笑ましいほのぼの系のお話で
とっても面白かったですよ♪

回を増す毎に
メンバーもパワーアップしている本作は
雑誌でもまだ継続中なので
次巻も楽しみに待ちたいと思います♪

藤谷作品はほのぼのとした雰囲気で
主役の絡みも激しくないけど
色っぽいところが私的にはかなりツボですが

どちらかと言わなくても
雰囲気で読ませる作家さんな為
大きな事件で大進展とかがある話では無いなので
刺激を求める方には物足りないかな?

今回は本作同様、
ほのぼの系キャンパスラブでみろくことこさんの
『してみて。』をオススメします。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ