指先からキスをして

指先からキスをして
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775516515

あらすじ

遊び人の園井夢は、結婚に憧れるごく普通のサラリーマン。…のはずだったのに、一夜の過ちで高校生の東雲莉緒と、SEXフレンドの関係に。自分の性癖を否定し続ける夢だが、莉緒の力強くて優しい腕に包まれるたび心惹かれ始めて…。お互いのトラウマから衝突しあい、惹かれあっていくまでを丁寧に描いた、心あたたまるリリカルラブv その後の二人の描き下ろし付!
(出版社より)

表題作指先からキスをして

ワケアリそうな高校生 東雲莉緒・17歳
彼女に振られたサラリーマン 園井夢・27歳

その他の収録作品

  • Four Years After
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

一目惚れの話

絵が好きな作家さんです。しばらくブリに見たらやけに等身が伸びていてビックリ。笑 でも目はキラキラ。可愛い。

たぶん、好きな人は好きな話だと思います。
一見すると勢いだけの一目惚れラブな感じなんですが、最後まで読むと、途中で感じていた違和感や疑問などの答えが描かれていて、まあ一応は納得できるというか…。
だから、納得しろと言われれば納得できる要素はあるんです。でも、ひねくれ者な読者だった場合には疑問が残る可能性もある…(私みたいに)。

初対面の二人がいきなり一夜を共にしたり、受の方は実はノンケで、攻の方は実は高校生だったり…、それでもあまり深刻にならず、また会う約束をして身体の関係を続けてみたり……
「え~…うそー…」と思う瞬間が多かったです。

ノンケのくせにそう簡単に男にやられて平気というのはちょっと…。しかも、10コも年下のいたいけな高校生相手に…。あまりにも罪悪感が薄すぎる。
個人的にはどうしてこの二人が惹かれあうのか、いま一つ理解できません。
でも、作中で他のキャラが「依存するみたいな恋」という趣旨のことを言っていて、「ふーん…そういうものか…」と思っ続きてみたり。

前半を読んでて感じたこれらのツッコミですが、一応は作中でも他のキャラなどの動きによって指摘されます。で、その都度それなりの理由なり説明なりがされ、トラウマの事実などタネ明かしもされているので、一応はなっとくできる形になってます。
なので、作中で示された答えで納得できるなら、この作品は面白いと思います。

でも、「いや、そんな理由じゃ納得できない!」と思ってしまったひねくれ者には、消化不良な作品かと。その判断ができるのがほんとに最後の方なので、ぶっちゃけどう感じるかは、読んでみないとわからない、としか言えません。

私は納得できなかったタイプなので、最後まで主要人物二人の気持ちに共感できず…。
キャラに共感できないとなかなか楽しめないので…ちょっと残念な感じ。
人を選ぶ作品なので評価は難しいのですが…
健気な年下攻めが好き。一目惚れにも好意的。常識とかモラルとかの認識が低い大人のキャラでもイラっとしないでしょうがねぇなあと思える。そんな方なら楽しめる要素がつまった作品だと思います!(。・ω・)ノ

《個人的 好感度》
★・・・・ :ストーリー
★・・・・ :エロス
★★・・・ :キャラ
★★★・・ :設定/シチュ
★・・・・ :構成

0

切なさ、一途さ、全面出し作品です。

ちょっと乙女っぽい紺色ルナ作品。
少女漫画風味もあるので、好みは分かれる作家さんだとは思いますが、それでも自分的にはちょっと好きv
せつな系のお話はリアルよりファンタジーを感じさせるので、本当に「お話」として割り切って読めるからかもしれないですね。
今回は、高校生×社会人の年の差モノ、それにトラウマ、こだわり、年下ワンコ攻め時々ヘタレ、でも一途で健気。
そんな萌え要素がギュっと詰まってました。

彼女に振られたリーマン・夢が朝目覚めるとベッドの上。
しかも、下半身に違和感!?
相手は高校生の莉緒という男子だった!!
そんな出会いから、東雲のワンコのような執着でセフレのような関係が始まる二人。
次第に夢にとって莉緒とのひと時は楽しいものになっていくのですが・・・

夢の持つこだわりというのが、この話の一つのポイント。
本当は彼は小さい頃にその性癖をうっすら感じていたのに、封印されていてそれを否定するように生きてきたという過去があって、それが無意識の意識として自分の中に存在していたという事実。
夢の友人で、高校時代夢に告白して振られている同僚の佐久間という男がい続きるのです。
何か、彼、かわいそうだったなーー。
でも、この話の中で、彼が一番まっとうで、リアルです!

どうして莉緒だったんだろう?夢にとって。
莉緒についてもどうして夢だったんだろう?
ただ一度寝てしまったからといって、そこまで執着するものが夢にあったのか?
ただ欲しいぬくもりが夢から与えられたというだけでは、、、、う~む、、、
そんな部分にこだわると、ただ「運命の出会い」としか出てこなくて、とにかく、切ない流れで一気に押して読んでいってください!っていう感じしか得られなくて。
深く読むと、そんな部分がひっかかってひっかかって、気になって??になってしまうのですよ。
一度目、さらっと読んだ時はその雰囲気に流されて、結構いいな~っておもったのですが。
ひょっとすると深読みしちゃいけない漫画なのかも?って思います(汗、)
あくまでも作品の持つ雰囲気に流されてくださいww
携帯配信マンガだからというわけじゃなくて、この作家さんの特徴でもあるとは思います。

描き下ろしで、彼等の4年後が描かれています。
年下ワンコは、大型ワンコに成長してましたww
相変わらずヘタレてますv

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ