復讐から始まった狂おしすぎる純愛!!

ねじの回転 完全版

neji no kaiten kanzenban

ねじの回転 完全版
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネット文庫(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784904468760

あらすじ

高校生の隼人は父親を困らせたくて万引きした場面を、父親の愛人・硫に目撃されてしまう。硫はそのまま隼人を監禁し「お前の父親への復讐だ」とレイプするが――。最悪な出会いから始まった隼人と硫は、やがて狂おしいほどの恋に堕ちていく!究極のラブストーリーが「完全版」となって待望の復活!
(出版社より)

表題作ねじの回転 完全版

教授の愛人の大学生 志賀野硫・20歳
教授の中学生の息子 安倍隼人・15歳

その他の収録作品

  • 多い日も安心
  • うたかたの恋
  • 乙女の祈り(前編)
  • 乙女の祈り(後編)
  • 愛の生活~その後~
  • ねじの回転EX
  • ヴァニラボーイズ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

いろいろと驚いた1冊です

復讐から始まった純愛に驚きつつ、萌えれる1冊です。定弘さんお得意のリバはもちろん、近親相姦も描かれています。

この父親の、息子への執着が本当に気持ち悪くて(ちなみに、愛のある近親相姦は大好きです)
息子を取られたくないと、自らの性癖をわざと妻に密告して別れさせようとする異常さと、理由をつけて息子をレイプをする卑怯さに、初めて読んだ時は胸がムカムカしました。

その父親の愛情を得ようと、息子をレイプした硫も衝撃的だったけど。
でも、付き合うようになってからは、お互いに一途だったのは良かったです。
エッチでのリバでは、お互いが対等な感じがしてイイし。
だけど、硫が父親と浮気(父親の策略で)したのは見たくなかったかな。

人によっては地雷だらけだけど、私は好きな作品です。

2

ボルトとナット

ガチンコリバで突き進む、とっても勢いのある定宏作品の代表作と言ってもいいかもしれないシリーズが完全版として文庫化。
何か描き下ろしでも、と期待したのですが、EXが一緒になっただけでお得感的には・・・?
ただ旧版はもう中古でしか手に入らないので、ビバ!リバ!!の方には嬉しい一冊かもですよ♪♪

この題名、言いえて妙なりww
互いの存在をボルトとナットに例えている主人公達ですが、
その姿は、入れる・出すもあり、ゆるめば外れるとか、無理矢理ねじ込めば傷付くとか、きっちり締まればはずれない、とか、ボルトに合った穴を探し求める姿とか、色々な意味を込めた比ゆ的題名にとれて、興味深いのですv

うろうろと浮気はするわ、父親との近親相姦もあるわ、三角関係だわ、で実に痛いシチュエーションが組み込まれているのですが、基本明るく、楽しい。
大学教授と不倫関係にある教え子の硫が、教授を自分のものにしたくて息子の隼人を拉致して監禁・強姦することから始まる関係。
この隼人が、そんな始まりに関わらずいきなり硫を愛していると発言する第一話に違和感を覚えるものの、その関係が成立すれば、もう後は全く気続きにならない。
基本、バカップルだww
彼等が簡単に「愛してる」だの「お前だけ」だの言葉にする姿に、おばさん的には・・・恥ずかしいぞーーー!!
定宏作品にどれも共通していると思われるのは、不安や愛を必ず身体で確認しあう事です。
だから、やってばっかりいるという印象を与えるのですが、彼等を不安に陥れる出来事があるからこそ、エロが多くなっていくのですね。
セックスにそういう意味合いが発生すると、リバが当然になってくるわけです。
自分的にリバ推奨なので、この展開は実に自然に納得なのです。
隼人の方が年下で、若さゆえの一途さで突っ走る分、硫は大人だけあり、彼の方が悩んでちょいヘタレてみたりする。かといって決して弱いわけではなく、男らしく強い。
そんな性格面も楽しめる一因だと思います。

同時収録の『ヴァニラボーイズ』
ゲイサイトの出会い掲示板のお話なんですが、世界が少し狭いだけに怖いぞー!
本当にこんな詐欺ありそうな気がします!!
これはノットリバ作品です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ