ワンウェイの鍵

one way no kagi

ワンウェイの鍵
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
42
評価数
12件
平均
3.6 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344821552

あらすじ

リーマンの山口は、先輩の椎名から失恋飲みに誘われた。だが、酔った椎名のあるつぶやきで、彼が同性愛者と知ってしまい…!?
(出版社より)

表題作ワンウェイの鍵

後輩社員 山口豊・25歳
仲の良い先輩社員 椎名智樹・28歳

同時収録作品インディゴを超えろ

真也 バーの雇われ店長 大学3年 21歳
芳川政孝 ソフト会社社員

その他の収録作品

  • うたかたの声 前編
  • うたかたの声 後編
  • インディゴの向こう
  • 恋人たちのからさわぎ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

2カップルが交差する

二組のカップルのお話が入っていて、関連があり、綺麗にまとまっています。こういう構成は大好きです。
でもちょっと納得出来ない部分も、ちらほら…。

設定はスタンダードだと思います。
同じ会社の先輩後輩。山口はフラれて落ち込む先輩・椎名を介抱しているうちに、彼はゲイでフラれた相手は男だと知ってしまう…。山口はノンケなのですが、次第に椎名が気になってくる。
ノンケとゲイの王道的なお話だと思いました。でも王道だからこそ、彼女もいるノンケが男性に恋をするって、すごく心理描写や恋をしていく過程をうまくかかなければ納得できないと思います。
あっという間に椎名を好きになっていて、ノンケなのに…何故…というすっと受け入れられないものがありました。

椎名もフラれてしまった時の落ち込み具合が辛そうで、「別れるなんていわないで」と泣く様子はほんとに別れた彼が好きだったんだなあとぐっときたのですが、数日後には山口を好きになってたって、えーそうなの?という感じでした^^;

後半は椎名の元カレ・芳川と、飲み屋の年下店長・真也のお話です。
椎名はゲイじゃない彼に無理に付き合ってもらっていてフ続きラれた、みたいな感じだったけど、芳川を見てると、そうでもないんですよね。
これがこのお話で一番納得出来ない部分でした。

この二人は好きあってたのになんで別れたのか、この誤解は解けなかったのか、ちゃんと話し合ったのか・・・上手く二人とも新しい彼氏を見つけて幸せになってる作品の根底を否定してしまうのはアレなのですが、始まって1P目は「お互い好きな恋人が勘違いで別れた」状態なのだと思うので、むしろそっちをちゃんとしても・・・・となんだかもやもやしました。

でも後半の芳川のカップリングが個人的にとても萌えました。
芳川の情けな可愛い感じと、真也のきつい年下キャラがツボでした。
本編では最後までしないのですが、おまけのベットシーンがとてもよいです。真也の言葉責め…というほど酷くはなかったので、もう少しガッツリ言葉責めでも良かったなあと思います。

0

無精髭

酔っぱらって寝て翌朝の無精髭がリアルです。

会社の先輩がゲイだと知り、拒絶するどころか興味を持ってしまい仕草が可愛いと思ってしまう山口。
(彼女いるようですが、別れるんですか。ゲイに寝取られるんですか。でも、彼女ともそんなに上手くいってなかったみたい)

照れた椎名さん(先輩)が可愛いんだけど、翌朝は二人揃ってお髭の処理してます。
そこは、リアルな成人済み男性なのね。

椎名の元カレのマサが年下の恋人を作り幸せそうにしてる。
(しかも、家庭教師していた頃の教え子)

椎名と付き合ってた時はそんな表情もなかったようで…考えるとちょっと複雑だなと椎名と付き合ってた時は本気じゃなかったのかなって。
(椎名はそんなこと思ってないようだけど)

マサはノンケだったから、そのことでも椎名は悩んでいたのに椎名と別れた後に男と付き合って、しかも、攻めから受けになってるので…う~ん、なんだこれという感じでした。

マサは椎名のこと本気で好きだった、自分の素直な気持ちを隠すという性格みたいだけど。

幸せなのは良いんだけどね。
あと、勝手に高校生の話かと思ってました続き

0

表題作のスピンオフが好みでした

山口 豊 25歳×椎名 智樹 28歳 ※会社の先輩後輩関係
■うたかたの声(前/後)■
大手ソフト会社のシステム管理部門で働く山口は、ある日、同じ部署で仲の良い先輩・椎名さんの失恋飲みに付き合った。
案の定、酔いつぶれた椎名さんを仕方ないので連れ帰ると「マサタカ…」と呼ばれ抱きつかれてしまう。
その日から山口は彼女と会っていても、見知らぬ男の名を泣きながら呼んだ椎名さんのことが気になり…。

取り敢えず表紙から想定していた中の絵との違いに驚き、思わず巻末の初出を確認したら全作品2010年以降でした←
読み進めていくと絵柄は全く気にならなく…というか合ってるな~と。
皆、表情くるくる変わってイイ!
序盤の酔っぱらい椎名さん対応が面白かったです。
ツッコミ入れながら連れ帰ったら抱きつかれた挙げ句に、元カレと勘違いされて「しよう…?」と涙目で誘われ激しく動揺する山口に笑ったw

■ワンウェイの鍵■
恋人同士になってから1ヶ月少々。
お互いの家に何度か泊まるものの特に進展はなし。
…というのも先々週末にイイ雰囲気になったものの、さり気に拒否られて以来全然手が出せな続きいというorz
そんなある日、夕飯を食べに行った店で「マサタカ」と遭遇して…。

マサタカどんだけ酷い男なんだと思っていたのですが…良い人じゃないか。
自分らコミュニケーション不足しすぎだ。
ってかマサタカがヘタレすぎる。
そして山口は漢前

真也 21歳(バーの雇われ店長、大学生)×芳川 政孝(椎名さんの元カレ)
■インディゴを越えろ■
恋人に別れを告げられ、好きなのに引き止めることも出来ずに受け入れた政孝。
夢だったデザイン系の仕事にも就けず…何もかもに中途半端な自分を自嘲しながら家と会社を往復する日々。
ある日、踏切近くのバーに偶然入ったのだが…雇われ店長の真也は何故か自分の名前を知っていて…。
毒づきながらも心底邪険にしてくるわけでもない真也との対話でマサタカは…。

時間軸は本編と同じ。
ヘタレなマサタカ救済編。
内容的には此方の方が好きだな。
実は真也くんはマサが夢を追って頑張っていた頃を知っているんですよー。
だから今のグダグダヘタレなマサにお説教というかねー(ノД`)
諦めてばかりだったマサが自分から追いかけていく形で…頑張ったねー成長したねー(●´ω`●)って思えて♪

■インディゴの向こう■(書き下ろしH編)
やっぱりマサは受けだよね
本編に出てた時から「攻めにしては…」と思っていたのです。
椎名さんに対して攻めな立場だったとは思えない可愛らしさでした。
因みに真也くんは言葉攻めな人(`・ω・´)ゞビシッ!!

■恋人たちのからさわぎ■(書き下ろし)
噴くわっカオスすぎる相席w
椎名さんとマサがほのぼのしかったです
山口はまたイイこと言って直後に照れてますw
勿論椎名さんはキュンキュン(/ω\*)

1

純粋リーマンの恋路

私にとって、初・梅松町江さん単行本です。
今回こちらを手に取ったのは、ドラマCDを聴いて面白かったから!という、私にとっては異例の経緯をたどっております。
ドラマCDでドキッとした台詞や情景を目で見て感じられたら、と思い購入に至りました。

元々どのような作風・画風か全く知らない状態でお買い上げ。
中身を見ると、割とこざっぱりしているような絵柄に意表を突かれた気分です。
(表紙が繊細に見えたので)
こちらの単行本は、2組のカップルが出て来ます。
その内の1組が、リーマン同士、しかも先輩後輩と言う関係性にドキドキ。


◆『うたかたの声 前後編』『ワンウェイの鍵』
サラリーマン、先輩後輩のお話。
ある夜、仲のいい先輩・椎名がぐでんぐでんに酔っ払って介抱していた後輩の山口。
突如「マサ」と呼ばれ、山口は椎名のモトカノの名前を考えて居ると「マサタカ」と呼ばれ、彼がゲイだと知る。
それ以来、徐々に山口は椎名を意識し始め――と進んでいきます。
彼女と会っていても椎名のことが気になって、「マサ」と呼んだ時のあの顔を忘れられなくて。
もう意識したら負け、心が全て椎名続きに向けられる…という展開にときめきました。
その意識って、既に嫉妬みたいなものに近くて、更にそこで椎名のモトカレ・マサタカに会ってしまったから尚更火が点く。
いいですね、熱いです。
最後、二人が結ばれる時。
……し、椎名さんがエロイー…っ!
私的に、あのキスのおねだりの後の、「もぐまぐ」に心が全部持って行かれました!
何気に凄いいやらしい擬音なのだと初めて知った…(笑)


◆『インディゴを越えろ』『インディゴの向こう』
椎名のモトカレ・マサタカは、何事にも100%の力を出さない。
恋も仕事も全てうまく取り繕うとする、ぶつかっていかない男。
時折思い出すインディゴの光を不思議に思いつつ、色々なことに疲れてふと立ち寄ったバーに入ると、自分を見入るマスターが居て――と進んでいきます。

致し方ないと言っても、このマサタカが打算的というか、色んな意味で狡いところに惹かれます。
多分、先にコミックスを読んでいたら、割と嫌いなキャラだったと思うのですが(笑)、先にドラマCDを聴いて羽多野渉さんの柔らかなトーンが頭に入っているからか、原作を読んで居ても「本当はいいやつなんだよね」という先入観を持っていました(笑)

この狡さと言うものは生きてきた中で身に付けた、自分を守る方法であって、あまりに若い真也には分からないんだろう、というのに少し納得。
それでも真正面からぶつかる真也は真也で、とても清々しい子だとも思うのです。
ずっと色んなものから逃げることで自分を守ってきたマサタカが、真也に手を差し伸べられたことでようやく殻を破る事が出来た。
そして、彼に与えられる言葉の数々によって、幸せな気持ちを感じる事も出来る。
真也にとってはとても遠回りにした夢のような出来事なマサタカとの再会ですが、再び出会うべくして出会った二人なんだろうと思えて仕方ありません。


巻末には、この4人がバッティングする!という何ともおかしな描き下ろしが♪
しかも…さすがは真也くん、するどい!
どんな空気が流れようとも、お互いがお互いしか今は見えていないのだから、しあわせなんだろうなと思えて仕方ありません。

2

待ってましたのリーマンもの

山口は会社の先輩である椎名と飲んでいたが、椎名は恋人と別れたばかりで悪酔いし、恋人の男名を口走った上その男と間違えて山口に絡んできた。
親しくしていただけに椎名がゲイだということに驚きはしたが、山口はそれをきっかけにだんだんと椎名を意識するようになる…というよくある感じのリーマンものです。

私ね大好きなんですこの作家さんのお話も絵も。
絵は評価低いようですが、私はッ好きだ!ぎこちなさも個性!(失礼だよ)
デビュー作『さよならチキン』では高校生と教師、次の『ショクドー・ディナーショー』では大学生とリーマンときて、ようやくリーマンオンリー!あ、一人学生がいたか。まあいい。
大人同士のはずだけど、なんだか子供っぽいこと言ってたりやってたりってのも、そこがまた、いいんです。
椎名の元彼の政孝君が登場して、後半彼のスピンオフとなるのですが、政孝君…やっぱしチミは受けだったね!もう、名前からして真面目だよ政孝。
プライド高くてそのくせヘタレで不器用。挫折を味わい苦悩していますが、それでも前に進もうとする姿がいじらしくて、読んでるこっちがぐっとこぶしを握ってしまいます。
こっちの続きお話のほうが好きでした。

どちらもテンプレなお話だとは思うのですが、いちいち胸がキュ~ッとなるのですよ。
攻はどちらも一本まっすぐな芯が通った男前ってのも良かったです。

1

ちょっとした雰囲気が好き

梅松さんはネームやコンテの段階で上手いんだろうなーと思う。
ちょっとしたさり気ない会話のやりとりや、2人で居る空間の流れの描きかたが上手くてそこがこの漫画の雰囲気につながってると思う。
例えば山口と椎名が一晩寝て起きると、2人共うっすら髭が生えてたり、そういうちょっとした事が萌えツボにあたるんですねなー。
話は結構普通なパターンだと思う。
それを漫画とキャラクターの味で読ませてるって感じ。

脇のスピンオフも含めて今回は「さよなら、チキン」であったような[坂]みたいなとびぬけた舞台や設定もなくストーリー自体は普通。
キャラクター達はみんな魅力的でした。
これに「坂」みたいな一捻りが入ってくるともっと読ませる作家さんになると思うのだなあ。
ただびっくりしたのはこれがドラマCDになってたって事、未入手でまだ聞いてないんですが、漫画として良くてもドラマ化する話としては微妙な気がするんだけどどうなのか。

0

スピンオフの方が好きかな

表題作も結構好きなんだけど同時収録のスピンオフに持っていかれてしまった。
すごい好きだ、こういう話。元攻が受にってだけでもどストライクなんだけど、臆病でズルイ大人が一歩踏み出すようなの。
カッコつけが激しくて自分を偽ってしまうマサタカとそんなマサタカの殻をSな言動でわしゃわしゃに崩しちゃう真也の組み合わせって本当にお似合いだと思った。
そして真也が性癖に気づいた原因がマサってことはつまり初恋なんだよね。なんだかんだで初恋実らせちゃったわけで。
やっぱ「ずっとあなたが好きだった」系の話はがっつりツボつかれるなー。
にしても真也が普通に好み過ぎる(笑)。あの青臭い一途さって好き。生意気だけど芯が通って漢前で軽くSなんだけど嫉妬丸出しとかいろいろ可愛すぎる。

「インディゴ」の扉絵ってまさにマサが真也に飛び込む瞬間のあの後ろ姿を正面から見たとこだと思うんですよね。
そういう読み終わると分かるような仕掛けってすごい好き。

好みが分かれそうなラフな絵(雁さんとかシビトさん系)も私は好き。絵自体はあんまり巧いというか綺麗とは言えないんだけど要所要所の表情がいちいち良い。
続きとネームが巧いなあ、と。セリフもモノローグもわりと多いんだけどダレてない。
ちょっと受攻が判断付きにくい感じも好きかな、キャラの造形がちょっとひねってあるというか。ギャップに弱いから表題作みたいな「受だけどサバサバして男らしいようでやっぱいろいろ乙女なところもあったり…」と二転三転されるともうズキューン!とですね(笑)。
そしてスピンオフで元カレな元攻が受に!(←何度も言う)ってかゆい所に手が届き過ぎです。

それにしても書き下ろし。ピロートーク大好き(笑)。
エチシーンよりも事後のゲロ甘トークに萌えてしまうわけですが!そういや結構ピロートーク萌えって需要ありそうなのに聞いたことないな。流行れ!

1

愛されること、愛することが怖い人

リンクスの梅松作品は悪くない!
何でだろう?こんなに差が歴然と出ちゃうの?
エチがあるからかな?(他社のは少し制約がありそうだったし)
その方が伝えやすいとか、描くのに苦手なタイプとかあったりするのだろうか?
気になる方は読み比べてみてください(汗、)
この本、表題のカプと、主人公を振った男の話の2部で構成されているんですが、何だか主人公達が話が進むに連れてどんどんと変わっていくのがアレ?な感じ。
みんな可愛くなっちゃうんですよ!
恋をすると変わるってことなんでしょうか?
・・・って疑問符多くないか?自分・・・

付き合っている人に振られたからと、仲の良い先輩社員・椎名の酔っぱらいに付き合った後輩社員の山口は、その晩、椎名がゲイであったことを知る。
でも、翌朝から何もなかったようにいつもの仲の良い付き合いが再会されるのだが、ふとしたきっかけであからさまにゲイであることを意識した発言を山口がしてしまったことで、二人の間に距離ができてしまう。

この二人がくっつくまでは実にあっけなかった。
よくある、といえばそうかもしれないが、恋とはそんなものであるww
表題続きは、くっついてからの二人の本当に恋人になるまでの話である。
一応恋人になったのに、キス止まりで身体の関係までいけないのは、ゲイである椎名の、ノンケである山口への遠慮というか、怖いと思う気持ち。
それは、前の彼氏に振られたこともトラウマになっているのかもしれないが、山口はノンケだけに、真摯で真面目で不安や迷いはない。
こうした、ゲイの受けがためらうとう設定も別段目新しいものでもないし、定番の展開をお約束のように繰り広げるのだが、やはり!
描き下ろしで椎名が山口の愛に安心しきった途端、本当の自分の欲求に忠実な姿を見せるところが、一番の見ものである。
この作家さん、番外のほうがいい話描くんだよね。
「愛されるっていいな~幸せすぎる」椎名のこの一言につきますねv

そして「インディゴ~」のシリーズがこの椎名を振った相手・政孝のお話。
本編の中で、彼は天の邪鬼で強がりで、椎名と本音で付き合えなかった事を山口に告白しているのだが、確かにヘタレである。
どう見ても、椎名も政孝もネコの雰囲気ムンムンだったので、エッチは上手くいっていたのか?と下世話な心配をもよおさせたww
本編と時間軸が重なっているので、その度に訪れるバーでの雇われマスターの真也(大学生)と交流を深めていくのです。
年上のいい大人が、プライドとコンプレックスの間でヘタレ、年下に説教されている姿は萌えるww
しかし、そんな姿を見ると、何で椎名と付き合ったのか?あの甘えん坊の椎名と・・・
それが不思議でしようがなくなる。
おまけに絶対ネコネコしいし。
真也も少し女子っぽい顔をしていて、不思議な雰囲気の(外見)カプでした。

最初、バババーって読んだ時は、悪くないって思ったんですが、読み返すと、何だかな~う~む、、、
でも、他社のものよりは全然よかったのでギリ萌えということで。


0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ