12の月と、塔の上の約束

12 no tsuki to tou no ue no yakusoku

12の月と、塔の上の約束
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
43
評価数
11件
平均
3.9 / 5
神率
18.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344821620

あらすじ

塔に住むエリオンは月に一度、聖騎士のアーガイルと会うことになった。だが、エリオンは彼に突然、身体を奪われてしまい…。
(出版社より)

表題作12の月と、塔の上の約束

アーガイル=エル・ファロ 近衛聖騎士 23歳
エリオン 貴人の塔に幽閉されている 25歳

その他の収録作品

  • 翠の瞳と、光る海

評価・レビューする

レビュー投稿数6

続きがありそうな・・・?

近衛聖騎士のアーガイルは《貴人の塔》に住む男性に、一月に1回、計12回、閨の相手をするように、という不可解な命令を受けます。
侮辱されたと憤慨するアーガイルは、その男性・エリオンを手酷く抱くことで命令が撤回されるだろうと考えますが、その後も塔に呼ばれ続けます。
2回目、3回目と話もせずにアーガイルはエリオンを強引に抱き続けるのですが、エリオンの様子に命令との違和感を覚えます。
少しずつエリオンに惹かれていくアーガイルは、何故彼が塔に幽閉されているのかが気になり出して・・・

正直、最初はエリオンのことを好きになれそうに無いな、と思っていました。
でも、読み進むうちに、アーガイルと同様にエリオンの純真さに惹かれていきました。
途中からは、エリオンの健気さに心打たれて、アーガイルと幸せになって欲しいと願って止まず・・・・・・と話に入り込んでいたのですが、ふと我に返って、アーガイルが結構酷い奴だなと。(笑)
初対面であんな酷い抱き方をされて、エリオンはアーガイルを嫌いになっても良かったのに・・・そう出来なかったエリオンの一途さというか、人恋しさを思うと切ないです。
そういう続きエリオンの性格とか環境とかがなかったら、結ばれなかった二人だったかもしれないな、と思ってしまいました。

引っかかったのは、処刑された瞬間には入れ替わってエリオンでは無いことに、アーガイルがまったく気付かなかったことです。
思い込んで・・・というのも分からなくはないのですが納得出来ない、説得力が薄いような気がします。
二人が幸せになるために必要だし、アーガイルが処刑を止めようと叫んだり、エリオンを想って憔悴するのは、とても萌えるのですが、だからこそ!もう少し気付かなかったことに納得したかったです。

後半、ラブラブに暮らす二人はとても温かくて、幸せな気持ちになれました。
本当、この後半があって良かったです。
アーガイルはエリオンに影響を受けて優しくなっているし、エリオンも諦めていたさらなる幸せを求め始めて、二人が互いに成長してるのがよく分かりました。
これからも二人が幸せに暮らすことは疑う余地がないけれど、環境が変化する予兆が匂わされていたので・・・どうなのでしょうか?
続きがあるのなら、この後も読んでみたいと思いました。

0

12の月と塔の上の約束

光の螺旋シリーズ6作目。
こちらは単独で読まれても、問題ありません。
受虐めレベルでは業界で右に出るものはいない、ってくらい、毎回受が悲惨な目に遭いまくる六青ワールドですが、今回はめずらしく強烈な輪○ンが一切ナシ!

はじめこそ強○ンがありますが、お相手が攻でくっつくのが前提となっているので、そこまで痛々しさは感じないです。
いやぁ……いつ来るのか、いつ来るのか、と嫌な意味でドキドキしながら読んでたので、なんだかあっけなかったというか。
激しすぎる陵辱はあまり得意とは言えないのですが、肩すかしくらうとそれはそれで寂しいものがあります。そう思っちゃう時点で、六青ワールドに飲み込まれてるわけですが。
それでも愛のない暴力がないだけで、何だかもう心が温かくなりますね。

当初は色々と行き違いがあって、攻のアーガイルは受のエリオンにもの凄く辛くあたっていたんですが、徐々にエリオンの心の清廉さに惹かれていくアーガイルの心の動きが丁寧に書かれていて、ため息が出ます。
エリオン視点になると、今度はもう胸が苦しくて苦しくて、エリオンと一緒になってアーガイルに恋する気持ちになってしま続きう。

後半の書き下ろしは、めでたく暴力もなくしあわせになりました、と安心してたらリーサルウェポン発動。
そうよね、六青さんがそんなに簡単に受を幸せにするはずなんてないわよね、と痛感しましたよ。
エリオン……可哀想すぎる(滂沱)
確かに今回は暴力はない。ないけど、これは辛い。エリオンも辛いけど、それ以上にアーガイルが辛い。
いやもうなんか最後までドキドキしながら読みました。
二段組みでガッツリ愛に溢れたお話が読めて大満足です。
受の不幸は蜜の味。

0

切なさは前半に集中、後半は糖度増量

読み終わってから、これってシリーズ物だったのか!と
ビックリしたくらい、他を読んでいなくても大丈夫です。
なかなか面白い世界観は確かにこれだけでは勿体ないと思っていたので
シリーズと聞いてなるほどという感じ。

人も寄らぬ古びた塔に幽閉された儚い容姿の貴人、
それを救い出す凛々しい騎士……。


ストーリーは王道なので、大筋では読める。
が、月に一度季節が一巡りするまでの12回の逢瀬、
美しい月の名前も相まって、その設定が切なくていい。

貴人の方はこの騎士を知っていて片思いをしていたのだが、
突然月に一度性交込みの訪問をと命令された騎士の方は
自分が男娼のように感じて憤る。
そして話等聞こうともせずに、まるで強姦のように身体を繋ぐ。

我ながら鬼畜か?と思うのだけれど、この作品のどこに萌えたかというと
お互い心が通いあって、一生懸命騎士が尽くして……よりも
前半のこのすれ違いながら身体を繋ぐ日々の中
騎士が少しずつ変わって行く自分の心に苛立ち、
貴人が健気にそれでも騎士といられることを喜ぶさま……
これが何とも切なくて、胸がキュンとする。続き


ドラマチックな設定でバッドエンドか?とハラハラさせられるが、
続編はアマアマ。
後半もちゃんと受けに試練は用意されてはいるんですけどね?
そういう優しく穏やかな話は悪くないのだけれど、
背景の事件ももうちょっと書き込んで、
一冊全部で痛切なくハラハラさせて欲しかった私はやはり鬼畜かな?

貴人エリオンが騎士アーガイルに心を寄せるきっかけになった
彼の愛鳥アルザレトが、彩りを添えています。

2

不幸の積み重ねの果てにある出会い

『光の螺旋』シリーズ第六弾とのことですが、他作品とリンクしているような描写はあまりないので世界観のみ共通ということで単独で読んでも問題ありません。

六青さんデフォルトの、理不尽にも不幸な目に合うかわいそうな受けとそこから救ってくれる攻め。
最後の甘々に至るまでの痛みや苦労を見守ることに萌えが感じられる私にはとても楽しめる作品でした。

幼いエリオンは王位継承者であるにも関わらず、父王の死後、ある人物の悪巧みによって何もかも奪われ塔での隠遁生活を強いられます。
父の死に哀しむ間もなく王位を簒奪されるが幼い王子がそのことを知ることはありません。

やがて成人して、たった一つ願を叶えてもらえることになったとき、大切に飼っていた鳥の命の恩人との面会を願い出るのです。
間に入った者からの指示で出向くことになったのは王の親衛隊も務める超エリートである聖騎士アーガイル。

何も知らない無垢なエリオンが求めたのは、助けてくれたお礼とささやかなお茶を飲みながらの会話だったのだが、男娼のような相手を求められたと誤解したアーガイルは聖騎士としてのプライドを踏みにじられたと思い酷い言葉続きとともに体を凌辱したのでした。

早合点で傲慢な男だと怒りたくなるアーガイルもただのエリートというだけじゃなく、生い立ちや親の問題で複雑な育ち方をしていたせいもあると情状酌量の余地はあるのですが…。

月に一度の面会の日に、今度こそはとお茶を用意し楽しく話ができることを期待しているエリオンが健気で泣けてきます。
そして、毎月の二人の様子がまるで命のカウントダウンをしていくような描写で何とかしてあげたくなります。

成長したエリオンが人の悪意や裏切りを知り失意のあまり恨みを募らせ狂気の中に逃げ込みそうになったとき、その昏い思いや怨念に包み込まれては裏切り者と同じになってしまうと心を立て直しやがて相手を許し何もかも受容する境地にまっで達したことを語る場面は、真実を知ったアーガイルと同じように怒りと悲しみでいっぱいになりました。

後半の【翠の瞳と、光る海】では幸せな日々の中のちょっとした微笑ましいすれ違い。
二人の将来を思うと安心できます。

1

安定の痛切なさ。でも安心設計

世界観がしっかりしたファンタジーでした。
ちゃんとこの世界の地図や歴史上の出来事とか作りこんでるんだなーと思って、読み終わった後に裏のあらすじみたら、『光の螺旋』シリーズ第六弾って書いてありました。。
そんなに出てるシリーズなのか!
全く知らなかった。。でも、これをいきなり読んでも全く大丈夫でしたよ。
しかも、積読のなかにもこのシリーズが結構あって、今後読んでみようと楽しみが増えました。

六青さんなので、受けは不幸です…。そして、ますます痛い・切ない目にあってしまいます。
でも、六青作品の中では、安心して読める方だと思います。

この受け(エリオン)は、とにかく不条理な目にあい、周りに裏切られて精神的にどん底に落ちながらも人を恨まず悟りというか諦観の境地に達した、できた子です。
さる事情により、外界から隔離され、塔に幽閉されているエリオン。
攻め(アーガイル)は、最初エリオンを誤解してるので、エリオンにつらく当たります。
無垢なエリオンを男娼扱い・・・。
アーガイルの誤解が解け、二人の想いがやっと通じ合うころ、さらなる過酷な運命がエリオンを襲います。

続き表題作で切なくしたあとは、続編を読んでほっこりしましょう。


0

切ないけれど、安心して読めました。

六青先生の作品なだけあって、たっぷり二段組のもりだくさんでした。
この先生の受けは悲惨な過去、現在がついてまわるのが常ですが、今回も大変でしたが、いつもあるようなネチネチとした陵辱シーンがないため、心の平穏を保って読み進めることができました。
が、私はこの先生の魅力は、もう目を覆ってしまう読み進めるのが苦痛になるほど身も心も落としに落としたその後に、這い上がるか攻めに救い出されるかしてからの上昇っぷりにあると思うので、少しもの足りなさを感じたのは否めません。

しかし、受けの切なさ健気さは今回も見せてくれました。
健気というか、すべてを受け入れてすべてを諦める、そうしないと生きていけないということがとても丁寧に描かれていて、表題作の最後にて公開処刑に掛けられるあたり、アーガイルの声に反応して少し振り向くところは、涙を誘いました。

【翠の瞳と、光る海】はその後の穏やかに暮らす二人が描かれていて、ホッとなる話でした。
やきもちをやきもちと知らず苦しむエリオンや、愛する人のために強くなろうとするエリオン。
続きがありそうな展開で終わるのですが、もし次回作があるならきっと手続きを出してしまうに違いないそんな話でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ