熱情連鎖

熱情連鎖
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×24
  • 萌13
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
86
評価数
25件
平均
3.5 / 5
神率
24%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥900(税抜)  ¥972(税込)
ISBN
9784862639059

あらすじ

高校生の瑛太と俊と典之は、子供の頃からの腐れ縁で親友同士。ある日、隣の老人がもたらしたドリ-ムキャッチャーが、そんな3人の関係を狂わせはじめ…!?

瑛太と俊と典之は、幼馴染みで親友だがある日、老人から不思議な物を手に入れる。
それは悪夢を吸いとるらしく、夢見が悪い瑛太は喜ぶが、2人の瑛太への恋心を知るきっかけにもなった…。
大事な親友たちの熱情にとまどう瑛太を、積極的に口説いてくる俊と、寡黙な中にも情熱を秘めて抱きしめてくる典之。
溺愛ぶりを隠さない2人に、身も心もとろけだす自分を感じて…?
3人の想いが夢とうつつで甘く淫らに連鎖する、その執着愛のゆくえは!?

今話題の大人気作家、夜光花×梨とりこが贈る恍惚の執着愛! 狂おしいまでの禁忌、初BBNで登場★ 
(出版社より)

表題作熱情連鎖

幼馴染の親友 園部俊・馬堀典之
母と祖母との3人暮らしの高校2年生 並河瑛太

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

オカルトミステリーとエロの融合

オカルト風味!
そして3P!
前半は、奇妙な老人から買うドリームキャッチャー、同じ夢を見る体験、夢と現実が繋がっている現象など、初めはほのぼのしてるとさえ言えるような幼馴染3人の夢遊びだったのに、瑛太を取り合う俊と典之の執着と反目や、俊が夢で人を殺したい、と言い出したり、夢の中に入り浸る俊がやつれ果てたり、とどんどん薄気味悪い展開になっていく。
同時に、俊と瑛太のエロシーンもなかなか凄い。瑛太の初体験は15ページにわたって描かれ、なんか読んでて自分も息を詰めちゃいました。
後半。俊と瑛太の関係に嫉妬する典之が、夢の中で俊を刺そうとして3人でもみ合っているうちに瑛太を刺してしまう。夢の中の怪我は現実でも大怪我なので、瑛太は一時は生死の境をさまよう程。その上犯人として典之が逮捕されるという大事件となってしまう。そんな事になったのは自分のせい、と瑛太は俊と別れることを決意するが……
さてここから3P展開です。勿論初めは瑛太は嫌がるのですが、俊も典之も大事な幼馴染、俊と典之がそれで良いなら僕も…的思考回路です。
それからは俊と典之にドロドロにズブズブに、代わる代わるエンドレスに、し続きかも二人とも中出しで。長〜いHシーンが続きます。
ラストに、瑛太が長い間悩んでいた悪夢の理由が明かされますが、ドリームキャッチャーの謎や老人は誰だったのかはわからないままです。
そして、二人から過剰に愛されている事に今では充足を感じる瑛太。『望んでいたものを、手に入れた』という瑛太も少し怖いわ、と思ったのでした。

2

寝るのがちょっぴり怖くなるオカルト作品

電子書籍で特別版を購入。
「熱情連鎖」とその後を描いた非売品配布ペーパーの書き下ろしSS「昼休み」が収録されています。

かなり好みでした。
読後感は、BLではなくホラーです。
オカルトです。
3Pモノです。
最近知った自分の地雷の二輪挿しが出てこなくて良かった。
あ、別の二輪挿しなら出てきたけど………。
攻めの二人の嫉妬、受けの葛藤などがちゃんと描かれていてよかった。
3Pモノって、攻め同士が仲良く受けを共有するという展開が多いのですが、どうも嘘っぽくて萎える。
あり得ないよっ!絶対に嫉妬するって!
これはちゃんとそのあたりのドロドロが描かれてます。
そして、ちゃんと乗り越えます。
やっぱり、夜光花作品好きだわ!!

2

3P苦手だけど面白く読めました

やっぱり書き下ろしは万歳ですね。
個人的に雑誌連載作品はぶつぶつ切れたり、「え!?もうくっついちゃったの?」となるので。
夜光さんは書き下ろしが多い作家さんだと思うので、よけい楽しみにしています。


受けの瑛太は小柄で童顔な高校二年生。
『赤い屋根』『アンティーク』など、原因不明の悪夢を見ています。

攻めは瑛太の同級生で幼馴染みの二人。
女子にモテモテで、アイドル顔負けの美形である俊。
立派なガタイで寡黙、こちらは男子にモテモテ(変な意味でなく)な典之。


夢が現実になるという一般小説などでは時々ある設定ですが、BLでは珍しいのかな?と思います。
なにせ、夜光さんの書かれるようなものをあまりBLで読めることはないですし。
三人が道端の物売りの男から購入した『ドリームキャッチャー』。
それが原因で、三人は同時に同じ夢の中に現れるようになります。
今回はサスペンスだけでなく、ホラーが混じったような雰囲気ですね。

相変わらず執着攻めとちょっと流され系受けですが、わたしはこの受けさんは嫌いではないかな。
攻め二人には幼馴染みらしいぞんざいな年相応続きの男の子らしい言葉遣いや、頭突きをしたりね。
なんかこのシーン好きです。
三人で、いつまでも仔犬みたいに転げ回っていたいっていうのが伝わってきます。
まあ、快楽に流され過ぎな部分はありますけど(笑
攻めはわたしは俊派だなあ。
軽いけど気遣いができる攻めは好きです。
瑛太も俊への方が気持ち的に比重があるように読めますし、俊と瑛太だけでも良いような感じですが、ただ二人だと『ドリームキャッチャー』なくてもくっついちゃいそうだし…
この辺りは仕方ないですね。

3P設定ではありますが、わたしの苦手な二輪○○とかはないですし、えっち系が苦手じゃない方なら楽しめると思います。
夜光さんの作品の中でも、かなりのえっち度の高さ(いつも高いですけどね)かなとは思いますが。

梨さんのイラストが本当素敵です!
夜光さんの作品は濃いー!絵柄の方が描かれることが多く、ちょっとその辺りは残念に思っていたのです。
もともと梨さんは好きなイラストレーターさんなのですが、今回の作品にはぴったりでしたし、挿絵の構図もすごく良かったです。

後書きに書かれた夜光さんの『悪夢日記』はぜひ捨てず、これからの創作活動に役立てて頂きたいなあと思います!

3

執着3Pごちそうさまです♪

3Pものって、どうしても
「君達それでいいんかい」という結末になりがち…と思うんですが
夜光さんをもってしても、同じ感想になってしまいました(^_^;)

それでいいのか!
特に受け!(笑)

3人でずっと仲良くしていたい瑛太(受け)は
俊(攻め)に強烈にアプローチされ、キスを交す仲になりながらも、

「俺、俊と付き合うのかな…」
「これでいいのかな…」
と迷いっぱなしで、心の声からブレブレ。

Hする仲になってからも、典之(攻め)に知られてしまうのを恐れ、
毅然とした態度で接することが出来ないのです。

どちらにもいい顔を見せて、虜にしている悪女(笑)のようで、
「しっかりしろ!」とカツを入れたい気分になりました★

主人公があまりにふにゃふにゃしているので、
ドリームキャッチャーだとか、過去のトラウマだとかが薄れ、
なかなか頭に入って来なかったです。

ただ、Hは凄かった!!

ひとたびHに突入すると、なかなか終わらない。
もうそろそろ終わりだろうな…と何度思っても終わらない!
瑛太が失神してしまうくだりは壮絶な迫力があります続き

3人の体位、今どの位置で誰が何をしているかが解説されつつ展開され
文章を読むだけで、容易にイメージ出来ます。

実質的なHシーンの回数自体も多く、
「またHするの?」という嬉しい(←)驚きが何度もあり。
特に、二人が同じ夢の中で抱き合うという設定は幻想的で、
ふわふわしているのもエロティックで、とても良かったです。

お話自体は、夜光さんらしい執着愛と怒涛のラストで、最後まで楽しめます。
もう少し人物に魅力があったらすごく良い作品になったかも?とも思うので
少しもったいないような気がしました。

ただ、H目的のみで読んでも十~分楽しめると思うので
評価は萌え×2寄りの萌えとします(*^_^*)

5

壊れてる?

ファンタジー色が入ったものを初めて読みました。
意外とありかもと思ってます。

受けの瑛太は悪い子ではないですけど、俊との快感に負けちゃうし、なんだかんだ3人で色々しちゃうし、優柔不断な感じがします。
俊は入院してから壊れちゃいますが、典之は可哀想な役わり…と思いきや彼も壊れてましたwみんな高校生なのに。

ペーパーの書き下ろしは、本編での活躍が少な目だった典之と瑛太のラブラブ?ところが見れて良かったです。平等じゃないと可哀想ですもんねw

1

親友3人

帯『2人とももう俺から離れられないよ…。』

夜光花さんの3Pって!!!
どうなるんだろうなーって思ってたんですが、謎の老人が3人に売る「ドリームキャッチャー」という同じ夢を持つ不思議な道具。
こう来ましたかー!

夢の世界は最初はたわいなく楽しいものなんですが、ふざけあって遊びで違いを傷付け合い、それが現実にも反映してくると分かった時点で段々と話の流れが、というより夢の世界の流れが変わってきてしまいます。

2人の友人俊と典之とに同時に想いを寄せられる瑛太。
先駆けした俊と瑛太シーンが長くて、話的にはこの2人ルートでも行けた気はします。
典之は3Pの為に出て来たって感じがしないでもない事はない様な……。
俊がずっと殺したがっていた相手が最後に分かるシーンは夜光花さんっぽい演出。

2

そこに愛はあるのか?! 執着>愛?!

大好きな夜光先生の書き下ろしの新刊です!
ワクワクしながらページを捲り・・・ずーん・・・!

瑛太:小さくて可愛くて、周りに気を使うタイプ。塾通いだけの帰宅部。
俊:明るく男女ともに受けが良いモテ男。バイトしていて大人っぽい。
典之:寡黙でストイックな柔道部員で、話すのは男子だけ。
瑛太を挟み口ゲンカする俊と典之を、瑛太が“まぁまぁ”となだめる役、そんな瑛太を2人は大好き、という感じの幼馴染3人。

ある日3人は、不思議な露天商から“ドリームキャッチャー”なる、悪夢を吸い取る呪い具を買う。
それは持つ者同士、夢を共有出来るものだった。
初めは、夢の中でも逢える3人は喜び、今まで以上に親密な時間を持つが、それは、2人の瑛太への執着を深め、体が傷付けば現実の時間で血を流す、夢と現実の境が無い世界だった。
まず、俊が、瑛太を自分だけのものとするべく画策する・・・!

途中まで、俊が瑛太を自分に向けさせる迄は、まぁ良かったんです。
俊が計って、典之のドリームキャッチャーを瑛太に燃やさせて、瑛太と2人きりになろうという、その魂胆はなかなか好きでした。
それぞれの気持続きちや行動、理解できますよ~!
でも、典之が頭にきて俊に報復する、夢の中で「実行」してしまった辺りからは、引いていく自分が分かりました。
血が嫌いとかではなく「この衝動、ガキ過ぎやしませんか?!」と!
それに、典之の強い想いを知り俊から離れると言った瑛太の、悪者になりたくない優柔不断な言い分にも!
それを聞いた俊の、あまりに大人の中立案には「そんなに好きな瑛太の、オンリーワンになりたくないのか?」と!
そこに「愛はあるの?」「色欲だけではないの?」と思えてしまった。
ここから、夜光先生の怒濤のエロ筆になるのだけれど、
瑛太の赤い屋根の家は、俊が典之と瑛太を目撃した事から何なのか解明するのですが、俊は小2のその時から瑛太を“対象”としていたとの告白もあったり。
繋がった3人に“良かったね♪”とも思えず、本を閉じた後もモヤモヤが残っていました。

謎の露天商は他にも化けて登場してますが、詳細は不明のまま。
この高校生3人がこの先どうなるのかは、この路線ならもういいかな。

SSペーパーは、
俊が風邪で欠席した日の昼休みに、典之が瑛太の断りも聞かずに、立ったままヤっちゃっての我慢できずの中出しに「また人の迷惑も顧みず・・」と眉をひそめ、
その日の放課後、2人は俊のお見舞いに行き、そこでまたヤって風邪を感染されたと・・・、ひそめた眉の力が抜けて、目が点になってた!
えーい!もう、ヤリまくってくれぃ!でした;

子供の狭い感想かも?
“中立”はぁ~馴染んだ夜光先生だけに勇気要ります・・

3

壊れそうですぅーー!

夜光さん、初BBN作品は、雑誌掲載でなく書き下ろしのまるっと一本だったので、ものすごく読み応え有りましたよー!!
萌えポイントは、夢が現実になるというファンタジー設定を使った、幼なじみの執着愛と3Pでしょうかv
この、執着の形も攻めが二人いることで、それぞれの度合いがまた違い、一方が偏執的執着であれば、もう片方が後追い型と、
この後追い型の方が、男らしい外見に似ず一歩後れをとっているというのが、ギャップ萌えなのでもあります。
また、受けは「どっちにも決められないよー」的スタンスで、3Pにはよくあるものですが、ここに過去のトラウマが絡み、攻め二人に流されているっぽく、ひょっとしてこれって無意識の隷属なんではないかな?とか、ちょっと苛めたくなるタイプの子なのが、嗜虐心を煽りますwww

学校帰りに寄り道した時出会った不思議なおじさんから幼馴染3人がかわされたドリームキャッチャー。
これを部屋に飾った夜から、互いの夢が同一化し3人共登場する同じ夢を見るようになるのです。
夢だから何をしてもいいや、という気持ちの元わかった瑛太への俊と典之の恋心。
それは、俊と典之の瑛太への執続き着の始まりでもあったのでした。

まず俊がちょい怖いです。
夢の出来事は現実でもあるという事が解った時、夢の世界へ溺れていく俊に、思わずこの人はこのまま壊れていくんじゃないか?とそれほどまでに激しい執着を見せる彼は、ひょっとしてアテ馬になって終わる人なのかな?とか思ったりw
そして、もう一人の攻めになる典之。
彼が最初夢の中で瑛太を抱き締めたのが、俊が焦るきっかけをつくったのですが、中盤、俊が一歩リードの形で瑛太を自分のものにしている間、影を潜め居ているので、一体彼はどうやって瑛太を自分のものにするんだろう?とハラハラ、、
肝心の瑛太。
俊が夢の世界をおどろおどろしいものに変えてしまった事を知り、彼を何とかしないと、と半ば無理矢理ですが俊を救う為に身体を開かれ、それから俊が好きと思いこむのです。
そして、命を落としかねない出来事を経て俊と典之が出した答えに従わせされるという、結構”ケンカはやめて~二人をとめて~”的立場で否応なく二人のモノにされ、結局3人いつまでも仲良しだよねvv
と、甘ちゃんな御しやすい面のある子だったのかな~なんて思ったのですよ。

瑛太のトラウマ的過去が象徴的に最初に登場し、随所にそれは現れ、実は攻め二人にも関係することだった的な役割を持たせた設定を作っていますが、それって、余りあってもなくてもいいような設定だったかな~なんて感じました。
夢が現実を伴うという設定は実におもしろかったですよ!
もちろん夜光さんなんで、徹底的に受けが攻められるエロシーンはもちろん見ものw
花丸ブラックだったら絶対二輪ざしだよなって(爆!!)
壊れるまでやられてくださいwwwww
ドリームキャッチャーを売ったおじさん、何者だったんでしょうね?
モグロフクゾー的にラストも出てくるかと思ったら、、、、
ちょっと、ツッコミどころもあって(?)歪んだ三角関係を楽しめました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ