世間知らずインテリ変人×純朴しっかりもの大学生

王様の恋愛美学 ~准教授杉崎桂一郎~

ousama no renai bigaku

王様の恋愛美学 ~准教授杉崎桂一郎~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×215
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
15
得点
119
評価数
36件
平均
3.4 / 5
神率
11.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥562(税抜)  
ISBN
9784592876526

あらすじ

超厳しい性格の「冷血の麗人」杉崎准教授がなんと平凡男子学生・三郎に恋をした!? 初めての恋心にやきもきしまくりの杉崎はさっそく三郎の実家に結婚のご挨拶に…!!
(出版社より)

表題作王様の恋愛美学 ~准教授杉崎桂一郎~

杉崎桂一郎,33歳,唯我独尊の大学準教授
田中三郎,19歳,大家族の家事を仕切る長男大学生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数15

ハマり中です。

ただいま、chi-co先生にハマり中でして
先生のサイト内の短編を拝見してこれは!と思い
これまで出されていた作品を検索していた所、本が出ているということだったので
遅咲きながら拝見させていただきました

クールなインテリ系の攻め様ですが
まあ世間ズレしているといいますか、
恋愛にもウトイ感じなんですが受け様にハマってしまって
両思いだと先走ってみたりとかなりあたふたしていますが、
顔には出ませんw

受け様ですが大家族育ちでとても面倒見がいい
みんなに可愛がられているタイプの美人ではないですが
平凡ないい子なんです!

お互いが恋愛に疎いために、周りの友達が少しですがアドバイスをくれて
気付かされていく感じです

嫌な奴も出てこないし安心して読める作品でした
それに攻め様が受け様の事が大好きなのがいいですよね(*´∀`*)

1

センセ、全開(笑)

世間知らずインテリ変人………ズバリすぎて笑う。

最初から最後までとばしっぱなしのセンセ。
いやぁ、笑いました。
攻めの行動にこんなに笑った小説は初めてです。

なんて自分に都合よく解釈する人なんだっ。

世間一般の意見を言ったまでのサブちゃん。
なのにセンセ、自分を好きだったのか君は、って…

ぶはっ、噴いたw w

私的に攻めは私好みではないんですが、笑わせてもらったので萌評価。

センセの偏った変人振りとサブちゃんの絆され具合が半端ない一冊です。

0

ささっと読みやすさが魅力です

嫌なやつが出てこない作品。
あ、好みによっては攻めが嫌かもしれませんが。(わたしがそうでした)
サブキャラ達は皆面白いですし、同じ准教授の溝部は次回作では主人公として登場します。


受けの三郎は家族思いで、友人からも好かれる世話焼き長男気質。

攻めの准教授・杉崎はマイルールがあり、生徒には厳格で恐れられています。


三郎が杉崎の授業に遅刻し研究室へ出頭した際に、あまりに研究室が汚部屋だったことで三郎の世話焼き発動。
三郎が研究室の掃除を始めたことがきっかけで接近したふたり。

杉崎は他人に執着しないせいか、たいていの人間は懐に入れないようですが、一旦許すとかなり依存型。
ただ執着や依存といっても良くある病んでいる(まあ、違う意味では病んでいるようなものですが)ドロドロしたものでなく、彼はあくまで変人ですので、一般常識からかけ離れたやり方で三郎を縛ろうとするんですね。
食べ物の好き嫌いも激しくてまるで子供のようですから、長男気質の三郎はよけいほだされちゃったんだろうなあ。

わたしは変人キャラは好きですが、唯我独尊系の変人は苦手。
なので、個人的続きな嗜好でこちらの作品には萌えることができませんでした。
ただ、ささっと読める気軽さは魅力なので、次作も読みましたよ。

1

なかなか面白かったです。

デキる准教授・杉崎。
その授業に5回遅刻したら単位ナシというのに、5回遅刻してしまった田中。
けれど、それにはちゃんとした理由があって。
田中は杉崎にそれを訴え、杉崎は単位を与える代わりに対価として田中の誠意を見せてもらうことにするのだが…。

何が面白いのかってひとえに杉崎のキャラでしょう。
簡単にいえば何事にも論理的な物言いをし論理的に物事を考える人物なんですが。
時としてそれがとんでもない方向へ転がっていったりするんですよね。
田中に対する心情の位置づけに対しても、周りに聞いたりした挙句、「そうか、これが恋心か!」てなことになって、更には「よし、親御さんに挨拶に行くぞ!」と求婚しだす始末。
見た目がデキる人な分、こういうちょっとしたおかしなところが非常にギャップを感じられるというか。
更には恋人とのエッチについても知識がなく、結果として田中の友人らに教えられることになるのですが。
生真面目に男同士の性交渉についてネットで勉強してる様とか真面目な分だけおかしいですよね。
論理的だからなのかどうなのかはわかんないけど、直接的な言葉が多いのも面白かったです。
続き一方の田中は強引に突き進んでいく杉崎に絆されたようでもあり、最初から自覚症状ナシに恋心を持っていたようにも感じられました。
でも、いくら恋愛事に晩生だからってそこまで友人話しちゃうのってある意味田中もすごいよね。
なかなかいいコンビなんじゃないでしょうか。

個人的には田中の友人3人のうち2人がデキてたらいいのにな~と思いながら読んでたんですが、どうやらみんな田中ファンだったようで…。
この先、その関係性が動いたら面白いなと思ったり(笑)
あと、杉崎の同僚の溝部もいいキャラなので、この人のお話とかあったら読んでみたいかなぁとか思ってたらもう出てるんですね!
しかもお相手は…。
早速探して来なくては。

1

キャラが萌えツボで良かった‼

最初のきっかけは、陸裕先生が大好きだったからなんですけど、作品を読んで、初読みながらどっぷりハマってしまい、それからはchi-co先生が好きになりました。
中でもこの作品が1番♡

内容は大学准教授•杉崎×大学生•三郎の年の差もののお話。

三郎が杉崎准教授の講義を、5回遅刻してしまったことから始まります。
三郎が遅刻してしまうには理由があって、両親が商売をしていて、十二人という大家族。そのため、長男の三郎が、家事に育児と働きまわる忙しさゆえでした。
しかし、奨学金をもらって大学に通う身には、単位を落とせません。
そこで、杉崎から部屋の掃除と引き換えにチャンスをもらえることに…。
本人には違うんですけど、そこは他人の目から見ればゴミ部屋でした。実は、杉崎は掃除や片づけが全くできない人だったのです。

マメで世話好きな、家庭的な三郎と接していくうちに、杉崎は癒されていくんです。
『冷血の麗人』と呼ばれた杉崎は、手作り弁当を作ってくれたり甲斐甲斐しい、癒し系の三郎に恋をしてしまいます。
それがなんと初恋だったと(笑)
きっと胃袋を掴まれたんですよね(笑)
読ん続きでいても、卵焼きとか美味しそうに描かれているから、
食い意地の張ってる私も、落とされそうと思いながら読みました(それてしまいすみません)
餌付けされていく展開は、萌えツボなだけに良かったです!

「杉崎准教授」が、ドツボキャラでした。
とにかく、お話の中でも杉崎が、メンイみたいな感じなので…杉崎を好きになれるかなれないかで、この作品の評価は大きく分かれそうだと思います。

私的には大好物だったわけで♡
男前で、仕事の地位も高いできる大人が、私生活ではだらしない自己管理能力が低い男…そこに、みかねた家庭的な癒し系の受が、甲斐甲斐しく世話してしまう的展開が好きなもので(笑)

杉崎の事を、めんどくさい男だなあと思う方もいると思うんですけど…確かに面倒で変な男ですが、融通が効かないというわけでもなく、そこまで変人でもないかなあと…。

かなり発想が極端な点では変なんですけど、学者肌様なので、考え方が生真面目過ぎるんですよね。
でも、その極端さが面白かったんです。
三郎への想いに気がついてからの、突っ走りっぷりが、人柄そのもので、一直線な真面目さにキャラツボ萌えでした♡嫁宣言も笑えます。
そんな所は、変わり者だけれど、誠実さが現れていて好きでした。なんといえども初恋なので(笑)
ウブで純粋さにやられちゃいました♡

三郎もとても好みの受けキャラ‼
極々普通の男の子なんだけれども、周囲から慕われている通り、優しくて可愛いんです。
大家族の長男なのでしっかりしているのもポイント高でした。
どんどん迫ってくる杉崎に対しても、人のいい三郎だから流されちゃうのかと思ったんですけど、周りの意見も聞き入れながら、答えを見付け出す芯のしっかりした所がまた良かったです。

あと友人3人衆、阿佐美、一ノ関、斑目と、杉崎の友人で准教授の溝部も人間味溢れたいいキャラたちばかりだったのもポイント!
三人衆は三郎のことを好きだったんですけど、2人が真剣な事に気がついて、協力する男らしさが良かった♡
男同士のアナルセックス講義を受ける杉崎には大笑いさせて頂きましたけど(笑)

お話が変わるたびにつけられる、表題も楽しく読ませて頂きました。

とても面白い作品なのでオススメです。
この2人のキャラが好き系な方には、絶対ドツボだと♡
続編として「食わせ者の純愛論〜溝部篇〜」も出ているので、一緒に読むと一層楽しめます。こちらも意外カップルで美味しいです‼

1

ふわふわあまい卵焼きが好きです

他の方のレビューを読んで面白そうだな~♪と思って購入しましたが、予想を遥かに超えた杉崎(攻め)の暴走に、大爆笑しました。面白かったです!!
何度、「一体 どうして こうなった?」とツッコミを入れたでしょうか・・・。
杉崎には、周りを巻き込む自己完結型ポジティブさん(最高ランク)の称号を差し上げたいです(笑)最高でした~!

そんな攻めを受け止められる三郎さん(受け)、可愛いし料理は美味しそうだし、何と言う包容力。
挿絵を描かれている陸裕千景子先生の影響もあってか、お弁当が、きんぴらが、ごはんが、たまごが輝いて見えて美味しそうです・・・とてもお腹が減ります。

私も ふわふわの甘い卵焼きが大好きなので、杉崎の語りにうなづき、三郎の作る卵焼きに何度心を奪われたことか・・・!杉崎先生が羨ましいです。
でも杉崎先生を受け止められるのは、三郎だけだと思うので・・・(笑)三郎も、ほわーーーん とした優しい天然系(?)なので、良いコンビだと思いました。

序盤のドタバタほのぼの~な雰囲気から、だんだんと二人の関係が近づいてと思ったら、杉崎先生の暴走で一気に走りきった感じで、テンポ続き良く楽しく読むことが出来ました。

好きなシーンは、お稲荷さん強奪事件(←友人達から見れば)や、いきなりのご両親へのご挨拶、三郎も俺の事が好きに違いないという謎の自信(これ一番笑いました)など沢山ありますが、一番は
三郎が「おじいさんは杉崎先生のことを可愛がられてたんですね」と言うシーンが、じわ~っと染み込んで来て、とても好きでした。

楽しい部分も大好きですが、ちょっぴり切ないような、それだけではない部分もあるからこそ、話の面白さが増したように思えました!もう二人が夫婦にしか見えません(笑)

2

blacksima

メイプルシロップさま
コメントありがとうございます♪すごく面白い作品でした!是非是非読んでみて下さ~い(^▽^)
爆笑とツッコミの嵐ですよ~(笑)
わたしは、chi-co先生の本を初めて読んだのですが、こんなにコミカルなお話だったとは!
と楽しかったです。他の作品も読んでみたくなりました。

メイプルシロップ

あ!chi-coさんのご本だ!!

これずっと気になってて、近々買おうと思っているのですー!
以前『なりきりマイペット~』のほうでも爆笑させてもらったので、絶対面白いはず(笑)
表紙も本当ふわふわしていて可愛いし、気になるのでもう買ってきます(*´д`*)

評判どおり面白かったです!

あー笑った笑ったwww攻様の台詞や思考がいちいち面白い。
いちゃいちゃが少なめなのにこんなに読後感満足なのは珍しいです。
外見的にはぱっとしない受様に想いを寄せる友人トリオも攻様・杉崎のあまりにも赤裸々な
受様・三郎への愛の告白にライバル化するのを忘れて強力な助っ人になってるし。
何このほんわかした展開はww
気持ちいいくらいの独占欲だし。三郎を嫁にする決意の固いこと・・・
もういっそ嫁になってからのお話も読んでみたいです。
 
卒業と同時に杉崎の姓を名乗るような段取りを組むのが理想的だ

って。この2人結婚したらずっといちゃいちゃしてそうだわ~癒されました。

0

ダメな大人ほど可愛いものはない

ホンッと、ダメな大人って面白い(*´∀`)クスクス
冷酷非道、まさになにものをも受け付けないであろうとされていた通称「R2」
な准教授。遅刻5回で単位無し。
そんな自体に陥った受と~なお話なのであります。
割と全体的にホノボノなテイストで構成されておりまして
准教授という高学歴で、出来る男のレッテルを貼られているハズの攻が実はダメダメw
そんなギャップに萌えました。
あとがきにも、攻が可愛くて仕方がないと有りましたが、
さもありなんであります。
ですが、理屈をこねたり子供みたいだったり。
それが妙に可愛く見えてしまうというのは本当だなと思う部分あり。

ヤキモチ、独占欲。
あまつさえ、唐突なプロポーズ。
ちょっ・・まって!!と思わず言いたくなってしまう
このテンポが好きでした。
最終的に「尻の穴をほぐす潤滑油をくれ」と言っている准教授が見たかったw
何はともあれ、ハッピーエンド。
もうひとつの准教授のお話も、これは俄然読んでみたくなりました

0

後半がもったいない。

 学生たちの甘えを許さず、冷血の麗人として恐れられる准教授・杉崎。
「5回、1分でも遅刻したら単位なし」
 と事前に申し渡されていた授業に、三郎は5回目の遅刻をしてしまう。
 三郎は十二人家族で生活をしていて、下の弟や妹の面倒を見ていて、その兄弟が風邪を引いたり、ぐずったりして授業に遅れてしまっていたのだった。
 そんな家庭の事情を聞き入れてもらえるはずもなかったけれど、一応は、申し開きをしようとして、杉崎の研究室を初めて訪れ、その光景に驚愕した。
 杉崎の美しい見た目に反して、とんでもなく汚かったのである。
 厳粛で完璧だとばかり思っていた准教授の意外な一面を見た三郎は驚くが、誠意を見せるために、その部屋の掃除を買って出る。
 家でも家事全般を担っている三郎にとって、掃除は大したことではなかったけれど、自分や家族の分を作るついでに、お弁当を持って行ったところ、大感激され、これからもお弁当を持ってきてほしい、と告げられる。
 そして、お弁当を持って行き、研究室に通ううちに、次第に彼がひどい食わず嫌いの上に、謎の思考回路の持ち主であることがわかり、三郎はほっとけないものを続き感じると同時に、親しみやすさを感じる。
 ところが、次第に杉崎が暴走し始め、ある日三郎は求婚されてしまう。

 そしてそのまま、押し倒されてしまって……

 という感じの話でした。
 とにかく不思議ちゃんで、世間知らずで、思い込んだら一直線なタイプの杉崎を、不思議だなー、かわいいなーって三郎が眺めてたら、あれよあれよというまに押し倒されて、求婚されて……って杉崎のペースに巻き込まれてしまう……という。
 でもこれ、本当に三郎じゃなかったら、怒られてもしょうがないところだと思うんですけどね。
 杉崎は本当、思い込みが激しくて、自分独自の論理で動くので。
 三郎の料理はそんなに安易に誰にでも振る舞っていいものじゃないって勝手に思い込んだら、わざわざ三郎が友達に作ってきて渡しているお弁当を当たり前のように取り上げちゃったりするし。
 三郎は自分の気持ちを知ってるもんだと思い込んだ挙句、それでも通ってきてくれるんだから、三郎も自分のことを好きに違いないと思い込んだ挙句、更に三郎自身に自分の気持ちを伝えることなく、「両親に会いたい」と言い出す始末。
 これ……自分の周りにいたら、かなりうっとうしい人だと思うんですけど。
 三郎は、そんなところも嫌がることなく、優しく接してくれるから、実に大人。

 そんな明後日を向いちゃってるマイペースな上に宇宙人な攻めと、しっかりもので包容力ばっちりな年下受けがお好きな方にはぜひ、オススメしたい話ですが。
 個人的には最後に行けば行くほどツメが甘くなってきちゃったのが残念だなーと思います。
 三郎の友人が、杉崎がパワハラを仕掛けているのじゃないかと思って、杉崎の研究室に押しかけていくんですが、そこで杉崎と話しているうちに、あっさりと意気投合して、本当に男同士ではどうやるのか、という話になってしまう……
 なんか、急すぎるような気がします。
 あれほど、三郎に杉崎が近づきすぎるのを嫌がっていたのに、直接話したらあっさり許しちゃうって、ただの友情だったのかそうじゃないのか、がイマイチよくわからない。
 ここで一言、「先生が本気なら仕方がない」的な描写が一つあったら謎も解けてだいぶすっきりするんですが、それがなかったので、最後まで疑問が残ったまま。
 ちょっともったいなかったなー、と思います。

3

変わり者(天然)×常識人(でも天然)

ものすごく面白かったです!

優秀だが唯我独尊で世間知らずの攻・杉崎と普通っぽいが普通じゃない(と思う)受・田中の話。

とにかく受けも攻めも可愛すぎます。
攻めは33歳の若さで准教授という立派な大人なんですが、手の掛かる子供みたいな一面もありますし、
受けは逆に面倒見が良く、それも当たり前な感じで、下心無しで世話を焼いたりします。
受は一見普通で目立つタイプではないが性格の良さもあって友人は多く、特に仲の良い男友達が三人います。
その男友達も皆良い奴なんです。
自分達の思いを封印しながら、友達として受を応援する…健気な奴らなんです(お互い牽制してたら別の男に取られた、とも言うが)

攻が受に対しての思いを自覚していない時の暴走(友人達に作った稲荷寿司の取り上げ)も、自覚してからの暴走(受の両親への挨拶とか求婚とか)も面白すぎます。

攻も受もすごく良いキャラで、特に受は自分の理想に近いです。
周りのキャラも非常に魅力的でストレス無く読めました。
スピンオフの「食わせ者の純愛論」も勿論読みました。

あとこの話を読んでいると食事シーンが多くお腹が空いて続ききますので、ダイエット中の人は避けた方が良いかもしれません(笑)

変わり者×常識人の攻→受が好きな人には本当にお勧めできます!

1

う、かわいい

独占欲まるだしの攻め様にすごくキュンキュンします!

受け様はお母さんです!
世話好きで面倒見がよくて外見は
平凡だけど、甲斐甲斐しさがかわいいのです!

陸裕先生の書く人物たちがみんな、かっこいいやらかわいいやらで
先に挿絵を覗き見しそうになりました。

0

独特の世界観が楽しい

今回は大学内でも唯我独尊と有名な準教授と
大家族の家事を仕切っている大学生のお話です。

隠されていた攻様の実態を知った受様が
攻様の妻の座におさまるまで。

受様は家がラーメン店を営み
両親祖父母、下に4人の弟妹がいる上に
出戻った姉と2人の子供という大家族です。

忙しい両親祖父母、姉に代わって
弟妹や甥を見ながら奨学金を受けて
大学に通っているのですが、
ただ今落第の危機に直面していました。

というのも受様が受けている講義の准教授は
講義に5回遅刻したら落第と明言している
厳粛主義者だったのです!!

この准教授こそ攻様になります♪

攻様はスーツをきっちり着こなし
書く文字は整然、提出物の仕様も細かい上に
どんな言葉に一切耳を傾けない
氷の血を持つ男と噂されています。

家族の面倒で続いた5回の遅刻の結果
攻様に呼び出された受様は
気合を入れて研究室に向かいますが

そこで見たものは
信じられないくらい雑然とした汚部屋に
凛然と佇む攻様だったのです。

狭い家ながら
いつも清潔で快適に保っている受様は
続きの惨状は許容範囲を超えていましたが
まずは攻様と対しなければなりません。

幸いにも攻様は受講態度の良い受様の
遅刻理由を聞いてくれたのですが

5回の遅刻を帳消しにする攻様に
どんな誠意を見せてられるのかと
真顔で迫られてしまいます(笑)

そんな受様が見せた誠意は
空き時間に研究室の掃除をする事!!

1週間でようやく
ちょっと散らかった程度までした受様ですが
掃除はごく普通の作業でしかなく
コレだけで落第免除は申し訳ないと

コンビニ弁当の攻様の為に
食事の差し入れをしてみるのですが…

なんと攻様は
受様の庶民な弁当をとっても気にいり
翌日から受様の示す誠意は
昼食の弁当作りも加わる事になるのです♪

3週間もすると受様は
子供っぽい一面を持つ攻様を
放っておけない気分になってしまいます。

しかし
受様の友人達には攻様が単位を餌に
受様をこき使っている様にしか見えず
研究室に乱入するのですが

友人達との中の良さを見た攻様は
な・ぜ・か・胸の中にモヤモヤが(笑)

そして受様が
彼らに作ってきたお弁当を取り上げたり

女子の差し入れがあるなら
攻様用の弁当は不要と思った受様が
他の准教授に差し出したお弁当まで
取り上げるのですよ!!

それらすべてに攻様は
攻様なりの理由を滔々とのべるのですが
ソレは単なるヤキモチでしょう(笑)

はたさて二人の恋の行方とは?!

見た目が良くて頭も良くて
思考も理路整然としてしっかりしているのに
その思考回路が人よりズレテいる為に
実態は子供の様な攻様と

見た目は平凡でも学業には熱心で
片づけ上手で手料理も美味しくて
面倒見が良い癒し系受様のラブコメです♪

攻様は視界が狭過ぎて天然、
受様は素直すぎて天然なので
思った事や考えた事が態度や言動に
そのまま出ているのですが

ソレが普通の思考回路じゃない為に
笑いのツボを刺激しているというのに
本人達は大まじめだから更に
笑いの発作が大きくなっちゃうのですよ♪

2人がお初Hを体験する最後まで
笑いのツボが刺激され続けた一作で
とっても面白かったです。

今回は天然系攻様と世話焼きな受様カプで一作、
高月まつりさん『秘密のゴミ箱でキスをして』は
いかがでしょう?

2

田中三郎、何処かにいませんか~?!

何処かで読んだ感じなんだけど、どこも優しく楽しくそれぞれのキャラがハッキリしていて秀逸なんですよ♪
つまり、好きぃ~♪^▽^♪

何かね、最初の方、男の心を捕える為のハウツー本って感じです^^
射止められる男は、準教授・杉崎。
女性の理想の「いつまでも子供の心があって~頭が良くて~美形で~金持ちで~、自分だけを見てくれて~」を地で行くものの、変人・低生活力という嫌われキーワードが付いていますが。
本人知らずに矢を打つ方は、奨学生の田中三郎。
男心は舌で掴め!と昔から言われるように、もう料理上手!
優しくて気配り上手で、そばにいれば和み、更に、真面目で忍耐強くて、清潔好きでと、もう理想の嫁!
「遅刻5回」という負の出会いなんか“へ”でも無く、教師学生の立場や男同士なんてハザードは完無視ですよ!

会えば会う程、杉崎は三郎のトリコ!
そうなってみて、なんて周りにライバルが多い事かと気付く杉崎!
でも、嫉妬の嵐に戸惑う杉崎の純粋バカさ加減にほだされてか、そのライバル達が男同士の恋愛の教授をしてくれて!
行け行けーな展開に、ブッ!

こんな明るい中、ふと思うのは続き、三郎の弟“幸四郎”の兄への想い、どうなるんだろうか?
あんな良いお兄ちゃん、変な男?に取られて納得出来ないだろうなぁ~!
こっそり泣くんだろうか?これから邪魔するんだろうか?
陸裕先生の描いた幸四郎が可愛かったから、気になりました!

この話に、陸裕先生の杉崎はあくまでクールに描かれていてv三郎は可愛いし、どのイラストも大好きです♪

と~ってもおバカで脳天気なラブストーリーでした♪
お勧めです!

1

尻上がりに、後半になればなるほど面白くなる。

一行で語るならば、気難しい大きな子供と、優しくて面倒見の良いお兄さんの話。
実際の年齢は気難し子供の方がだいぶん上だが、行動や思考が随分と子供っぽい。学者肌で興味のある分野に一筋で、その他の瑣末(ではないこともあると思うが)な事は振り棄ててきたのでは?という印象を受けました。

今時珍しい大家族で平平凡凡な田中三郎。彼は大家族の中にあって、幼い兄弟たちや出戻りの姉の子供たちの面倒や家事に追われる忙しい大学生。しかし、ただ平凡なだけではない。
面倒見が良く料理の腕もぴかいちで、掃除も上手、気配りも出来て、マイナスイオンを発生させているのではないかという癒し効果抜群の青年なのです。
そして遅刻は5回まで!の講義は面白いが大変厳しく唯我独尊・傍若無人な准教授・杉崎桂一郎。

ついに5回目の遅刻をした三郎は講義後、杉崎の部屋に来るように言われる。
奨学生の彼はなんとかして遅刻の理由を分かってもらうべく緊張しながら部屋に向かい、入室を許可されドアを開けて唖然。思わず片付けたい!と思えるぐらい雑然とした部屋、しかしその中に王様然とした杉崎が堂々と座っていて。
そこから部屋の片づけ続きにお弁当作りという日課が始まるのでした。

杉崎がとにかく面白い、そして偉そうなのに妙に可愛い。
三郎が作って来たお弁当の卵焼きについて、自分の好みをそれはもう偉そうに指図したり、ウィンナーをカニにしましょうね、と三郎に言われて「カニにできるのか!?」と驚き、そんなことができる三郎を素晴らしい!と称える(心の中で)たりする。
物語は終始くり広げられる、甲斐甲斐しく面倒見が良いほんわかした雰囲気を漂わせる三郎と、容姿端麗で学歴も地位もあるのにどこか可笑しく子供っぽい杉崎のやり取りが笑えたり、妙に和んだりします。
そして、三郎は煌びやかな友人三人の中にあると本当に平凡なのに、実は非凡なる才能の持ち主です。
長男気質というのもあるけれど、男子生徒にあるまじきお母さん属性。そして佳き『妻』属性も持っている
面倒見の良さは今まで読んだBL作品の中で一番かもしれません、その甲斐甲斐しさ見習いたいぐらいです。

面倒を見られる事に、心地よさを感じる杉崎。
どうして三郎が自分以外を構うと心がざわついて面白くないのか?
どうして三郎の事が生徒という以上に気になるのか?
頭が良いのに、ちっともその感情が『恋』だと気が付かない杉崎。
でも、自覚したら・・・?
結婚です。結婚!
告白・お付き合いがスカッと抜けてすぐさま結婚です。三郎のご両親に御挨拶に行かなくては!です。
なんという単純思考!
そこから一気に加速的に面白さが増します。
多く語ると事細かに書きたくなってしまいますので、読んでのお楽しみ!です。
是非とも読んで笑って、笑って、最後にほわっと気分良く読後を迎えて頂きたい作品です。
各章ごとのタイトルも、お忘れなく!
このタイトル達も秀逸です。

1

残念な性格というより偏屈故にあれ?天然?

はっきり言いましょう!
滅茶苦茶面白いですよーーーーー!!!!
爆笑しちゃいました。
もうキャラの設定勝ち?
非の打ちどころのないような男前の准教授が、唯我独尊の傲慢男なのはわかりますが、その内面は実は~な(爆!)
片付けのできない無頓着だったり、甘党だったり、柔軟性のないその性格の為に変な方向へ思考が飛んで行ってしったり。
物語の進行につれて、だんだんおかしくなっていく准教授の言動は、ラストに近づくにつれて、いちいち読みながらツッコミまくりの爆笑続き!
一方、主人公である大学生も、面倒見よすぎるだろ?
というほどに、とってもいい性格なんですが、何か天然?
主役が二人とも、じつは天然でした~だったからもう、おかしいことこのうえなしです。

三郎は実家がラーメン屋で祖父母、父母、出戻りの姉とその子供二人、弟妹3人がいる12人大家族の中で、子供たちの面倒や家事を請け負っている面倒見のよいお兄ちゃん。
杉崎准教授の講義は5回遅刻したら落第という厳しい決まりがあるのだが、家の事情でとうとう5回目の遅刻をしてしまい、理由を話そうと杉崎の部屋を訪ねると、そこはとんでもないあ続きりさまで。
成り行きで、部屋の掃除と杉崎の弁当作りをすることになってしまう。

というあらすじだと、よくあるやつよね~と思うのだが、この杉崎の心の変化とそれに伴う行動が爆笑ものなのです!
面倒見のよい三郎に世話を妬いてもらうことが心地よくなるのはお約束だし、そこに独占欲が働きだすのもお約束。
その表現が実に子供のような、天然ぶりww
三郎が沢山作ったからと友人達に持ってきたお弁当を、それは自分のだと勝手に回収して、杉崎が女生徒から弁当をもらっているのを見た三郎が、持参した弁当はもういらないと思い、声を掛けてきた別の准教授にあげて一緒にそれを食べ始めていると、そこへ乗り込み変な理屈をといてまるわかりのヤキモチを、ヤキモチと自覚しないまま、准教授に得意げに説く姿(爆!)
とにかく、この杉崎が一人で考えて暴走する姿がwww
あまりに恋愛という心の機微に疎くて、自分が三郎を好きなんだと自覚したとたん、いきなり嫁ですから!
三郎の実家に挨拶に行かなくちゃいけないとか(爆!)
最後の盛り上がりは男同志のセックスとは何ぞや!?
三郎の友人3人、例の准教授も巻き込んで、杉崎と三郎の性教育!?
括約筋の解説とか爆笑しちゃったデス~♪♪♪
初体験の合体についても、、、何だか、、、こっちが恥ずかしくなる、単語の発声がww

これでもかという怒涛の後半の爆笑に、天然×天然、って見てる周りの方が楽しいんだよねvって、その醍醐味を味あわせてもらいましたv

ところで、三郎のすぐしたの弟・幸四郎が、実は杉崎に嫉妬を覚えているブラコンのような様子を見せていたのですが、彼はどうするんだろう?
ものすごく気になるんですが・・・
そして三郎の友人たちと、お節介(野次馬ともいう)の准教授。
スピンオフを考えるに、随分候補がいるもんだな~と、そして続編もありえそうな雰囲気に、ちょっとワクワクもするのですww



1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ