drap 2011年04月号(雑誌著者等複数)

drap 2011年04月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
発売日
価格
¥752(税抜)  ¥812(税込)
ISBN

表題作drap 2011年04月号(雑誌著者等複数)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

う~ん4月号はさらに再読したいぞ!って作品が少ないです。

でも、好きな作家さんの作品は満足いく萌えを頂けたので、買って損した気分にはなっていません。
一応全てに目を通していますが、自分的に気になった作品のみ感想を。

たま~に掲載されている『drap迷作劇場』今回は草間さかえさんの『地下鉄の犬』キャラでお送りする『うさぎとカメ』でした。
攻めがこんなに可愛くていいのか!!ってぐらい可愛かった。
これは悶える!

『コイシ心』神田猫さんの「~心」シリーズ読み切りが巻頭でした。
今回は出張に旅立つ崎さんを見送ったお留守番の準の、逢えなくて寂しいな。逢いたいな声が聞きたいな・・・
電話しようかな、どうしよう(ドキドキ)という、非常に健気なワンコのような準がこれまた猛烈にツボで、崎さんの男前っぷりが素敵な読みきりでした。
好きな人との電話はテレる、だって好きな人の声が耳に直接聞こえるからという描写が、確かにその通りだ!これは意識すると恥ずかしい~ひゃーと思ってしまいました。

『カテキョ』前後編・後編。
前回同様、倫太郎の感情全てが自分に向いていないと気が済まない楓。
でも、不安げな顔を見るとそうさせてしまっている自分が憎続きらしいと、また思ってしまう楓。
愛が深いです。
楓が倫太郎の感情全てが自分に向いていないと嫌、目がいつも自分に向いていないと嫌という感情には、幼い頃からなんでも持っている自分に打算的に近づいてくる他人に良い感情を持っていないため。では倫太郎は自分の何を気に行って好きになって一緒にいるのだろう?という不安な思いからくるものだったらしい。
楓の意外に臆病な感情に驚いた。
最後は珍しく体調不良で熱を出し寝込む楓と、それを看病しつつエチになだれ込んでいく流れでした。

『美男子恋愛論』番外編 妹達の策略によりお試しで一緒に暮らすことになったふたり。
す、すごいラブラブカップルになっていた!これにはびっくり。
もともと攻×攻話なので、まだ上下逆転の可能性は僅かながらありそうなものの、このまま定着してしまいそうな予感です。
コミックが楽しみです。早く頭から読みたい!

『情熱のイングリッシュローズ』目次では最終話となってますが6月号に続きが掲載されるようです。
そりゃそうだ、こんな新キャラ出して、次どうなるの!?って引きで最終回とかない!続きが早く読みたいです。
雪の中に倒れていた玲也を献身的に看病したアレックス。誤解が解けて晴れて恋人同士の関係に落ち着いてここからと言う所に、なにやら曰くありげな人物が登場。
その人は玲也が修業を行う予定のレストランの関係者らしく、しかもアレックスともなにら関係が・・・?と言う所で、次回に続きます。

読み切り作品『akiss』うっかり空き巣に入った家の住人は実は高校の先輩で?一風変わった空き巣から始まる再会愛、絵はそんなに好きではないのに、妙に面白くツボでした。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ