写真週刊誌の『記者とカメラ担当。ライバルで相棒なふたりのシーソーゲームラブv

飴色パラドックス 1

ameiro paradox

糖稀色相悖论

飴色パラドックス 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神152
  • 萌×267
  • 萌27
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

271

レビュー数
35
得点
1113
評価数
254件
平均
4.4 / 5
神率
59.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403663031

あらすじ

週刊誌記者の尾上は、異動先の張り込み班でカメラ担当の同期・蕪木とコンビを組むことになる。密かにライバル視していた相手である上、スクープのためなら手段を選ばない蕪木のやり方が正義感の強い尾上には納得できず、最初は衝突ばかり。けれど共に事件を追ううちにお互いが気になり始め……? 話題のケンカップル登場!
(出版社より)

表題作飴色パラドックス 1

カメラマン・蕪木元治(25)
写真週間誌の記者・尾上

その他の収録作品

  • 直後のおはなし
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数35

両思いまでが丁寧でいい

よく見かけるので有名なんだろうとは思ってましたが、なんとなく読む気にならず、読んでませんでした。しかし、今回読んでみて、なんで私は今までこれを読まなかったのかと大後悔!
漫画喫茶に行ったときに、この作品があったので買わなくていいし読んじゃおっていう感じで手にとりました。1巻読み終わった結果…その日に本屋に寄って買っちゃいました。
まず、受の尾上が可愛いです。表情とかわかりやすすぎて、あーもう可愛い、この2人のやりとりをいつまでも見ていたい。という感じです。そして、攻!とにかく顔が私好み。仕事もできる。仕事のやり方はびっくりするけど、それでも目的達成のために、一生懸命頑張ってる。とっても素敵な方だと思います。
この2人はもともと男の人が好きというわけではないのですが、2人が両思いになる過程が丁寧に描かれていて、とてもいいです。
少女漫画とかである付き合うまでの過程がすごく長く、付き合ったらゴール!みたいな感じだなという印象です。つまり、それだけ丁寧ということ。
さらに、きっと付き合ってからもストーリー重視であるだろうと思わせてくれる期待感!!絶対読んだ方が良いです。
エロは濃続きいわけではないけど、あっさりしてるわけでもなく、私は結構好きです。というかとても好きです。
そろそろ2巻もよみたいので、この辺で。

1

ものさし的作品

このケンカップルがわたしのBLものさしになっているのは間違いないです……!このふたりと同じくらい萌えられるか、それを基準に本棚にしまうか、押し入れにしまうかを決めているくらいです。

ある日、電子書籍のチケットが余っていたので、気になっていたイサク先生の作品を手軽な気持ちで買いました。読みながら止まらぬ動悸。恐ろしいほどの胸キュンに頭を抱えたことを覚えています。2巻目も速やかに買い、その後途方にくれました。
カバー裏は何が描いてあるの……!
ということで本屋に走りました。つまり特典もないのに2冊分買ってます(笑)

尾上をみているだけで元気になるし、とにかくあほかわいくて頬がゆるみっぱなし。仕事は出来るけどおばかな尾上が愛おしいです。念願のカバー裏もにやりでした!許さんかわいい!
なにより、尾上のカブに対する態度が、心臓を絞られるほどにすきです。

とうとう3巻の日程が決まったとのことで、楽しみすぎて思わずレビューを書いてしまいました。今もなお突如発作のようにかぶおのを読みはじめるので、相当好きです(笑)
とにかくイサク先生の作品の中でいっちばんだいすきなお話です。続き(まだ言う)

2

攻め様が・・・

夏目作品大好きです!!
・・・・が、ごめんなさい。今作だけはどうしても攻め様を好きになれなくてダメでした・・・
好きになれないというよりも、純粋に苦手なタイプだったというか・・・

そんな攻め様に心奪われ、翻弄される受け様がとても不憫に感じるし、好きになる気持ちも全く分からず・・・。
物語も週刊誌の張り込み班を舞台にしているので、手放しに面白くてコミカル・・・ともならず、重い部分もあったりして入り込めませんでした。

一応一巻目で結ばれる二人なのですが、攻め様のスレッぷりをどうしても受け入れられない私には二人のHシーンも萌えるどころか冷めてしまいました。

4

これぞ「男の子」

すでにたくさんの投稿がある作品ですが、初レビューはこの本と決めていました。

望まない異動で、仕事はできるけれど性格の悪いカメラマン・蕪木とペアを組むことになってしまった雑誌記者・尾上。同期入社で、以前から(一方的に)ライバル視していた蕪木の鼻を明かしてやろうと、慣れないゴシップの取材に奮闘…するものの、仕事は空回り、蕪木には呆れられ、散々な毎日。

このいかにも性格不一致な2人が、共に仕事をしていく中で、喧嘩してぶつかって、恋愛以前にライバルとして認め合っていく…本当にイイ「男の子の関係」だなぁと思います。
一見クールな蕪木が純粋ストレートな尾上にあてられたり、向こう見ずな尾上は尾上で、冷静な蕪木が実は複雑な感情を抱えていることを知り、たまらずハグして慰めてしまったり。

(そしてそんな蕪木が、尾上に対する気持ちを自覚した途端「がっつきモード」に切り替わる瞬間がたまらなく好きです。)

尾上はとても騒々しく、何にでも冷めている蕪木じゃなくても「もう少し落ち着けよ(笑)」と言いたくなります。
けれどそこに不思議と「男っぽさ」を感じました。プライドが高くて、単純で、負続きけず嫌いで、猪突猛進でとにかくうるさい。尾上みたいな女の子はいないと思います(笑)

寡黙でダンディだから「男らしい」「BLらしい」と言われるキャラはたくさんいますが、こういった描き方で上手に「男」を表現する作家さんはなかなかいらっしゃらないのでは。

尾上のようなキャラクターが苦手、イライラするという方にも(私がそうだったので笑)ぜひ一度読んでもらいたいです!イサク先生の他作品が気に入ればほぼ例外なく萌えられる要素があるかと。

雑誌で続編の連載も始まりましたね。またこの2人のケンカップルぶりを拝めるなんて幸せすぎます。もう数えきれないほど読み返していますが、この先何度でも読んでいくだろう作品です。

3

ケンカップルの響きにつられて・・・

電子書籍サイトを徘徊中に《ケンカップル》というワードにビビっときて購入。

電子書籍で買ったことにちょっと後悔しました。電子書籍は手軽に読めて置き場所にも困らない利点はありますが、好きな作品ほど紙媒体で手元に置きたい欲求がどうにも止まらない!

本作の感想に入ります(汗)

受け君、尾上のライバル意識過剰な反応が、徐々に好きオーラに変化していく様、プライドが高いせいか本当とは逆のことを口走る姿も可愛すぎました、天然誘い受けなのかモブオヤジに押し倒されそうになったり、受け視点でこんなに気に入ったのは久し振りです。

攻め君、蕪木の仕事に対する貪欲さに惚れ惚れ。尾上のこと何とも思って無かったと言いながらも、尾上と組む前に、尾上が書いた記事が載ってる雑誌号を鞄にいれている辺り、何かしらの感情は持っていたんだろうなと匂わす部分も良かった。

ずっと読み進んでも一向にloveにならないので、これはアレか?一巻は清いのか?と思ったら!最後に一線越えてめでたしめでたし。ケンカップルの今後がとても気になります。

これは、紙媒体で買い揃えます!

4

真っ直ぐであほな子(褒め言葉)な尾上くんが、たまらんです(笑)

何故か、夏目さん初読みです。
ああ、人気有るのはよく分かります。
とても読みやすい。
一巻、二巻とサクサク読めてしまいました。
受けも攻めも普通の男の子で可愛いです。
ただ、若干カブの「振り回されるより振り回す方が好き」な感じは苦手かなあ。
それでもなおって亊なのは分かるのですが。
二人があまり対等になっていない気がするんですよ。
最初の反発から、友情に発展しないでいきなり恋愛感情になっちゃったからでしょうか。
ここらが勿体ない気がします。
ノンケ同志、こんな簡単にいかなくてもいい気がするのです。仲良くなってからの葛藤が見たかった。
真っ直ぐであほな子(褒め言葉)は好きなので、尾上くんは大好きです(笑)

しかし、尾上くんの元彼女の嫌な女っぷりが半端ないですな。

3

不思議なほどに

あらすじや設定だけ見ると好みだったのに、実際に読んだら萌えたのは序盤だけ、あとは不思議なほどに萌えられなくていまいち楽しめませんでした。

何が合わなかったのか、いろいろ理由を考えてみたんですが、せっかく同期で同い年なのに友情は全く育たずにいきなり恋愛になってしまったのが肩透かしだったのかも。
どちらもゲイではなかったはずなのに、友情だと勘違いする暇さえなく恋愛モードに突入してしまって、友達っぽいカップルが好きな私としては残念でした。

あと、「ケンカップル」というならもっとお互いに張り合っていて欲しかったかな、と。
ぎゃんぎゃん噛み付く尾上を蕪木があしらっているだけだったり、蕪木が尾上を一方的に避けてコミュニケーション自体成立しなかったり、私が漠然と期待していたイメージとはかけ離れていました。

元カノの扱いも酷かったです。魅力皆無で尾上が彼女のどこを好きで付き合っていたのか分からないし、それどころか好きだった時期が本当にあったのかさえ疑わしいレベルまで落とされてフェードアウト。
作者さんの愛情の無さ(都合のいい駒扱い)が露骨に透けて見えるキャラを主人公たちの近くに続き配置して何度も登場させるのはやめて欲しかったです。

尾上が蕪木を見直すまではドキドキしながら読んだし、内容的にはそこそこ面白かったような気もするのですが、読み返してみたらなんかもういいやという気になったのでこの評価です。

3

可愛いけど男らしい!でも可愛い・・・

ケンカップル・・・お互いが意地っ張り、でも徐々にお互いが自分の気持ちに気付いてヤキモチやいたり、心配したり、素直になれなかったりとホント感情に忙しいお二人さんでしたがなんか可愛い二人。でも、可愛いけど、男臭くて男らしいでもやっぱり可愛く見えちゃうこの二人のキャラクターってすごいと思います。

受けくんの尾上ばかりが意識して慌てて真っ赤になって空回りしてると思えば、攻めくんのカブも自制きかなかったりして、受けの表情見て「悪かったよ・・・もうやめる。・・・な、だから入れさせて」と言ってみたり・・・。
お風呂でヤっちゃったりと、しっかり受けくんに振り回されてるのが良かったです。
お風呂エッチで、尾上とカブのやり取りがキュンときちゃいました^^

お互い素直じゃないだけに、デレた時がホント可愛くってキュンキュンさせられました。

最後、カブが泊った朝の天パには尾上同様私も爆笑しちゃいましたが(笑)

ケンカップルにハマりそうです。

2

好きなんだよ! …たぶんな

カブ最高です! BLの中で一番好きなキャラかもしれません。いや、2番…3番目ぐらいかな。とにかく最高(結局1番)。常時半目状態で気だるそうな表情、告白する時ですら半目、でも実は熱い男、カブ。つきあってもないのに尾上の訴えるような目線に負けちゃうカブ。大事にしたくなっちゃうよねー、尾上可愛いから! 尾上を可愛いと思っているカブが可愛い! ケンカもラブも自然で、何度読み返しても飽きない、ずっと見ていたくなる2人です。決して甘々だけの関係ではないのですが、笑いと動悸がとまらない、幸せな1冊でした。

2

受けさんの反応が…キュン

これは夏目先生の作品の中でもかなり萌えた作品でした!
ケンカップルは夏目先生の真骨頂ですね~♪

週刊誌記者の蕪木×カメラ担当の尾上のお話です。
受けのほうが密かにライバル視していた蕪木と仕事でコンビを組むことになるのですが、
もうその時点で来るぞ来るぞ~ニヤニヤと思ってしまったんですが、
分かっててもキュンキュンしてしまいますね。
イサク先生の受けさんの反応が初々しくて、
それがまた可愛いくて。
やっぱ死ね!と怒っていても可愛い受けさん。
気持がダダ漏れていて分かりやすいのもいい!

蕪木じゃないけど、なんだかこう、構いたくなる反応をする受けさんですよね。
車の中での二人もドキドキしますね。
車って密着度が高いし、密室の空間ですし。
シートを倒すとか定番なのに蕪木もっとやれ状態です。
そしてその後アパートに送り狼をする蕪木w
「水ぐらい出せよ」と言いながら尾上に迫る蕪木、慣れすぎ(笑)
尾上はどこまでも素直ですね~。
本当にちょっと部屋に寄ろうとしたくらいに思っている感じが彼の性格を表してます。

面倒をみるようなタイプではない蕪木が尾上をか続きまってしまうのは、
そこにloveがあるからなんですね。
学生のような子供のような二人が面白かったです。

5

ああ、いいね〜!

これは人気があるのが、すごくよく分かる作品。
私も、今まで読んだ夏目BL作品で一番好き!

雑誌記者の尾上は、ある日彼女は奪われ、
更には、いきなり希望しない「張り込み」班に異動となるという憂き目にあう。
しかも、コンビを組むことになった密かにライバル視していたカメラマンの蕪木は、
なんと彼女を奪った張本人!
スクープのためなら手段を選ばない蕪木に、
嘘のつけないまっすぐな尾上は反発を繰り返すが、次第に気になり始め……。

と、話としては王道。
喜怒哀楽が分かりやすくて、気が強い尾上が可愛い!
バリバリ仕事をしている対等な二人、というのもツボだし、
ちらりと出てくる脇役も好きな味。

一応まとまった二人だけれど、二巻はどうなるのかな?

夏目作品は外れなく、いずれも読後感がさわやかで安心して読める。
逆に言うと、そこが深く気持ちをえぐるほどの思い入れを持ちにくいところでもあるが。
というアクのなさが、個人的には「神」をつけにくいところ、かも。
評価は限りなく神に近い萌×2です。


5

貴重な存在♡

初めての夏目作品がこの本でした。
評価があまりにもいいからどんなモノなのかと購入してみたら…ギャーなんなんだこの萌は‼…と思うくらい、夏目ワールドにハマったきっかけを作ってくれた作品♡

評価がいい作品を読む時は、事前にあまり期待値をあげないようにして読むんですけど…これは関係なかった‼
それくらい面白かったです。
腐女子歴は長い方だと思っていたんですけど…こんな萌えキュンの仕方をするBL作品に出会っていなかったから、新鮮過ぎて感動でした。

内容は、写真週刊誌のカメラ担当•蕪木×記者•尾上

いわゆるケンカップルのお話で、相棒なのに、ライバル視もしているものだから(特に尾上が)喧嘩ばかりしてます(笑)
でも、そこが夏目イサクの真骨頂であるので、だんだんストーリーに引き込まれ、台詞であったり、何気ないシーンの表情であったり…一つ一つ目が離せなくなるくらい魅せられちゃうんです。
明るくて、いい感じにギャグも入り、笑えて…でも、キャラの心情面もしっかり捉えて描かれていいるから、なんともいえない胸キュンの連続で、テンポも良くて…このイサクワールドのオールマイティさに惚れ続きさせられました。
以来どっぷりハマっております(笑)

喧嘩するほど…やらというように、だんだん2人の関係に、甘〜い甘いギスギス感が芽生えてきて、それが可愛くて微笑ましくなっていきます。

最初は互いを…なんだコイツ…て思っていたはずなのに、ふとした瞬間に、ドキッとするような行動だったり表情だったり、言葉なりを聞いて…内心オロオロしちゃう2人がいいんです。
特に、尾上は正直者ものなだけに、意識すればするほど空回り…頑張れば頑張るほど裏目に出ちゃって(笑)
またそこを怒りながらも、蕪木が助けたり、優しさを見せてくれるから、ますます相手にハマっていく感じが、意地っ張りさ含め可愛くて…反応がいちいち胸キュンで見てて飽きさせません。

蕪木の攻めキャラは大好物♡かっこいいです。
はっきりした性格で、意地悪そうなんだけど、男気たっぷりで、気立ても良くて優しい…ウジウジ悩むタイプでもないから、気持ちを自覚したから…スパンと尾上に告白するところなんかは好感大でした。
尾上の反応が面白いから、つい意地悪しちゃうんだけど、反対に、馬鹿正直な尾上の可愛い反応にやられちゃって、頬を赤くしるところなんかは、逆に可愛くて萌でした。
天然の破壊力は凄いですよね…私もやられちゃった一人なんですけどね(笑)
H中も後の2人の関係も、胸キュンでなんか笑えちゃうほのぼのさが良かったです。

ストーリーはもちろんキャラ萌間違いなしの作品でした。
ぜひオススメします。

2

尾上可愛すぎ♪

正直、夏目作品は違うのを読んで期待外れだったので、今回買うのをかなり悩んだんですが買って正解!

尾上いい!
ヘタレと思いきや意外や仕事はできたり、まっすぐな性格だし可愛いし。
そりゃ、蕪木も惚れられて悪い気しないでしょ。
しかもあんだけ真っ直ぐに自分に気持ちぶつけられれば。
まぁ、蕪木の勘違いでちょいすったもんだがあるけれど。

しかし、蕪木も本気で好きになっちゃうと独占欲強いんだなぁとちょい可愛く感じてしまった。
尾上の蕪木の枕営業を最悪と言ったあとに“もうしない。だから入れさせて”って……おい!ちょっと突っ込んじゃいました。

前半は尾上が蕪木を好きになり、慌てるとこが面白く、後半は蕪木が尾上を好きで追うところが面白かった。


2

ライバルから始まる、王道ケンカップル

4,5年ぶりに腐女子に出戻って、最初に手にした作品です。
そしてこれをきっかけに、夏目イサク先生作品を集めだしました。

もう、実に、好みです…!!///(笑)
買ってから幾度となく読み返して毎回にやついています。。

1巻では同じ週刊誌編集部に勤める蕪木と尾上の出会いから馴れ初め~
初Hまでが詰まっています。(+その後の描き下ろし)
レビューやあらすじなども見ず、完全な表紙買いだったので表紙がピンクだし
カラフルだし…わりと糖度高め、あまあまなのかな…(飴色だけに…)と思って
読み始めたので、出だしは正直意外な展開ででした。

ふたりがライバル(一方的に?)関係から始まり、お互いを知っていくうち、
惹かれ合う。という流れは定番なのかもしれません。
けれどイサク先生のキャラ作りやストーリー、このふたり以外の脇キャラも
いい味を出してくれています。

H度は低く、最後の方にちゃんと。という程度ですが、それまでの紆余曲折など
飽きることなく楽しめたのでわたしは大満足です。

あと尾上がとてもかわいい!女の子ぽいというかわいさではなくて、
性格が続き、とても、愛されキャラだな~と。
蕪木絡みだと「もし自分がそうされたら」という妄想のとき、
「いつものアレ」に対してのヤキモチ、初Hのときの「お前ほんと最悪」、
その後お風呂Hでの「じゃあ、いい」のシーンがツボ!

つまり、尾上がツボみたいです^///^(結論)
尾上の素直で嘘のない照れや動揺が、こちらにも伝わってきて、
蕪木と同じようにどぎまぎしたりしました。

ケンカップルは無自覚バカップルだと思います…!

3

おバカだけど憎めない可愛さ

あまあまも好きですが、ケンカップルも良いですね。
二人ともいい歳をした大人ですが、くだらない喧嘩ばかりしていて
まるで学生カップルのような可愛さです。

端から見ると尾上(受け)が勝手に意識して振り回されて
ギャーギャーギャンギャン言ってるだけのように見えて、
このアホっ子!と言ってやりたくなりますね。
一人で空回りしているところもまた可愛いんですが。
コンプレックスでいっぱいだったり、不器用だったり、
慣れていないところも、読んでいて萌えました。

そしてそんな尾上に、蕪木(攻め)まで振り回されて、
さらに今度は……って、なんかループですね!
でもお互いなかなか素直になれない、という気持ちも解ります。
もう、一生やっとけー!な、可愛い二人でした。

2

ケンカップルは飴色!

写真週刊誌のカメラ担当蕪木(攻め)と記者尾上(受け)のカップルのお話です。
今回はケンカップルということですが、夏目さんのケンカップルは間違いないと思います^^
夏目さんのケンカップルというとサ○ジと○ロですか!?と思う人もいるかもしれませんがそっちは忘れて読んで下さい!!蕪木の髪型はむしろぎ○さんっぽい・・・。

蕪木がナチュラルにタラシでもーwww
キスしたらどんな反応するかな~とか言ってチューするし。

それに対して異常にキョドる尾上が可愛い!萌えるぉ!
やばいですよ、蕪木じゃなくても尾上のパニくりぶりが可愛いくて、
ついつい反応見たさにイタズラ仕掛けたくなります~♪♪♪

尾上の純な反応はいいですなぁ。
しかも後半に行くにつれて二人の雰囲気が甘くなっていくぅぅぅぅ
たまにはこういうの読んで、心を浄化しないとwww

4

これぞ男同士!

夏目イサク先生の本はハズレがありませんね。
今回も、どちらもガチンコに「男」なのに、何故か可愛いカップル。
特に尾上、私は好きです、この分かりやすくて素直なタイプ(笑)

尾上は、同期入社の蕪木を何かとライバル視している。
蕪木は仕事が出来て女にもてて周囲の人からの受けも良いが、自分とは正反対のタイプ。
そんな蕪木に尾上は何かと反発していたんですが。
一見クールでスクープ撮る為なら何でもする冷血人間の様に見えていた蕪木が、
実はやさしくて、人をだましたりする事に心を痛めていることを知った尾上は、
蕪木を好きになってしまいます。
そして素直な尾上に隠し事が出来るわけは無く、すぐに蕪木にバレてしまうわけで(笑)

この、蕪木が好きだと自覚してからの尾上が、もう本当に可愛い!
一人で赤くなったり挙動不審になったり、勝手にヤキモチ焼いたり。
あまりにも分かりやすい尾上に、自然と蕪木も絆されていったのも分かる気がします。

それでも、何かと蕪木に張り合う尾上、
「ラブラブ甘甘なカップル」とは、なかなかならない二人ですが、
こんなライバルっぽい恋人同士も、なんか続き良いですよね!

2

バカワイイ(笑)

受けの尾上くんのツンっぷりが最強!の一冊でした。

キュンとする場面が多すぎで、一番の見どころは決めにくいのですが…
やっぱりなんといっても、尾上くんの可愛さじゃないでしょうか。

この巻では、うろたえたりからまわったりと、ダメダメな部分ばかり描かれていて頼りない尾上くんですが、それは鏑木さんにかかわっているからで、多分普段の尾上くんは、仕事もそれなりにできる男性なんだと思うんです。(そんな描写も少しでてきます)
恋をしてるから、自分の思い通りにならなくて、腹が立ったり恥ずかしかったり変なことしちゃったり、そんな初々しい尾上がとっても可愛いです。
また、前半から後半への、尾上の変化。最初は鏑木を嫌っていて、目の敵にしていたのに、後半ではどんどん赤面顔が増え、それがまたキュンとくる。
付き合ってもない鏑木が、罪悪感感じちゃうくらいに、赤面尾上はカワイイのです。
鏑木じゃなくてもあれは惚れちゃいます。

また、鏑木の嫉妬も萌えポイント!
クールで裏表あり、あまり誰にも深くかかわってい鏑木が、尾上とかかわることで変わっていく様子。
そして、尾上と親友の雅やんとの関係続きを誤解して嫉妬するまでになるんですよね。
ここまで自分を変えられる恋っていいですよね^^

ほのぼの、どたばたな作品でした。
もうちょっと尾上が落ち着いてくれたら神だったかも。(そこがいいのかもしれないけど、私の好みとして)
2巻に期待です。

3

ツンデレ好きにはたまらない

いわゆるでこぼこコンビですね~

序盤はお互いにイイ感情をもっていないので、相手の弱点をダイレクトに突きあっていて、読んでいるこっちがあたふたしましたが、徐々に認め合ってからは、お互いに言い合っていてもじゃれあっているような感じで可愛かったです。

お話はとても面白かったです。

ただ、ツンデレに萌えない私としては、尾上はあまり魅力的なキャラクターではなかったですね・・・。
友達にこういう子がいたら可愛いのかもしれませんが(笑)

ツンデレ好きにはたまらない作品だと思います。

2

「・・・萌え~(*´▽`*)」

どんな内容か・・・というか感想なんですが
一言で言って「萌え」そのものです

というかツンです。デレとかないですツンです。

記者=尾上がツンです。
そしてそのツンが、可愛くてたまらないんですよねぇこれが
カメラマン=蕪木は天パです。
「他になにか紹介の仕方あるだろ」?でも天パです

お仕事で二人一緒になるんですけどね
最初は嫌い合っていたみたい。
でも、惹かれ合っちゃうんですよねー・・・

そして、感情がモロこっちにまで伝わってきて
いい意味で見るのがつらかったです・・・いや、キュン死にしちゃいそうで///

尾上が顔(耳まで)真っ赤にしてるとこっちまで恥ずかしくなるし
蕪木のキスしたくなる気持ちもよくわかる・・・
エロはありました。でもエロの後の尾上が可愛くて仕方ありません。

で、萌えるだけじゃないんですよねぇこれが
「面白いんですよ!」その通り、面白いんです
ニヤニヤの面白いもあるのですが、ギャグセン高い作品なだけに
普通に笑っちゃいますw
なので、さらっと読めちゃいます。
で、何回も読み返しちゃう。すごい面白いんですよ、本当続き

二巻も出ていますよ(勿論のごとくCDも)
続きが読みたくなる、とても印象に残る作品でした

2

いいねぇ

今のところ、イサク先生の作品の中で1番好きです。
2人の対照的なキャラが、カメラマン×記者としてコンビを組むことになり、時に喧嘩をしながら、時に協力し合いながら、ライバルとしてお互いを認めていくと同時に恋におちていく。

ありきたりな設定だけど、そこまでの過程をテンポよく面白おかしく、キュンとさせながら読ませる手腕はお見事。

攻めの蕪木がカッコイイですね。もろタイプです!尾上も分かりやすくて可愛い。

くっついちゃってエッチもしちゃったから、2巻はどうなるかな?1巻ほどは萌えないかもしれないけど、楽しみです。

2

いつも反発しているけれど

 新貫社に同期入社した尾上と蕪木。カメラマンとして仕事ができる蕪木のおかげで、いつもおいしいところを持って行かれてしまう尾上ですが、尾上が週刊DASHに配置転換されて、二人がコンビを組むところから始まります

 何にでもすぐに順応してしまうカブと、カブ自身や仕事のやり方に突っかかってしまう尾上。
どちらが正しいとか間違っているという話ではないのですが、その掛け合いがともかくリズミカルでおもしろいです。スクープ写真を撮るためにラブホテルに張り込んでみたり、政治家秘書に狙われてみたり、とそれだけでもおもしろいです。

 
 カブに対して、終始突っかかってばかりで、まるで小学生のような尾上とカブの掛け合いは必見です!最後に尾上の部屋にカブがやってきた後の「直後のおはなし」という話が入っていますが、そこでも最後はやはり小学生?と突っ込んでしまうようなオチで笑えます。

1

ありがとうツンデレ!

写真週刊誌編集部内での記者・尾上とカメラマン・蕪木のお話です。

「あれ?こいつ思ってたより悪い奴じゃないんじゃね?」
から「好きかも…」、「好きーどうしよー!」がわかりやすく描かれているのですが、
その度に尋常じゃないぐらい赤面する尾上が反則です…可愛いすぎる!

一度好きになってしまったら、もうジェットコースターか!っていうぐらいの加速度で、
相手のことが気になって、ちょっとのことで一喜一憂して、でも仕事では負けたくないから頑張って、結果空回りして…
尾上、ちょっと落ち着いてー!と、読みながら何度も思いました(笑)

で、蕪木が。かっこよすぎます!
「多分こいつ俺のこと好きよな?」って気付いてからの行動とか、やきもちとか、気遣いとか。
どう考えても蕪木の方が冷静なのに自分から告っちゃったり。
告っちゃったのにやっぱりクール、でも実はやきもちやいたり。

ありがとう、ツンデレ!!!!!

個人的には、最後の車の中で誤解がとけるシーンの
「尾上が雅やんと話していたのは、実は自分の話だった」とわかったあとの表情!
あれで3日ぐらい悶えられそうでした(続き笑)

いや、ほんとコピーしてラミネートして持ち歩きたいぐらい惚れました!!

何回、何十回読んでも萌えられる貴重な作品です!2巻が楽しみ過ぎます!

2

胸キュンの宝庫!

何回読み直したかわからないほど、大好きな作品です!
イサク先生の作品は本当に丁寧で、最初は相手の印象最悪→あれ、なんかこんな奴
だったのか…?→好きかも!?という風に相手のことを「好き」になる描写・過程が
きちんと描かれており、それに加えて上手い具合に胸キュンさせてくれる…最高ですな!

週刊誌カメラ担当の〈攻め〉蕪木と週刊誌記者の〈受け〉尾上の仕事の様子がベースに
お話が進んでいくので、その仕事ぶりがきちんと丁寧に描かれているのがいいです!
この2人がコンビを組むことにより、最初は衝突し相性最悪だけれども、お互いのことを
知っていき、困難を共にし、認め合うことによって相手を意識してしまったり、
『もっと知りたい』『かわいい』と思うようになって、好きに変わる。
萌えです。めちゃ萌えです!

赤面尾上・ツンデレ尾上も可愛くてしゃあないのですが、
ちょっと照れてる・ちょっと赤面してる蕪木がもう…!なにこのイケメン!(笑)
終盤の車内でのキスシーン・告白は読み手のこちらもドキドキです。
編集長に言われていた『尾上のよさ・貴重さ』にここで気づく蕪木。
そして赤い続き顔して可愛いこと言っちゃう尾上にムラッとしてしまう蕪木。
その後、勘違い・すれ違いから一度ぶつかる彼らですが、誤解は解け、
仲直りした後、蕪木に自宅まで送ってもらい、尾上宅へ2人で入った途端、
蕪木がすぐに尾上の肩に腕をかけるのですが、そこのプチがっつき具合に
大変胸キュンしました…!

描き下ろしの『直後のおはなし』も、ケンカしながらも、なんだかんだ相性バッチリで
ラブラブな彼らが見れます。真っ赤になってばっかりの尾上がかわいい!

続編もとても楽しみです。
仕事で疲れたときに、この作品にいつも元気をもらっています。愛すべきケンカップル!

3

さすが・・・

丸ごと一冊全部ひとつのストーリー。

2人ともものすご~くかわいい!
蕪木くんはかわいいというより「せくしー」かな?w
何事にも動じずに落ち着いてる感じがするけど
それに比べると、尾上くんのアタフタ度がすごいw
自分の気持ちに気づいてからのうろたえ方といったら
読んでる間中、笑えてくるほどでした。

でもソコが、とっても人間臭くて共感できて
面白いんですよね~^^

相手の言動に一喜一憂する姿。
笑えるけれど共感できて最後はほのぼの~な気持ちになれる
夏目作品にどっぷり浸りたい時にぴったりな作品でした!

0

本領発揮

イサクさんといえばツンデレ!
とよく聞く気がするんですが、まさに本領発揮のこの作品。
なんだか世の中に普及しすぎて見失ってしまったツンデレの本当の形を思い出させてくれるような受け、尾上のツンデレ加減は最高だと思います。
最近ツンツンばかりで攻めに暴力的であったり、攻めを省みない自分本位なツンデレ受けに辟易していたので、この尾上には大満足です。
だってツンツンしつつも攻め、蕪木を好きなことが駄々漏れなんですから。そして自分が蕪木を傷つけていたことに気付けばしっかり反省、思いやりもきちんとある。
正直、初見の印象では、どこか尾上を受け入れられませんでした。あほすぎるというか、なんというか。イサクさんの別作品・タイトロープの受けがすごく理想的だったこともあって。
けれど読み返すうち、じわじわくるというか。
あ、このこいいこ!かわいい!と最後にはすんなり受け入れていました。
自分本位なことをすることがあっても、きちんと周りを見返すことの出来る、尾上が好きになりました。
そして攻めの蕪木!
このこがもう恋をする過程が中学生男子みたいでかわいすぎます。
あれ?もしかして俺好か続きれてる?からの相手を意識する感じとかもうね。
あーかわいい。
そしてそれがただの錯覚にはならず、尾上をしっかり知ったうえでどっぷりとはまっちゃうのがもう、もっとやれ!って感じでね。

イサクさんの作品は、受け攻めともにどちらにもベクトルがより過ぎず相思相愛な関係が見えいて本当に心地よいです。
またただの恋愛脳にならず、しっかり自分の分をこなすところも男らしくかっこいい。
やっぱりこれからもイサクさん大好きです。
どこまでも応援していきたい作家さんですね。

2

職業ラブの真骨頂!

仕事に対するやる気やプライドと、恋に落ちた気持ちがうまく交ざり合い、まとまりがありながら読んだ後にとても満足感を得られるストーリーです。
満足感はありますが、続きが出たらもちろん読みたいです!
お互いの気持ちが見えそうで見えなくて、でもそんなにシリアスになってしまわない明るめのお話だと思います。
受け目線→攻め目線→受け目線、でストーリーが進み、二人の感情も分かりやすくて読みやすいです。
エロは少ないですが、所々でキュンとするシーンがたくさんあります。
受けの攻めに対する反応が本当にかわいい。
夏目イサク先生の作品はどれも素敵ですが、この作品は特に全てのページの全てのコマに萌えながら楽しめる最高のお話です!
すごくオススメです。

1

バレバレ

なんかウマの合わない二人という感じです。
仕事で尾上は勝手に蕪木をライバル視してて、彼女を取られて嫌な奴って思ってるははずなのに!!
尾上が突然蕪木のことを好きになってしまうんですね。
しかも尾上は意識しすぎ(笑)
赤くなるし、落ち着きないし(笑)
蕪木にはすぐにバレるし、蕪木に童貞?って何回も言われててうけました。
でもそれが蕪木を意識させて、好きにさせてしまうからすごいですね!!
最後のほうはなんか蕪木メロメロじゃぁ~ないですか(笑)
お風呂でとか余裕ない感じが好きです。
やっぱり夏目イサク先生の作品は面白いですね!!





0

色々素晴らしい!!

夏目イサクさんは個人的に大好きで、出ている作品はすべて持っているのですが、もしかしたらこれが一番好きかもしれない!!

まさに夏目イサクの真骨頂とも呼べるケンカップル!!
ほんとにイサク先生のケンカップルって何でこんなに萌えるんだろう・・・って頭を抱え込みたくなるくらい悶えさせてもらいました。

特に、蕪木が尾上に「おれみたいにマヒする前に班変えてもらえ」って言って、その言葉を受けた尾上が何故か蕪木を抱きしめてしまうシーン。
これには私、部屋で一人不気味にニヤけちゃいました('ー') フフ

その後の平然を装って屋上から出ていくけど実は超顔真っ赤!な尾上。
かわいすぎる///

この一件以来、尾上が蕪木の事をめちゃくちゃ意識し始めるんですが、顔とか近付けられて、照れてるのとか必死にごまかそうとする尾上。
これがまた蕪木には逆効果で、蕪木も尾上の事が可愛く見えてきちゃうんですよね。


でも、心はお互いのことを気になりあってるのに、なかなか素直になれない二人は、ケンカばっかだし、誤解が生じてすれ違ったりもするんですが
最終的には言い合いしながら仲直り、超可続き愛いですこいつら。

蕪木視点の直後のお話とか、私的にめちゃくちゃおいしかったです!
ホント尾上の無自覚デレは罪すぎる!!

2巻ではケンカしながらも今よりもっとお互いを大切に思う気持ちが大きくなっていってくれればいいなぁ、なんて思ってます!

1

ツンデレGJヾ(*'∀`*)ノ

カメラマン・蕪木元治×写真週間誌の記者・尾上です。

夏目先生の「どうしようもないけれど」以来の長期連載もので、めっちゃ嬉しいですo(*>▽<*)o
個人的にかな~りテンションがあがります((´∀`*))
黒髪だし、ノンケ受けでそして、しかもツンデレだしっ!!( *´艸`)
考えがすぐに顔に出ててめっちゃ可愛いですね~。ホント大好きです。
ラブホで張り込みする時の動揺っぷりがホント可愛いすぎて萌えましたww

続きものなので、蕪木がどのようになるのかが気になります(`・д・´)
ていうか、蕪木の過去が気になってしょうがない・・・。彼に一体何が!?

そしてドラマCDになるらしいので、キャストがか~な~りっ!!気になるし、楽しみですo(*>▽<*)o

0

ヤバ…萌えすぎて頭おかしくなりそう…

いやホント…本気で萌え殺されるかと思いました。久々に超お宝本キタコレー!!て感じですか…個人的には神☆☆☆でも足りないくらいです~ww(≧∇≦)
さすがはイサクさん!ツボを心得てる!
ハズさないどころか、ますます大好きになりました!もうホント、愛してる~ww

お話は出版社に勤める雑誌記者の尾上が別の部署に異動になる所から始まります。
ソコには同期で有能カメラマンの蕪木が所属していて、以前から自分の手柄を差し替えられたり彼女を横取りされたりと一方的な逆恨みで勝手にライバル視してる訳なんですが、勿論そんな状態で2人の関係が上手くいく筈もなく、どうにか彼を見返したいと躍起になる尾上の空回りとそれを冷静にあしらう蕪木の温度差がお話のテンポを際立たせていてぐいぐいストーリーに引き込まれました。

で、ラブの方はと言いますと尾上が蕪木に対して必要以上にライバル視してる時点で既にフラグが立っているようなものww
初めの印象が最悪だっただけに、蕪木の隠された本当の姿を間近で見ていくうち次第に惹かれていく尾上の気持ちは手に取るように分かりました。
そこで!気になるのが蕪木の心の変化ね!どうやって自覚す続きんだろうと思ってたら、自分に好意を持ってるバレバレな尾上の態度でその気になっちゃったというww
いや~でもねツンツンしながらも常に顔真っ赤っかで、挙げ句ピンポイントで可愛いとこ見せられちゃったら、そりゃ蕪木じゃなくてもグラッとくるのはしょうがない!だって尾上の上目遣いの可愛さたるや、もはや犯罪級に近いですもんwwしかもコレ無意識でやってるから尚更たちが悪い…w

あと蕪木で個人的にスゴく萌えたシーンがあるんですが、終盤で見せた彼が思わず嫉妬で漏らした一言ですね。
―ホント告ったりするんじゃなかった…
は余裕ぶっこいてた蕪木の、子供っぽい本音が透けて見えてもう辛抱たまらんかったデス!こうゆうの好き!ホント大好き!!w

多少すれ違いはあったものの、相手が嘘をつかないから自分も正直でいられる。こうゆう関係ってスゴく素敵だと思えました。
とりあえずは今回で何とか恋人になれた2人。…でもよくよく考てみたら尾上の口からまだ一度も蕪木に好きだと伝えてないんですよねww
果たして本人を前にして、ちゃんと言える日がくるのか?
このツンデレを蕪木がどう料理していくのか、今後の展開を期待して楽しみに待ちたいです!

ビバ☆ケンカップル!ww

1

イチゴ味

予想以上の可愛さじゃないか.+:。(≧∇≦)ノ゚
さて、今回の舞台は出版社。
いつもライバル視してたあいつと組んでスクープを狙う!?
希望した部署でもないし、なんなんだっ
そんなさなか、あれ・・・・あれれ・・・ちょっ・・これって・・
な、恋模様を描いたアップテンポ・ラブコメディーであります。
後半、攻な視点に変わってからちょっとダレてきたかな~という印象は多少あるものの、受の七転八倒ぶりがかわいい今作でした。
なにあのめまぐるしく動くかわいい生き物wwキュン

今作、私がイチオシなのが「恋に落ちる瞬間」ってヤツですね。
攻視点、受け視点。どちらからも描かれているわけですが、この落ちる瞬間がすごく良かったのです。
もちろん、落ちてからもなんやかんやでイイのですが。
恋に落ち、それを自覚するまで。それってすごく大事なプロセスだと思うわけです。自分の中の葛藤、変わっていく心と気持ち。
そんなはずないと思っているのに、顔を見ると~などたばた具合。
今回特に、受のキャラクターがとにかく正直!!!
素直であるがために、隠し切れないものが遺憾なく廻りに放出されている。そ続きれを見るというつくりがすごく面白かった。
【俺たちのとってアイツの存在は貴重だよ】の言葉から~の使いまわしも隙でしたね。うんうん。
攻も攻で落とされていく様子っていうのがなんとも。
攻視点から見る受けっていうのもまぁ、面白かったですし

攻の他愛ないヤキモチ。
調子にのったの素直な気持ち。

これはまた次回が楽しみな1冊。
エチまでしちゃったのである意味まとまってしまった気がしなくもないのだが、次回どんな風に見せてくれるのか。
これに期待したいとおおいますデス

1

悶え転げた(笑)

待ってました新刊!!
萌え過ぎてろくなレビューが書けない!(笑)
ホントに夏目イサクさんはドツボです!ツン受けが可愛すぎる!

週刊誌記者の尾上は鏑木を勝手にライバル視。
仕事の為なら何でも利用する冷徹人間かと思いきやコンビを組むうち鏑木をもっと知りたくなっちゃう尾上。

あれ、ホントはいいやつなんじゃ…?とな。

段々と好きになったと言うより気になって気になって…「好き!?んなわけねー!!」と急に認識した感じです。それがまた可愛い(笑)
意識しだすと止まらない、自分の気持ちも鏑木への視線も止まらなーい(笑)

こんな分かりやすい態度ですからもちろん鏑木にはバレてます。
それを放置してたら鏑木もドキドキが伝線しちゃって、あれナニこの気持ち状態。もうこの二人可愛すぎるわ!!!(笑)

そんな時起きた仕事がらみの一騒動。
この事件で鏑木の気持ちがはっきりします。そして尾上に告白しちゃいます。
いやー尾上が気持ちを明かす前に鏑木から告白したってのがまたいいね!男前!

その後勘違いからちょっとすれ違うんですが、勘違いした鏑木可愛いかった!
もちろん和解続きした後の展開が!完璧な送り狼に変貌した鏑木。萌えるー!!!

尾上の表情にムラムラする鏑木の表情にムラムラするわ!(笑)

そして書き下ろしの尾上可愛すぎた…!
鏑木の尾上にハマっていく姿にニヤニヤします!

夏目イサクさんの「どうしようもないけれど」が神な方にはたまらない作品かと。
まだ1巻ってことで続編が非常に気になります!

さらにドラマCD化、だと…!!
滅多に聞かないけど買うな!きっと買うな!キャストが楽しみですー!!

1

赤面シーンが好き。

イサクさんの新刊です。
…イサクさんてば、いつでも私のツボを外さない!

ライバル的なポジションから恋へ変わっていくパターンて非常に好きなんですが。
いや、今回の場合は尾上が勝手に蕪木をライバル視してたようなもんですが。
最初は一緒に組むことになって見た目とか雰囲気だけの印象で好意的ではないものの、一緒に仕事をして思ってたのとは違う側面が見えてきて。
どんどん自分の中での高感度はアップして。
それでも、どこか反発する気持ちもあって。
だけど、尾上はどこか真っ直ぐ。
感情のままに動く衝動が蕪木を刺激することにもなったのかなぁと。

無意識のうちにお互い惹かれているようにしか思えない展開。
ちょっとしたことで意識しちゃう尾上。
そんな反応を見せられてムラッときてるような蕪木。
けれど、それがすぐに恋へと繋がっていかないのは「ライバル」的な部分がやっぱりあって負けたくない気持ちとかがあるからでしょうか(特に尾上)
結果的に蕪木の方が仕掛ける(というか売り言葉に買い言葉?)ことになるんだけど、そこからもすぐには先へ進まない。
いつもの仕返しにとかけた尾上の言葉が続き引き金になって2人距離はまた開いて。
なかなか素直になれないけれど、最後にはストレートに。
「会いに行く!」と言った尾上にキュンとなりました。
あとは蕪木がいろいろとあしらっているようでいて尾上に振り回されているようなところ。
ヤキモチやいちゃうところとか、ことの真相を知って照れたように声を荒げてるところとかも好き。
えちへと流れていくシーンではさりげなく部屋に上がり込み肩を組んで誘導する蕪木が男前でした☆

「直後のおはなし」の方ではとにかく初々しい感じの尾上がかわいいわけですが。
特にお風呂えちの時の「じゃあいい」に激しく萌えました。
もー、この子はっ!!!!
蕪木のことをタラシのようなこと言ってましたが、尾上も充分素質あると思います。

これ、まだ続くんですよね?
この先、どんな感じになっていくんだろう。
想像がつきません。
ケンカップルは健在でしょうが、もうちょっとイチャイチャしてくれると嬉しいなー。

で、これもCD化されればいいな~とか思いながら、脳内で勝手にチョイスしたキャストで変換して読んでたわけですが。
読み終わってから帯見たら「2011年今夏ドラマCD化決定!!」の文字が。
仕事が早いな、新書館!!!!!
今からキャストが楽しみですvv

1

か~わい~vv

イサクさんの書く「ツン」はホントに可愛いなっ!
多分このお話、可愛いのは受けのほうなんだろうけど、私は攻めが可愛かったです。

「ツンデレ」ではないんですよね。「ツン」なんですよね。
それも意地っ張りで「ツン」なんじゃなく、単に嘘ついたり愛想つかったりしないから(仕事ではホストにもトラキチあんちゃんにもなるけど/笑)無愛想に見えるってだけで、厳密には「ツン」じゃないんですよね!
そこがイイっ!!!

いや、受けも可愛かったんですよ。
こっちこそ正直者で、なんにでも真っ直ぐで、日々仕事で人の嫌な面を見たり自分のことを嫌だと感じたりしている人からしてみると、「こんなんに周りチョロチョロされたら惚れちまうっちゅうねん!」って感じでしょうよ。
しかも自分のことを好きなのが駄々漏れとか、マジで可愛いでしょ!

なので、攻めが受けを好きになる気持ちや過程は嫌って程同調できました♪

ただ、攻めが告白してからの受けの態度に若干イラッと(笑)
いや、嫌な感じのイライラじゃなくて、「あ~もうっ、アホかお前はっ!ちゃっちゃと抱かれとけっ!」みたいな。

受けが無駄に攻めを振続きり回してくれたおかげで、エロが超少なかった><
何せ攻めがやる気マンマンなんだもん、もっとガッツリ2人のラブラブを見たかったなぁ~。
お話は続くようなので、次巻はもちょっとラブい展開を期待します!

1巻同様、馬鹿みたいなことで意地になって喧嘩いっぱいして、けども仕事ではお互いのことをちゃんと認めてたり認めさせてたりしながら、ラブラブやってほしいです。
また楽しみなシリーズが増えちゃいました☆

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ