愛想尽かし

aisotsukashi

愛想尽かし
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×27
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

186

レビュー数
6
得点
96
評価数
23件
平均
4.2 / 5
神率
43.5%
原作
作画
作品演出・監督
ハマノカズゾウ(RE)/松下一美(DB)
音楽
イマジン
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
山田ユギ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
75 分
枚数
1 枚
ふろく
キャストサイン+一言コメント+写真付きブックレット
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

「…抱いてよ。一度だけでいいんだ。いい思い出にするから」
ある雨の降る夜、椹木恭介は捨て猫と一緒にかつて自分が助けたことのある青年・春日柊也を拾った。その日から、ふたりと一匹の同居生活が始まった。他人を信じることができない柊也は、椹木とも寝ることで関係を築こうとするが、椹木は愛情や信頼のないセックスを拒絶する。ゆっくりと、少しずつだけれど、ふたりの関係に変化が表れ始めたある日、柊也が再び椹木の前から姿を消してしまい!?
愛想の悪い元ヤクザ・椹木×不器用な元ホスト・柊也の、わけありの過去を抱えたふたりの恋物語――「たかが恋だろ」のスピンオフ作品がついにドラマCD化!

表題作 愛想尽かし

椹木恭介 → 森川智之

春日柊也 → 武内健

高津戸真 → 遊佐浩二

倉田泉巳 → 日野聡

その他キャラ
羽隅[松山鷹志]/ 曽根[岩崎征実]/ 藤澤会の組員[興津和幸]/ 藤澤会の組員[坂巻学]/ 羽隅の舎弟[小野友樹]/ 看守[佐藤拓也]/ 女性客[牧口真幸]

評価・レビューする

レビュー投稿数6

これこれ、これを待ってたんです

原作未読。
【たかが恋だろ】のスピンオフ。
前作の主人公の義兄だった椹木(森川さん)の話です。
当て馬だった椹木が一番好きだったので、個人的にはこっちの話の方が良かったです。
前作で遊佐さんと森川さんの役は反対の方が良かったと思ってましたが、この話を聴いたらやっぱり森川さんは椹木の役で良かった!と激しく頷いた次第。

収監中に同室だった柊也(武内さん)と、釈放後一緒に暮らすことになるんですが、椹木の面倒見の良さが活きていて凄く良かったです。
一見冷たい感じだけど、放っておけないというような柔らかさが、森川さんの少し硬質な声とマッチしていて最高。
武内さんはビッチな受なんですが、男に縋って生きてきた柊也の少し擦れた感じや、甘ったるく媚びを売る仕草がなんともいえず嵌ってました。
色事に慣れてはいても常に心は寂しくて、愛情がほしくてほしくてどうしようもない、という柊也が、武内さんの演技によって段々と愛しく思えて来ます。

ヤクザ絡みの描写が多いので、暴力や強姦など痛々しいシーンもありますが、二人の心がそっと寄り添っていく流れが自然でとても聴きやすかったです。
特に森川続きさんの低音ボイスが凄く効いていて、本当は柊也のことが愛しくて仕方ないんだけど、手を出せずにまごまごしている様子なんかは身もだえするほど萌えました。
拾った猫が物語の中で重要な役割を持ってますが、泣き声は女性声優さんがされていたのでしょうか……あまりに不自然で苦笑い。猫はあんな鳴き方しない。
ここは本物の猫の鳴き声を使用して欲しかったです。

ビッチ受なだけあって、絡みはやけに湿り気がありました。
特に武内さんのフェラ音が粘着質で、どうやってこの音出してるのってそっちが気になってしまった。
ヤクザだ刑務所だと結構イロモノ臭はしますが、そこまでハードではなく割とマイルドな仕上がりになってますので、健気受好きな方は楽しく聴けるんじゃないかと思います。

2

心の痛みと暖かさが共存する作品

私は原作よりこちらを先に聴いてしまったからそう思うのかもしれないのですが、
正直、原作を超えてるかもしれないと思うくらい、素晴らしい出来でした。

脚本については、
序盤は過去と現在が行き来するので、その切り分けが少々解りずらかったでしょうか。
それ以外は原作漫画がしっかりしてるせいか、すっきり纏まってたと思います。
BGMの静かなピアノの旋律もいい。

演技の面については
刑務所の中での椹木(森川さん)の声が、あまりヤクザらしく聞こえないのが少し気になりましたが、それ以降はぴったりだったと思いますし、
どっから言っていいか迷ってしまうくらい、どのキャストの演技も素晴らしい。

刹那的でも愛して欲しいという心の叫びを秘めた、柊也の自虐的な行動を
武内さんがリアル感を持って演じてくださってるので、
もしかしたら原作以上に柊也に感情移入しやすいかもしれません。
エロも巧い!まさにしゃぶってる感が…!

また、羽隅が原作以上に格好よくないですか!?
松山さんの(恐らく)アドリブも含め、GJですよーー。
そして曽根役の岩崎さんも、本気でいやになるくらいヤク続きザっぽかったと思います。
こういう方がいると、作品がしまりますね!
脇も何気に豪華。( 興津さんに小野友さんに江口拓也さん!)

何度聴いても感動する、
誰かを大切に思うことで心は暖かくなり、
誰かのために行動することで見る景色が変わってくることを気付かせてくれる一枚です。

2

椹木編。

「たかが恋だろ」のスピンオフ。
椹木編ですね。
なんというか、不器用同士の物語。
刑務所で出会った2人。
最初は柊也の方から近づいて。
けれど、椹木は相手にしなくて。
柊也の方もただ「賢く」動こうと、利用しようとしていたような感じもあって。
でも、どこかで惹かれる部分はあったのかな、と思ったり。
再会して、どうしても縋るような感じになって。
それでも全面的に受け入れるような感じではない椹木。
自分と椹木の何が違うのか。
柊也の本当に欲しいものは。
少しずつ学んでいく柊也とそれを見守る椹木。
柊也なりの椹木の護り方が少し痛々しいですね。
そういうふうにしかできない感じというか。
森川さんの椹木はイイ感じに「オッサン」ですね。
大人で、冷静で、世話焼きで。
健ちゃん(武内くん)の柊也はやんちゃな子供というか。
個人的には松山さんの羽隅が結構お気に入りです。
普段、非常に飄々とした感じの喋りなのに、ドスがきいたら恐くって。

特典フリトは健ちゃんと森川さん。
動物に例えると、健ちゃんから見た昔の金髪の森川さんはライオン。
森川さんから見た健ちゃん続きはキリン(笑)
気になるキャラは森川さんがホントにどうしようもない曽根。
健ちゃんが飄々とした羽隅。
あと、猫もちゃんと演者さんがいてそれがすごかったらしい。

0

原作を是非読んでみたいという気にさせたCD

まず、最初に度肝を抜かれたのは曽根役の岩崎さんでした。
ヨゴレっぷりといい凄みといい、妙に聞き惚れた!
上手い役者さん揃いだったなと感じた一枚でした!

椹木が元ヤクザというわりには知的で上品なのに最初はリアリティを感じてなかったんですけど・・・・出所後に同じムショにいたホストの柊也が転がり込んでくるあたりからグイグイ引き込まれます。
これ、単なるBLじゃないですよ!
仮に絡みがなかったとしても人間ドラマとしてジューーーーブン聞き応えアリ!
(実際にはもちろん、カラミありありですが)
家族とは何か、人との絆とは何かという問いかけが底辺にあって久々の良作ドラマでした…オイラだってエロエロハァハァばっかり聞いているわけじゃないんだい!(自爆)

原作が是非読んでみたいですねー。
1枚に収めるにはあまるストーリー。
残念なのは、他人と関わることを避けているような椹木と、誰かの愛を必死に求める柊也が邂逅していくプロセスをもう少しじっくり追ってほしかった。そこらへんの展開がちょっと早すぎるような。それがあれば文句ナシの神作品です。
極道くささがうすいのにヤクザだった椹木続きの過去も気になるところ!

1

攻めがすんげータイプ

私も猫になって拾われてこの攻めに飼われる人生、もとい猫生が送りたいです。
この攻め、本当にタイプだわー。懐が深くて優しくて大人で。
攻めは森川さん。さすがの一言です。森川さんは正統派の大人イケメンキャラをされてるときが一番好きです。
で、そんなカッコいい攻めが拾ったのは、どうしようもない人生を送ってきたヤサグレ者の受けだったわけで。
この受けのキャラ設定も、ありきたりながら秀逸だなと思います。最初はすれっからしのガキだった受けが、攻めと暮らすなかで少しずつ人間らしさ子供らしさを取り戻していくんだよね。
孤独な二人が寄り添っていく過程が優しくて、胸がじんわりあたたかくなりました。

好きなのは、刑務所のなかでのエピソード。原作でもゾクゾクしたんですが、受けが他人に抱かれてるのを布団の横で攻めが見てるシーンね。あの場面はなんとも言えないエロさが漂ってますねぇ。
シチュエーション的に声を出してはいけないので、必死で声を殺そうとしてるんですよ。でも、漏れてしまう声。攻めに見られてるのが分かってからは、受けの声は誘うような声音へと変わる。
このあたりの微妙なニュアンスを、囁くような喘ぎ声だけで表続き現されてる武内さん。本当に、本っ当ーにGJです!素晴らしかったです。

あと脇キャラも素敵。
スピンオフである『たかが恋だろ』に出演されてたお二人も、ケンカしつつも仲良くやってて、ニヨニヨさせられました。

英田サキさんの作品はドラマCDになる確率が高いので、ファンとしては本当に嬉しいですね。

1

意地っ張りな健気受

最初の部分、刑務所内での柊也(受:武内さん)の曽根へのフェラシーンが結構長くて飲み込む喉音とかこれがなかなか生々しくてエロかったー。
椹木(攻:森川さん)は刑務所内では柊也に対して一歩離れているというか必要以上に馴れ合わないんだけど内心気にはしてるんですよねー。
刑務所から出て一年後、怪我してる柊也を椹木は家に連れて来ます。
その時もその一歩引いた態度は変らないんだけど、柊也を心底見捨てる事は出来なくてなんだかんだで手元に置いてしまう。
椹木は大人で、まだ23歳そこそこの柊也の意地っ張りさを可愛いと思って見るだけの余裕があって器がデカい。
柊也が椹木を好きになった理由は凄く分かる気がします。
前作「たかが恋だろ」の2人もちょっとだけ登場。
最後の椹木と柊也のエロシーンは甘々でしたよん。

フリトは森川さんと武内さんのお2人、お題にポンポン答えて行きます。
「自分を動物に例えるなら?」って質問に、森川さんが武内さんの事を「キリン」とか「カピパラ」って言ってたのがなんかおもろかった、キリンはともかくカピパラって……。

原作より羽隅が美味しいとこ引っさらっていった印続き象、飄々として格好良かったー!曽根も容赦なく悪いヤツでいっそ清々しく悪役でした。
なかなか良くまとまってました、悪くない出来だと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ