俺の愛はお前を壊す

狂恋

狂恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
24
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773085471

あらすじ

「お前は俺だけを見ていればいいんだ」
会社員の優一(ゆういち)と敬吾(けいご)は、自他共に認める幼馴染みで親友。だがその関係は、上司の奥村(おくむら)が優一に迫り始めたことで崩れた。ついにある日、激怒した敬吾に優一は突然陵辱されてしまう。敬吾の真意が分からず、敬吾を避ける優一だが、敬吾から与えられた全てを食い尽くされるかのような愛撫や、身体の奥で感じた熱が忘れられず、追い詰められていく……。そんな時、敬吾が仕事で重大なミスを犯したと聞いて!?
(出版社より)

表題作狂恋

幼馴染で同僚 長瀬敬吾・25歳
レコード会社の企画部社員 深見優一・25歳

その他の収録作品

  • 純恋
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

読み応えがありました~

以前こちらのコミュニティで話題に出ていた為、あらすじを読み、即購入しました♪

長瀬(攻)と深見(受)は、小中高、大学も同じ、そして部署は違いますが、
勤め先までも同じという長い付き合いです。

会社は、レコード会社のプローモーション部(と他の部)いわゆる芸能系で、
個人的に仕事内容の説明が長くて、分かり辛いのかな~と思いましたが、
全くそんな事はなく、とても読みやすい文章で、サクサク~とお話の世界に入っていけました。

仕事、学力、運動面、全てにおいて、秀でている長瀬(攻)ですが、
両親から愛情をもらえなかった為、人付き合いが苦手です。(というか、あんまりする気がない)

深見(受)は、温かい家庭で育ち、とても優しい青年で、
長瀬に温かく接し、色々な面で支えている深見に、とても好感が持てました。

小さい頃、長瀬に唯一見返りも求めず、何度も優しく声をかけてくれた深見に救われ、
長瀬にとって深見は、冗談を言ったり笑ったり、出来るたった一人の大切な人です。

そんな所に、上司の奥村が出てきて、長瀬は今まで隠していた恋心(と呼ぶには重い・・:笑)を
続き見(受)にぶつけてしまい、二人の関係は・・・・!?
とハラハラの展開にページをめくる手が早まりました(笑)

最後に奥村に対して真っ直ぐに、自分の意見を言う深見は、とても男前で、格好良かったです。

奥村は嫌な人なんでしょうけど、
「誰でも最後は一人で死ぬんだよ。寂しいなんて感情はもっとも煩わしい!」
と言う台詞を読んで、その言葉を自分にそう言い聞かせる事で、
自分を保っているのではないかなぁ・・・と思い嫌いにはなれませんでした。

一番印象に残っているのが、長瀬が、深見の幸せを思って女性と結婚し優しい家庭を築きたいと
思うんだったら、俺は一歩さがってそれを見守るつもりでいた。
というシーンが有るのですが、読んでいてじんわり泣きたくなりました。
(相手が男なら絶対許せない!!となるのですがね・・笑)

最後の締めくくり方も、とっても綺麗で私も久しぶりに映画が見たくなりました。
また後日談も有り、とても読み応えがありました。

3

奪われるくらいなら

今回は企画部でも生抜きの戦略チームの若手社員と
企画部一般タレント担当の若手社員のお話です。

受様に目を付けた上司の策略に揉まれながら
幼馴染から恋人にステップアッブするまで。

受様と攻様は幼馴染です。

2人は小三で出会って以来
中高大を経て就職先まで
常に一緒に過ごしてきました。

攻様の両親は貿易業を営み
一人息子にあまり構う事無く育てた為
新が強く存在感はありますが
寡黙で無愛想です。

対して受様は
ごく一般的な普通の家ですが
穏やかな気質の両親の元、
人見知りも無く誰にも接する
親しみやすい人柄です。

容姿も性格も正反対な2人は
社内では「癒しの受様と脅しの攻様」と
からかわれてるほどです。

優しく穏やかな受様は攻様との関係が
このままずっと続くと思っていたのですが

一人の男の存在が
2人の友情に大きな亀裂を打ちこみます。

その男とは
異例のスピート出世を果たしたやり手で
受様の直属の上司となった人物でした。

彼は爽やかな笑顔で離しやすい人柄で
歓迎会でも多くの人に声をかけられる程です続き
攻様に対しては妙に含みのある態度をとります。

そして受様にも
攻様が受様に対して抱いているのは
友情じゃないと口にして
彼より自分を選べと迫ります!!

全てを上司の冗談と思おうとした受様ですが
受様からその話を聞いた攻様は激昂、
受様の態度を詰った挙句に
独占欲から受様を強姦してしまいます。

受様を失った攻様は
仕事でも致命的なミスをしてしまい?!

果たして攻様の進退は?
そして2人の関係の行く末とは?!

タイトルと表紙絵だけで
もうすぐに2人の関係が判ってしまう
王道な幼馴染同士の恋物語で
受様に惚れてる攻様がキレた挙句に
受様を襲っちゃうお話です(笑)

親からの愛情を感じずに育ち
他人に対する情を知らずにいた攻様は
孤独で有る事の淋しさをを知らずにいますが

誰にでも親身で優しい受様が
2人でいる事の温かさを教えた為に
攻様は受様に出会って以来
大きく気持ちを傾けていきます。

受様を狙う上司の登場で
受様を押し倒してしまう攻様ですが

ココからどうやって挽回するのか
受様がどうやって攻様を受入れるのかが
この展開のお話で大きな鍵ですよね♪

本作は
上司の狙いが受様本人と言うよりも
攻様の失脚にあったり

受様が攻様に頼る性格では無く
攻様の矜持を支えられる気概がある男前さで
件の上司に対しても一歩も引かずで

2人がまとまって
仕事でポカった攻様が立ち直る最後まで
ドキドキポイント満載で
とっても楽しく読めました♪

本作はフェア店限定ですが
番外編を収録した特典ペーパー付き。
本編終了後の後日談ですが
攻様の嫉妬が溢れるお話です(笑)

今回は本作同様、同級生の恋を描いた一作
妃川螢さん『狂愛 -不器用な恋のゆき先-』を
ご紹介作としますね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ