白銀の虜囚 特典 書き下ろしショートストーリー

白銀の虜囚 特典 書き下ろしショートストーリー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
ムービック
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
白銀の虜囚

あらすじ

ユアンのパートナーとなった杉浦とのその後のワンシーン。
宝石商を顔を見せるユアンに、互いの持つダイヤ同士がまるで自分達のようだと揶揄する杉浦だが。

表題作白銀の虜囚 特典 書き下ろしショートストーリー

ツァーリと呼ばれるロシアンマフィア ユアン
国際犯罪特別捜査官 杉浦淳哉

評価・レビューする

レビュー投稿数1

白いダイヤと黒いダイヤ

宝石商の顔を見せるユアン編。
ここで杉浦は、また頭の回転のよさを見せています。
ユアンは、杉浦よりもメロメロ度合いが少し高くなってきているようです。
ユアンは大きなダイヤのリングをしている。
杉浦もユアンに送られたブラックダイヤのリングをしているのですが、ダイヤを傷けるのはダイヤとのたまうユアンに、だから俺達は傷つけあうのか?と問う杉浦。
しかしユアンはそれは違う。
互いがこすれて磨き合ってより輝きを増すのだと・・・
おいおいーーー!最初と言ってること違うじゃん?
自分達は別かよwww
な、具合に本編も甘くなかったけど、こんな風な甘さの表現をされておりました。
あまあまでないから、長続きする、そういう関係も男らしくていいと思うのです。

それにしても、杉浦のブラックダイヤのリングは身代金くらいにはなるということだそうだが・・・
ブラックダイヤで数百万以上もするモノって見たことないぞw
ユアンの特注なのかな?と、思わず個人的興味が惹かれた一節でした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ