バトラーの憂鬱

バトラーの憂鬱
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
2件
平均
1.5 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH mania COMICS~ガッシュマニアコミックス(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796401487

あらすじ

「俺の執事になれ」恭しく出迎えたドアマンの中井は突然、ひとりの紳士に指名される。シリアスからエロスまで幅広いジャンルをこなす、なにかと話題の小説家・阪上。――主人に付き従い、寝食の世話や対外的な秘書役、全てを担う接客のエキスパートである執事を、たしかに中井は夢見ていた。………だが、阪上は小説の取材と称して、中井の身体に玩具を入れたうえで、接客を命じる。そして、快楽に負けそうになる中井に…!? 執事って、エッチまで許すのか!? 大人のラブ決定版v

(出版社より)

表題作バトラーの憂鬱

阪上龍 小説家
中井 ドアマン(臨時のバトラー)

その他の収録作品

  • 真夜中の恋人
  • 赤い手帳の秘密―覆面調査員の思惑―
  • 無人島で過ごす最高の一ヶ月
  • 博士と猫
  • バトラーの一喜一憂

評価・レビューする

レビュー投稿数1

エロエロ本です。

短編集です。

『バトラーの憂鬱 』
ドアマンである中井(受け)が勤めるホテルに小説家の阪上(攻め)が長期滞在する事になった。
しかし阪上が来た当日、予定していたバトラーがぎっくり腰になってしまった為、急遽側にいたドアマンの中井に阪上がバトラーの指名をする。
今回頑張れば、バトラーへの昇格もあると張り切っていた。
次々仕事を頼む阪上は小説の資料も買ってくるよう中井に頼むのだが、アブノーマルな資料ばかりに顔を赤める中井。
そんな中井を見てニヤっとわ笑い、買い物に行く前に試したい事があると言い出し、机に手をついて立つよう命令する。
突然ズボンと下着を脱がされお尻の穴をいじり出し始めた。
そしてバイブを挿入し、お尻に顔を寄せてどんな様子か見る阪上。
その後仕事の最中であってもバイブを挿入され、気がむくとスイッチを入れられる。
あまりの事に失神してしまった中井をお風呂に入れてあげる阪上と、その後ベットにてH・・・。

あまりの展開の速さについていけなかった・・・。
会って直ぐにバイブ入れられても、そのまま放置でも文句も言わずに受け入れている中井に何故?と思ってしまっ続きた。
いつ恋愛感情も出てきたのか分からなかった。
短編だから仕方がないのだろうけど、何だか消化不良気味な自分がいた。

『真夜中の恋人』
安住(受け)が大学の後輩でもある同じ職場の武藤(攻め)に思いを寄せているお話。
社員寮の相部屋で住んでる2人だが、安住はよく武藤とHをする夢を見ては朝下着を洗う始末。
もう30歳なのに・・・。

『赤い手帳の秘密―覆面調査員の思惑―』
学生時代最後、宿泊を拒否された攻めがミジュラン調査員となって、リベンジしにくるお話。
受けは攻めがミジュラン調査員だと分かっていた為、追い返そうと笑顔で張り切っている。
受けは和服姿なのでHの時、何だか妙にエロい感じだった。
最後まで素直になれない受けでした。

『無人島で過ごす最高の一ヶ月』
会社のリゾート開発の新しい土地を探す受け。
理想の無人島を見つけ、攻めにボートに乗せてもらい無人島へ行くのだが、ボートが沖へ流されてしまっていた。
外国の大型船が一ヶ月に一回島の横を通るのでそれまで待つことにし、2人の無人島生活が始まった。
受けはどんなに暑くても絶対にスーツを脱がなかった。
それには彼の悩みでもある秘密が・・・。
顔に似合わず体毛が濃いのだ。
驚くほど濃い!
濃いのだっ!!
2人がHする時、毛むくじゃらの2人が絡み合ってるシーンが見られます。
体毛がお好きな方にはオススメです。
本当に濃かった!!!

『博士と猫』
妻の葬儀の帰りに拾った猫のピート。
博士である櫻井(攻)の大切な存在であったピートまでもが死んでしまった。
心配した友人が試作品のロボットペット、アシュトン(受け)を送ってくれたのだが、猫だと思っていたら人型だった。
彼がいるのが当り前で心地よくなる櫻井。
だが突然アシュトンが壊れてしまった。
急いで友人に電話すると、本当は猫型のロボットペットをを送るはずだったのだが、手違いで人型を送ったのでもう記憶をリセットしてしまったと言われる。
もう一度彼に会いたいと願う櫻井。

切なく甘いお話でした。
もちろんハッピーエンドです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ