だいがくせいにっき

だいがくせいにっき
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
24
評価数
7件
平均
3.6 / 5
神率
28.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784758071369

あらすじ

きっかけは突然。奪われた“初めて”――

どこをどう見てもイケてない美大生・林と猫みたいにワガママで美人な御曹司・歩。
歩に恋してしまった林は一途に、不器用に、想いを伝えようとするのだが…愛されることに慣れていない歩は拒み続けてしまう…だけどゆるやかにほどけていく頑なな心…
そんな中、歩の婚約者?が自分の友人と知ってしまい…
不釣り合いな二人がサイアクな形で繋がって、傷つけあって、愛を思い知る――胸の奥がじん…とする最純恋物語。

(出版社より)

表題作だいがくせいにっき

二浪の美大生 林隆久・20歳
銀行頭取の御曹司大学生 桂木歩・19歳

その他の収録作品

  • Especially for you
  • After word

評価・レビューする

レビュー投稿数4

不器用で真っ直ぐな童貞攻めと 人間不信で女王様な小悪魔受け

これまで不器用で女の子との縁のない童貞大学生林と、ゲイであることを家族から忌み嫌われ半ば人間不信になりながら不特定多数とヤりまくる美人小悪魔系桂木のラブストーリー。桂木からどれだけ相手にされなくても一途に真っ直ぐな気持ちを突き通し、最後には桂木の冷えきった心を融解させていきます。読了後、男目線から見て林の不器用な一途さは格好よく何故いままで女にモテなかったんだ!と、この物語をぶち壊す気持ちが出てきましたwww

1

ただ本当の恋愛がしたかっただけ

ブサメン童貞大学生と、それを歯牙にもかけない高飛車な金持ち大学生のカプリング。
ブサメンの一途な健気さと、トラウマから脱出したい、一見相反するこの二人の求めていたものは、実は全く同じものだったのだな。

二浪のあげく第二志望の美大に入った林は予備校で一緒だったイケメンの坂元がモテて、しかも今は彼女がいるのが実に羨ましく思っている。
林はブサメン童貞が何よりのコンプレックス。
そんな時誘われた合コンに行くと、それはゲイの集まりで、オーサーの桜坂の「誰でも最初からゲイだったわけじゃない」の一言で、それもそうかもと思ってしまう。
そこで出会ったのが、超カワイイ桂木。
しかし何故かそこに来ていた坂元をお持ち帰りしてしまうのにショックを受け、後をついていくと速攻で坂元はマンションから出てきて、後から怒りの桂木が。
もう誰でもいいからという桂木に引っ張り込まれて林は脱童貞を果たすのだが・・・

そんな導入から始まる物語に、実を言うと桂木に同調できる部分は多いにあるのだが林については、そんなでいいのか?お前!
と、諭したくなる気分が満載なのでした。
しかし、林を乙女な男子と考続きえるとそれは納得できるかもしれない。
「処女を奪われたからにはあなたは私の運命の人」
そんな乙女な思考回路がきっと林なんだろう。
たった一回の襲い受けの童貞喪失に、男ならだれでもいいスレッカラシの桂木に絵を贈る・・・しかも自作の・・・「木と木の間に土がふたつで桂になるんだ」なんて・・・・爆!爆!爆!
桂木でなくてもキモいと思うに違いない!!

しかし、桂木が求めていたモノはそんな林の姿勢だったんだよね。
彼がモノ心ついたころから気がついたゲイの性癖を周囲に認めてもらえない事から来るひねくれ。
そんなコンプレックスがありながらも、完璧な息子であろうとする親に認めてもらいたいとおもう気持ち。
自分を何かにつけて炊きつける、棘のような弟の存在。
彼等を見貸してやるために、自分は完璧な相手を堂々と胸を張って恋人として紹介したいのに、それにこだわるあまり、自分を心から愛してくれる人に出会うことができなかったという事。
見た目はイケてないけど、林はまさに桂木が本当に欲しかった「本当に自分を愛してくれる」人だったのですよね。

その桂木の事を通して林を見ると、彼もまた然り。
彼は桂木とエチはしたけどキスはしてないからしたいと言う。
前述した乙女の発想だが、好きな人とはキスがしたいのだ。
エッチはしたけど、何か違う。
童貞は喪失したけど、自分が期待していたほどの重さはなく、こんなにも軽くていいのだろうかと考えた時、そこに心が伴っていなかった事に気が付くのだ。
そう、彼もまた童貞を捨てたかったわけではない、ちゃんと恋愛をしたかったのです。
それを脱童貞と取り違えていたのですね。

桂木の求める完璧とは、外見の事だった。
ということで自分を振った坂元への恨みと執着ということで『流れ星ミュージアム』カプである坂元とおっさんが絡んでくるわけです。
このおっさん、こんなキャラだったっけ!?
とっても味があるので、もう一度引っ張り出して読んでみよう!
(すっかり忘れている)

そうそう!林をブサメンと書いてますが、そんなでもない。
熱血少年マンガの主人公見たいだよv
確かにゲイ受けはしそう?wwかも・・・
それにしてもおっさん、ちょっとしか出ないけど描きおろしとかの一言がエロいんですがぁ~~!!

1

ネコミミかちゅーしゃが似合う訳

買う買わないの葛藤をお店でだいぶしてたんですが、結局、帯のあおりに負けました。
面白かったですヽ(´∀`*)ノ
どーやら、「流れ星ミュージアム」の番外編カップルの模様。
というか、同人誌があるのは知ってたの。再録的なものだと思ってたんだけど違うのかな???同人誌だとまた違うストーリーなのかとおもうと欲しくなっちゃうんだけど・・・どーなんでしょ。
(同人誌が手にはいるか否かも問題だけど)

お話。
2浪の末に見事合格した第二志望の大学。
そんな時に誘われたデートサークル。かわいい女の子いっぱいくるよ~とそそのかされて足を運んだのに、なんとそこはゲイばかり・・・
え・・・え・・・・え・!?
もともとそんな趣味はないのだが、女の子にも負けないかわいい男の子を発見。しかも連れ立ってるのは幼馴染の!?
個人的に、あの白い髪の子とのカップリングなのかな^と思ってましたが、違いましたな。
冒頭を読み飛ばすとか、、、アホw
ミュージアムを読んでないのも原因のひとつ(単品でも十分イイデス)

そのかわいい子ってのがまた曲者で
口が悪ければ、男癖も悪い。男につれなくされたと続きころに出くわした攻くんは、「ブサイク」「おまえなんかほんとうは」といわれながら童貞を奪われてしまう。それでも恋に落ちてしまったから・・!?
なけっこう一途で一生懸命なノンケくんのお話だったりします。
世間から見れば“性悪”。男癖も悪くて、遊びまくってて。
ワガママで。そんな受なのですが、見かたをかえるっていうか、いいところ探しが上手なのかなと思いました。
いつもそんなだから一人ぼっちの受。
最初はブサイクで、芋みたいな攻のことなんて見向きもしなかった。
性欲処理に付き合わせた出会いから、すこしずつ・・・な部分が可愛かったですな。
ホッコリな絵面がまたいいw
最後のキスシーンは「堕ちたwwwwww」
ちょっと、いや、かなりグっときた(・∀・)
わがままで、エロくて、どーしようもない受なのだが、実はとんでもないツンデレなのかなwと最後ちょっぴり思いました。
終始言葉にしてた「ブサイク」の一言にも愛を感じるぜ

描き下ろしの話。
これもちょっと可愛かったなww
慣れないことに一生懸命な受がいい!!
初々しくてこれが可愛いのだv
こんなことされたら、普段のツンなんて吹っ飛んでしまう。

1

好き嫌い分かれそうだな

私は好きでした!
健気童貞ブサイク(実際はブサイクでもないけど)×強気の女王様(ゲイ)がメインですね。攻めが可愛いです。ひたすら可愛いです。
受けの性格が結構歪んでます。途中イラッとするくらいに(笑)
親からの愛の欠如などで性格が歪んでいるようですが、
他人の彼氏を拉致したりとやりすぎな感じだと思いました;
展開はドラマチックです。読みやすいです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ