だってうまく言えない

datte umaku ienai

だってうまく言えない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
15
評価数
5件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344821910

あらすじ

あるきっかけから、同じマンションに住む隣の住人・高部と仲良くなり、徐々に惹かれていく柚希だったが…。
(出版社より)

表題作だってうまく言えない

高部明聡 ベンチャー企業社長 30歳
小原柚希 社食調理スタッフ 25歳

その他の収録作品

  • 絶対、言えない?
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

なんかあっさり?

思ったよりもあっさりというか淡々と進んで、たいした山も谷もなくさら~っと終了しちゃった感じです。

決して悪くはないんですよ。結構好きなんです。
ただ、なんというかいろいろ勿体ないような気はしました。

柚希(受)が親友と同居してるんですが、何よりもコイツの存在がなんとも消化不良です。

彼女がいて結婚も考えてて(ラストは同棲して結納もするところまで行ってるし)、でもどう考えても友情の範囲じゃねえだろ!?というくらい柚希に執着してるというか過保護なんですね。実際、柚希に対する思いで揺れている部分はあったようだし。

『危ない・粘着質』までは行ってないと思うんですが、逆にだからこそコイツはなんなの?と言う感じでした。
いや、だからって別にドロドロに持って行って欲しいわけじゃないんですけどね。

あとはラブがあまりにも簡単過ぎじゃないのかなあ。

お互いが自分の気持ちの中での『男相手なんてあり得ない』的な葛藤(というほどじゃないか?)や何かはあるんですが、実際に付き合う過程があまりにもすんなり行き過ぎて『え・・・そんなもんでいいんですか?』とこっち続きが戸惑ってしまいました。

なんか(付き合うに至るまでに)各自で考えてるうちに勝手に答え出しちゃった感じでしたね。

まあいろいろと突っ込みどころはあるんですが、とてもきたざわさんらしい読みやすいストーリーです。
設定もキャラクターも、薄味な分嫌味もないし。

う~ん、でももう少し波風あってもよかったなあ。設定もキャラクターも結構好みだから余計に、あまりにも単調過ぎて物足りなかったですね。そこが惜しい。

あとは、イラストの周防さんは、綺麗だとは思うんですが個人的に(特に小説挿絵として)かなり苦手な絵柄なんです。ゴメンナサイ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ