男・鮫島、決めるときは決めます!!!!!

鮫島くんと笹原くん

samejima kun to sasahara kun

鮫島くんと笹原くん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神196
  • 萌×292
  • 萌55
  • 中立19
  • しゅみじゃない22

184

レビュー数
78
得点
1532
評価数
384件
平均
4.1 / 5
神率
51%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784864420037

あらすじ

大学の同級生でバイト先も一緒の
友人・鮫島くんに告白され、
足の指まで舐められた笹原くん。
スルーを決め込めば
ちゃんと自覚しろなんて強気で攻められ、
受け入れようとすればヘタレで逃げ出す鮫島くんに、
もう笹原くんはイライラドキドキムラムラ……!?

ドタバタな2人が賑やかに贈る
ハッピーラブコメディ、cabの人気連載作が待望のコミックスになって登場!

表題作鮫島くんと笹原くん

コンビニバイトの大学生・鮫島くん
コンビニバイトの大学生・笹原くん

その他の収録作品

  • おまけ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数78

腰乃さんといえば!

腰乃さんを読み始めたきっかけの一冊です。
というか、読み始めたというスピードじゃなかったですが(笑。この本を読み終わった一時間後には、出ている電子書籍を全て買いきっていました!
と、こんなレビューではなんのこっちゃなので、内容とかですが、
もだもだしてるゲイの大学生と、ほだされ男子の恋愛の、きっかけから始まるところくらいまでの話です。

とにかくテンポがよくて、エロい!
エロも別にすごく詳細とかじゃないし、特にのをしてるわけでもない。ですが、もだもだしてる鮫島くんが、笹原くんの体を撫でるとかそんなのだけでもエロいんです。
なんていうか、生々しい!っていうのが正解かもしれません。
腰乃さんの絵は、どちらかというとサバサバしていますが、それでもエロいのがすごい。
と、これではただのエロ漫画みたいですが、そんなことはなく。
2人の会話や悩み方とかも、無理なく本当に普通の大学生男子っぽいのがまたよい感じなんでしょうね。良くも悪くも、本当っぽいです。

途中、バレンタインデーがあるんですが、反応を見たくて渡す笹原くんと、受け取った鮫島くんの上っ面と本音とか、
いざとなっ続きたときに、服を脱げない鮫島くんの乙女心とか、
挙げたらきりがないですが、本当に是非是非オススメです。

1

苦手は払拭できず…

勝手に腰乃作品まつり③:いちばん気になっていた本作をやっと読みました。

高評価をたくさん目にしただけあって、物語の展開と二人の関係性だけに着目するなら「萌x2」でもいいかなというぐらい面白かったです。お互いに基本ヘタレでたまに強気で、それでも完全にはキマらないあたりがナチュラルで良かった。

しかし私の場合、腰乃さんの作品は相変わらず絵…というか、コマ割、画面構成、吹き出しの位置と言ったものがどうにも苦手で、キャラクターやお話そのものに魅力を感じるのに余分なパワーを使ってしまうんだなぁとやっと分かりました。

音声化とかアニメ化したらもっと好きかも…と思ったら、CDが存在するのですね。ぜひとも聴いてみたいです。

1

大学生2人の等身大の恋を見守る

面白かったです。男同士とかに疎いような2人の青年が必死で恋人になっていくというようなお話でした。 ギャグも多く、等身大の男の子達が頑張る姿に笑い、元気を貰いました。
2人の出会いも何のロマンもない、アルバイト仲間という笑 そこがまたいいですね! 鮫島くんが笹原くんに恋をして告白するところから始まり、めでたく付き合うまでのストーリーが面白かったです。 鮫島くんは、笹原くんのことを好きすぎて、彼の持ち物とかの匂いを嗅いで興奮するような変態です。そんなに好きなくせに、実際エッチなことはなかなか出来ず、不器用でヘタレなところが可愛らしかったです。一方、そんな鮫島くんにひきながらも向き合ってあげる笹原くんもかなりほだされまくって彼のことを好きになります。 幸せなカップルですなぁ、ほんとに笑
興味深かったのは、鮫島くんがあまりにも笹原くんのことを好きすぎる故に起こる様々なヘタレ行動事件です。
鮫島くんといい雰囲気になって、ちょっとやる気になっていた笹原くんの気持ちなんてお構い無しに『抱っこさせてくれてありがとうございます。』といって玄関から追い出すシーンは笑いました。 また、笹原続きくんが鮫島くんに告白しようとした時、突然止めに入ってもっといいムードの時可愛く言ってください!とお願いするところも何やこいつ女子か、と思いました。
そして、やっと想いが通じての初エッチのシーン。
その様子が二人ともあまりにもテンパりすぎていて、なんだか変に生々しかったです。

3

ほっこりできるエロ

どはまりしました!
二人の絶妙な距離感がいいですね。しっかり両想いになっていく描写や仲良くしていて少し笑える描写もありまたエロいとこはちゃんとエロい!
鮫島くんの性格がほんっとにかわいいくてツボりました。見た目に似合わずとっても乙女なハートの持ち主で、笹原くんのこと好きって気持ちが伝わってきて読んでいてとってみキュンときました。

笹原くんは結構チャラいと思っていましたが鮫島くんの気持ちを知ってだんだん受け入れていく感じもたまりませんでした。
ちゃんと二人の間に愛を感じる作品なので読みやすい作品だと感じました。
腰乃さんを最初に読むには向いている作品だと思います。
作画ですが他のレビューを見ると好き嫌いが分かれてるように感じましたが、私はその理由がわからないくらいかなり好きです。私は男の体格とちゃんと区別できる絵柄のBLが好きなので(最近は女の子みたいに可愛い受けが多いから)とっても素敵だと思いました。
ドラマCDと一緒に読むのも最高だと思います。特に鮫島くん役の演技と笹原くんの喘ぎ声がポイントです!

2

とてもフレッシュな気持ちになりました。

良くある?いや、男同士ではないかもしれないけど、友人から恋人に発展するストーリーなんですが、
勢いがありそうで、実はウジウジ童貞ヘタレの鮫島くんに、笹原くんと同じく時々イラッとしつつも(笑)キュンときました。
無神経で鈍感な笹原くんも、鮫島くんの猛アタックに心揺らされていく所もキュンキュンしました。
最後には結局、笹原くんが鮫島くんをいただくはずが、鮫島くんにいただかれちゃってますね(笑)

鮫島くんのTシャツに時々現れる鮫くんが、今の心境をリアルに感じれて可愛いし面白かった。
笹原くんはパンダキャラを書いてほしかったな~。
まぁ、そこまで書くと逆にリアル感がなくなってしまうかな。

1

ヘタレ攻め最高。

鮫島くんが良いですね!!ヘタレ攻めの魅力にとりつかれてしまいそうです!
この作品は誰かがネットで書いてたおすすめBL漫画の中にあったんですけど、
あたりです確実に。なかなか良いですね♫
僕はどちらかというと鮫島くんみたいなタイプの人なので、凄くこのキャラクター自身に
共感を覚えます。なんて腰乃先生はキャラクターを描くのが上手いんでしょうか!!って感じです。
ネタバレになりますが、ポッキーゲームのシーンが好きです。
あと、笹島くんの、だんだん鮫島くんのことを好きになっていく感じも好きです。あのシーンのページだけ僕には光り輝いて見えますねw

1

鮫がビチビチ…ぴょん●!?

同じ大学の同じコンビニで働く男子たちの恋物語。

なんか鮫島くんが斜めにヘタレなので…読んでいて、
楽しくもありハラハラする。
イケイケGOGOな時もあれば、
すっごい乙メンなターンもあって。
一気にススメかと思ったお話が急ブレーキ。
相手の笹原くんもそんな鮫島くんに翻弄されるかと思うと…
ややそうでもなく。
イライラしながら男前な行動して鮫島くんを逃げれないように
捕まえておく。
ちょっとおおざっぱなところがいい塩梅なんだと思います。

鮫島くんは服の上でビチビチしている鮫のほうが雄弁に
物事を語っているような始末。
でも愛すべきヘタレ攻めでした。
笹原くんは積極的男前な受けでした。

4

面白かったけど

大学生でコンビニバイト仲間という、身近にありそうな日常的なシチュエーション。
突然友人から告白されて戸惑う笹原くんの心情や、ふられたのに普通に接してくる笹原くんに戸惑う鮫島くんの心情など、二人の相手との距離感の探りあいがコミカルに描かれていて楽しい作品でした。

ただ、二人の言い争い(掛け合い)が単調かつちょっと多すぎて、後半になるにつれ読んでいて疲れてきました(笑)
面白い作品だっただけにちょっと残念でした。

2

炸裂腰乃節★

個人的に腰乃さんにハマるキッカケとなり、自分のBLの世界観が広がった作品。

物語自体は腰乃さんお得意の日常系BLで、ほぼ全編鮫島くんと笹原くんしか出てこないんじゃないかって位2人でゆる〜く進んでいきます。

冒頭からツッコミっぱなしのキレっぱなしの鮫島くんと、無神経マイペースの煮え切らない笹原くん。
煮え切らないのって個人的にイラっとしてしまうのですが、そんな事も忘れてしまう細かい書き込みに思わずププッなる台詞の応酬。思わず声に出してみたくなる腰乃さんらしい独特な擬音がまた絶妙。
紹介文にもあるオノマトペというやつですかね。けりっけりっ。

最初はキレッキレで怖い印象の鮫島くんも物語が進んでいくと、とんだヘタレっぷりを発揮しつつ(ほんとにヘタレ。繊細。ガラスのハート)振り切った時のDTらしい積極性もなんだかとってもリアル。
かと思えば煮え切らなかった(踏み出せなかったと言うべきか)無神経笹原くんの後半からの決意というか覚悟に妙に男らしさを感じてしまいます。
鮫島くんの事を考えつつ汚部屋掃除をしている描写なんかも巧く表現されてるなァと。


そして何がリアルか続きって、それぞれの視点でのモノローグが腰乃さんらしく、そこがリアルな台詞回しなんですね。まさに腰乃節。かなと。
殆どの台詞は、枠に文字ビッシリなのにスラッスラ読めます。
度々衝突する(小学生の様な)時の2人の台詞の応酬は感情移入というか感情移動?が忙しいけど、そこも緩急があって楽しいかなと。

なんせリアルな台詞回し、心理描写などでゆっくり、だけど確実に近づいていく2人の関係性が丁寧に描かれていて安心してページを捲れます。ほんとにゆるい。ゆるいのに忙しい。でもまた読み返したい。あと、結構個人的にはエロい。そんなに描写ないんだけど、妙にシチュエーションとか、何かが作用してしまい、結構エロく感じます。少なめになってますがね。
そんな不思議な腰乃ワールドにまんまとハマったきっかけの作品です。

1

暴走するヲタ魂

主人公は笹原くんの弟の真希。
兄とは見た目も性格も違い、二次元を愛しリア充を嫌う、趣味に生きる男子高校生。
ある日学校で真希が最も嫌うリア充・新庄くんとぶつかった事で、彼の生活は一変。なにかと真希に絡んでくる新庄くんを面倒だと思いつつも、真面目で世話焼きな真希は拒み切れず、物理の先生が好きだという新庄くんの恋の相談を受け協力するうちに……

二次元以外を好きになるはずがない!(ましてや男)と思っていた真希が、新庄くんの恋の協力をするうちにどんどん暴走していく様がなんとも言えず可愛いです。
ちらっと鮫島くんと笹原くんに登場する大滝くんがモブで登場していたりと、芸が細かい!
書き下ろしの鮫島さんと俺は必見。

1

腐れ星人

すみません、「新庄くんと笹原くん」と間違えてレビューを投稿してしまいました。

ふたりともかわいい!

腰乃先生はBLのもどかしい感じを書くのが本当にうまいと思います。
(暗くはないです。主に鮫島君がうじうじしてるだけで(笑))

鮫島くんはへたれで面白いし、笹原くんも性格男前で超いいやつだし、2人ともほんとにかわいい!!!!!!

エロは「少なめ」になっていますが、最後までいたしたのが少ないだけで結構エロいと思います(笑)

超満足!・ω・

4

喧しいですが、元気にさせてもらえる

腰乃作品の真髄は立ち読みサンプルでは決して解り得ない!

というのをつくづく感じました。私が学生時代にBLにハマっていた頃からは考えられないような絵柄、ペンネームの腰乃先生ですが、いつもこちらちるちるでもランキング上位の常連、お薦めしていらっしゃる方も多いので気になっていました。その度に電子書籍の立ち読み等で試してみるものの、買うほどではないかな?と思っていたのですが、間違っていました!もっと早く出会いたかった!

まず、会話のリアルさ、多さに驚きました。あの大学生独特の照れ臭い故の会話の浅さ、沈黙を埋めようと上滑る感じが、この広い東京のどこかで今も繰り広げられていそうな妙なリアリティを醸し出しています。勿論荒唐無稽な発言や展開もあるにはあるのですが、こんなこともありそうと思わせるその手腕。いや、でも実際、本当にあるのかもしれません。
ゲイとヘテロの間くらいにいるひとは実際イケメンに押されるとコロッと流されるという話もよく聞きますしね。

そう、笹原くんこそ、イケメン鮫島くんに押されてコロッと参ってしまうのです。しかも鮫島くん、狙わずともヘタレが功を奏して、押してみれば引続きくという駆け引き状態笑 そんな鮫島くんをいつの間にか結構しつこく追ってしまう笹原くん。気持ちわかるよー。すごーく好かれると、いい気になっちゃうんだよね、で、相手が押してこなくなると自分から押したくなるよね。

そんなこんなで二人とても仲良く最後は無事にエッチして大団円なのですが、そのエッチもなんだか大騒ぎしてやってます。私自身は、もっとロマンティックでトロトロなエッチのほうが萌える気もしますが、腰乃さんのアングルやカットのあまりの巧みさに惚れ惚れしました。お尻が可愛すぎ( ^ω^ ) 鮫島くんのほうが体格はいいものの余りにヘタレ乙女で、笹原くんに攻めを取られる日は近いかも‥。いやあ、本当に楽しい作品でした。

4

ヘタレ攻めがいい

腰乃さんの作品にしてはヘタレが攻めなのが珍しく面白かったです!
男前受けな笹原くんとの相性もGOODです
受けがグイグイくるのも素敵えすよね、基本は攻めがグイグイ王道スタイルですから
4コマをたびたび挟むのも本編との区切りがついて好きです。
そして腰乃さんはコマへの書き込みが細かい!!小さいコマでも細かい書き込みがされていて読んでいる側としては熱をいれて描いているのが分かります。
この作品で私自身ダメだったのが少しリバっぽい表現でした。それで萌え切れなかったです。

2

腰乃さんにハマった作品

これを読んでBLにどっぷりハマりました。

腰乃さんの男子ってなんかリアルなんですよね。笹原君のテンションとか、鮫島くんのアップアップしてる部分が良かったです。
この作品のミソは告白した側がオロオロしちゃってるところですね。オロオロしてるのに積極的。に見せかけて・・・え?みたいな 笑
ゲイビ鑑賞会の時笹原君がなんとか大丈夫と思えそうにしているところはなんかリアルです。仲の良かった人の思考って大丈夫って思いたくなるのわかります。相手からしてみるとムカつくかもだけど 笑

全体的に鮫島くんの不思議なターンがツボでした。最後のシーンでまた再び二人でバイトしてるとこもなんかほっこりしました。何も変わってないけど、変わってるんだよ実はってとこが萌えました。

4

正直に……

人気作だったので気になってました。
正直に申しますと、絵が恐ろしく雑ですね!
ちょっと、びっくりしました。

でも、嫌いじゃないです。
逆にこれくらいの雑さって……めっちゃ、エロく感じます!

笹原くんの純粋(?)と天然さは罪ですね。
鮫島くん振り回されてる。
日常的なお話が凄く良い!

手コキしてもらってありがとうなんて可愛いんですけどw

表紙裏のお話も!
そのお尻にウサギのしっぽでもつけたらめっちゃ、可愛いと思うよ(^w^)

5

デリカシーのかけらもねぇ

コンビニのバックヤードで告る鮫島くん。
焼き肉屋のトイレで返事する笹原くん。

バイトも大学も一緒だからお互いに意識するっていうのはよくある話。だっけど!このあり得なさすぎる展開の連続に、僕自身大笑いしてしまい、ページをめくる手が止まっては進み止まっては進みで、読み終わるのに2日かかりました♪これがBL的ファンタジーか!って思いましたデス。どんなに言い争っていても、くん付けが読んでいて微笑まし。

ゲイビ鑑賞会
これ観た後でも引かなかったらお付き合いお願いしますって!その発想があり得ないよ…鮫島くん。手筒で受け入れた笹原くんは大人です。

嗅覚も鋭い鮫島くん
サメって血の匂いで獲物を察知するんだよね。鮫島くんは笹原くんがオナった匂いも察知してしまい、その「かをり」も好きらしい?大いに変態です♪こえぇぇーー

裸は見られたくない
そして震えながら布団にくるまりイモムシ状態の鮫島くん。最高にヘタレです♪これからっていう場面では最高にあり得ない。当然キレる笹原くん。

最後の最後に濃ゆーいエロはありますが、「かゆいから、はやく擦って」って言っちゃう笹原くんがカワイ続きイ★ヘタレなのに攻めかよって鮫島くんを罵りたくなりますが(笑)ダメダメ思考はずっと続くと思うので、笹原くんはぜひ攻めのポジションを勝ち取って欲しいと、願わずにはいられません!もちろんとっても面白かったので、神棚行きです。

4

サメT

ヘタレ童貞攻めを代表するような鮫島くんがとっても乙女で可愛いです。
自ら立てたフラグを全力で折りにいく鮫島くん。
そんなヘタレ鮫島くんに、なんだかんだで絆されちゃう笹原君も可愛くて微笑ましいです。

鮫島くんのサメTシャツが鮫島くんの心情を如実に表していてたいへん萌えます。

ほんのちょろっとですが
「幸せになってみませんか?」にも登場する大滝くんと高島さんが描かれていて嬉しかったです。
大好きな2人をまたみることができてテンションがあがりました。

5

可愛い攻め

同じコンビニでバイトする、鮫島くんと笹原くん。
鮫島君が笹原君に告白するも「キモい」の一言で玉砕。
しかし、その後も何事もなかったかのようにしてくる笹原君。

笹原君にもらったチョコを毎日1本づつ大切に食べていたり・・・
貸してもらったノートのにおいをこっそり嗅いでいたり・・・
嬉しくて、変な自作の踊りを踊ってみたり・・・
本当に可愛い鮫島君ですが、好きという割にはいざとなると引き気味になってしまいます。

鮫島君の「すきすき」攻撃にだんだんその気になってくる笹原君。
そしていつしか逆転し、笹原君のほうが積極的に迫ってきます。

いざHとなったときに、ふとんにくるまって出てこない鮫島君。
「裸見られたくない」と震えてしまいます。
そんなことがあっても、お互いの気持ちをぶつけて言いたいことや思っていることを言い合って、無事Hすることができました。

Hの最中の笹原君かわいい。
鮫島君が何のローション使ったか知らないけど、ちょーかゆがる笹原君。
「かゆいのとって~中早くこすって・・中かいて~」と腰を振ってしまいます。
鮫島君も鮫島君で、挿入しながら
続き笹原君、好き大好き・・・好きになってくれてありがとう」なんて言っちゃって、
どんだけラブラブなんだこの二人は♥

この後も、笹原君の弟のお話「新庄くんと笹原くん」にもちょこちょこ登場する二人ですが相変わらず可愛い鮫島君です。

a

4

男前かと思いきや

乙女でした。
ヘタレでした。

鮫島くん、最初は男前系攻めかしら、なんて思って読んでたのですが、読み進めるとどんどんヘタレになり、乙女になっていきました 笑

ヘタレ具合がもう、某野球漫画のヘタレピッチャーくんを彷彿とさせる感じがしました 笑

笹原くんの葛藤している姿が、私的にはすごく好きでした

弟くんの話が気になるので次回作も買ってみたいです

5

あらためて読んでみると

「新庄くんと笹原くん」を読んでからこちらも再読しました。

そういえば表紙がかわいくてジャケ買いしたんだった。
でも表紙の印象と中の絵がちがいすぎて、
そのときはいまいちだなーと思ってそれから一度も読んでいなかったんですが・・・
あらためて読むとおもしろい!
笹原君ってこんなやつだったっけw
鮫島君の必死さはすごくわかるんだけど空回りがちなところも
「新庄くん~」を読んだあとだと妙に萌えました。
なんだあの踊り。笑

4

噛み合うまでが…いやずっと噛み合わないかも…?(笑)

「シチュエーション」にこだわる乙女系の男子学生・鮫島くんと、そこらへんの大学から適当に引っ張ってきたような今どきフツーの男子学生・笹原くん(基本的に発言がライト気味)の、恋のお話。
ちなみに乙女な鮫島くんのスペックは身長185cmくらいのひょろっこいイケメン。

潔癖のくせに風呂前の笹原くんの足の指を舐めることが出来るくらい、笹原くんにメロメロな鮫島くん。鮫島くんに告白されても男同士のSEXに実感が湧かず、「すごく仲が良い友達のままで何故だめなんだ?」と思う笹原くん。

告白を受けた笹原くんは新たな関係に踏み出すまで、茶化しつつはぐらかしつつも時間をかけて自分や鮫島くんの気持ちに向き合い前進していきます。
一方、鮫島くんは‘寝耳に水’で戸惑う笹原くんの葛藤を思いやる余裕がなく、「なぜ分かってくれないんだ!」とひとりでグルグル空回り、「エッ!?」っと思うような行動に出たりします(笑)
笹原くんが鮫島くんを振り回しているようで、実はお互い様だったり鮫島くんの方が不可解だったりするのです。
この二人、脳みその構造が全く違うんでしょうね(言い過ぎ笑)、ぜんっぜん噛み合わないです続き(笑)

恋が成就しても結ばれるまでにまたひとズレありますが、とにもかくにも結ばれて良かった!です。
エロは「うん、腰乃先生!」って感じです。手探りしながらどうにかこうにか、二人ともプルプル震えて可愛いです。

3

乙女ですね、攻めが(笑

『新庄くんと笹原くん』が12月に発売すると聞いて、あらためて腰乃さんの作品を読み返しました。
『鮫島くん〜』方に出た、笹原くんのメガネ弟のお話なんでしょうかね。
楽しみです!


鮫島くんは意外に乙女系な攻め。
バイト先で色々面倒見てくれた笹原くんに惚れてしまい、とうとう告白してしまう。

笹原くんは鮫島くんとは大学の同級生で、大雑把なため気持ちの機微にうとく、おちゃらけキャラ。

こんな正反対のふたりですので、鮫島くんは告白したはいいけれど、何もなかったかのように一人暮らしのアパートへ遊びにくる笹原くんにキレキレ。
まあ、笹原くんは冗談だと思ってたから(苦笑
こんな無神経な笹原くんは、女の子とつきあっても続きそうにないから、鮫島くんに貰ってもらって良かったですよ。

一冊丸々同じお話なのでなかなかえっちまではいきませんが、そこまでの道のりが紆余曲折で微笑ましい。
なーんかきっと同性同士の初めては、これが普通なんだろうなあと思わされます。

笹原くんの趣味(?)ともいえるアレがすっかり鮫島くんにバレていたり、乙女系ゆえ笹原くんに貰ったチョコ菓子を鮫島く続きんが大事にとっていたりと、エピソードてんこ盛り。

短編で色々お話が入っているものよりも丁寧な描写ができて、わたしは好きです。

3

濃密な2ヶ月半

ネガティブ思考の塊のクセに逆ギレしたら勢いに任せて積極的になる鮫島と、出方を探りながらも流れに身を任せているようで、実の所深く考えない大雑把なだけの笹原。

告白した事によって、された事によってその先を良くも悪くも意識してしまうのだけど。
変わらない態度にそわそわし、イライラし、モヤモヤとした状態からスッキリすべく行動していく珍妙なやりとりのあれこれにツッコミどころ満載です。

1話1話を「ACTION」でカウントするのも話しに合っていて、気づいてからはより楽しめました。

「名前で呼んで下さい」の大滝の叫びが読後のにまにまを倍増させます。

3

二人の感情がリアルすぎる

腰乃先生らしい作品でありました!!!
今回は作家買いでしたが^^;


バイトの同僚鮫島君は笹原君に告白をするのですが、笹原君がノンケだったり、
告白してもなかなか返事が貰えなかったりと、腰乃先生らしい作品でした。

最初は独特のコマ割りやセリフの多さに戸惑うかもしれませんが、慣れますそのうち。
ただ、萌え!って感じのシーンはなかったので萌2にさせて頂きました^^;

一度購入してみても良いかと思う作品です

3

本当にリアル

男の友達に告白されてとっさに返した言葉が「うそ、キモっ」だったり、
どっちが上か下かでもめてみたり、
潔癖症ゆえに、好きな相手であっても、相手のを飲んだりすることはできなかったり(笑)
BLって、ある意味少女マンガなのに、この作品は本当にリアルで
読み応えがありました!

ただ、萌?っていわれると…萌、あったのかな?
個人的にはあまりそれを感じなかったです。
ドキドキしたり、キャー!もっとやれ!みたいな気分にはならなかった。
なので評価は2の中立ですが、ほほえましく、ふふふ、とほほえんで見れる良作だとは思います。

4

ふわふわ恋愛




ドラマCDを聞いて買った作品です。
最初の下りからすごく面白かったです。
鮫島君はすごくかわいいw
数ページある鮫島君SIDEも面白かったです。

2

コンビニで起る恋愛劇

幸せになってみませんか?の同時収録である
大滝くんと同じコンビニの中でのお話です。
まるまる一冊笹原くんと鮫島くんですよ~。

同じ大学でバイトも同じは二人!!
年の瀬にバックヤードで笹原くんに告白したら「きもい」って言われちゃって・・・・。
凹んで家に帰るとあとから笹原くんが何事もなかったかのように登場し年越ししようとします。(笑)
告白を冗談ととられてキレる鮫島君と冬休みは一緒にスキーいって教えてもらうはずだったのに!!そのあとに告白してよ!!とキレる笹原くん(笑)
ふたりのドタバタな恋愛劇です。

告白しながらも笹原くんの気持ちを確認もせず思いこみでつっぱしる鮫島君にキレる笹原君。
コンビニで大ゲンカをしてロッカーを倒しそうになります。
そのロッカーが大滝くんので大学生2人が高校生にお説教されてておもろー(笑)
友達にも意外と見られてて関係がバレバレ。

正直このお話は最後の最後で超萌えます。H萌えです(嬉!!!!
暴走した鮫島君のを一身に受ける笹原君がつらそうで萌えますーーー。
潔癖症なのに笹原くんにだけはどんなことでもできてしまう鮫島君。
続き友達に言われても食べかけのそばを絶対あげないのに笹原くんに言われたらきちんと上納しますおそば(笑)
これってとっても特別でやられてる側はキュンとしちゃいます。

2

ジェットコースター

告白されて、さてどう両思いに発展するのか? という話でした。
鮫島くんのネガティブ全開で独り反省会をしたり舞いあがったり小躍りしたり、そういう点が可愛かったです。また、笹原くんのなぜか強気な感じ(笑)がポジティブで好感が持てました。終始ふたりでワーワー言い合っていて、とにかく飽きないというかひたすら【鮫島くんがいかに笹原くんのことが好きか】が語られていくのは面白かったです。

人を好きになることはごくふつうのことですが、そのあとに両思いになるってむずかしいと思うんです。自分の人生の中で何千人と出会うのでしょうが、そのうちのひとりを好きになっても向こうからも好かれるって奇跡に近い。鮫島くんはそれを噛みしめながら、ずっと「これは現実か」ってことと戦っていました。
ようやく両思いだと確信したのちも、こんなことをしても嫌われないかどうかにおびえながら、それでも欲が打ち勝ったりもして。自分に正直になりたいところと、笹原くんのことを尊重したいのとで心がごちゃごちゃになっているのがよく伝わってきました。
対して笹原くん。たしかに「好かれると好きになっちゃう」ってタイプの人は一定数いますよね続き。でもある程度好きな存在でないと、その好意も煩わしく思ってもおかしくはありません。だから笹原くん、はじめっから鮫島くんのことに興味があったわけです。自分のなかのそういう節を、思い返しながら確信していくところで笹原くんいいやつ…と気がつきました。
これを自覚してからのふたりはとにかく可愛らしかった。男の子ですから色々なことに好奇心がありますし、恋人になったのだから接触も増えますし。

潔癖気味な鮫島くんが、笹原くんのことだけはすべてが大丈夫というのも愛だなぁと思います。オナニーしていることが匂いで分かるなんていっそ変態です。
でもこの鮫島くんの変態性がいい味を出しているというか。笹原くんが「こわい」って言ったのは自分の変化と順応性に対してでしょうが、私は別の意味で鮫島くんの笹原くんに対するどん欲さが怖い(笑)一生懸命すぎるベッドシーンも、ついついにやけながら読んでしまいました。やっていることはふつうの、恋人同士がすることなのに…なぜか鮫島くんだと変態度が高い。
今でもベッド上の力関係は鮫島くん>笹原くん(照れギレしながら結局ほだされる)なのでしょうが、これはいつか笹原くんの強烈な要求に対し、鮫島くんがバックバージン(研究で自分で指使ったことは除くとして)を捧げる日も近い気がします。もう笹原くんならなんでもいいというか許すと思うんです。

とにかくギャーギャーと愛を叫びながら、それでも可愛い恋をしていて明るいふたりでした。萌えるよりも笑うことが多かったため中立評価ですが、暗いところが一切ない読みごたえのある一冊でした。

4

リアルにいそうな二人

すご~く普通にいそうなキャラ設定です!
友達を好きになって勇気をだして告白した鮫島くん、好きって言われたけど・・・関係は崩したくないから冗談にしたかった笹原くん。
でも告白したのに「冗談」でスルーされたら、鮫島君じゃなくたって傷付くよねぇ。ましてや同性なんだもの、友達付き合い自体バッサリ精算したくもなります。友達になんか戻れる訳がない。
そこまでされて初めて鮫島くんをちゃんと意識した笹原くんの、その後の男らしさというか、グイグイ感が良かったです!逆に鮫島くんがあんなヘタレじゃなかったら、ここまで進展したのかな?とすら思います。

鮫島くんの「好きな人に自分の裸を見せるなんて」って躊躇う気持ちもすごく共感!男同士だし自分の裸をみて相手が冷めるかも知れない、とか、思うのって普通じゃないかとおもうし。しかも鮫島くんは潔癖症で考えすぎでグルグルしちゃうタイプだし、どんどんマイナス思考になってっちゃうんだろうな~~
初めての恋(多分)が同性でしかも友達だなんて、そんなに軽く乗り越えて行ける壁じゃないと思うし。勇気いっただろ~な~と、告白するまで悶々としていたであろう鮫島くんを想像せず続きにはいられない。漫画なのに、他人事とは思えないほどリアリティーを感じながら読みました。

段階を踏んで少しずつ進んでいく二人が可愛くて、でも最後までちゃんとできてほんとに良かったねー!とホンワカした気分になりました。大学生くらいの男の子の日常を切り取った作品として、ストーリーは文句なしの神評価です!

ただ、腰乃先生ファンの皆様には申し訳ないのですが、私は絵がダメでした。ストーリーが良かったので最後までよみきりましたが、つまらないお話なら途中でリタイアしたと思います。なので萌×2評価とさせていただきました。

4

なんという魅力的なキャラたち!

いっやー、好き!←いきなり
腰乃さんの描くキャラはいいなぁ。

萌えも勿論あるんだけども、
人間臭さがそれぞれに魅力的すぎてw
これは、まるまる一冊この二人のお話だったので、
よりキャラの性格が伝わってきてよかったです。

勘違いやすれ違いはあるものの、
あまり重さはなく。
ふたりの歩みは遅いものの、
ストーリはテンポの良さを感じる。
所々のギャグセンスも好きw

で、これ情報んとこ、
H度「少なめ」ってなってるけど
少ないのかね?これはw?
擬音とか、リアルさを感じるシチュエーションとかのせいなんか、
妙に生々しく感じました。
多分これが「腰乃ワールド」なんだろうなぁ。

私はこれがファースト腰乃作品だったんですが、
腰乃さん気になってる人がいたら、
入門編としてオススメしたい。
Hシーンに抵抗を感じなければハマると思う。

ちなみに、「絵がダメ」っていう方が多いようでしたが
私はこの力の抜けたような入れたような、
でもデフォルメされすぎてない体のラインとか好きだなー。

3

表紙がカラフルで可愛い!

攻めの鮫島くんが、とにかく面白く可愛く、時々格好良く(?)すごく面白くて好きです!!
受けの笹原くんが男前なんですが、でも空気を読まないというか、天然なの?わざと?なところが可愛いかったです。

個人的にツボだったのが笹原くんよりも背が高い弟さん。
お小遣いあげるからって言われて突然お兄ちゃん(笹原くん)に抱きつかれて、お互い「ねーわ・・」ズーン・・みたいなシーンは爆笑しました。
見た目が凄い格好良かった・・・彼が二次元にしか興味なさそうなところがまたモエました(笑)

表紙の色がカラフルで、可愛い雰囲気がそのままお話になったようで、それぞれのキャラクターが個性的でポップな感じのリズムの良いお話でした。
序盤から爆笑しちゃって、それ以外でもいろいろなところで、吹き出してしまう面白いシーンが多くて、本を閉じたあとも思い出し笑いをしちゃいます♪可愛いです。

その中でも凄く好きだなーと感じたのは
鮫島くんのような若干潔癖症が入ってる綺麗好きな人が、綺麗に守ってる自分の空間(部屋とかお箸とか)に他人を入れることって、とても勇気がいることだと思うのです。
それが「笹原く続きんなら・・・」って思えたり、相手が好きで、好かれたい・・・触りたいと思えるのは凄いことだなぁと。好きって凄いパワーなんだなぁ~と思えました。

そういうところにも、すごくすごーく、ときめきを感じました!!可愛い二人をまた見たくて(主にグルグルしてる鮫島くんですが:笑)またページをめくってしまいます♪

--話は漫画とずれますが--
現実世界で、鮫島くんのような潔癖がちょっと入った男の子と話をする機会があったのですが、鮫島くんのように布団は、お風呂に入った自分以外は絶対入れない。
うっかり風呂に入る前にベットで寝転ぶと「自分で汚してしまった・・・」と相当落ち込むようで(笑)10年以上の幼馴染(男)が彼の布団へダイブした時は散々叱ったらしく、「そういや怒られたなー」と隣の席で幼馴染くんがのんきそうに笑ってましたが。
なんというか、色々苦労していて大変だな・・・と思ってるはずなのに、この本を読んだ直後だったので変にニヤニヤしながら聞いてしまった。ごめんなさーいー!!

7

読んでて飽きない

一気に読みました。
鮫島君と不器用さと強引さの抑揚にやられた・・・
えっそこで!?ってところもあれば、おおっ!!ってところもあり、
笹原君と一緒に翻弄された感じがしました。
でもなんだか可愛い。
鮫島君の悶々としているところが好きです。
そしてそして、笹原君も可愛い。
鮫島君に対して容赦ないところとか、でも怖がっちゃうところとか
結局鮫島君が好きなところとか、可愛いです。
えっちシーンは結構しっかり書いてらっしゃいますが、
不器用さがにじみ出てる段階の踏み方でした。
BLだと一気に最後までっていうのが多いような気もしますが
少しずつって感じです。
最後までするのに時間がかかった分、最後のほうでは
ちゃんと愛し合うセックスが展開されてます。
笑いどころも多くて、ほほえましいです。
それなのに、ちょっとした一言が名言だったりして
何度も読み返してしまいます。
本当に飽きない。
腰乃作品は初でしたが、直球ではまりました。

6

平積みからの・・・



本屋で平積みされてたので買いました。
恥ずかしくなるほど、主人公達が不器用ですw

鮫島くんは、潔癖なのに笹原くんだけに耐性ついたり
それに薄々喜んでる笹原くんとか
鮫島くんが不器用にぐるぐるしながらアプローチする感じがいい

元々の関係でくすぶってる鮫島くんを妄想すると楽しいです


腰乃さんのコミックスはいくつか買いましたが、
これが一番いい気がする。

腰乃さんのエロ系描写がかなり上手くなってるし
登場人物の不器用さが腰乃さんらしくて良いです。

エロ耐性ある方は、どうぞ

5

腰乃作品は萌が詰まってます

腰乃さんの作品の中でも一番レビュー数が多くて、
手に取る前からずっと気になっていた作品でした。

腰乃さんは絵も可愛いと思うし、
笹原くんが鮫島くんを好きになる感じもほっこりします。

個人的に、受けも攻めも照れてる感じが大好きなので
鮫島くんの照れっぷりにすごくグッときましたw
ローション使うときの笹原くんもかなりかわいかったです。

受けのキャラも攻めのキャラも好きになる場合って
あんまりないんですが、
腰乃さんの作品は、読んでいて受けも攻めも愛しい気持ちになります。

レビューが好評で読んでみた私ですが、
期待を裏切らない、良作品だと思います。

5

あのTシャツほしい・・・

友達におもしろいよと勧められ、買いました。
腰乃さんの作品三冊目。
この人の作品は、ハズレがないです。
どれも、面白い!!

鮫島くんがとてもヘタレってました。
鮫島くんが何か言ったり考えたりしている時に、その気持ちにあったサメが
服の上でバシャバシャ動いているのが、面白かったです。
このTシャツ欲しいです。
不思議な踊りを踊ったり、ノートの匂いを正座で嗅ぐシーンがかわいかった。

鮫島くんと笹原くんが喧嘩してロッカー倒した次の日、
2人揃って、バイトの高校生に怒られていたシーンに笑ってしまいました。
普通、逆でしょって。

とにかく、面白いシーンも、可愛いシーンも、エロいシーンも、ほどよくあっていい作品だと思いました。
話もいい感じにまとまっていました。

これからの、腰乃さんの作品が楽しみです!!

3

友達寄りの恋人同士

面白かったです。
みなさんの評価が高いのも納得の作品です。

鮫島くんがヘタレすぎて笑えました~。
笠原くんがいいパス出しているのに、全力でそのボールを避けるような鮫島くんの反応にははらはらさせられましたが、毎回展開が予想外で新鮮でした。
笠原くんじゃなかったら間違いなく呆れられて振られてますね(*_*;

無事Hまでしていますが、もともと仲の良い友達だったため、恋人になってからもあまりLOVE要素はなかったです。
友達寄りの恋人同士みたいな関係ですね。
しかし、この作品はそこがリアルでよかったのかなと思います。

5

鮫ビチビチTシャツ欲しい

ビチビチ跳ねている鮫がかわいいです。
鮫で気持ちを表しているトコロがニクイ演出ですね。
これだけでへタレがわかるって・・・。
絶対!!リバですよね!
どんだけ私ってリバが好きなのか・・・・。
腰乃作品は 皆様がお勧めの通りです。
内容も素晴らしいですし 攻め・受けのキャラクターもいい味出してます。
ギャグの入れ方も細かいし。
売り上げあるのもわかるわあ。
あのコンビ二がモデルだよね?
コンビ二の店員さんを腐った目で見てしまう私を許して!!


6

じわじわ感満載

じわじわ、というより、ジリジリ、かもしれないです。

バイト仲間、同い年、同じ大学。
何が違うって、好きって言い続けるけど2人になると尻すぼみする性格の笹原くん。
男同士無理とか思ってるクセに、好き好き言い続けられたらだんだんその気になってきちゃってグイグイ来る鮫島くん。
「いざ」って時の性格が正反対。

ジリジリと感じたのは、笹原くんの「攻め」の姿勢。
それがジワジワ胸に来ます。面白い。もっとやれ頑張れって思う。


…でも…輝かしいこの作品が…どうしても私は萌えられない……orz
そもそも腰乃さんの評価の高さが気になって、これは読むしかないと思ったのが本作品ですが。

ストーリーは真新しい設定じゃなくても面白いと思えるのに。
絵なんでしょうねぇ…
自分が残念過ぎてタマリマセン。出直してきます。


※ただ、鮫島くんが置いてってくれたノートを一人でこっそりすんすんしたり、
 尻揉んじゃって興奮して、自作のにゃんにゃんダンス小躍りする笹原くんには
 キュンとしました(笑)
 ああいうのメッチャツボです、上手すぎ。

7

某コンビニカラーのカバーw

カバー、帯、カバー下、おまけ漫画、あとがき、とサービス満点ボリュームたっぷりな一冊。作者さんの愛がぎっしり詰まってますね。読み応え抜群です!

鮫島くんと笹原くんっていうネーミングがいい。キャラの名前って大事なんだなぁと改めて感じますね。作品タイトルとしてもインパクト大ですし。

3ページ目にして「あ、これ絶対に面白い」って確信しましたよ。
神経質でヘタレな鮫島くんが、Tシャツの絵柄とともに右往左往する様が何ともおかしい。
友達が使った割り箸は即捨てるくせに笹原くんとはご飯交換っこしたり、お水ちょうだいに反応したり、その後お水コクコク飲んでるし(笑)小学生並みのアピールが可愛すぎる!
これ絶対に鮫島くんが受けだと思ってた。いつ来るかいつ来るかと身構えてたら、最後までいっちゃったからびっくり。いや、いいんですよ笹原くんが受けでも。
リバにはそれほど抵抗もないので、続きがあるなら見てみたいな♪ってか続きありますよねこれ?笹原くんもその気満々だし、ぜひ!

エロシーンはエロいです。アングルとかヤバイす。
でも途中の可愛く告白のくだりは引いたw語尾ににゃーとか引いたww

3

感情よりも勢い

 最初から自分がゲイであることを自覚している、へたれで攻めのの鮫島君。一方、何も知らないノーマルな受けの笹原君。この設定だけでもすでに笑えます。

鮫島君が断れないことをいいことに、その優しさにずるずるとつけいる笹原君。最初は笹原君って垂らしとかだらしがないとしか思えなかったのですが、ともかく惚れたものの弱み?なのか、鮫島君がぞっこんなのです。笹原君もそんな彼を試したり、最後はほぼノリでHしてみたり、ともかく忙しい展開です。

 ともかく笑えるBLなのですが、個人的に、二人とも終始「鮫島君」、「笹原君」と君付けで呼び合ったままなのが気になりました。恋愛感情というより、その場の勢いで、体の関係を楽しんでいるように思った作品です。

2

友達から恋人へ

鮫島君、ヘタレです。え、そこで引くの?って何度思ったか。
でも、仲の良い友達を好きになっちゃったんだから、仕方ないのかも・・・
もともとの鮫島君の性格もあるんでしょうが、
それだけ笹原君を失うのが怖いということなんでしょうね。

でも、結果的には鮫島君がヘタレだったのが良かったんじゃないですか?
やさしく尽くしたり、強気に押したり、ヘタレて引いちゃったり。
笹原君も元から友達として笹島君が好きだった上に、
これだけ振り回されたら頭の中鮫島君一色になっちゃうでしょう!

ところで笹原君、鮫島君以上に良い味だしてます。
鮫島君に告白されてなんだか少し優越感を持ってしまったり、
引いちゃった鮫島君を煽ってその気にさせて、
でもいざとなったら怖くなっちゃったり。
なんかもう、色々心情の変化がリアルで笑えます!

仲良しだった友達同士が、
戸惑ったり迷ったりしながら最後には恋人同士になる、
そんな過程が分かりやすく面白く書かれてます。

3

読めば読むほどイイ!

読めば読むほどウマ味が増す、スルメのようなBLです。
(BLにスルメなんて言葉使ったのは初めてです笑)

一度目は二人の行方に悶え、鼻息荒く読了。
二度目にはようやくキャラの性格に目がいき、その可愛さに悶え悶え(笑)
三度目は細かいセリフにまで読めるようになったためさらに萌えました。
以下、萌えのループです。

何がイイって、攻めの鮫島くんがですね! フガフガ
笹原くんに対して「大好きすぎる・余裕がない・乙女思考」な所がですね!!
非常に応援したくなるんです!!

応援するんですけど、笹原くんに嫌われたくない一心なので押しまくることは出来なくて・・(笑)
でも態度に「笹原くん大好き」ってモロ出ているんですよね。
事情を知らない友達やバイトの同僚にも勘付かれるほどww

そこまで熱心に想われちゃうと絆されちゃうのが人情てなもんで。
最終的にはゴールイン出来るんです・・・出来るんですが、要所で発揮される鮫島君のヘタレっぷりに絆されながらも笹原君がキレてるのがとても面白かったです。

正直、笹原君の方が思いきりがいいw

その後のお話も読んでみたいで続きすが、このまま余韻に浸るのも悪くないかなぁ。


腰乃先生は、日常の中で繰り広げられるラブコメを魅力的に描かれますよね。
今回のこの作品にはその魅力がふんだんに溢れたんじゃないかなぁと思います。



・・・・ところでこの感想を一回書き終えたらPCがフリーズしまして書き直しましたw
いやぁ頑張ったわぁ

8

ヘタレで何が悪い

それまでBLに1mmたりとも興味がなかった私を
この素晴らしい世界に導いてくれた運命の作品です(大げさ)!

設定とか、キャラクターとかが素朴で、読み出してすぐに
「これは…やばい、はまるかも…」と悟りました。で、はまりました。
今までの人生の中で、一度読み終わってからすぐにまた読み返した本って初めてです。

同じ大学、同じ学年、同じバイト、シフトもほぼ同じ。
そんなお友達の笹原くんが好きで、告白してしまった鮫島くん。

告白はされてしまったけど、ひょっとしたら冗談なんじゃない?と、
今まで通りの友達付き合いを望む笹原くん。

この感じがリアルです。

で、鮫島くんのヘタレっぷりがもう!
笹原くんが家に来るっていうだけで…
笹原くんの手を借りてイッっちゃった次の日とか…
笹原くんといざ!っていうタイミングで…
ゴムがないって言えばいいだけなのに…etc
んーもー!!!と読んでるこっちがじたばたします。
でも冷静に考えたら、誰でも付き合いだして間もなくってそんな感じよなー。と遠い目で思い出してみたり…。
そういう不慣れさ故のあわあわ感もリアル。続き

で、一方の笹原くんは男前です。だいたいキレてます。
個人的には、自分の部屋を片付けて色々考えて、きれいになった部屋でひとりでして、
あーもう完全にこれはあれだな、と気付いて…から焼肉屋さんのシーンに行く流れが好きです。

2人が大学卒業して、社会人になった話とか見てみたい!

4

これも神!

腰乃先生の作品はハズレがないですね~^^

この鮫島くん作品も大好きな一つです☆

ヘタレ攻めな鮫島くんが奮闘する姿が可愛らしいヽ(*´∀`)ノ!!
あまりにヘタレで健気なので、ついには受けの同僚くんに尻敷かれていきます。
そしてノンケのはずの受けくん!!
いざエッチ!となると不思議な感覚に耐えられず煽ってしまいます!
そこもまた・・・( ´∀`)イイ!!(グッ! ←

自ら相手を求める姿に鮫島くん「ぷっちーん」
二人で濃厚に愛し合うのです(*´∀`*)

描写は、腰乃先生はねちっこくないので
素直に「きゃー(*´∀`*)」と萌えられるレベル☆

とーってもオススメですよ~♪

4

面白かったです。

ここでの評価が大変高かったので読んでみました。
すごく面白かったです。

・・・が、ちょっと入り込み切れなかったのは、鮫島君が好みのタイプではなかったから?
実は、この作品を読んだのは少し前なんですが、
さらっと読んで、早々に古本屋行きにしてしまいました。

腰乃先生の絵は結構好きで、キャラも可愛くて悪くない(好みのタイプでなくても)。
でも、何故か萌え切らないんです・・・

私は萌えれませんでしが、作品の雰囲気はすごく良かったし、
一度読んでみる価値はあり!と思います。おススメですよ。

10

た、楽しい…!

ここまでへたれな攻めがいていいんでしょうか(笑)
すごい、こういうの、もう、どうしたらいいんだろうwww
ちるちるでの評価の高い漫画家さんを読んでみたくて購入を決めたので、コミックスの読み出しは「ああ、こういう日常系コミカルを描ける人は強いよなあ」って感じだったんですが、バレンタインで早くも「うわあうわあうわあ」とにやにやするだけになって、黒シャツのサメくんに癒されつつ、本体鮫島くんの「……裸は見られたくない」のコマで討ち死にしました。
こいつ、これ、この子ほんと、どうしてくれよう…!
レビューというか、このページの上↑にも書かれてるキャッチコピーがずばり言い当てすぎていて、ほとんどそれがすべてだと思います。
やる時はやるんだが、でも、残念すぎてもうよくわかんなくなるくらいのへたれだよ君は…!
あとは「楽しい」の一言に尽きます。読むと元気でます。

4

キャラが良い!

この作品も腰乃さんも評価が高かったので、どんなもんかな〜と思って読んでみました。
キャラが良かったです!
潔癖なのに笹原くんの足の指舐められるくらい笹原くん大好きなのにヘタレすぎてすぐ逃げ腰になっちゃう鮫島くんと、鮫島くんに告白されてもナチュラルにスルーしちゃうような鈍な笹原くん。いまいち反応の薄い笹原くんに鮫島くんはゲイビ見せて男にせまられてることを自覚させようとするんですが
笹原「触っても平気なような気がした」
で鮫島くんの触っちゃう笹原くんは予想外の包容力?でヘタレ鮫島をどんどんひっぱっていってしまいます・・・・・・・・
最後までテンポよくって面白かったですwwwwww

確かに言われているように線の荒さはちょっと気になりましたが、ギャグなのでマイナスにはなってません。 
私はエロシーンは露骨じゃない方が好きなので、そこだけです。
絵的にはエロ度普通だと思うんですが、擬音が沢山なのでそれで露骨に感じるし、擬音沢山すぎて台詞のつながりがよくわからなくなってきてしまって(^^;)

3

あぁ・・・イイっ!

皆さんの評価が良かったので、試しに購入してみました。

正直・・・///。ハマりすぎて、笑いすぎて・・・ニヤけすぎた作品です。
2人のコンビニバイト君の絶妙な絡みや個性豊かな描写やサシコでぐんぐん腰乃ワールドへ
引きこまれてしまいました。
話の流れのテンポがとっても気持ちよくて面白くて、購入してよかったなぁ~、心から思います。
エロスな部分は少ないですが、何回読み返しても面白い作品ですよ。

腰乃さん!この一冊をありがとーっ!
これからも期待してますっ♪

5

これはww

文句無しにオススメできます!!
ロコツな描写が苦手な人は多少キツいかと思いますが
ストーリーもキャラもとっても素敵です

鮫島君のヘタレっぷりはさすが腰乃先生!!
って感じでリアルヘタレが見事に描かれております(^w^)
そしてリアル大学生、リアルコンビニバイト。
「あるある!」「まじでありそうw」って
共感というかなんというか・・・
そのリアルがさらに魅力となってます☆
エロは少なめ(否、普通?)でちょっと物足りない感もありますが
エロがなくても満足できる作品だと思います!
なんといってもキャラが素敵ですから☆

ちなみに笹原君達の働いているコンビニ店長さんは
「隣の」のコンビニ店長さんですw
他作品の大滝くんも一緒のコンビニで働いてます
こうゆう所もおもしろい(^^)

登場人物の鮫島君と笹原君は「あっちとこっち」
にもちょろっと出演してました☆

5

2010年代の新しいカタチ!?

コンビニでバイトしている大学生っていう設定も新鮮だけど、
日常的な生活感に溢れていて、それがイチイチ妙に面白い。
テンポも小気味よく、サクサク読めます。

男性同士の恋愛に葛藤しまくる、またはドラマティックにすすむ作品にまみれた
ジュネ世代のオイラには新しかった。

BLっちゃBLなんだけど、ナチュラルに進行しつつ、
ちゃんとBL的なエロスはおさえているのがスバラシイ!
濡れ場になるとなぜか妙にカワイイんですこれがwww
この作品が後年、隠れた伝説になる予感がするのはオイラだけでしょうか。


3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ