乱れそめにし

Midaresomenishi

乱れそめにし
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784812452929

あらすじ

志郎は赤い髪と血を好む狂気を併せ持つ男として、忌み嫌われ勘当される。途中、山賊に襲われ、志郎の事を慕い後を追ってきた藤丸とともに捕らえられてしまう。藤丸の命と引き換えに、そして、山賊の首領である蒼月(そうげつ)を倒すために、山賊として生きる道を選んだ志郎―――。大切な人を想うそれぞれの気持が激しくぶつかり合う、本格時代ものボーイズラブの決定版。

表題作乱れそめにし

山賊の頭領
鬼の子と呼ばれた男

評価・レビューする

レビュー投稿数2

硬派

まるごと一冊、ひとつのストーリー。

ストーリーの中には、山賊に襲われた兄弟の
兄カップルと弟カップルの2カップルが出てきます。

そして、とにかく硬派。
こだかさんの“いつも”のギャグは出てきますが、
ストーリー自体はとっても硬派でした。

山賊の頭と鬼と呼ばれ故郷に居られなくなった兄
のカップルがメインではありますが、
複雑な理由から山賊頭の息子である才蔵と鬼の弟・・・のカップルが、
悲しくて、でも思いが伝わって、泣けてきます。

後半には山賊頭の気持ちの変化なども見え
奥の深い作品だなぁ・・・と思いました!

そしてそして。。・蓮華がコワイですww

0

何度読んでも

絵的には好みじゃない。
と、読むまで思ってました。
が、この漫画は何度読んでも「好きだな~」といえる作品です。

鬼の子と呼ばれて恐れられていた男が、山賊の頭領に見初められて~始まる陵辱の日々という話なんですけどね。
なんというか、屈強な男が押さえ込まれて、いいようにされるのを見るのが酷く興奮を煽るといいますか(*´д`*)

強くて、真の強い男が、弟という大事なものを人質にとられて。
弟を守る為に、身体を差し出すわけですが。
その”耐える”という部分が酷く上手いです。
なんだろうな。ただ陵辱する。
陵辱されて感じる。
よくあるパターンではあるんですが、これほどに興奮することもまず無いな。と思って見たりもするわけです。
どうなんだろ。

結局のところ、弟もいいように輪姦されちゃってたりするわけで。
色々あるわけなんですけどねつД`)・゚・。・゚゚・*:.。


ただ結局、最終的には「愛」的なものもこれ、芽生えてるの?
お互いに惹かれる気持ちはあるけれど・・・な話ですね。
最後だから、ハッピーエンドだ!くっつけてしまえ!
という感じではないです続き
それもまたにくい演出といえばいえるのかも。


こだか先生、続編描いてくれんかな。


2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ