うちの王子いりませんか

uchi no ouji irimasenka

うちの王子いりませんか
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×213
  • 萌15
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
16
得点
178
評価数
47件
平均
3.9 / 5
神率
34%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784199604737

あらすじ

箱入り息子の天然坊ちゃま・
岩崎悠(いわさきはるか)は
社会勉強のために公立高校へ転入!
そこで知り合ったのは、硬派で友情に厚い男・
立花亮平(たちばなりょうへい)。
「カッコイイ! 友達になりたい!!」
そう思っていたはずなのに、憧れる気持ちが
いつしか恋心に変わっていって…!?
ロイヤル王子の初心で甘い恋の行方は!?
(出版社より)

表題作うちの王子いりませんか

酒屋の息子 立花亮平・高校2年生
箱入り金持ち息子の高校2年生 岩崎悠

その他の収録作品

  • 番外編「王子が来ました」

評価・レビューする

レビュー投稿数16

天使降臨

この子は「王子」というより「天使」じゃなかろうか?

病弱で学校に通えなかった大金持ちのお坊っちゃまが、念願叶って庶民的な公立高校に編入、今まで知らなかった色んな「初めて」を体験していく、というお話。
といっても、ホントにキラキラした青春というか、主に友情、私達にはたわいない日常の、バス通学や友達との何気ない会話、名前を呼ぶだけでも悠くんには初めてで、眼をキラキラさせて全てを楽しんでいる悠くんの周りは、ほ〜んわかした空気が漂っています。フツーの庶民である学校の友達も、悠の育ちの良さから来る優しい空気と清潔さを愛でる?カンジです。
そんな悠が恋しちゃったのが、一見ちょい悪風実は兄弟想いの頑張り屋さん亮平。背も高くてカッコいいんだよね。
この二人の距離が縮まっていく過程、文化祭でキスしちゃう流れ、その後少しだけぎこちなくなる様子、そんなもの全てが愛おしい10代の理想の恋。
エロなんて全然ないです。そんなの期待しちゃダメ!って言いたくなるくらいピュアな一冊です。

「王子が来ました」
悠が亮平のお家にお呼ばれ。亮平の小さな弟妹達は興味津々です。
末っ子の妹が悠の笑顔にキュ続きンとして『アタシ彼と結婚するぅ』。
亮平『悠は兄ちゃんのだから駄目』。
だって〜!しかもエプロン姿で!萌えですわ…

4

只々…可愛らしいお話

恋って、すれ違ったり…時には傷つけあったりして、悲しい事も多いもの‼
幼い学生同士なら尚更なんじゃないかと思うんですけど…
このお話はそんな場面に出くわしても、卑屈になったり悲痛になり過ぎたりしないんです。
主人公2人が素直で…特に受け様が、純真無垢なタイプだから、拗れそうな話が全然拗れていない。
物凄くピュアで、些細な事でも、初めて発見して感動するような…健やかさんで…一生懸命さがキラキラ光っている…本当に王子様のようなキャラが新鮮で和ましてくれます。

素直で可愛らしい恋の行方に、キュンキュン…ドキドキしなから…最近木下作品を読むと同じ感想なんですけど(笑)
恋愛っていいなあと、楽しくて読ませて頂きました。

内容は、硬派で強面な高校生•亮平×ロイヤル王子系、箱入り天然お坊ちゃま•悠の同級生&初恋のお話。

王子様系の悠は、バスに乗るのも大冒険な御曹司様。
体が弱くて学校生活を送った事がなかった悠は、小さな頃から、友達に憧れていました。
父様にお願いして、普通の公立高校に転校してきます。
悠は、初めて尽くしで、何をするにもおっかなびっくり…そんな庶民初続き体験ぶりが、読んでいてハラハラしながらも、一生懸命さが可愛らしくて…何に対しても、素直に感動する所なんかは、なんていい子なんだ天使な王子様だ…と勝手に思いながら読んでしまいました(笑)

困っていた自分を助けてくれた、亮平と友達になりたいと願い、その願いは、友達から恋心へと変わっていきます。

助けてくれた亮平を、一目見た時からかっこいいと憧れた時点で、もう一目惚れだったわけで、知らず知らずの内に恋は始まっていたっていう初心さが、なんともいえなく胸がキュンとしました。
率直に思いを告白するシーンも、読んでいて恥ずかしくなるくらいキュンとさせられました。
これは…もう亮平も落ちちゃいますよ…みたいな(笑)

亮平も、無愛想なんだけど、強面なイメージなんだけど、正義感が強くて、人を思いやる優しい心の持ち主で…家の手伝いや兄弟の面倒も見ている、頑張りやさんないい男でした。
優しいんだけど、鈍い男でもあるので、なかなか恋心に気がつかないんです。
けど、キスしてしまったり、悠を迎えにいったり、考えるより、思わず体が動いてしまう…直感ぶりはカッコ良く思えて結構好きでした。

最後の、初めての亮平宅訪問♡も初々しくて美味しかったです。

脇役の友達や保健医、悠の両親達もほのぼのキャラで癒されます。
ピュアなお話を読みたい方にはオススメです。

3

ここには、「全て」詰まっている

これまで一度も学校に通ったことのなかった王子様の悠は、父の指定した公立校に通うことを許されます。そして、そこで王子様はたくさんの「はじめて」に出会うのです。初めてバスに乗り、初めて学校に行き、初めて友達と話し、そして名前で呼んだり呼ばれたりするのです。

 悠の友人である亮平は、スカジャンと小型のバイクが似合う高校生です。その上、亮平は、彼の友人である雄太、優が絡まれているときも助けに行く男気のある奴です。その助け方もごく自然体なのが、また何とも言えません(笑)
 
 亮平のバイクの後ろに乗り、亮平にしがみつく悠が何とも言えず可愛いのです。自分が恋していること言うことにすぐに気づいてしまうのも鋭いのですが、恋をしているからこの後、どんな出来事、進展があるのかという話にならないところも好きです。だって、恋は恋のままで十分に甘い、これだけでも満たされてしまうと思うのです。


 王子様と庶民と言えば、庶民の生活になじめない、あるいは庶民の生活を見下すようなかと思えば、このお話は全く違います。むしろ、悠の素直さがかえって気持ちいいくらいです。

 私の全ての「萌え」が詰まっ続きていて、もう何度も読み返してしまったコミックでした。

5

ええ、下さい。

こんなに紳士で王子な男の子、実際に見たことはありませんが、だからこそのフィクション。フィクションだからこそ生きる、素敵なキャラクター設定だと思います。
主人公の悠は病弱で世間知らず、物腰が柔らかく、とても性格の良い男の子です。無菌室のような環境の中で育っただけあって、様々な価値観が一般的な高校生とは大分ずれていますが、亮平やその友人と出会うことで新たな感情を覚えていきます。
初めての出来事にぶつかる度、心から喜んだり、悲しんだりする悠が人間としてとても愛らしい。友人として登場する男女二人も魅力的です。特に女の子が逞しくて可愛い!
悠みたいな男の子、どこかにいないかなあ………いないな!

4

学ラン姿の王子様♪

最近、私の中でものすごーく火が点いている木下けい子さん。
たくさんある中から数冊買い求め、ちょこちょこ読んだ中でも、コレ……コレ大好きっっ!!
木下さんの描く学ラン姿男子がとてつもなく新鮮に感じて、思わず神評価にしてしまいました♪


病弱で学校に通った事がなかった御曹司・悠(はるか)と、商店街の酒屋の苦労人息子・亮平のお話。
何もかもが初めてな悠は、転校初日に会った亮平に憧れを抱きます。
商店街仲間の幼馴染・優(女子)や雄太(男子)を介して亮平とも仲良くなるにつれ、初めての感情を抱き――と進んでいきます。

もうもう、とにかく可愛くて仕方ないっ。
悠は箱入り息子として育てられたんだなぁと感じられる、随所随所の言葉遣いや物の言い分がとても新鮮。
現代の子らにしてみたら「はぁ?」な事でも、彼にとっては初めてな事だらけで楽しくて嬉しくて仕方ないんですよね♪
同じクラスの優が悠を気に掛けてあげて、二人の会話で特に好きなのが、
「どっか別の星から来たんじゃないの」
という、今時珍しいヤツだねという意味を込めた優の言葉に、悠が返した台詞。
「ふふふ、星?素敵なことを続き言うね」
……この王子様……可愛過ぎます……(笑)
ちょっと小馬鹿にされてる、なんて受け取らず、『星から来た』という部分を掻い摘んで答えるんですもの、思わずきゅんとしちゃいました。

初めての感情に戸惑いつつ、それが何なのか、「僕だって本で読んだから知っています」。
自覚しちゃったんですよ、「多分これは恋です」って。

ただほわほわしているだけじゃなく、芯があるロイヤル系天然王子。
ここからが頑張りどころ!な訳です。


途中で高校の保健医として赴任してきた男・高坂が悠の見守り役だったり(眼鏡男性!素敵!)、思わずバスの中で「好きです」なんて告白して訂正してみたり、たくさんの出来事が彼を取り巻く。
そして、学校の大イベントである文化祭の準備の楽しさ、当日の高揚感。後夜祭、一緒に見た夜空。
悠のきらきらした気持ちが、両手から溢れるくらい伝わって来るんです。
純粋で透明感のある子を見ていると、本当に心が洗われる気がするー……

真っ直ぐな心の「僕は君が好きです」は、相手の心を打たない訳がないですよね。
亮平にとっては先を越された台詞ですが、悠が言ってこその告白だよなぁとホクホクしつつ、二人が土手で手を繋ぐ可愛いシーンにニマニマしちゃいました♪


最後は、描き下ろし「王子が来ました」。亮平宅にご飯のお呼ばれで遊びに行きます。
エプロン姿の亮平に悶えがおさまらない私が居ましたが(笑)、何より亮平の弟・妹合わせて4人が中々いい味出してる!
末っ子・まおに放った亮平の一言に、割と引いてるキョーダイ3人(笑)
ラブラブなのは許してあげてね、ちびちゃんたち。

木下けい子さんと言えば、切ない大学生だったりリーマンだったり……というイメージが強くあったので、今回のこの高校生同士で片方かなりの王子様っぷり発揮、なんて設定が凄く新鮮に感じました♪
甘目で可愛いお話が読みたい方は、ぜひぜひこちらをオススメします。きらきらしてますよ。

7

学ラン萌え~^^

突然ですが、私、学ラン大好きなのです!(←えっ、どうでもいいって?)
この作品ではその学ランを堪能しました。しかも現代の学ランと大正ロマンの学ランを!
木下さんの描く学ランのラインがとっても綺麗でカッコよくて好みでした。
攻め様は硬派な雰囲気がカッコイイ学ランにとっても合ってるし、受け様はちょっと大き目な学ランが可愛い性格にピッタリでした。^^
学ランの事ばかり書きましたが、魅力的なのは別に学ランだけではなく、主人公の二人はもちろん、二人の友人達も友情に厚くいい人たちです。
病弱でそれまで学校に通ったことがない受け様が箱入りのお坊ちゃまなんですが、素直で人を疑うことを知らなくて真っ直ぐで可愛い。
受け様が体験することが何でも初めてで素直に喜ぶ姿が、子供の頃に忘れたものを見るようで懐かしい感じがします。
ふわふわ、ほんわか包まれたい時にお薦めです。

4

王子もの嫌いですが、これは好き

木下けいこさん大好きです
作家買いしてます

王子とつくタイトル王子系統の話は好きじゃないのですが
木下さんが描くならば買わないわけにはいかなかった

木下さんのイラストはいつも同じ顔なのですが
話が違うので
案外平気です

世間知らずで病弱気味な箱入り息子と
めっちゃ男気あふれる男の
ラブストーリーです

ラブという言葉がピッタリです

純真なおぼっちゃまが
可愛くてしかたないです
亮平を見て、かっこいい友達になりたいと
ワクワクしちゃうのですが

まっすぐです。心が綺麗
ご両親もキュートです

迷惑天然ではなく
歓迎天然おぼっちゃまです

木下さんの作品じゃなければ読んでいなかったことでしょう

5

軽くて可愛い、ほんわかファンタジー風味

病弱故今まで普通に学校に通う事ができなかった世間知らずの御曹司が、
ごく普通の公立高校に入り、ごく普通の高校生活を送ることになる。

この御曹司の悠(はるか)=王子が、当たり前の高校生の日常のあれこれに
いちいちアタフタしている様子がまず可愛い。
そして、コワモテだけれど情に篤い同級生の亮平に憧れ惹かれていく…
赤くなったり、意識してギクシャクしたり、初めての恋に戸惑う様がまた可愛い。

赤くなったり(お互いに)、意識して話せなくなったり…の描写が本当に萌えるんです。
その微妙な表情の変化と雰囲気を描くのが木下さんは本当に上手いです。

展開はベタだし、男同士の葛藤もあまりなく、どちらの家族も微笑ましく見守り、
と、ストーリー自体は書いてしまえばアッサリした話なのだけれど、
脇役も含めてみんな可愛くって、時々クスッとするような場面もあって、
最後までほんわか優しい気持ちで、可愛いなぁ~とニッコリしながら読める一冊です。
こういう柔らかなキュンを描かせると、木下先生は本当に上手いなぁ~
ただし、エロはなし。

あ。私は王子も下さるというならば欲しいです続きが、
どちらかというと亮平を頂いて、料理などして頂きたいです~(笑)

6

リアル王子様生誕!

もぉぉぉぉl
ナチュラルに萌え禿げた・・・。

木下けいこさんの作品は、「今宵おまえと」を読んでドハマリして以来
買い占めろの勢いで読みあさってきましたが
今回のこのお話は「あ!」っと見つけて読んだものでした。

シリアスなお話からギャグを含んだお話まで、幅広い内容を書かれる木下先生ですが
私は、なんとなく大人な雰囲気のお話がおおいなと思っていました。
先生のお話や、リーマンなど余裕のある攻め様に翻弄されていた私でしたが
もおおおおおおお!王子にやられました・・・・w
攻め重視でお話を読むクセがあるので、今度の攻め様はどんなだ!?と思っていた矢先、
なんと可愛らしい天然記念物並の受け様には心を奪われました(*´ω`*)

学生同士のほのぼのした感じと、友情のなかから生まれる新たな感情に戸惑う2人は
みていてそっと応援したくなるような素敵な関係でした。
エロはありませんが、逆にそこがいいというような・・・。

・・・でも、エロ好物の私はあわよくば今後の進展を期待しちゃったりしますw

6

可愛い!

すごく可愛いお話でした。
天然のお坊っちゃま受けが、庶民の通う学校に通うことになり、いろんなカルチャーショックを受けながらも友達を作って、優しいけどちょっと不良っぽいイケメン攻めと恋をする。
BLではちょくちょくある設定と展開なんですが、ちゃんと「木下けい子さん風」の味付けがなされてて、とにかくすべてが可愛かったです。
とくに受けが可愛い。無垢で天然の王子様って、タマランですな。攻めが「間違って」キスしてしまう場面が大好きです。王子様スマイルにときめいちゃったんだね!くらっときてキスしちゃっても仕方ない!

あと番外編も好きです。
大家族に萌え。攻めの大人げないやきもちに萌え。

続編があったらいいのになー。
初エッチが読みたいっす。受けがさぞかし可愛いんだろうなと、想像しただけでテカる!

4

ほんわか青春ですな!

とにかく王子(悠)が、ほんわか可愛いんです。
お金持ちの坊っちゃんで、小さいころ病弱で、お屋敷からほとんど出た事ない。
そんな世間知らずな王子が意を決して公立高校に入学。
兄貴肌(厚い友情・さりげない優しさ)の亮平に乙女な恋をするっちゅう展開。

展開もまさしく少女マンガ。
でも今どき、こんなスタンダードすぎる少女マンガあるの?ってくらいで「あー、腐ってない遠い昔の記憶が・・・」
ってちょっと心が白くなりかけるんですけど、これはBLだよ。
ボーイズのラブなんだよ!
私は、“オトコを好きになる”っちゅうポイントに萌えたいんですけど、
悠は純真無垢すぎてイマイチその辺ポイントにならなくて・・・。
でも、亮平の方は言動にちゃんとそういうのがあるんで彼に注目して読むと、うんうん(゚_゚)(。_。)BLだ。

そうすると、悠の純真無垢さも真っ直ぐさも生きてくるな。うんうん(゚_゚)(。_。)
なんかすごいエラそうな物言いになっちゃいましたけど、とにかく登場キャラがみんないい人。
読み終わった後、ほわんとなります。

たまにはハートフルなBLもいいものですね。

3

高校生ってかわいい

この作品!雑誌から買っていてすごく大好きな作品です!
木下けい子先生の作品で私こうゆうカワイイ受けくんが好きみたいです。
Hシーンはないんですけど
なんかこのミスマッチな組み合わせが面白いといかなんとういか
亮平は不良みたいなんですけど、
王子といると二人が初々しく写るといいますか!
亮平の赤面もなんだかかわいいなと思いました。
でもやっぱり王子がかわいくてしかたない。
バスでの突然の告白とか
君とならなんだっていんだとか
亮平のことすごく好きなんだなぁと感じますね。
かきおろしに王子が亮平の家に行くんですけど
これもおもしろい!!
亮平のやきもち(>_<)

3

うちの王子様

可愛かったです。
レーベルがレーベルなのでなんともライトなしあがりではあったんですが、それがまたイイ味を出しているといえばそうなのでしょう。
お話はといいますと、病弱でなかなか外に出られず
超がつく箱入りとして育った受。
身体も元気になり、普通の高校に通いたい!
そして父に決められた学校に、親にたよらない生活が始まったのだが!?
何もしらないお坊ちゃんが、普通の公立校に。
そして始めての友達、初めての恋。そして~なお話

木下さんらしいポワンとした雰囲気がウマでした。
最後の攻のおうちにコンニチワ。
「これは兄ちゃんのだからダメ」の台詞に思わずズキュンv
ほのぼの、ラブでよかった。
よかったのですが、もうひと波乱でもう1冊とか無いんでしょうか。
ぜひぜひに
可愛いんだけどインパクトが弱い

3

かわゆい……

や~もう、ホント、木下さんの描く「天然でぽ~っとした素直な受け」は犯罪級に可愛いんだよっ!

ビックリするくらい可愛くて素直で、ちっとも嫌味がなくて、でもでも女の子をしっかり守らなきゃとか友達だから守らなきゃとかっていう男気はしっかりあるんですよね。
人として、とっても魅力的。

そんで、木下さんの描く女子も、私はいつもとっても好きです。
可愛いんだもん。
悠と優ちゃんがキャピキャピやってる姿は、女子高のようで微笑ましいww
優ちゃんが居たから、悠は「普通」の生活に溶け込むきっかけを掴めたんだものね。
イイ子だぁ~。

亮平はちょっと分かりにくいヤツだったけど、イイ奴だったです。
悠の可愛さにじわじわ惹かれていく様に、「だよね~、こりゃ可愛いよね~」とニマニマしました。

木下さんの作品、大人な話も切ない話も、こういうほんわかした話も、とっても好きです。
表情や間のひとつでそれぞれの作品にまったく別の雰囲気が漂うから、物語の空気を作るのがとってもお上手なんだなぁ…と感じます。

それにしても…亮平の大家族(笑)
5人兄弟?かな?
弟も妹も、すっごく続き亮平兄ちゃんを好きで、亮平も家族をとても大切にしているって感じが伝わってきて、ほんわかしました。
悠はこういう空気をしらないだろうから、弟や妹たちに混じってお喋りしたりするのも楽しいだろうなぁ。
これから亮平の家のアイドルになればいいと思います!

5

かわいらしいお話でした

おとぎ話のように、ド定番の箱入り息子の王子様設定v
下々の暮らし(?)・・ではないですが、そこで芽生える友情と愛情と、ド定番だけに安心してキュンキュンさせていただきましたー!!
何と言っても、絵が木下けい子さんであること、そして学ランであること、がポイント高い要素になってます。
きっと他のもっとかわいい絵の作家さんのものだったら、読まなかったしキュンとしなかったかも?
表紙のピンクがとてもいいと思いませんか?

病弱な為学校へ通った事のない、金持ちの箱入り息子の悠が父親の許可により、一人暮らしで公立高校へ通うことになる。
そこで出会った優という女子と友達になったことから、その幼馴染・雄太、格好良くて憧れた亮平という男子とも友達になるのでした。

この王子こと悠の天然ぶりが嫌味じゃなくて可愛さ倍増v
周囲もそれを苛めることなく、友達から特別に意識していく亮平への気持ちに焦点をあてて、実に初々しく爽やかな学園生活が展開されていくのがいい。
途中で、悠が心配でたまらなくて保健医として潜入するお付の高坂なる男性の登場もあって、二人がより近づいていく。
亮平が、高校生とは続き思えない大人っぽさに学ラン似合わない~とも思ったりするのだが、学園祭の執事福が似合うでないかww
悠の学ランは文句なしに可愛くて王子様なのですv

女子の優の存在も嫌味でなく、むしろいい具合に働いて、読んでいて気持ちがいい。
スれていなくて純粋で、キュンキュン間違いなしの本作でした♪

2

王子様ってからには、

やっぱり10代の少年じゃなきゃね。

ふんわりした絵で、
無垢で天然な可愛い子ちゃんが、
生まれて初めての、恋をする。

そんなお話がお得意な木下先生。
時として、そんな天然ちゃんが、あまりにも天然過ぎて…な事もあるけれど、
この、王子様は素直に可愛いと思えた。

やっぱり、天然な王子様キャラが許されるのって、10代で、高校生だからこそ。
黒い詰め襟の学生服で、きれいな言葉遣いに、ロイヤルスマイル。
たくさんの「生まれて初めて」にであって、
[生まれて初めて]の恋を知る。
初めて尽くしの初々しさに、キュンとします。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ