旅のあと

旅のあと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小冊子
出版社
コアマガジン
発売日
付いてきた作品(特典の場合)

あらすじ

「地下鉄の犬」全サ・描き下ろし折り本

表題作旅のあと

朝倉智紀 煙草屋兼古物屋の店主
篠田昌昭 サラリーマン

評価・レビューする

レビュー投稿数2

優しい篠田さん!!

この二人には本当に愛が溢れているなぁと再確認出来たお話。

一緒のベッドで眠り、朝を迎え、二人で朝食を食べる幸せ。
当たり前に思えるような恋人同士の間柄でも、
やっぱり何か形が欲しい智紀くんなんだと思いますw
望み出したらキリがないような人間の欲のひとつでもありますねー。
愛してる人との確固たる何かが
ありふれたペアリングというものでも。

何も知らずに連れて行かれた先がジュエリーショップだなんて
篠田さんは思いもしなかったでしょうw
テンパり具合で彼の驚きと緊張が伝わりました!
でも、智紀が喜んでくれたんだったら…と、
自分より智紀を優先するあたり、優しいな。愛してるんだな。
「会社とかで困るだろうし いつもしなくていいですから」
といいながら左薬指にはめてあげる健気な智紀に
「君はするんだろ 私も外さないよ」
と返す篠田さん…。うううう、ラブい…っ!!
智紀が涙目っぽいのがまた良いんです!

最後のページでは、
智紀「俺にもはめて下さい」
篠田「いいよ」
公園のベンチで仲睦まじい二人の小さい姿で終わりますが。
…この“はめて下さい”っ続きて…。
同人誌の『犬の地下鉄』の前フリだったとかじゃないですよね!?w
そういう意味じゃなくて
純粋に指輪の話だってわかっているんですが、
ちょっと反応してしまいまして…。ごめんなさい…。

たった8Pなのに、この充実感!!流石です!!

3

全サ、折り本、8頁の幸せ。

本編終了後、タイトルからして「旅する犬」後の暫くしての話だと思います。
折り本8頁の幸せ。
たった8頁なのに萌えはたっくさん頂きました!

一緒に眠る篠田さんの指をすりっと撫でる朝倉くん。
撫でる指は・・・・・・?
その指に意味があるのですが、眠ってる時にそっと撫でるというのが健気でなにやら可愛らしい行動でひと萌え。
本編を読んでいる時も朝倉くんはひょっとしてちょっと乙女入ってますか?とは思ってましたが、やっぱりと折り本を読んで核心しました。

何故かここのところ様子がおかしい朝倉くんに、篠田さんは明日どこかに出かけようと提案する。
最近忙しくって構えなかったしなーぐらいの気持ちだったのに、連れて行かれた先はなんと!!
連れて行かれた先での篠田さんの表情は怒ってるような顔で、でも実は緊張していただけ、というところにもひと萌え。

あー可愛い!
本当に可愛い!
ほんとうに、ほんとうに、草間さかえさんの描く男たちは可愛いです。
特に最近の作品『地下鉄の犬』『正午の恋』この二つの作品の登場人物たまらなく可愛いくて、いろんなツボをぎゅうぎゅう押されまくっています続き

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ