ティアドロップ

ティアドロップ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
34
評価数
10件
平均
3.5 / 5
神率
10%
著者
作画
作品演出・監督
本山哲
脚本
酒井克彦
原画・イラスト
麻生ミツ晃
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

恋に破れ、もう本気の恋愛をしたくない木戸悠介は、遊びだけの関係を前提に会計士の神山剛毅と付き合いはじめる。
悠介の希望通り、剛毅は一定の距離を保ちながら理想的な関係を築いてくれるのだが、剛毅の優しさに触れるにつれ、悠介は遊び以上のものを求めてしまい―。

表題作に加え、大学生同士の恋愛を描いた「僕らの言い分」も収録!

表題作 ティアドロップ

神山剛毅 → 森川智之

木戸悠介 → 代永翼

その他キャラ
瑛仁郎[川原慶久]/ 峰井[樫井笙人]

同時収録作 僕らの言い分

岸小田誠治 → 川田紳司

瀬戸正宗 → 佐藤雄大

評価・レビューする

レビュー投稿数4

脇役がいい

原作既読です。
原作がもの凄く好きな作品なのでとても楽しみにしていたのですが、何だか思っていたのとは違う……というか、音にするよりも絵で独特の表情などを表現している作品なので、それを音として表現するのは難しかったのかな、という印象でした。
軽めの仕上がりになってますので、気楽に聴けます。

悠介役の代永さんは、ポジティブだけど、こどもっぽくて強引で、感情起伏の激しい性格を違和感なく演じられています。
神山役の森川さんも、優しい年上男の包容力が凄く、もう兎に角耳に優しいお声でした。
とても上品で、育ちの良さがにじみ出てる神山そのものだと思います。
年の差カップルな上に性格が真逆なふたりが、すれ違いながらも近づいていく過程にきゅんとしました。

悠介の性格にイライラするという人には受け付けないと思いますが、脇の瑛仁郎(川原さん)が、聞き分けなく押しつけがましいところのある悠介を、ことある毎に窘めることで成長していきます。
対する神山も、大人ぶってる裏ではトラウマを持っていて、悠介の天真爛漫さに救われていたりもしてバランスが取れています。
真逆の二人をくっつけるために重続き要な位置付けにある川原さんが、すごくいい味出してます。

原作のベッドシーンは、それはもう色っぽいのですが、CDでは残念な感じになっていました。
あの精緻な表情なんかを音だけでっていうのは、ちょっと無理があったのかな……。
そして代永さんの喘ぎがショタっぽく、なんだかイケナイ気持ちに(笑)

日常系の平凡な話なので退屈するかと思いましたが、とても丁寧に作られていたので最後まで飽きずに聴けました。
表題作の他に【僕らの言い分】というサラっと系のお話も入ってます。

0

3ツ星★のほうの中立。ハマったばかりの方に、特におすすめ

ストーリー的にもキャスティング的にも、良作。
原作未読なので、わかりませんが原作が素晴らしいのかもしれない。
二つとも短編でありながら、ぺらぺらした、お話じゃない。
投げっぱなしにされたまま終了。なんて中途半端さもなく、
バラけたキャラクターの人間模様は、しっかりと表現されている。
適度に切なくキュンキュンできました。

代永さんが、メインのCD初めてでしたが、力強く上手い方だった。
森川さんも、キャラと馴染んでてぴったり。
佐藤さん、川田さんという声優さんは、おそらく初めて聴いた方たち
でしたが自然な演技で、とても良かった。
ムダなく、聴き易く、丁寧に作られている。

見事な標準タイプだから、少し物足りなさを
感じる貴腐人もいると思う。なので中立にしておきますが、
本当に良作だと思います。

0

いい出来でした!

原作好きなので購入。
2編入ってますが、メインはティアドロップ。

悠介[受]の言葉使いが「~~ッス」的な喋り方なのでこれがドラマCDになった時にどんなもんなんだろうとちょっと心配だったんですが、聞いてみたら代永さんは違和感無くこの喋り方をしていてそこでまず安心。
キャスティングは全員ハマってます。
特に今作では代永さんが、悠介の喜怒哀楽のはっきりした所や健気だったり意地っ張りだったりする演技が原作のイメージとぴったり合ってました。
森川さん演じる剛毅は、流石の森川さん安定感。
剛毅と父親との回想シーンが若干くどいかな?って気もしたんですが、それによって最後が生きてくるので結果的にはあの位やった方がストーリー的に分かりやすかったかも。

落ち着いた大人だけれど心の奥底にトラウマを持っている剛毅と、無邪気でポジティブで若さ故の生き生きとした感情をぶつけてくる悠介とのカップリングは最終的にすとんと良い所に落ち着いたという感じ。

「僕らの言い分」
友人から恋人になるという短いけれどほのぼのしている話。
2トラックなので尺的には短め。

ブクレの写真で川原さんが続き何か凄い睨んでるなーって思ってたんですが、フリトを聞いたら着ていたシャツを無茶苦茶けなされていて、それでかー?と思ったらおかしくてたまらなかったです。
特典フリトは代永さん、森川さん、川原さんの3人。
本編内フリトは上3名+川田さんと佐藤さんの5人。

0

キュンキュンする~

私、この話、好き!
BGMがちょっとイヤとか、ところどころストーリーに詰めの甘さを感じるとか、不満がないわけではないのですが、トータルとして大好きです。
キュンキュンしました。
短編が二つ収録されてます。どっちのお話も良かったです。
濡れ場があっさりしてたのだけが残念。原作があっさりしてるんだろうとは思いますが、もうちょい尺をとっても良かったのにー。

『ティアドロップ』
森川さん×代永さん
年の差カップルものです。二人の精神年齢の差を全面に押し出したストーリーでした。
受けがガキっぽくてわがままなんだけど、妙に可愛くてさ。遊びのつもりだったのにすぐに本気になって一直線。あるあると思いました。
で、なにより、守り守られるという一方通行な関係性のままで終わらせてないのが好きです。
大人であったはずの攻めが見せる後半部のオロオロにキューンときました。

『僕らの言い分』
川田さん×佐藤さん
ストーリーはごくごく短いです。
でも萌えは十分詰まってました。
親友というポジションから恋人になる、その瞬間ってたまらんですな。
嫉妬した攻めがキツイ意地悪なことを言うんだけど、そこで一番キュンキュンし続きました。この天の邪鬼め。

両作品とも、キャスティングもぴったりでした。
BGMだけがなぁ。そこまでメロドラマな音楽にしなくてもと思う箇所はありましたが、でも、トータルでみてとても好きな一枚でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ