炎の蜃気楼シリーズ(28)/怨讐の門(破壤編)

honoo no mirage series

炎の蜃気楼シリーズ(28)/怨讐の門(破壤編)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784086145817

あらすじ

高耶と赤鯨衆にとって「裏四国」の出現を企図することは、お互いにとって大きな意味を持つこととなった。宇和島での最終決戦が迫る中、高耶と直江は!? 四国での戦い、ついにクライマックス!

表題作炎の蜃気楼シリーズ(28)/怨讐の門(破壤編)

直江信綱
仰木高耶

評価・レビューする

レビュー投稿数1

オレは死なない。だが死なないために生きたりはしない。

 本編41冊、シリーズ通して70冊近く刊行されている「炎の蜃気楼」。読めとは言えませんし、全巻レビューも断念しました。好きな巻から少しずつ好きな台詞を紹介しようと思います。
 変な台詞ばかり有名ですが、違うんです。N氏のせいで病み小説と勘違いされがちですが(帯の「俺が滅ぼしてやる!」はN氏の台詞です)、それも違うんです。力強い作品です。

 第3部のラストにあたる28巻。隙あらばいちゃいちゃしている2人。仲間たちの前で堂々の恋人宣言を果たした2人。最後には殺し合う勢いで大ゲンカしている2人。主人公2人のバカップル&ケンカップルぶりが同時に味わえる、大好きな巻です。

「オレは死なない。だが死なないために生きたりはしない。」

 魂の寿命を前に、どう生きるか。
「死なせたくない」N氏と「生きたい」高耶さんのバトル、壮絶です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ