嘆きのヴァンパイア~愛しき夜の唇~

嘆きのヴァンパイア~愛しき夜の唇~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
32
評価数
9件
平均
3.6 / 5
神率
11.1%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
音楽
オンリード
脚本
野中幸人
原画・イラスト
やまねあやの
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Comicomi-Studio
収録時間
65 分
枚数
1 枚
ふろく
コミコミオリジナル特典描き下ろし番外編小冊子&予約特典CAST TALK CD
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

十年ぶりに塀の外へ戻ってきた水上亮治は、任侠道を重んじるヤクザだ。
死んだ弟の仇を討つため組長を襲撃するが、逆に撃たれてしまう。
瀕死の状態だった亮治を救ったのは、リュシアンと名乗る金髪の青年。
中世の貴族のような彼は吸血鬼だと語り、礼として亮治の体を要求する。
抵抗する亮治だが、永遠の命を持つリュシアンの孤独に触れ……。

表題作 嘆きのヴァンパイア

リュシアン・ドゥラノワ → 三木眞一郎

水上亮治 → 鈴木達央

その他キャラ
ルネ[宮田幸季]/ 翔[代永翼]/ 佐伯[丹沢晃之]/ 健治[中西英樹]/ 組員[佐藤拓也]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

FTが「神」レベルwwww

ドラマCDとしては、設定が面白いのと、三木さんうまいなーと思ったけど。
萌えが激しいかというと、並かな。

大爆笑したのがフリートークでしたwwwwwww
萌評価の本体に神評価のFTで星4つです。
フリートークは「神」レベルですwwwww
というか、フリトのおかげでそれまでのドラマを全部忘れてしまったじゃねーか!www
宮田幸季さん!
これからはBLCDのFT司会は全部、宮田さんでお願いしますwwwwwww

ドラマでは最強にうまいのに、フリトではシンプルすぎて面白くないミキシンさんを
あそこまで巻き込む人ははじめてですw
鈴木たっつんが腹筋崩壊状態で大爆笑してるしw

フリトだけでも聴く価値十分ありすぎですw

1

萌と中立の半々位

原作未読ですが、読んでなくても想像付くくらいに話はカオス。
ストーリーとしてはなってないんですが、制作者の意図せずしておもろいシーンが何カ所かあったのでかろうじて萌にしました。

先ず何といってもムショ帰りのガチ893とヨーロッパ美形吸血鬼って組み合わせがカオス。
鈴木さん演じる亮治は受ですが、弟分に対しては攻。
やたら亮治のモノローグによる説明部分が多いのでちょっとぷ、ってなりましたけどその代り話はひじょーに分かりやすかったです。
そして何といってもエロシーン!!いや制作者側は笑わそうと思ってはいないって分かってるんですが、リュシアン[攻]が亮治の入墨を賞賛してエロ中に竜が空に飛んで行く……とかエロシーンなのに吹き出しちゃいました。お、おもろい……。
ヤクザの争闘が終ったと思ったらラストはラスベガスで口には出さないけど想い合ってる2人。

話的にはトンチキ系になるのかもだけど三木さんの入墨フェチなエロがおもろかったので萌で。

そしてフリトは宮田さん司会で三木さんと鈴木達さんで宮田さんがおもろかったー。
いい面子でのフリトだったと思います、彼等の面白さがよく出続きてました。

1

男らしい喘ぎに萌へv

………とんだファンタジーだ!(笑)
買う前にあらすじ読んで知ってたけど、ヤクザとヴァンパイアのコラボです。
しかも、話が………(チーン)
いろいろツッコミたくなったり、逆に笑えて来たり。
お話としては「面白かったー!」とは残念ながら言えませんでした。
最後まで2人の気持ちが曖昧というかはっきりさせない感じだったのもモヤッとしたところかも。
ま、リュシアンはとりあえず自分の中で答えは出てたみたいですが。
亮治ははっきりしないままにコトに及んだってことになるのか…。

キャストはね、すごく素敵なんです。
貴族然として紳士な雰囲気のリュシアンに三木さん似合ってるし。
その小間使いのようなルネの宮田くんもピッタリ。
たっつん(鈴木くん)の亮治は予想以上に低音というかドスがきいた任侠ボイスで、最後までそのトーンで。
途中もちょっとはえちシーンあったんだけど、最後がガッツリで。
その時もたっつんは男らしく喘いでました。
このトーンなら普通なら攻できるはず。
個人的にはこの男らしい喘ぎ結構好きですよ。

そして、特筆すべきは特典フリト。
これが思いのほか面白かっ続きた!!
なんか本編が残念なのもコレでカバーできそうな勢い。
メンバーは三木さん、たっつん、宮田くんなんだが。
宮田くんがこんなおかしなキャラだとは知らなかったー!
つーか、ちょいちょい言葉のチョイスがおかしい。
というか変(笑)
そんな宮田語録→「なるヘソ」「まるヤ」「大都市」
結論:「二度と司会はやりません」
もう「大都市」には非常にウケました。
たっつんも本気でバカウケしてた。
あと、普段そんなにフリトて三木さん喋ってるイメージないんだけども、このフリトはかなり喋ってました。
というか、ちょいちょいおかしい宮田くんをいじってたというか…。
81(事務所)の序列を見ました(笑)

2

甘く優しい三木さん…ڂn[g

初レビュー失礼します!!
みきしん×たっつんと聞いて、ソッコー原作読んで予約しましたw←
個人的に大好きな二人が演じたとあって、聴いててドキドキハァハァしました←
ストーリーも、ヴァンパイア×ヤクザという異色のカップリングでありながらきれいにまとめられてて、愁堂れな先生すげぇ…!と感動しました!(^O^)普通じゃなかなか書けないよ…!
リュシアン(みきしん)のことを美しいと亮治(たっつん)も言っていましたが、イラストでなく声だけでも雰囲気がよく出ていました。みきしんすごいなぁ~
絡みもよかったです。たっつんの声が低めなせいか、余計エロく感じられました(*´Д`*)
低めなたっつん受けは初めて聴いたので、なんだか新境地に入ったようで萌えます。(^O^)b←
フリートークでは、みきしんがどれだけ宮田さんを嫌いかがかなり伝わってきて爆笑w
続編があれば~という話が出てましたがみきしんが別撮りを希望してましたねw
確かに私も宮田さんがツッコミ所満載すぎてイラッときました(おいww
続編あったらいいな(^O^)←

2

がんばるたっつんとテッパン三木さん

任侠まっしぐら、血の気が多くて融通の利かないヤクザと、永遠の時を生きる吸血鬼のお話。
原作が愁堂さんなので、お話はあらすじのまんまです。
とってもわかりやすく、スピーディかつダイナミックに、サクサクッとまとまっています。

鈴木達央さん(以下「たっつん」)演じるヤクザの水上は、塀の中から10年ぶりに帰ってきたということで、たっつんの実年齢よりはちょっと年上の年齢設定です。
年齢+かつて組で若頭だったという実力もあって、お声をかなり低く、ドスが効いた感じで作っているので、しばらくは、「この声、だれ?」状態(特に最初のHシーンは攻めブレスだし)。
場面変わって、三木さん演じるリシュアンの家で目覚めるあたりから、ようやく「ああ、たっつんだ」と、
そして、リシュアンにアレソレされて甘くなかされちゃって、、、
「よっしゃー!!、そうそう、これこれ!」って感じ。
やっぱり、たっつんの受け声、好きだわ。
特にこの作品みたいに、それ以外のシーンでは強気で男っぽいのが、ドロドロにされちゃってなく、みたいなの。
さらに、セリフだけじゃなくって、モノローグで何をされているのか説明してい続きるところがあるんだけど、これがまたエロい。
攻めが言葉攻め的にこういう事を言うセリフは時々あるけど、「受けのモノローグ」でこれを読まれると、もう、ハンパなくエロい。
たっつん好きなら、これだけで聞く価値ある。
三木さんの慈愛と諦観に満ちた甘やかし声もテッパン。
代永君の腹黒キャラも、絵が浮かぶようです。

トークは、三木さん、宮田さん、たっつんの3人で。
進行が宮田さん。
宮田さん相手に、ズバザバぶった切りまくる三木さんという、先輩二人のやりとりの中で、自由に甘えるたっつんって感じで、なんかとってもバランスが良くて、楽しいトークでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ