Mr.シークレットフロア~小説家の戯れなひびき~

Mr.シークレットフロア~小説家の戯れなひびき~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
37
評価数
10件
平均
3.9 / 5
神率
50%
著者
 
原作
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784862639448

あらすじ

王族・富豪・政財界の名士――その超ラグジュアリーホテルには選ばれた人間のみが入ることを許された秘密のフロア『シークレットフロア』があった。そこで生活するベストセラー小説家・八神の担当になった新人編集・卓斗は!?
描き下ろしマンガも大量20ページ&あさぎり夕による書き下ろし小説も収録!
(出版社より)

表題作Mr.シークレットフロア~小説家の戯れなひびき~

八神響(ベストセラー作家)
相葉卓斗(新人編集者)

その他の収録作品

  • Mr.シークレットフロア~小説家の戯れなひびき~
  • 湯けむり温泉慕情~コミック編
  • 湯けむり温泉慕情~ノベル編
  • セクハラ
  • 更にセクハラ
  • パロディ~刑事編 あさぎり夕
  • 剣解 あとがき
  • あさぎり夕 あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

う~ん・・・

このシリーズ、漫画は既刊読破しているのですが、どうにもこう、自分の萌えツボとずれてしまうシリーズなんです・・・。

絵は好きな剣解先生、タイトルも表紙の絵も帯の絵や煽り文句も、とっても萌えるのですが、実際に本編を読むと、何故か毎回「あぁ・・・今回も合わなかった・・・」となってしまいます。
でも、どうしても買い続けてしまうんですけれどもね・・・

今回は受け様は好きなタイプなんですが、攻め様が・・・私には結構酷過ぎる人に感じられて、読み進めるのが辛かったです。受け様がかわいそう過ぎて・・・

最終的にはただの道具だったと思っていた受け様にすっかり魅了されて、攻め様はすっかり受け様にデレちゃうんですけれども、そこに至るまでの過程がね・・・私にはどうにも受け入れがたく・・・本編はきつかったです。
でも、描き下ろしだけはほのぼの楽しめました。


0

このコラボは最萌えです!!

『Mr.シークレットフロア~炎の王子~』にはまりこちらのシリーズをあさっています。
剣解先生とあさぎり先生のコラボマンガ第1弾ですか。
(個人的には小説よりもマンガの方がこちらのコラボは萌えます。)
八神響(ベストセラー作家)×相葉卓斗(新人編集者)。
まあ小説家といかピアニストに近いですが響先生もこのシリーズならではの共感覚の
持ち主で色聴らしいですが、音に色が見えるという。
卓斗に原稿が欲しければラの音を聞かせろと迫るのですがその方法が
1・自慰 2・素股 3・挿入の3択なんですが響先生は3択が好きです。
わんこ受様は男らしく?挿入を選ぶのですが、結果ミイラ取りがミイラになってしまったという。
響先生完敗です。今回の受様も天然淫乱体質でイチャイチャが気持ち良いくらいです。
響先生が想像していたよりもなんだか可愛い人で保護欲をそそるというか。
鷹兄の響先生の溺愛っぷりも少し納得できました。
それにしても響の母が腹立たしい!それと志摩っ何響先生にキスしてんだー(ぷんすかっ)
許せまじ・・・響先生もちょっと無防備過ぎますぜ!
こんな先生だから卓斗も守ってやらね続きば的になっていくのかもしれませんが・・・
このシリーズは最後の方にちょこまか短編が入っているのが凄く楽しみです(^^*)
価値ある短編をかける作家さんがとにかく大好きなので剣先生素晴らしい!
剣先生のマンガって凄く読みやすくて、それでいてしっかり描き込まれていて、崩した絵も上手だし、表情とかがまた秀逸で。表現力も凄くあって、あさぎり先生のお話をここまで描けるっていうのも凄いなと思います。
『Mr.シークレットフロア~炎の王子~』でもそうだったのですが剣先生の表紙が好きです。
こちらの本ですとvol.4の表紙!構図とか仕草の描き方とかほんと上手だな~
あさぎり先生のキャラを剣先生が描くことによって凄く生きてくるんですよね~
続編の小説の方も読みましたのでそちらも勝手につぶやきたいと思います。



1

究極の三択!?

勝手に、ホテルマンの話かな~とタイトルを見て購入いたしました。
高級ホテルに住まう人気作家×編集の掛け算。
まぁ、人気作家に手篭めにされる編集なんていまやBLではありきたりな展開(笑)なわけですが、まずまず面白かったかなぁな印象。

新人で研修中の受は、とつぜん人気作家の原稿を撮りに行くように命じられる。それは、前の担当が胃潰瘍で入院してしまったことが原因。
当惑しながらも、ずっとスキだった作家ということもあり息巻いてゴー!
ところが、突きつけられた現実とは?!

というか、1自慰、2素股、3挿入
この帯につられて買ったわけですが、なんでその選択!?
な、受がかわいかった。や、わかってた。BLならばその展開。
展開というか・・・・うん。勇者?
天才的な力をもつ作家。そのワープロを打つ音はまるで音楽を奏でるよう。
それから、本当の意味と~なお話でしたね。
自分の小指の損傷で、「ラ」の音が弾けないから~という理由での最初のテスト、かすれた声は・・といいながらのラスト。
ちょこちょこ「いいな」と思う場面もありきなこの作品。
正直、これといって何か飛びぬけてって続きいのがなかったのが残念かなっていうのが一番の印象でした。
濡れ場も、回数やってるわりには淡白な仕上がり。
せめて、最初の1回くらいはもっとねちっこくというか、細かく書いていただけたら嬉しかったかな。
ただ、前半あれだけ傲慢?というか、、なだった攻のラスト。
甘えたり、すねたりとちょっと子供っぽいところがかわいいかも・・と思ったのは本当ですww

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ