勃発!!学園調教ラブバトル!!

ヘンタイ教師と生意気ヤンキー 指導の心得

ヘンタイ教師と生意気ヤンキー 指導の心得
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
59
評価数
19件
平均
3.3 / 5
神率
10.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784904468630

あらすじ

生徒諸君、さあさあ私の中にブチ込んでごらんなさいv

校則違反の常習者である直都は、生徒指導が生きがいの教師・黒野に目をつけられている。黒野が気に入らない直都はどうにかして弱みを握ろうとするが、逆にハメられHなオシオキをされて・・・。

エロ調教BLの大天才がピアスシリーズ初登場!!
(出版社より)

表題作ヘンタイ教師と生意気ヤンキー 指導の心得

林直都
黒野

その他の収録作品

  • その後の和泉くん
  • その後の安部くん

評価・レビューする

レビュー投稿数8

痛快ギャグ

あ~久しぶりに読みました、ここまで痛快なギャグ漫画(笑)。
表紙からも窺えるとは思うんですが、ここまで吹っ飛んでいるとは…予想しておりませんでした。
こういう作品はいつも評価をどうしようか迷います(笑)。
面白くて笑える点ではかなりレベルが高いと思うんですけど、萌え度とはまた違うような気がする(汗)。
でも変態な先生が、他の生徒にも「おしおき」をしているのに、想いは林君一筋なのは萌えるんですよねぇ。
ということで評価は無難に萌にしました(適当ですみません(汗))。
深いことは何も考えず、ただギャグを楽しんで下さい。

0

紛うことなき「ヘンタイ教師」

タイトルやあらすじで「変態」とやたら煽ってくるものは中身がそうでもないことが多いですが、これは本当に変態です。とんでもないド変態教師です。
なんならあらすじに至ってはもっと煽ってもいいくらいです。

黒髪、メガネ、スーツ、敬語で、しかも変態。
黒野先生、ストライク過ぎる…

丸々一冊表題のお話で、黒野先生の変態っぷりをたっぷり楽しめます。
しかも驚いたことに彼は意外にも真っ当な教師です。(←重要)
ただエロいだけではありません!

「服装の乱れは心の乱れ」とはよく言いますが、林くんは解りやすくて本当に可愛いですね。

0

究極の襲い受けです

ここまで見事な襲い受けは見たことないですね!
行き過ぎた襲い受けはもちろんギャグですwギャグになるしかないかろう!
生徒指導の先生が、指導と称してヤンキー生徒にエロエロなお仕置きを致します。
ヤンキー生徒を見ると性的に興奮してしまうド変態教師です。
ありとあらゆる大道具をしつらえ、筋金入りのヤンキー林君を襲い受けます。

変態先生のインパクトに気をとられていましたが、これ生徒会長も立派な襲い受けですね
ピュアなツンデレ、なのにエロエロ、可愛くて切なくてキュンとなります。
(当コミックス比で)
襲い受け好きな方は是非!

1

変態の生徒指導!



本当はど変態の、先生とヤンキーな林くんとその周りのお話^^



個人的には、そんなにウケる(笑)ってほど笑うところはなかったかな?と思うけど、
先生が変態なのに、ネコなところとか、林君が簡単に挑発に乗ってしまうところとか
萌えました!


でもやっぱり一番萌えたのは、生徒会長が黒野先生にお仕置きされてるところでした!
敬語攻め、敬語受けとか、おいしすぎました><


中古で買いましたが、変態な敬語受けが見たい方にはおすすめだとおもいます。

0

「そうです私は変態なのです」w

ヤバイ、クソ面白いw
アホエロギャグなんですが、ぶっ飛んでて面白かったです
あとがきの「私の漫画にシリアスさは求められていない」にも笑っちゃいました
受け攻めが逆だったら地雷なのですが、不思議
ピアスらしくドアホでドエロですので、ご注意ください

0

そ……そっちかぁぁぁぁ!!!!

ヘンタイ教師 と 生意気ヤンキー で「生徒指導」と聞いて、てっきり「先生×生徒」だと思っていたら、見事に予想を裏切られました(笑)
話の無茶苦茶ぶりが逆に痛快です(爆笑)

普段はクールビューティーなのに、黙っていれば美人なのに……ヤンキーが好物という先生は、とんでもないヘンタイで――
先生、口が緩くなってますよ……口の端からヨダレ出てますって……そのツラで廊下を爆走するなよー!!
呼んでなくとも現れる、神出鬼没のヘンタイ教師。ここまで吹っ切れていると怖いのを通り越して笑えてくるから不思議です。

メインはヤンキーとこのどうしようもない「ヘンタイ教師」なんですが、もう1カップル収録されています。

ヤンキーを快く思わない真面目な生徒会長と、ヘンタイ教師(外面は良い)を尊敬する暑苦しい体育会系教師の話です。
ヘンタイ教師の餌食になってからというもの常に悶々としている生徒会長が先生に相談を持ちかけるんですが……

ちょっと待てぃ! なんでそーなる(笑)

潔すぎです、先生! というか、ちょっとは恥じらえ(笑)
まぁ、無事に生徒会長の悩みも解決したので、丸く収ま続きったということで良いのでしょうか。

0

変態なのに単なるどH漫画とは言い切れない

という事で、学校一の不良と目されている林くんを不良がとにかく大好きな黒野先生が更正の名の下に(?) あの手この手で性的に苛め倒すというピアスシリーズにふさわしい一見「変態以外に何もない」といってもいいとんでもないエロ漫画です。

黒野先生、普通にしていればクールビューティに入れる顔なのですが、表紙どころではないど変態顔をそこらじゅうで見せまくっています。
精液だけでなく汗も涙もよだれも多い、実に汁っぽい漫画です。

それだけでも大概ムチャクチャなのですが、さらに一見片マジメ実は超淫乱な生徒会長の安部だとか、黒野先生と同類でしかも元不良な教育実習生だとかもう濃いキャラがどんどん出てきます。しかも白濁液飛びまくりのコマが非常に多いです。
こんな本なのに最終的にはちゃんと「好き」とかそういう甘い結論になるのが不思議な位です。

・・・が、よく読んでみると林君がぐれちゃった原因って
「周りの大人がまるっきり信用してくれなかった」
という愛情不足によるものなんですよね。

そこに歪んでる上に変態すぎるもののパワーのある愛情をぶつけてくる黒野先生が林君の心に命中して続きしまうというのも、アリなのかなぁ・・・と。
実際、学ランの下にど派手なシャツ着て生活態度乱れまくりの林君の服装はストーリーが進むうちに「徐々に」整っていき、番外編の生徒会長安部君編に進むとなんと生徒会長と同じように学ランの前を閉めている!という。
「本当によい子になったんだねぇ・・・」
とこんな漫画なのに感慨にふけってしまいました。
強姦まがいに襲っていた黒部先生も最後には凄く可愛らしいおねだりするようになっちゃうし、その後幸せになれそうな方向にしっかりストーリーを流してるなぁと思わせます。

番外編の安部君にしてもマジメであるがゆえに青少年には当たり前であろうレベルの性欲に戸惑う(黒野先生の強引過ぎる扉の開き方に問題ありますが)なかなか可愛い&エロい子で、これはこれはいいキャラです。
彼とど単純どまっすぐな脳筋、清水先生とのストーリーもギャグありエロ大有りの非常に萌えさせるものでした。

筋肉萌えに当たるような人にも安心の見事な腹筋を持つ細マッチョぞろいですし、
とにかく「エロい」のがお好きな人には自信を持ってお勧めできます。

0

この教師変態につき

変態も変態。今度の変態はホンモノです( *´艸`)クスクス
というか、緑山さんの漫画って面白い!って勝手に思い込んでたんだけど過去1冊しか読んだことなかった。
気のせいってやつだろうか。

さて、今回は変態教師とヤンキー君な組み合わせ。
やっぱりヤンキー受よなwるん♪なんて思ってたのだが
今回はどーやら教師が受。大変なことになりました。

お話。
いつも校則違反なヤンキー林。生徒指導なんてクソクラエ。
そんな折、今日もやってきました黒野先生。
そして林が受けた恐怖の生徒指導とは!?
「指導」と証して童貞奪われるってどーゆーことww
遊んでる封にみせてわりと純な林くんも萌ではある。
萌ではあるのだが、今回は先生のインパクトが強すぎてちょっとかすんでしまったのが残念でした。
なにを隠そうこの先生・・・ホンマモンのイカレポンチ。
壊れすぎての暴走がハンパない。
繰り返し読むほどに匂い立つクドいキャラは絶妙でした。
変態を自覚している変態ほど怖いものはない。

そこから愛が生まれるのか否かという部分。
これについてはもうすこし掘り下げてほしかったかなと続き思いました。
無自覚にほれてしまうというのは無きにしも非ずなのですが。
ん~・・ある意味変態に魅了されるなんてとんだM・・

変態にもてあそばれる単純な攻。
面白かったです。Tシャツのネタとりあえずすきでした。
私も林くんに白は似合うとおもいますwwはぁはぁ

和泉くん。
「掘りてぇ」の顔にトキメキ。
「掘る」という単語が好きです。
むしろ、和泉くん含めての3Pも見てみたかった。

生徒会長。
その後~な番外編。体育教師との掛け合いがすき。
変態にもてあそばれ、性に目覚めてしまった会長さん。
エロと真面目のハザマ。よもや魔性

>>トータル。
 やることはやってるが、あんまりエロを感じなかったのは何でだろ

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ