ファン待望の第三弾登場!!

薔薇の陰謀

薔薇の陰謀
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神34
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
195
評価数
42件
平均
4.7 / 5
神率
81%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813012337

あらすじ

俺の薔薇騎士はお前だけだ──!
薔薇騎士となり、薔薇騎士団の本部を訪ねた啓は、そこで新たな仲間たちと出会った。高潔なはずの薔薇騎士団。けれど、そこには欲望と謀略、そして、裏切りが渦巻いていた。薔薇騎士である啓を守るため、命を賭ける守護者のレヴィンとラウル。彼らは求め合う運命にあった。薔薇騎士だから、守護者だから惹かれるのか? 自分の心がわからず戸惑う啓だったが、新たな薔薇騎士が誕生して──!!
(出版社より)

表題作薔薇の陰謀

守護者 ラウル/元守護者の不死者 レヴィン
薔薇騎士 相馬啓(18歳高校生)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ピンチに次ぐピンチ

読むの痛くなってきた。主人公が追い詰められるのはやはり、痛い。
高潔な集団であるはずの薔薇騎士団内部派閥の腹の探り合い、足の引っ張り合い。啓、レヴィン、ラウルがそれぞれピンチにまみれてしまう。ああー。早く続きが読みたい-。


今回はとにかくラウルがよかった。素直でまっすぐで、何よりもまず啓のことを第一に考えてくれている。啓がアダムの仲間になったとしても、他のメンバーはともかく、ラウルだけは啓に付いてきてくれると思う。そういう意味では、レヴィンよりも盤石の信頼をおける。ラウルには。
最初、ラウルが登場してきたときは、かませ犬的な奴が出てきたなぁと思っていたけれど、今は二人の間にラウルがいてくれて良かったと心から思う。

1

舞台は日本からマルタへ

二人とも好きだからもうどちらとも何もしない、と啓が心に決めたのも空しいことに、冒頭からあっけなく周りに恋愛騒動がばれちゃってます…
特に文也に関しては、育ての親馬鹿っぷりを垣間見れたのはいいけれど、18年も頑張って女の子との交際を厳しく律してきた苦労を呆気なく吹っ飛ばされてさぞかしトホホなことだろうと…

三角関係のほうは、今まで18年見守ってきたレヴィンが優勢っぽかったところにラウルがいい男ぶりを一気に発揮した感じ。
でも、この巻で三角関係の悩みが棚上げされちゃって、攻め二人体制で落ち着いたみたい。
で、冒頭の悩みはどこへいったのよ?

<不死者>との血生臭い戦いが続いている中でも無事に卒業式を迎えたシーンは良かったなぁ。
話がしっかり進んでいる中の平和な雰囲気に和む暇もなく、前巻でなんとなく出ていた不穏な気配がラストで一気に爆発するとは…

2

頼むからコミックかアニメにしてくれ!!

と激しく思った薔薇シリーズ第3巻です。
何を見たいって、「薔薇騎士」の制服を見たいです♪
ゴシックファンタジーの醍醐味は細かな装飾美にもあったりします。
つまりヴィジュアル重視の面もあるので、本当に見たい…見たかったです(血の涙)
しかも素敵なキャラがたくさんいるので、なおのこと小説よりはコミックで読みたいな~と思ったのでした。

今回もレヴィン×啓、ラウル×啓のファンサービスが満点(笑)
こういう展開の場合、単行本で読むより雑誌連載でちまちま読んだほうが楽しめたような気がしてきました。と言ってもやっぱり一気読みしたい派なのでいいんですけどね。

そして薔薇騎士団は実は正義の味方でも何でもない、ドロドロした団体だったという展開。
あれなキャラのルイス君が登場です。
君のおかげで薔薇騎士団の名誉は失墜します。ルイス君のアレな活躍に乞うご期待です!

2

夢中になる展開に!!

もう何をどう書いていいやら、今回の巻は色々なものが大きく動いて、謎も見え始めたし、キャラ萌えはするし、色々ありすぎて書ききれません!!
お話もすごく面白くなってきましたヨ。
このシリーズの中で一番萌え萌えして熱中して、のめり込んだ巻になりました。

一番の色恋部分の軸は、薔薇騎士である啓が守護者であるレヴィンとラウルのどちらも決め切れない部分ではあると思うのですが、その感情が愛なのか、それとも騎士と守護者であるからなのか、啓が立ち止まって考えるんですね。
実はそれがちょっと面白い展開にw
何かそういう真剣な方向とは違うだろ?っていう方向へずれちゃってるんですが、それは啓がちょっとお子様なせいでもあるからそれが楽しいのですが。
だって!啓に迫るラウルへの断り方が、ラウルとも寝たらレヴィンと寝るけどいい?みたいな・・・(爆!)
それで彼等は禁欲せざるを得なくなるし。
結局のところ、主従であることは関係なく(うやむやにしてしまった!)求めるから必要なんだって、結論出たわけじゃないんですけどねww

今回ツボったのは、いつも冷静でシャンとしているアシュレイのその姿は努力の続きたまものだった部分ですw
きちんとドライヤーで髪を乾かさないともっさりしてしまうんですよーって(爆!)ちょっと鈍感な部分もツボ!
そして、気になるのが元守護者のランスロットですかね~♪
ほくろっていうのが色っぽさを醸し出してるみたいなんですけど、一体どうしてアダムについて、、、とかすっごく気になって。
それとデモンズトークの雄心も啓が好きとかww
兵頭の娘・理沙の思い込みの激しさとかw
元々啓は誰からも好かれるような性格みたいですけど、モテモテじゃないですか!?
今回は日本から犬のサンダーも一緒にマルタにやってきて大活躍なんで、それも何となく嬉しかったりとかv

そして何より、何より!!ストーリー展開が断然見逃せない!!!
冒頭エピローグの啓の父の語りになってるんですが、何か謎だぞ~~!だし、
アダムが啓を殺せない理由とか、修道院が襲われたエピソードとか、レヴィンの事とか、もうっ!!テンコ盛りなんですよ!!!
BLファンタジーものでこんなにワクワクしたのは本当、初めてかもなんですよ。
もう一人の薔薇騎士・ルイスの傍目から見たらかわいそうな(きっと彼は三日天下みたいな存在だろうな~)でも恐ろしい陰謀。
そしてラウルはどうなってしまうのか?
初めて登場したマリアと祖父。
これは次は滅茶苦茶待ち遠しいデス。

後書きによるとなにやら・・・ラウル餌のままなのか!?
よかった、そして乞う期待!待ってますよーー!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ