テルペノイド

terpenoid

テルペノイド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
45
評価数
12件
平均
3.8 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862639141

あらすじ

高橋は隣家に住むガテンのシゲに片思い中。
好きになったきっかけは甥っ子のハル。
育児放棄されたトラウマから口がきけない状態だったが、そんな彼を救ったのが温かなシゲの存在だった。
『俺の兄貴にもなって欲しい…』告ることも出来ず思いは募るばかり。
ところがセフレと車内でキスしているところをなんとシゲに見られてしまい!?

(出版社より)

表題作テルペノイド

隣に住む植木職人 シゲさん(八木)
弟の子を育てているリーマン 高橋ユキト

同時収録作品Sweet Tranny

オカケン(岡本)
高橋

同時収録作品Apoc.

岡本 高校生・先輩
ユキ 高校生・後輩

同時収録作品クローストロフォビア / デプリベーション

汐崎 リーマン・後輩
岡本陽一 リーマン・先輩

その他の収録作品

  • アルティメイト
  • トリアージ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

オカケンの存在感にシゲがかすむ…

ゲイゲイしいわぁ。BLに本格仕込みは求めていないし、単なるゲイのハードセックスを見たいわけじゃないんです。岡田屋先生はちょうどいい路線を行ってくれてるんですよね。見た目男らしく、軸にラブストーリー+αがある。これは全く女性が出てこないゲイ世界のお話ではありますが、ゲイ家族を描いたBLファンタジーとしても成立してます。えっちシーンも萌(燃)える。。

主人公はユキト。彼のラブ事情をひもといていくと、一人の男の悲しい過去が明らかにされていく…。登場人物の悲しみや苦悩に裏打ちされたハッピーエンドにしか説得力を感じないワタクシですが、ユキトの秘めた恋が成就するまでには、この男の一筋縄ではいかないゲイとしての一側面が描かれたドラマがちゃんとあって、そこが大いにツボでした。

このお話は男夫婦の子育てものっちゃそうなのだけれど、単なるラブストーリーじゃないんですよね。そう思わせるのは背景にあるユキとオカケンの関係性。わたしには彼らが惰性のセフレではない、とてつもなく深い絆で繋がれている二人に思えたんです。どちらかが結婚していても、恋人がいても、お互いに絶対関係が切れなさそうな…。本来ならば続きこの二人が結ばれるべきなんじゃないのか?とすら思わせるのだけれど、どうして二人はそれを選ばない(かった)のだろう。

ユキトもオカケンも心とカラダに正直に生きている。そこが二人の気持ちのままならないところなんでしょうね。コメディタッチではありますが、なんだかとっても切ない、危うい二人に見えました。うーん、キャラがみんな素晴らしいです。オカケンはユキトに「家族」ができるまで彼を見守ってやりたいと思い続けてきたけれど、ユキトが運命のお相手に出会えたことで、その役割から卒業しそうな予感を残してくれてますが。。なんだかセフレ関係だけは続きそうなのはこの世界だからか…。

養子のハルくんがむっちゃ可愛いの♡オカケンの弟のお話が短編で巻末に収録されていたり、裏設定でハルくんのストーリーをチラっと紹介してくれていたり。みなさんと同じでハルくんのお話読みたくなりますよぉ。BL描いて欲しいなぁ。忘れちゃいけない、ユキトの女装プレイは必見です。滾ります!

岡田屋作品はユーモアがないとヘヴィーなお話になりそうなのですが、そこらへん、読者を笑いで救ってくれる先生の手腕にヤラレます。

2

自分ら良けりゃ、実子はどうでもいいの?

…と、初っ端からトゲのあるタイトルにしましたが。

私にとって、初・岡田屋鉄蔵さんコミックス。
あまり得意な絵柄ではないであろう事は分かっていたのですが、萌え新規開拓を!と思い、思い切って購入。
表題作シリーズの他に、シリーズに出てくる主人公の同僚・オカケンの弟とその後輩のお話『クローストロフォビア』『デプリベーション』が収録されています。

表紙も中の画も、大好物かと言われればそうでもなく。
しかし、時折出てくる表情が非常にセクシーだったり、ギャグがシュールで読み返すと爆笑に繋がったりと、読めば読むほど少しクセになる感覚。
大事なシーン(オカケンと車内でチュッチュしてるユキ。お隣の超絶好みのロン毛造園師・シゲに見られてショック!という場面)では、なぜかの劇画タッチ風とか(笑)
シゲの顔を初めてしっかり見た時の、ユキのモノローグ、
『ドストライク』
の表情とか(笑)
随所随所に何気に笑いがあって、気を緩めて読んでるとスルーしそうで勿体無い!
岡田屋さんのセンス、凄く好きです。

実は読み終えたとき、
「これは神!」
と思えるほど、キャラやストーリーを好続ききになっていたのですが、もう一度読み返している内に違和感が。
ユキの腐れ縁でセフレの同僚・オカケン。
この人が、ユキが引き取った弟の息子・ハルのお話を聞き出して、なだめて、そしてまた前向きにさせてやる訳なんです、が。
オカケン自身に、妻も子供もおりまして。
そうでありながら、プレゼン後、久々にムラムラ来て、ユキと致しちゃうとか。
ユキのおうちに泊まりにきたとき、
「奥さん里帰りしてるから」
と言って、コスプレセックスしてみるとか。

…あれ…『魔の2歳児難なくクリア』とか言ってたけど…
人ん家の子供は立ち直らせたりしてくれるクセに、自分の子供を差し置いて、あんたは男とセックスですか…?

オカケンだけじゃない、ユキもですよ。
大好きで一番の宝物・ハルの心を暴いて貰うために、オカケンに泣いて助けを求めるとか、それはイイとしても、自分だって子供大事なのに、同じく子供が居るオカケンに迫られたからって、易々と致しちゃうわけですか…


それに気付いた途端、面白いぐらいに一気に急降下。萌え心停止。
ストーリーもキャラも、本当に面白くて好きですが、一度ならず何度もチラチラ見えるその雰囲気がダメでした。
これでまだオカケンがバツイチで子供いないとかならまだしも、なんですが。

初読み作家さんで心がワクワクしていただけに、
「あの背景が何も見えてこなければ良かったのになぁ」
と思えてなりません…。
それでもまだ、繰り返し読むのでしょうけども。

0

総ゲイ(子供まで!)

出てくる男がみんなゲイ、という(笑)

ユキトとシゲ、オカケンはともかく、甥っ子のハルまでも!
ハルくんは作中ではまだ子供なので、懐いている、というくらいなのですが、設定として大きくなって重度のファザコンに育つらしいし、幼馴染のカオル君に狙われるらしいし。
(そのお話、どこかで描いてくれないかなぁ)

さて、この本の一番のシーンは、ユキトとシゲにハルがやきもちを焼いてしまったので距離をおいたけれど、シゲが心変わりしたかも・・・と不安になるユキトにシゲが切れるところでした。

岡田屋さんの描く男の人たちはみんな不器用だけれどとても大きくて包み込むような愛情を持っていて、この本に出てくる人たちもみんなそうです。滑らかで優しい。
その感覚が好きで岡田屋作品を読んでしまうのかなぁと思いました。

「テルペノイド」はその感覚が特に感じられる作品だと思います。男たちの優しさに包まれてみてほしいと思います。

1

つ、続きが読みたい!

子はかすがいもの&ガチムチきました。
すんごい面白かった!ガチムチに引かないで、ストーリーを楽しむためだけにでもたくさんの人に読んでほしいと思いました。
登場する男たちみんなみんな好きです。
連作短編なんですが、主役が変わるたびに登場人物の過去が明らかになったりして。タマラン!
息子編の続編を希望します。

亡くなった弟の子供をひきとり、育てることになった新米パパが主人公です。
もう一生懸命なお父さんで、それだけで萌える。
さらにそれを大きく手助けしてくれるのが隣人の造園屋さん。
子供がとにかく可愛くてさー。子はかすがいものでは子供のキャラ造型が一番重要な部分だと思うんですが、完璧でした。「親の恋愛のために都合のいい言動をしすぎない」っていうのがポイントです。都合よすぎてもダメ、でも邪魔するばかりでもイラつく。さじ加減が完璧でした。
子供が泣いたところで、私も一緒になって泣いちゃいました。こういうの本当に弱い。ヤバい。

攻め様がカッコいいのはもちろんなんですが、受けのセフレやってたオカケン(妻帯者)がまた素敵なんですよ。
受けとオカケンの過去話には萌えました。オカケン、受けに惚れてた続きっしょ~?棒扱い&友人としてしか見てくれないことに焦れた時期があったっしょ~?過去話での受けの美少年ぶりにも、さくっと語られるブラコンぶりにも萌えました。

さらに、
設定資料だけ見せられた成長したハルに萌え!かっけえ!
彼を主役にすえた話、読みたいです。

2

主役を食う脇役

漂白剤のCMかなんかですか?って思っちゃうような表紙の雰囲気を大きく裏切る、扉をめくってすぐにガテンなスタイルの上半身裸の背中!
本編始まって3ページ目で筋骨隆々でゴージャスな半裸(表面)!
大好物な庭師のお話だって誰か教えてくれれば予約してでも発売当日に買ったのに!

事故で亡くなった弟の子供であるハル君を引き取り、男手ひとつで育てているユキ。
引き取るまでに母親に育児放棄されていたため、心閉ざしていたハルとの関係は、隣に住む庭師の八木の助けで、ずいぶん良くなっていた。
元々ゲイであるユキは、ある日八木が自分のドストライクであることに唐突に気づいたが、彼はノンケだからと想いは封じたままだった。
そんなある日、仕事の相棒でセフレでもあるオカケンと濃厚なキスシーンを八木に見られてしまい…というお話です。
面白いなと思ったのは、同性愛であることの悩みよりも、子育てと恋愛の両立の難しさのほうが際立っているところ。なかなか読みごたえありました。
ただね、肉体美に期待しすぎたのか、なぜか表紙の二人よりも、オカケンとの話の方が萌えました。
八木なんて長髪でもエロいのに、後半坊主続きで言うことナシ!それなのに印象薄い…。
それは、高校時代のオカケンの心理描写がたまらなかったせいでもあり、セフレ時代のハルに女装させてのプレイで、女装に一番大事なことは恥じらいであると正しい意見を言い切るオカケンであり、とにかくオカケンにすべてを持っていかれましたよ。

しかしテルペノイドってなんだよ。
なんだっけ岡田屋さんの新刊、ミセスロ●ドみたいなタイトル…ってな憶えて方ですみません。
調べても結局よくはわかんなかった化学オンチです。
でも表題3部作の中のトリアージだけは知ってたよ。震災のときなんかの人材や物資が乏しい状態の緊急度において、優先順位を判断して治療することですよね。
もうこのタイトルをつけたとこが岡田屋さんのセンスの素晴らしいところ。
これも結局オカケンが、ユキに優先順位を決めさせたようなお話だと解釈しております。

時代物や外国ものもいいけども、こういう日常的なものも楽しかった。
ハルが高校生になった頃のお話や、オカケンの弟のお話など、今回は読ませてもらえなかった続編、ぜひどこかで出してもらいたいです。

3

ん~・・・私の好みが変わったのか・どうなのか

おっかしぃなぁ。期待してたほど萌えなかったw
や、事実面白かったんだけどo(-ε-*√
現代モノよりも、時代物のほうがやっぱり好みなのかな。

父子2人とお隣さん。
なんて素敵な筋肉(照
から始まるお話ですね。なんだかんだでラブラブなのがイイ。
アットホームw
個人的に好きだったのは、子供が疎外感感じて~な一面好きでした。
なんか、ジェラシーっぽくて萌です`(艸` *).*
なんで俺の知らないほくろのことまで知ってるの・・・・
キュンv
でも将来、あっちの道に進みそうで怖い

坊主ww髭坊主w
個人的には長いほうが好きでしたが、いいですね。
しかも案外年下wwww年下攻wがっつきっぷり、犬っぷりに萌。
ラストの泣き顔。ガッツリ萌ました。

>>スイートラニー
番外編。というか、前編とおしてキャラクター的にはみんなリンクしてて、過去だの現在だのを行き来してるってかんじでイイのだろうか?
筋肉男のメイドコスなハードモノ。
なんだろう、イマイチ・・・・

>>エイボック
若かりし~ですね。
果たして暗い話なのか、明るい話なのかわからない・・続き

>>クローストロフォビア
閉所恐怖症におびえる上司を・・ハァハァ

あと1編。
何気に、オカケンが好きでしたw

0

テルペノイドって一体なんぞや?

この題名ずっと気になっていて思わずググってしまったら、テレピン油とか、リモネンとかの芳香成分だの、苦み成分だの、抗ガン作用があるだのと、色々な小難しい事が書かれてあり、もう題名にこじつけるのは止めました(汗、、)
岡田屋さんだけにBLというよりはガチホモですv
わたくしの大好きなガチホモです←強調してしまう。
でもそれだけに、この関係がとっても良くてあったかくてほほえましくて、アットホームで、子供の存在さえもうざさや理不尽さを感じさせない。

主人公のユキオは天然系みたいな表情に描かれているかと思えば、その過去話で何と美少年な設定であって、、、そうか~これは岡田屋さんなりのフェロモン系の顔なのだと思わずニヤニヤしてしまい。
彼が好きになる隣の植木屋のテツにしても、最初長髪だったのがいきなり坊主に変身し、ホモ臭をプンプンとww
子供のハルに至っても、これはとーちゃん愛してるんだろうけどテツも好きなんだよな~幼稚園の話では薫くんなる男子がチロっと顔出しして、あとがきにての裏設定にハルが薫に尻を追いかけまわされる話が是非見たい!と激しく欲求をそそられる設定になっているしv
続きキオの腐れ縁で共同経営者のオカケンがこれまたいいんだ!!
彼のキャラクター絶賛です!!!
変態って、かかれているけれどまか、エロオヤジかしら(爆!)
オカケンとユキオは高校時代からの繋がりなんだけど、オカケン、本当はユキオが好きなんだよね。
でも嫁さんもらって子供あって、結構子煩悩そうだし。
推測するに、きっと彼は男はユキオだけって決めてるんだろうな~。
だから達の悪いバイってわけじゃない。
昔から、何もかも知ってユキオを支えてくれている相棒なんだよな、、と思うのでした。
つい、オカケンに力が入って主役カプがないがしろに!?
でも、主役カプだっていいお話の流れだったのですよ。
まだテツがホモって知らなかった時に、惚れてしまった事であれやこれやヘタレるユキオはかわいいし、
ユキオとテツが仲が良くて嫉妬する子供のハルの姿、、、二人を見るとお腹が痛くなっちゃうの、、ってどんだけかわいいんだよー!
そして、ハルの為にちょっと距離を置こうとしたためにまたユキオが一人グルグルに入りこんでしまうのとか、、
魅せ場は、そんな感情面にも至って読ませてくれる。

オカケンがユキオに女装させる話は、エロくて必見ですよ!
オカケンの弟の話もCannna掲載だったけど、入ってます。
弟、これは離婚確定だな、、、
表紙は一見地味ですが、中身は濃いです!超濃いです!!
続編もしくはスピンオフを期待してv

2

でてくる男みんなかっこええ

筋肉!筋肉!
すごく購入しやすい表紙で、今回はアットホームな感じかしらと思ったら、やっぱり岡田屋さんでした~。筋肉・漢気・せつなさ+HENTAIがモリモリでした。基本は(!)シゲ×ユキですが、とにかくオカケン(岡本健一)というユキの仕事仲間で元セフレが・・・やばいです。最初は単なるあて馬かと思ってたんですが(妻子持ちだから)、なんのなんの。主役に引けを取らない存在感でした。ここぞという場面でいい仕事してます。なんなんだこの包容力は。
ほぼ一冊通して共通の登場人物の話にまとまってます。
前半はシゲとユキとハル(ユキの亡き弟の息子)の恋と生活の話ですが、中盤にとんでもない女装エロ番外編が一つ入り、そのつぎにオカケンとユキの高校時代の話が入れてあるんですが(ユキがかわいい!)、初出見たら、この過去話描き下ろしなんですね!でもこれがあるのとないのではもう全く違うと思いました。ヘンタイ話の次にこの過去話。この構成にやられました。
とりあえずオカケン。
オカケンの生きざまを見て欲しい・・・!
最後にオカケンのお兄ちゃんの話もあってまたおいしいです。(兄弟で性格正反対!)
あ、気付いた続きらシゲのこと書いてない・・・。シゲも超かっこいいんですよう。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ