前作「相方」キャラの最新刊ついに刊行!

飢えた相方

飢えた相方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
32
評価数
9件
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784832287549

あらすじ

西紀ジュンは、亡き姉の想い人だった陣京太郎の探偵事務所に勝手に就職し強引に同居までしているが、なぜか陣への強烈な想いは決して告げない。その反動で陣の肉体は強く求めてしまうのだが、欲望を煽られ続ける陣もまた苦悩していて──!?
探偵事務所の上司×部下、二人の仲が急展開!大人気「獣シリーズ」陣×ジュン編★や初××編★描き下ろし入り。
大ヒット「獣シリーズ」の一番人気キャラ・千春も登場します★
(出版社より)

表題作飢えた相方

藤堂Gの内偵 陣京太郎
陣の居候件助手 西紀ジュン

その他の収録作品

  • 相方の男
  • 相方は旦那
  • THE 旦那

評価・レビューする

レビュー投稿数6

ジュン、頑張ったと思います

獣シリーズのうちの1カップル、陣xジュンが今回の主人公。
彼らの出会い編とも言える「相方」の内容も今回の内容に深く関わってくるので、「相方」は先に読んでおいた方がいいと思います。
獣シリーズの別カップル、千春x一輝も登場するのですがほんの一瞬です。
前半と後半で陣xジュンの過去と現在のお話になっているのですが、前半の方が私は好きでした。
ジュン視点で描かれているのですが、切なかったです。
心境は乙女な所があるのですが、なよなよさは余り感じません。
今回ジュンを見ていて、まるでうさぎみたいだな~と思ってしまいました。寂しがり屋で陣に触れていないと壊れそうな脆さがあります。
それなのに…後半のお話では陣のジュンに対する冷たい態度がずっと続いて、ジュンが可哀想でした。
甘えたいの分かってるのにねぇ…陣、言葉少なすぎるよ…。
陣がもっと遠慮を失くして普段でもガッツくのを見てみたいです(笑)。

0

フェロモンにノックアウト

まだまだ恋人未満、ただの居候状態のジュン。
曖昧な関係をスキンシップで埋めようとするジュンとの毎日に、実の所切羽詰っていたのは陣の方だった。

由美の存在がやはり重くのしかかってくるのですが、陣の親心とそれとは違う感情に限界を迎えて、ようやく通じ合った2人の過去エピソード。

それ程好感度は高くなかったのに、現在のジュンに対する態度だけで降参です。
お見送りのシーンではメロメロにされてしまいました。

そうしてようやく恋人の座を手にして3年。
ストイックな陣らしい我慢大会を強いられフラストレーションが溜まるジュン。
多少の誤解と我慢の限界にうっかり陣を試す事に。

ちゃんと迎えにきた姿もカッコ良かったのですが、その後の「おいで」にジュン同様うれしはずかしでテンション上がってしまいました。

0

ヘタレなの?ツンデレなの?(笑)

陣×ジュンが本当に出来上がるまでの過去のお話・完結編になっています。

「好き」と言わない代わりに、ものすごくストレートに表現するジュンに対してそっけない陣。その気にさせようと頑張るジュンがほんとに健気です。
気持ちは通じ合っているはずなのに、なぜか手を出さない陣。ジュンにしっかり煽られて一人でしてたり。結局、我慢できなくなって強姦!って、陣・・・不器用すぎます。ジュンちゃんかわいそう★
三年後のお話も、なかなかHしてくれない陣にやっぱりジュンはやきもきしていて、もう魅力が無くなったのかと悩みます。陣はというと、旅行がしたいというジュンの願いを聞いてあげたくて、仕事を詰めていた&加減ができなくなるからってだけなんですが。・・・恥ずかしいから教えてあげられないんだね・・・。で、やっぱり不器用なまま(笑)

途中、ちらっと千春が出てくるんですが、やっぱり頭おかしい(爆)安定の千春様に笑わせてもらいました。

どうもこのカップルは、ヘタレ&ツンデレ攻め×健気受けなんですね。
そしてデレたときには、もちろん獣化。そこがいいんです。

描き下ろしもラブラブでした!

0

本当に千春様はケダモノですこと。

そっか前巻では最後までいってないんだよなこの2人。
でも恋人になれたかな?な感じで終わってたので、
今更こんな事で話がこじれるとは思ってもみなかったけど、
ジュンちゃん達の最初も強姦ぽいってところが、
つくづくこのシリーズの攻めキャラは切れるとヤバイ?!(笑)
でもそこが味だからいいの好きなのvv

それにしても過去の千春はやはりロクデナシ?
そうか秘書課の女性全員と関係が…
その他も来るもの拒まずな関係ぽいし。
一輝が手に入る前だったとしても、まぁ性的問題ありな男だったと。

0

『相方』の続編

『相方』の続編なので、そちらは必ず読んでおくべきかと。
獣シリーズとしては11作目になるのかな。スピンオフ扱いで別なのかな。よく分からんです。いずれにせよ、シリーズ全部を読んでおく必要はないけど、最低限『相方』は先に読んでおいたほうがいいと思います。

前作でまだエッチに至ってなかった二人だけど、やっと結ばれましたね。
頑張る受けくんが大好きな私には、好みど真ん中のお話でした。
チューやエッチを一生懸命ストレートにねだる姿にニヤニヤ。ツンデレのツンの欠片もない受けってなにげに珍しいかも。
与えられたらひたすら喜び、レイプまがいの痛いだけの初セックスのときも、涙を流しながらも必死で我慢して。これこそ健気!
面白かったな。
シリーズの中でも、かなり好きなカップルです。

獣シリーズの超主要キャラの千春も脇役で登場しましたが、妙に笑えるのはなぜだろう。
全裸で登場したときの、あまりの堂々っぷりと、絵面のシュールさに、へんな笑いが漏れました。この男、やっぱ絶対に頭がオカシイと思います!(誉めてます)

0

陣、獣になる(爆笑!)

前作で、陣とジュンの出会い編が語られ、それはフェラは許すけどまだ体の関係はなし、というジュンの片想いで終わっておりました。
今作でやっと恋人になるお話が・・・
ああー!!もうめっさ、めっさ萌え萌えさせていただきました!!
逐一、陣がツボにはまって面白くて(本人真面目なんですけどw)
そしてジュンの甘え方の上手い事といったら、、自ら「甘えたさんだから」なんてその誘う姿も、我慢する姿も、泣く姿も健気で、イイ!
健気だけど、弱さを感じる健気じゃなくて、ツンデレでもない、やんちゃでまっすぐで誠実な健気なんですよ、だから気分がいいのですね。
それをシレっと無視する陣はポーカーフェイスの天然なんだろうか?なんて思いきや!?

ジュンの誘いに、断ったくせに風呂場で一人でヌく陣www
毎晩ベッドに上がってくるジュンにたまらず、一人でソファで眠れぬ夜を過ごす陣。
勢い余って(酔っていて八つ当たり的に)ジュンを強姦してしまうシーンはもう流血モノで本当痛々しくて、ジュンの心も痛いんだけど、でも前向きなジュンの姿に、好きすぎる気持ちが一層伝わります。
それをシコリに想いジュンから逃げる陣続き
ジュンの方がすごく前向きで潔くて違う意味で男前だと思うよv
むしろ、陣は無器用?しかもちょいヘタレ、無自覚のw
其れが思いっきりツボなんですよーーー!!

恋人になって3年後のお話もあるのですが、陣ってすごい性欲をコントロールできるみたいw
たまってても我慢するという・・・それがまたクスっとさせるんだけど。
それにイライラして寂しがるジュンなのに、その理由というのがもう爆笑で、思わず突っ込みまくりで腹痛くなりました。
それを格好イイ顔でのうのうと言ってのける陣はやっぱり天然かもしれませんwww
せっかくの休みも・・・(爆!)
まあ、いいじゃないですか。
本当、獣シリーズカプの中でこの二人が一番好きかもしれない、っていうか人間らしいかも?
千春も登場して、やりまくってました(爆!)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ