さくらのくちびる

sakura no kuchibiru

さくらのくちびる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
61
評価数
18件
平均
3.4 / 5
神率
11.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
祥伝社
シリーズ
onBLUE comics(オンブルーコミックス・祥伝社)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784396783068

あらすじ

「無理してない」
「あんまり側にいるとまた襲うぞ」
男子校の桜の樹の下で出会った
新入生と3年生の温度差激しい春の恋、

兄の同級生との恋に落ちていく弟と、
その弟へ想いを潜ませる兄の恋、

教師に関係を強要されている
美しい先輩の涙に触れた後輩の恋、

落ち着いた友人との距離が縮まる内に
「会いたい」気持ちが止まらなくなった
同級生同士の恋……ほか、
単行本未収録短編「蛍の骸」を収録。
詩的で美しい言葉と、絶妙な間合いで生み出される
心地よい依田ワールド。
初期の甘酸っぱさを余さず堪能できる傑作作品集をカバー描き下ろしで新装化!

(出版社より)

表題作さくらのくちびる

3年の生徒会長 穂積
高校1年生 佐倉

同時収録作品スイートソウルレビュー

浅水夏樹 兄の同級生
飯田衛 高校生

同時収録作品白い魚の夢

飯田勲 高校生
苑田 高校生

同時収録作品眠れば来る朝

黄柑子佐紀 留年した高校生
百可里 高校生

同時収録作品墓守りの憂鬱

その他の収録作品

  • 蛍の骸
  • 後書

評価・レビューする

レビュー投稿数9

幽けき毒の味のある短編集

短編集です。表紙は可愛い系の男の子と桜の花で、BLというより少女マンガ的。

「さくらのくちびる」
ザ・腐女子の妄想ワールド。
男子校で、長身・秀才・クールな生徒会長3年生xショタっぽい新入生のCP。
こんな学校にこんなCPがいて、こんな隠れた恋があって、こんなコトしてたらいいなぁっていう腐女子の妄想そのまんま。
新入生の佐倉が、反発したりひっついたり。どっちよ!って思わないこともないけど、逆に面白く感じました。

「スイートソウルレビュー」
登場人物の造形はみんなかわいいんだけど、底に流れているのは、弟への執着がこじれて劣情に移りそうになっている兄の苦しみ。薄暗いです。
それに気付いてる兄の友達が弟くんと付き合う。お兄さんは救われたんだよね、きっと。

「白い魚の夢」
「スイート〜」のお兄さん再登場。
教師に好き勝手されて犯されてる上級生苑田を助ける展開。でも、魔が差して?自分も彼に迫っちゃう。ヤられ体質ってあるんですかね。
ついに教師に反撃する苑田ですが、狂気すら感じさせるブチ切れ具合で、でもスッキリする感じじゃなくてこれも薄暗い。
お兄さんの涙はど続きうしてかな……

「眠れば来る朝」
留年して一つ年上の同級生との淡々な関係。
告白されて驚いてギクシャクして。自分が避けてるのに、でも会いたい話をしたい。あゝ高校生ものの王道です。短いのに設定一杯詰まってます。

「墓守りの憂鬱」
わわわ!ザ・キュアーのロバート・スミス(細い時の)か、スージー・スーか。(昔のイギリスのバンドの人です。)
毛色の違うお話ですよ。
街の占いの部屋。ヒトに変身する黒猫と占い師(悪魔)。
「契約」しに来る女子高生。その内容は一見普通?でもその裏には…
半分ホラーじみていてかなり面白かったです!(でもこれBLかなぁ?)

「蛍の骸」
浪人生で20才のいとこの行彦の監視&話聞き出し係として、二人で夏休みを過ごす事になった中3の基(はじめ)。
怖い話ばかりするので、基は行彦のベッドで一緒に寝てます。ちょ、ちょっと!中3よ!ダメじゃないですかあ。
ところで、幽霊がいるんですよね……やっぱり薄暗い。

1

ザ・少女漫画BL

やっぱり面白いです。
好きですこの昔なつかしいBL。

さくらのくちびる

生徒会長×一年生
どこか硬派なようで軟派な生徒会長に気に入られグイグイとおされ初キスを奪われる。
やんちゃだけど色恋に関してはとっても乙女な一年生と年上だけどまだまだ子供な生徒会長。
キスされて嫌じゃない自分が怖くなり双子の弟にお願いして彼女とのデート現場を生徒会長に目撃させ身をひこうとする。
ん~。そのあとの二人はなんか可愛い。これぞ少女漫画BLだなぁって展開で今ではみれない雰囲気で好きです。

そのあと3つほどお話がありますがさくらのくちびるよりちょっぴりヤンチャなお話です。
あの時代のほうが性に関しても遊びに関してももっと際どいんだなぁと思いました。
なんだろ・・・絵の雰囲気とそこに隠された性的なところが際どい雰囲気で好きです。
今のようにモロ!ではなく想像させるあたりがたまらない!!

兄×弟×兄の友人
弟に冷たいお兄ちゃんとなぜか優しくしてくれるお兄ちゃんのお友達
いやーん。めっちゃいやらしくないお話なのにいやらしく感じるのはなぜ?
先生の書く攻めは強引~。思春期続きっというかんじでドキドキしてしまいます。
そして攻めが可愛い~。

先にでてきた兄×先輩×先生
ある日先生と知らない生徒がHをしてる現場を目撃してしまう。
おせっかいと知りつつも先輩にあーだこーだと言ってしまう自分。
先輩はほかの子と付き合っているけど脅迫され先生との関係をもってしまう。
それを知り手助けをしようとするが・・・。
好きとは違うなにか・・・で体の関係をもってしまうお兄ちゃんと先輩
したあとの先輩のセリフがお兄ちゃんの心に突き刺さります。ん~たしかにヤル側の勝手な言い分ってあるよね。
この話がぐっときました。

2

忘れられない作品

新装版で久々に再読しました。
依田さんの魅力が詰まってると思います。
まだ完成されてない感がいい。そして可愛いだけで終わらないのがいい。
しかし短編ゆえどれもあともう1~2話見たい!と思ってしまうので、そういった物足りなさがあります。

私は『スイートソウルレビュー』と『白い魚の夢』が大好き。この2作品は依田さん流のJUNEではないでしょうか。苦くも美しい。切なさに溢れてるけど笑わせてもくれる、そんな匙加減が素晴らしいです。

この2つの話に出てくる勲というコがどうにも気持ちと行動が伴わないコで、やってることが結構最低なんだけど、、私は好きなのですよ。子供と大人の境目で、自身の感情を捉えきれずに振り回される。はたして彼の感情は恋愛なのかどうなのか疑わしくもあるけど執着は本物という、こういうアンバランスさって学生ならよくあることなんじゃないでしょうか。ラストは彼を抱き締めてあげたくなります。

彼だけでなくこの作品にでている学生達の、深く考える前に行動しちゃうなどのスレてない感とか、そういった若さに懐かしさといいますか、憧憬というのでしょうか、そういった気持ちを抱いてし続きます。
そしてどの作品も男のコ同士の友情が効いてるのがいいです。ツボです。

あとがきに「もうこのような作品は描けない」ということに近いことを書かれていて、私は書き手でもなんでもないけど、ひどく納得してしまいました。
学生というほんの一時の輝きを切り取っていると思うのです。
憧れの対象としてではなく、画面にいる彼らと同じ視点を感じるのです。

依田さんという方は、実はBLだけに留めておくのは勿体ない才能をお持ちだと思ってます。
実際に他ジャンルにいかれてしまったら寂しいですけどね。

4

ほのぼのだけど、しっかり依田さん節。

6つのストーリーが入っていますが
2つめと3つめはリンクしています。

どれも依田沙江美ワールド全開です。
えっち度なんかも、まさに依田さんっぽく
ちゃんとストーリーの中にでてくるんだけど
でも「絵」としてガッツリ出てくるわけではないので
とても読みやすいです^^

どのお話も、コミカルな部分としっとりな部分と
両方を兼ね備えていて、
短編集だけど読み応えありました。

でも、もしかすると読み手の方によっては
物足りなさとか、好き嫌いみたいなのは
別れるかもしれない・・・かなぁ?

2

依田沙江美さん大好き

旧版にレビューしてるんですが、改めて。
短編集です。
やっぱり依田沙江美さん好きだー!と思いました。

『さくらのくちびる』
先輩×後輩
ヤンチャ受けが人気者の先輩に気に入られ、エコヒイキされて。
で、周りのヤッカミにヘヘンって感じの猫目になって、攻めの腕に抱きつくとこが好き。そのままキスされてしまうとこが好き。キスされたあとポカーンとしてるとこが好き。
「へんなことするし」と言って受けが泣き出す場面が好き。受けを囲んで責めてた先輩たちがオロオロする場面が好き。
場面場面での、依田沙江美さんのさりげないセンスが大好きなんです。

『スイートソウルレビュー』
兄の友人×受けくん
主役カップルの二人も大好きなんですが、話のポイントとなってるお兄ちゃんのツンデレなブラコンっぷりも大好きです。弟に冷たい態度をとってるんだけど、実は、ってヤツ。
ブラコン萌えの理想の形がココにある。
もうちょい長いページ数で、じっくり読みたかった話でした。

『白い魚の夢』
↑のブラコン兄ちゃんが主役の学園モノ。
教師と先輩がセックスしてる場面を目撃してしまうところから話がは続きじまります。
その先輩を助けるために奔走するんだけど。けど。
あたたかいけどほろ苦いラストが好き。

『眠れば来る朝』
留年した同級生くん×受けくん
受けくんは攻めの、一番の親友になりたかった。周りの友人にライバル意識すら持っていた。でも相手は友情ではなく、恋心を打ち明けてきた…。
学生らしい、恋と友情の境界線があいまいな関係性から一歩踏み出す感じにキュンとしました。戸惑ってパニックしてオロオロして攻めを無視してしまう受けも、その様子を見て迷惑がられたと思ってへこむ攻めも、どっちも可愛い。

『墓守りの憂鬱』
く、黒い…!
でもかなり好き。
これシリーズ化して欲しいほど好きです。
カップルは、占い師×死んだ猫かな(謎の多い二人ですが、なんとなく分かる)。優しげな占い師の黒さに萌え。
短いけどキレ味のいいブラックな短編です。

『蛍の骸』
こちらも若干ダークな話。で、話が分かりにくいかも。でも好き。
もうちょい長めの話で読みたかったな。

2

友情以上の特別な気持ち

実を言うと自分は依田沙江美作品が苦手だ(汗、)
昨年でた「よろめき番長」は大変に面白く好みだったのだが、他の作品とのその差は?と言われてもよくわらない。
今回この本を手にとってわかったのは、多分に小説的だからなのかな?その部分が苦手なのかな?とも思ってみたり、でも小説風の漫画も好きだし、、ということでやっぱりよくわかんない!
ということで実に2ヶ月放置の末やっと読破(トホホ、、、)
読んでみて、これは苦手じゃない、になりました。

後半2本以外は高校生のお話。
どれもかわいらしいのですが、それに共通するのはいずれも”友達以上の特別な感情”なのかな?
恋だの愛だのと、彼等は小難しく考えていない。
ただ、友情以上のその先にある感情を素直に受け入れて、若さで突っ走っている。
だから彼等はホモなのだ、と決めつけるにはまだ時期尚早。
ひょっとすると、一時の気の迷いかもしれないし、そうでないかもしれないし、そこにその先まで見据える作業は全く必要ない。

入学式で出会った先輩はその新入生が好きになり、ただ自分のペースで彼を巻き込んでいくその流れに
新入生は彼なりのコンプレ続きックスから引き挙げてくれる、頼れる腕が欲しくて、
という温度差から新入生と先輩がアタフタする様が実に可愛らしいのです。

また兄の友人がその弟を好きになるが、兄も実は弟を好きでいて、でもだからこそ離れなくちゃという必死の葛藤の苦しみが、実にライトに友人と弟のカプの出来上がりの影にチラ見せするウマいリンク具合。
そして、その兄が学内の先輩の純真に人を愛する気持ちに触れて成長する姿。

仲の良い4人だけど、留年した同級生の仲間がひょっとしてライバルかとけん制しあいそしてケンカして、そんなワサワサした愉快なお話の中にその仲間の一人が実は脳腫瘍でなんて伏線も含む以外な見せ方。

そんな、色んな青い青春が恋愛未満だけど、男の子同士というものに対する萌え部分というのを実にうまくついて見せているんだな~と感心しました。

やっぱり食わず嫌いはよくない、料理法を変えても一度食べてみるべきというのを改めて思うのです。

3

新デザインの新装版

旧版に単行本未収録だった作品を1本加えた新装版。
タイトルといい、桜舞い散るカバー絵といい、桜の季節にふさわしいきれいな本。
旧版も持っているけど、この新しい本の方が断然美しい。

表題作は、高校生のお話。
高校生の3年間って、実は1年生と3年生じゃ全く違う。
まだまだ全くの子どもの15歳の新入生と、肉体的にも性的にもほとんど大人の18歳の3年生。
その体格差と性欲の差。
そこをきっちりと作品にして見せてくれるのが依田さんの魅力。
作品自体はかなり以前の物です。
でも、依田さんが、繰り返し描くテーマ「感情の有り様や高まる早さはそれぞれ違っても、愛し合っているならば、お互いに歩み寄って、乗り越えていく」が、可愛く、わかりやすくつまっています。

新装版で再版されるだけの価値がある、不朽の名作。
オススメです。

3

なつかしい

依田さんのファンなので購入。

ずいぶん絵柄は変化してると思うけど、独特の作風とか、ちょっとわかりづらい伏線の張り方、込み入った人間関係とか、そんなに変わらないかも。

収録作の中には、これはBLなのかなと疑問に思う作品もありますが、依田さんの不思議テイスト、ちょっと毒のある展開は、どれも同じかもしれません。

最近だと手に入りづらいコミックスも多いので、この調子で、きれいな印刷や装丁で引き続き、出し直してもらえると嬉しい。

2

依田色満載の昔の作品集。お得感あり。

【よろめき番長】の、ほっこりした中に見え隠れするダーク感が気に入り、本作購入。
ああ・・有りますね見えますね、この中にも。^^
それに何て可愛い表紙絵、額に入れて飾っておきたい位です。

≪さくらのくちびる≫
生徒会長×可愛いめ1年
いくら可愛いからって、3年の攻め攻めは好きじゃなかったけど、キスに泣く受けにオロオロしたり、受けが双子の弟を使って意地悪したりする所で、とんとんになったような?
受けは、弟へのコンプレックスや生徒会長の周辺に文句言ったり、こっちの方が複雑で好ましいキャラでした。
付き合いが長くなれば、2才上の攻めを手の平で転がせるようになるかもと期待大です^^

≪スイートソウルレビュー≫
兄→弟⇔兄の親友。
兄のもどかしさが紙面に滲んでいてとても切なかったです。
弟の可愛いさと純情さは、この兄でなくても惚れる!もう絶大!
3者3様、悩んで泣いてまとまって良かったです。
でも、ラストの、兄友が弟にいちいち言い訳して脱がしていくアレ、「好きっ!ガバッ!」じゃダメだったのかな?

≪白い魚の夢≫(スイート~の続編・兄また失恋話)
兄→キレイ続きで儚気な先輩→先輩の同級生。
依田先生のダークが強く出てました!
トラウマ持ちのか弱い先輩の、ぶっ飛んだ行動がっ!解離性障害!
ラストの兄の涙は何だろう。
ショックを受けつつも理解したかったんだろうとは思うけど。

≪蛍の骸≫('97.8 茜新社キャラメルBoy's掲載)
20才の浪人生×中3のいとこ同士。
無気力な攻めの気分転換に付き合わされ別荘へ来た中3受け。
嵐の夜、怖がる受けにする怪談話が効いて、それから同じベッドで寝る2人。
そして、攻めに残る傷痕の話題から、20才と15才の「キス→夜空→終了後」の3コマのHシーンが。
たった18ページなのに、受け攻めのキャラや、何が攻めにあったかの匂わせ方がとても上手いなと思いました。
話の流れがスムーズで絵も充実している。
透けている人物(亡くなった恋人?)が出てくるけど、オカルトホラーじゃなくて、心の残像ですよね。
この作品、すごく好きです。

自分のように依田先生を知らない読者には恰好の本ではないでしょうか。
読めて良かったです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ