甘い針

甘い針
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×29
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
80
評価数
22件
平均
3.7 / 5
神率
18.2%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
祥伝社
シリーズ
onBLUE comics(オンブルーコミックス・祥伝社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784396783051

あらすじ

「正さん 僕のこと好きなの?」
「そんなの関係ないだろ」

友人達に身体を弄ばれていた孝也は
年上の聡明なイトコ・正に助けられる。
以降、正に依存していく孝也だったが、
その代償といわんばかりに身体を奪われてしまう。
正は自分を好きではないのに
なぜ抱き続けるのかーー?(従兄弟同士3部作)

心ゆさぶる珠玉の8編のほか、
描きおろし番外編と、
幻の短編「埋葬」「受難の日々」を収録!

【収録作品】
さくら色のあと
さかなの目
浮躁
夏の風景
(従兄弟同士3部作にまつわる番外編)
綾人
志乃
春のまえ
蜜月期
埋葬(新規収録)
受難の日々(新規収録)
(出版社より)

表題作甘い針

母方の従兄 正 /他
高校生 沢口孝也 /他

その他の収録作品

  • 表題なし
  • さくら色のあと
  • さかな目
  • 浮躁
  • 夏の風景
  • 晩夏の家
  • 綾人
  • 志乃
  • 春のまえ
  • 蜜月期
  • 埋葬
  • 受難の日々
  • 作品解説
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

痛い

短編集です。個人的に明治先生の絶好調期手前の作品のイメージです。ストーリー的には帯の「弱くて犯され続ける でも読んで頭に浮かぶ字は非でも酷でもなく、闘なんです」はぴったりな表現だと感じました。この本以降に描かれてる作品では明治先生の世界は爆発されてるのでそのベース的な作品とも感じとれます。鬱い感じはひゃっほうなくらい鬱いです。あ、エロは絶好調にエロイです、ただ受けが女の子っぽすぎるこもいるかな~。痛いのダメな人は回避推奨。
絵柄はまだ安定してないのでデッサンの乱れペンの乱れがありますが、それが逆に一層鬱い雰囲気をかもしだしてます。

0

けだるい雰囲気の短編映画が好きな方にはお勧め出来ると思います。

オンブルーで新装版が出たのを知りませんでした。
昔購入して、あまりの痛さに手放してしまったコミックスでした。
他の著作を読んだら懐かしくなって、再度購入。
決して大好きだとは云い切れないんですが、この雰囲気がじわじわと癖になるのが不思議です。
痛いのも嫌ですし、BLはどちらかといえばすっきりハッピーエンド派です。
結末も感情の行方もぼけていて、救いがないのかあるのか分からない短編ばかりが詰まっていて、苦手な筈なのですが何故か引き込まれてしまう色気があります。
愛も救いもないという感想を良く目にしますが、表現の仕方が歪んでいるだけでどれも愛はあったような気がします。「ビジネス」だといっている話も、そういう事で自分を誤魔化しているだけなのではないかと思っています。
どれも掛け違えたボタンばかりで、すれ違っていくのが切ないです。
いわゆる皆が思うSM的な事をやっていても、きちんとSMの精神性を描けている希有な短編集ではないでしょうか。まあ、やってるだけといってしまえば確かにそうなので、そこに何を見いだせるか難しいところではありますが。

明治さん、もしかしたら自分はとても続き好きなのかもしれないです。
けだるい雰囲気の短編映画が好きな方にはお勧め出来ると思います。

0

SMってなんだろう

「さくら色のあと」「さかなの目」「浮躁」「夏の風景」(従兄弟同士3部作+番外編)

お互いに好きなのに、始まり方を間違えてしまったためにすれ違ってしまう、というお話。番外編が入ったことで、修正され始めた二人の関係が見えてほっとします。

「綾人」
執着おっさん攻めです。脅して~、とかピアシングとかSM要素はありますけど、たった一度会っただけの綾人をずっと忘れずにいたあたり(しかも綾人は忘れている)、このおっさん結構本気の粘着ですね。綾人もなんだかんだほだされてるし。脅しから身体をつないでじりじりと落していく、というところにSMぽさを一番感じます。(調教?)

「志乃」
同じおっさんでも、愛のないおっさんです。だから、身体だけでなく心も痛いです。すれ違ったまま、枯れていってしまうお話。志乃の後姿が哀しい。

「春のまえ」
突然留学した兄の友達に借りたままのものを取りに来てほしいと家に呼ばれて行ってみると・・・、なお話。この弟、少しブラコンぽくて、三村家の息子シリーズの雰囲気に似ています。兄の友達、という人がねじれていて、やっぱりこの人から兄は逃げたんじゃなかろうか、続きと思ってしまいます。弟君にはぜひ気を強く持って、逃げ切ってほしい!

「蜜月記」
カメラマンとモデルの子の切ないお話。絵柄がだいぶ古いです。さらっとした小品。

「埋葬」
亡くなったペットを埋葬した日に結ばれるお話。死んだあとは火葬よりも土の養分になれる土葬がいいという千葉と暗い土の中で虫食まれていく土葬は嫌だという佐野。カタチなんてどうでもいいという千葉をきれいだと思う佐野。そのまま二人は結ばれます。最後の佐野のモノローグがいい感じでした。

「受難の日々」
これだけコメディです。お口直しにちょうどいい。

掲載誌の関係もあるのか、全体的にH多めで、すれ違いものなので少し鬱な感じです。

出てくる少年たちはたいていひどい環境にいますが、それに耐えさせるのはいったい何なのか。無垢で純粋で耐えることしか知らない少年の愚かさと、かつて自分もそうであった痛みとで男たちは自らを罰しているのかもしれません。そういうところにSMの構造を見てしまいました。本当にMなのはどっちなんだろう?

SMの精神性の部分がよく描かれていると思います。

0

う〜ん・・。

表紙買いしてしまったのですが、中の絵はあまり好みではありませんでした。
短編集だから仕方ないと思うのですが、やってるシーンばかりな印象で萌えませんでした。
そのシチュエーションも、各話の登場人物たちの関係も、どれも主従関係のようなものがあり、似たり寄ったりで新鮮味がなかったです。

ここのレビューを見ると、ずいぶん前のものだったのですね。
なんの知識もなしに買ってしまいました。当時のBLはこんな感じだったのでしょうか。

新装版ということで、表紙絵が好きだったので明治カナ子さんの最近の作品も読んでみたいと思います。

0

あの頃流行った近親相姦・SM系

何のあらすじも見ず、知っていらっしゃる作家さんというだけで購入。
内容は近親相姦・SM系でした。

90年代のあの頃、同人誌でこの手の表現のもの、多かったよねぇ~と思って初出がいつか見たらどんぴしゃ自分の青春時代と被っていました。それで懐かしい(っていう表現もおかしいんですが)ものがこみ上げてくる作品集なんだな、と思いました。

一時期SM系ばっかり見ていた私ですが、不思議と今はそんなに興味ないんですよねぇ。
自分の萌える部分が歳と共にこんなにも変わるんだと実感しております。

内容が未成年を陵辱する近親相姦ものなので、
こちらの作品は表現規制がうるさい昨今、ある意味貴重な存在なのではないかと思いました。

2

突き落としてくれ!

素晴らしい名作。
ズドーンとした重みのある作品達。
ショタが多くてイタイけれども 甘い。
恥美を堪能できます。
キツイ場面が次々あるので 這い上がってこれるかが カギ。
この辛さをどうか耐えてほしいです。
読んだ後は 必ず今生きている事の意味を考えさせられます。
これを読まずして 明治カナ子先生は語れまい。
代表作であります。
暗くジメジメしたダークな世界。
やみつきになること間違いなしです。
人生のブラックホールをさまよっている私は
この『甘い針』何度読んでも飽きません。お勧めです。

0

痛くてイイ

短編集です。
しっかり“痛い”のはイイなァと思いました。
とくに受けのほうが、精神的にも肉体的にも痛みを感じてるのをきちんと伝えてくれる絵とストーリーで。
全体的に暗いし、ピカピカのハピエンな作品は無いんですが、バッドエンドではない曖昧なままの結末にも好感を持ちました。
あと、SMなエロシーンにかなりの比重が置かれてますが、重要視してるのは精神的な部分なんですよね。痛みと快楽でもって肉体から陥落させるとかいう話ではなく、軸にあるのはとにかく“気持ち”です。
自分の気持ちも大事だけど、もっと大事なのは「相手が自分に愛情を持っているのか」という点。それがあればたいがいのことは許せるんだよね。是非は別にして。

0

針のよう

しがらみでしょうか、なんだろう。
表紙に描かれている、孝也の瞳が物語る空気がどの作品にも感じられました。また本当に、甘い針なのですね。
どれもこれも、痛いやら苦しいやら辛いやら(受難の日々は可愛らしく楽しく読めますが)ばかり。刺々しい『針』があちこちに散らばってる。けれどそれは傷つけるだけじゃない。わずかに、甘い。
そのほんのわずかな甘さだけを頼りにしなければ、崩れてしまいそうなそれぞれのキャラクターたちを思えばまた苦しくて。甘い針は、ほの暗い世界の中で唯一の光なのかもしれません。

痛い描写もありますので、SMどんとこい!大丈夫!な方にはベストマッチかなと思います。

1

死んだ目を向ける少年たち。

茶鬼さんのレビューを見て、そういえば条例のことがあったと思い出し、
規制がかかったら本当にBL業界はどうなるのでしょうかと考え、
発行されているうちに買っておこうと急いで買い求めたあにかです^^;
明治さんもあとがきにてなかなか現在の社会事情から描けない内容のものが多いと仰っていましたし

光彩書房から発行された『甘い針』を再編集し、新たに幻の短編『埋葬』、『受難の日々』。そして描き下ろしを収録した新装版です。
旧版の出版が1999年なので、やはり絵はすこし古い・・・かな?
ですが、何より表情が良かった。
明るい話ではないし
ストーリー重視というよりはエロ重視であったでしょう。
でも、惹かれるその目に・・・
それがよく表れているのが従兄弟同士3部作2話目の『さかなの目』。
1年の間の孝也の心境の変化がその目で語っていた。
だからこそ次の『浮躁』のエンドが良かった
正を見つめるその瞳が生きた人間のものだった

痛いシーン、通じ合っていないシーンが多い作品集で
読む人によってSMであろうというピアッシング、緊縛や鞭
それに加え強姦まがいな無理やりなど、た続きしかに今の社会事情からこれを出版するのはためらわれるだろうなというのはわかった。
でも、根本的なところで、この作品には愛があると私は思う。
作品の中にはたしかに息の詰まるエンドがあったりしたが、
愛なしでは得ないだろう。
そういう意味でも、今回手にとれて良かった!!
規制がかかった時点でこういう類いの作品が手に入らなくなるのだろうかと思うと身悶えますね・・・

1

これからを思うと貴重な作品なのかもしれない

旧版に、作者さんいわく”お蔵出し作品”の『埋葬』と『受難の日々』、そして従兄弟との禁断愛のシリーズに描き下ろしと、3本が追加された新装版です。
作者さんが7月の都条例改正の件もありこの作品の新装版の発行はダメかもしれないと危惧されていましたが、無事発行になってよかったと思いました。
先日、オークラから発行された池玲文さんの作品もそうでしたが、条例によってどのように規制が入ってくるのか、本当に不安になります。
今回新装版に当たって、手直しは入ったようですが、旧版を引っ張り出してこれなかったのでうろ覚えの記憶との比較ですが、、、多分、、、局部の描写が修正かかっているのかもと思われます。

レビューは旧版で行っているので、既存作品については割愛します。
ただ、言えることは一見SMのような印象を受けるけどSMではないということ。
前作レビューの言葉をそのまま掲載すると「この本が痛くて切ないのは、それは単にSMという行為だからではなく、二人の気持ちがボタンを掛け違った状態で進むからです。
たった一言、そこに愛のこもった言葉があれば、それは甘美な世界になるはずなのに。
そういう意続き味で、不器用で身勝手で理不尽が存在する世界が描かれています。」

『埋葬』は作者さんが初めて男の合体シーンを描いたと解説されています。
言われてみると初々しさが!
友達かな?が愛犬の埋葬の晩に結ばれるお話

『受難の日々』「絶対隷奴」という雑誌に掲載されていた作品ですね、なのでエロ全面出し。
思わずクスっと笑ってしまう結末です。

5

秘めた少年の意志

帯『「正さん 僕のことが好きなの?」「そんなの関係ないだろ」』

帯の推薦文を京山あつきさんが書いているのですがそれが実にこの作品の神髄を表しています。
「弱くて犯され続ける でも読んで頭に浮かぶ字は悲でもなく酷でもなく、闘なんです 京山あつき」
す……素晴らしい!やはりプロの推薦文は違うなあ……こんな推薦文読んじゃったらもうレビューとか恥ずかしくて書けないじゃん!とか思いつつレビューをば。

新装版です、書き下ろしは作品紹介1Pとあとがきで旧版単行本未収録作品も入ってます。
短編集で、強引に犯される話が多いのですが印象的なのは少年達の瞳です。
巻頭の「さくら色のあと」の連作での少年は瞳孔が書いてない瞳は一見うつろにさえ見えるのですが、それでもしっかり意志を秘めている。
カナ子さんの描く痛さと、けれどそれだけではない少年達の話。
絵柄は今より古いですが、それでもカナ子さんのマンガは本質的な部分では今と共通していえる箇所が相見えます。
旧版を入手しそこねた方、まだ読まれてない方でカナ子さん好きの方は是非。

1

クレタコ

旧版を腐山から引っ張り出して来ました。
おっしゃる通りでした!!!
記憶だけで書いてしまったので、恥ずかしい~~~
ご指摘ありがとうございました!

poko

旧版と違う点は書き下ろしのほかに単行本未収録作品がふたつ(受難の日々と埋葬)が収録されてます。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ