心と体に甘く響く純度100%ラブ!

スイーツキングダムの王様

スイーツキングダムの王様
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×212
  • 萌12
  • 中立6
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
13
得点
130
評価数
41件
平均
3.4 / 5
神率
19.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403522734

あらすじ

母譲りの美貌で男女問わず手玉に取ってきた珠希(たまき)は、バイト先のコンビニでちょっと親切にしただけの浮世離れしたサラリーマン・杏藤(あんどう)に告白される。
もちろん断る気でいたが、彼が大企業の御曹司(おんぞうし)だと知り付き合いを始めることに。
だが純粋過ぎる杏藤に、珠希もいつもの調子が出ない。
汚れきった自分を優しいと言い、大切なもののように扱ってくれる杏藤。そんな彼に珠希の心も……?
(出版社より)

表題作スイーツキングダムの王様

有名洋菓子メーカーの息子で専務 杏藤憧一郎・25最
バイト三昧の高校3年生 矢野珠希・17最

その他の収録作品

  • スイーツキングダムの生活
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

遅い初恋のお話

歳の差カップルとわくわくで手を出しましたが、杏藤の宇宙人具合というか、世間知らず感がちょっと自分に合わなくてすごく萌える!って感じでなかったのが残念でした^^;
意地っ張りでトラウマ持ち、という受け側の設定は大好きなんですが。

タイトルにある「王様」とは、攻めキャラである杏藤のことを指していると思うんですが、杏藤があまり王様ぽいキャラでなかったのでスイーツを題材にしているくだりもあまりぴんとこなかった気もします。
可愛いタイトルと表紙に惹かれる反面、意外と暗い部分のあるつくりになっているのは面白いと思いました。

20歳を過ぎてもどこか世間知らず、でもそんな自分を変えようとしている杏藤と、痛々しい過去を隠して強かに生きている高校生珠希。
痛々しさと強気が混在したキャラクターは王道ですが大好きです。
けれどやはりこのお話のポイントは宇宙人キャラの杏藤ですね。
自分の視点で好みを考えても仕方ないと思うけど、この人いい人だなあ、安らぐなあというのと恋愛のドキドキカッコイイ!ってちょっと違うなぁと感じました。

珠希は過去のトラウマから心での恋愛は出来ず、誰かと付き合う続きというのはお金と身体ありきだと思っています。
最初はお金を持ってるから…という理由で杏藤と付き合い始めた珠希が、お金で左右されない初恋を知るという、描きたいものがはっきり伝わってくるという意味ではオススメできる良作だと思います。

0

可愛いけど過去もある

砂原さんの作品は最近手にとるものの当たり外れが激しく(すみません、でも好きでつい買ってしまうのですが)、これもどうなのかなーとドキドキしながら読みました。

受けの珠希は、水商売をする母とふたりきりな美形高校生。
ある理由で家を飛び出し一人暮らし。
自分で生計を立てているためバイトをかけ持ちし、金払いの良さそうな相手となら誰とでもつきあったりとちょっとハスッパな子。

攻めは正反対な生まれ育ちの杏籐、25歳。
彼は、製菓やレストラン等を手広く展開する大企業の御曹司。
性格は温厚で疑うことを知らず、当たり前だが金払いも良いカモネギ体質。

お坊ちゃまなため世間知らず(わけはあるのですが…)な自分を変えるため一念発起し、杏籐がやってきたのが珠希のバイト先のコンビニ。しかも初体験!
とにかく何も知らない杏籐へ店員マニュアルにあるような対応をし続けてきただけの珠希でしたが、「秀樹感激!」ならぬ「杏籐感激!」となり、告白しちゃうんですよね。
うーん、世間知らずってある意味最強…

最初は珠希も杏籐のお金に食いつき、いつもの調子でたかってやれとばかりに友達を引き連れて奢続きらせたりしているんです。
でも次第に、杏籐があまりに純粋に自分を信じ褒め称え、壊れ物のごとく大切にあつかってくることに戸惑いはじめるんですね。

この辺り、ハスッパな仮面をかぶり自分で自分を守ってきた珠希の純な部分が、徐々に杏籐へ傾いていって顔を出し出すのがとても可愛らしいのです。

が、初めての杏籐とのベッドシーンで(杏籐はチェリーさん)珠希の今まで軽々しくしてきた行為が垣間見えてしまい、杏籐にショックを与えてしまうのです。
その瞬間珠希はひどく傷つき、自分を恥じ、再び弱い部分を覆い隠して逃げ連絡を一切絶ってしまいました。

実際、珠希のやってきたことには原因となった事件があって、それははやい段階からそうなんだろうなーと思ってはいましたが、それがいつバレたり、母親に突きつけることになるのかが気になり読み進めました。
母親は軽率な人間ですが、珠希を愛しているんですよね。
心配もしています。唐揚げのシーンはジンときます。

喧嘩別れしたその後、半分ストーカー入った杏籐のおかげでことなきを得た珠希の軽率な行動も、杏籐は深い心で受けとめるんですね。
じゃあ最初に受けとめとけ!とおばさんツッコミますよ。
や、でも25歳のチェリーさんなら仕方ない反応なのか?

久しぶりに砂原さんのわたしの中の当たり作品で、最後まですんなり読めました。
受けにも攻めにもツンツン嫌な子がいなかったからかしら。
次回も楽しめると良いなと思ってます。

5

正反対だけどどこか似てる2人

美形だけど性格がひねくれていて色んな男女をとっかえひっかえしてきた珠希と、
お金持ちの御曹司だけどどこかズレている杏藤の話。
珠希のバイト先のコンビニのお客さんの杏藤が珠希に惚れてしまい毎日のように来店する。
最初は面倒だと思ってた珠希だけど、複雑な家庭環境でお金に苦労しているため、杏藤がお金持ちだと知って付き合うことに。
お金持ちの杏藤と家を出て安アパートで一人暮らししてバイト掛け持ちしてる珠希は一見正反対に見えるのですが、家庭環境のせいで子ども時代から辛い目にあっているところが共通点なんですよね。
ざっくりした設定は王道ですが、2人の抱えてる過去が結構重いわりにさらっと読めました。
杏藤の純粋な性格のせいで珠希の毒っぽさがマイルドになってる感じ。

1

王道設定なのに新鮮、とにかく可愛い!

甘くて可愛いラブコメ、でも二人の過去はけっこうヘビー。
砂原作品はぶっとんだコメディもあれば、シリアスものもありますが、
この作品はそれらを6:4でミックスしたくらいのテイスト。

思わず噴き出して、にやにやして、でもちょっと泣けて、しっかりBL。
「あーBL読みたいなー」って時に、安心して読める良作だと思いました。

「世間知らずの御曹司」なんてBLの王道中の王道設定ですが、
今作の攻・杏藤は、砂原さんらしい味付けと、日常のエピソードがもういちいち可愛くて!
一見よくある設定でも、使い古された感じがせず新鮮でした。
コンビニでのやり取りには思わず声を出して笑ってしまった。

受の珠希も「生い立ち故にスレている美形高校生」と、これまた王道タイプ。
でも本質的には賢く、容姿を利用して上手く立ち回ることはしていても、
それに甘えてただ享楽的に生きていたら未来がないことはちゃんとわかっている。
そのあたりが苦労人ゆえというか、地に足がついてるというか…
過剰にひねくれたり露悪的にならないところが、かえってリアルに感じました。

書き下ろしの後半も、前半に比続きべると一見地味ですが私はとても好きです。
付き合ってからひっかかりそうなトゲや、過去のトゲを丁寧に拾ってる印象。

母親とのぎこちないやり取りも好きでした。
この人はすごく愚かで身勝手だったけれど、でもずっと女一人で稼いで、
周囲に対しても突っ張って生きていて、考える余裕もなかったんだろうという気がします。
もちろん親として許されることではないけれど。

たぶん彼女にも、珠希にとっての杏藤みたいな出会いがあったんじゃないのかな。
まともな結婚相手ができて初めて余裕ができて、急にぎこちなく母親になろうと振る舞う…
その行動は勝手かもしれませんが、心情としてはリアルに思えます。

惜しいのは、杏藤の仕事や過去に触れるエピソードが少ないこと。
それゆえにタイトルがちょっとこじつけっぽく感じてしまう。
そこまで拾うにはページが足りないだろうけど、杏藤視点の短編とかも読んでみたかった。

その点でちょっと迷ったけど、でも何度も読み返したくなる可愛さだったので、神評価で。

1

二人の関係が回りに。

 母譲りの美貌で、男女問わず、手玉に取ってきた珠希。
 男癖の悪い母親に呆れて、勝手に家を出た珠希は、ボロアパートに一人暮らしをしていて、生活がかかっていたのだ。けれど、決して売春をしているわけでなく、恋人にちょっとしたお小遣いや食事をおごってもらう程度だった。
 そんな珠希がバイトしているコンビニに、まったくコンビニ慣れしてないサラリーマン・杏藤がやってきた。彼は、店員として当たり前の接客をしただけなのに、どういう訳だか、すっかり珠希のことを気に入ってしまったようで、ついには珠希に告白してくる。
 当然、珠希はそんな変なやつ、お断りするつもり満々だったが、彼が大企業の御曹司だと知り、付き合いを始めることにした。
 けれど、超がつくほどの箱入りであった杏藤は、信じられないほど純粋で、珠希もいつもの調子が出せない。
 汚れきった自分を優しいと言い、大切なもののように扱ってくれる杏藤に次第に珠希も惹かれていく……

 という話でした。
 なんというか、早々に家を出ざるを得なかった珠希は、かなりすれてしまっていて、恋だとか愛だとかを信じるつもりもまったくなくて。
 一時しの続きぎだと思っているから、適当な付き合いをして、適当に別れてきたけれど、まったくそうではない杏藤と付き合ううちに、大切にされることの喜びを覚えて、次第に杏藤に惹かれていく、という話でした。
 まぁ、あらすじだけはこんな感じなんですが。
 珠希が変わっていく過程の中で、珠希が珠希の母親に自分の本音をさらけ出して、ぶつかり合って、ぎこちなく再び二人の間の距離を作り直す描写があるんですが。
 なんていうか、そういうところがこの小説はすごいなー……と感じました。
 二人だけの恋愛話じゃなくて、周りがいるからこそ、その二人がいるわけなので、例え恋愛が原因であっても、その人が変わり始めると、それが回りに影響を及ぼすのは当然のことなんだけど、それをなかなか当然にかけている小説はあんまりないので、すごいなー……と思いました。

 そんな感じで、思春期のすっぱさも閉じ込めた優しい小説なので、ちょっと苦いけど甘い小説が読みたい方にはぜひ、オススメです。

2

甘いものが食べたぃな

「君は僕のモノなのに」
この言葉に泣かされてしまいました。・゚・(*ノД`*)・゚・。
何度も言うようですが、砂原さんて、言葉のチョイスが上手いよね。
思わずきゅぅぅぅううううううううううううんとしてしまう。
ちょっとオマケで「神」評価でもいいんですが、瀬戸際というところで(笑

幼い頃から俗物に染まって生きてきた受。
酷い環境も受け入れてしまっている自分がいて、男女かかわらず身体を重ね
あまつさえお小遣い・・・
そんな受がバイトするコンビニそこで出会った攻との~なお話なのであります。
「お弁当あたためますか?」から始まった恋ってww
なのですが、変人なのだけれど、純粋でまっすぐな攻
この攻がすごく良かった。
優しいから心が痛いんじゃないか(。´>д<)っ彡☆ '`゙ヵ'`゙ヵ'`゙ヵ
決してシゴトとして自然のことで、トクベツ優しくしたわけじゃない
そんな自分に誠心誠意の気持ちを見せてくれる攻に戸惑いながらも惹かれていく受。
こいつ、ちょっとおかしいんじゃ・・と思いながらも心を許していく様がすごく良かった。
はじめての合体(言葉が汚い;)
未遂の最初続き。それから~な展開がすごく胸が痛かった。
初めて自分から欲しいと思った。けれどそれを拒絶さ・・・;;

後半の、カップリング後~なお話。
どちらかと言えばこちらの方が好きでした。
受の気持ちがすごくキュぅんと染みた。
アイツだけは。そんな風に言う受が可愛く。
なにより受が好きな攻が好きだった。   
途中、そんなにかな・・と思いながらでもあったんですが
(そこが神にしない理由)
読後としては良かったです。
途中途中の言葉がギュっとくるの多かったんですよね。うんうん。

きっと一生この攻は受のこと大事にニコニコしながら暮らしていくんだろうな
そんなふうに思える作品でした。読後のホッコリがイイ

2

ボンボン攻

帯『汚れた俺を、彼なら許して愛してくれる』

取り柄は「顔だけ」でスレた性格で17歳にして男女問わずタダ飯を食べさせてもらったりお小遣いを貰ったりしている珠希〔受〕
そんな彼がコンビニで一風変わった客、杏藤〔攻〕と関わった所から話が展開していきます。
杏藤はいい所のボンボンなんですが天然で他人を疑う事を知らない様なお人好し。
杏藤が珠希に告白するシーンも可愛いです、コンビニの商品についてるシールを台紙に毎回貼っていってそれが20枚溜まった所で告白するんですよーー可愛いぞー!
育ちや家柄も全く違う2人で、最初はいいカモだと考えていた珠希ですが、杏藤を知る内に次第に本気の恋に落ちて行きます。
珠希の母親が出てきた時にはこいつ邪魔するんじゃないかと危惧してたんですがそんな事もなく、ちゃんと幸せにくっついたとこも良かったです。

1

特に…

ちるちるでの評価は分かれてるな~と思いながらも、砂原さんは嫌いじゃないので購入してみました。結果はまあこんなものかなという感じ。前半は楽しかったのですが、後半は無難な感じに落ち着いちゃってます。

設定としては御曹司×薄幸美少年でありがちなもの。ただ前半は御曹司のあまりにも世間知らずな性格のせいか、若干コメディっぽい部分もあり楽しめました。薄幸美少年の珠希のつっぱった感じが、杏藤を好きになっていくにつ入れて徐々に可愛くなっていくのもよかったです。

ただ後半のできあがってからの二人はちょっと物足りなかったです。杏藤さんの宇宙人ぶりもあまり出てこないし、それよりちょこちょこ出てくる珠希の母の印象が強かったです。珠希の過去から関わってくるのは仕方ないにしてもちょっと出過ぎかな。しかも邪魔するわけでもなく、何のために出てきてるの?って感じでした。主役二人も最初のつっぱり具合や宇宙人ぶりがなりを潜めた感じで普通のカップルになってたのが残念でした。

2

んー

微妙でした。
前半は面白かったんですが、後半がなァ…。
攻めのエキセントリックさ、最初は面白かったんですが、後半になるほど笑いも萌えもなくなっていったというのが大きいです。
とくに後半は、ひたすら不自然さを感じてしまいました。

攻めの仕事であり、タイトルにもなってるせっかくのスイーツが、ストーリー上でいまいち生きてないのも気になりました。
コンセプトの上では「甘い食べ物がもたらす魔法のシアワセ感」みたいなものを演出したかったんだろうなと思うんです。セオリーですし。でもなんか、とってつけたようなスイーツ絡みのエピソードだなと。

とってつけたような感じがしたのはそこだけじゃなく、母親とのエピソードでも同じことを思いました。母親絡みのエピソードはひたすらナンダカナァだったんですけどね。
甘いというかぬるいというかリアリティがないというか。
いっそ母親を出しゃばらせないで欲しかったです。
そもそも親子そろって最初からヤサグレ感がないのが気になってたんですよね。つまり、「取って付けたようなヤサグレ感」に「取って付けたような和解への道」だと感じたんです。

あとエッチシーン。
せっかく「年下受続きけは経験豊富だけど年上攻めは童貞」という設定なのに、エッチシーンにその設定が生かされてないと思いました。
攻めは最初からテクニシャンでフェラも上手いし、受けはメロメロにされるし。
ここはせっかくこの設定なんだし、逆に受けが導くパターンを読みたかったなと思いました。
続編でも受けは攻めを待ってるだけだし。相手が経験値一回きりの男だと解ってるんだから、受けの側から仕掛ければいいのになと。

2

お互い初恋だったんだ!

題名からして甘そうv
でも砂原さんだからどっか痛いんだよ、、と用心しながら読み始めると。。
何とヤンチャで蓮っ葉をふるまう高校生と、宇宙人のような天然社会人。
え、コメディなの?
でもね~、大体高校生の設定も宇宙人みたいな性格っていう設定も一つ裏返せば痛い性格ってことだよね。
等と思いながらもグイグイ引き込まれる面白さ!
むしろ、それぞれの言動のすれ違い、気持ちの取り違えが胸に痛くて、切なくて、何だー!これ、キュンキュンするじゃないか!
よくありそうな王道的(?)設定なのに、さすが!ツボ(性格からエチまで)は押さえられていて、こうきたか!な展開にとても満足なのです。

バイト先にやってきた、まるで初めて日本にやってきたような誰もが知っているコンビニのシステムを全く知らない男・杏藤にセオリー通りに対応しただけなのに、ものすごく感謝&感動されて好かれてしまった高校生・珠希。
家庭の事情もあり、歪んだ遊び人のような風を装っている珠希は、杏藤が金持ちなのを知り、最初は金づると思い付き合いをOKするのだが、段々と彼の事が特別になり始めて今までの付き合った男女のような態度はとれ続きなくなります。
好きだからセックスしたいと思う珠希と、すきだから大事にしたいと思う杏藤の気持ちはすれ違い・・・

今まで出会ったどの人とも違う杏藤に、珠希は大人の汚い面ばかり見て生きてきてしまった為に、すごく新鮮だったんじゃないかな?
彼の色々なまるで深窓の御坊ちゃまみたいな面を馬鹿にしていたのに、初めて彼の家に行ってゲームを思い切り子供みたいに二人で愉しんだことから、その時、彼の事情を知った事により、彼が一段階珠希にとって身近になったんですね。
歳の近い友達みたいな感覚でいたのに、ある時、理屈をこねる大人のような発言をする杏藤に珠希は失望してしまったり。
それは、珠希の抱える事情と過去を杏藤が知らないから仕方ないことですよね。
だから二人が、それぞれを知り、理解しあうことで、近づいたり離れたりしながら、結果距離を縮めていく姿は、すごくまっとうに感じるのです。
杏藤、世間知らずなのに、何故か会社ではしっかり仕事して、社会適応できているのにビックリです!
きっと人と交わらずに育ったということなので、人の気持ちや裏を読んだりという、そういう機微に疎いというのはあるかもしれません。
そこが彼の宇宙人たる最たる部分なのかもしれませんね。
二人で行く遊園地のシーンが最も気持ちが寄り添う部分。
しかし、そこで驚愕の!?
そこでもまた訪れるすれ違い、、、何か悲しかった。
珠希、わかってるんだけど、杏藤が純粋であるだけに、世を知らないだけに彼が一人で勝手に深く傷付いてしまう様、知らず知らずのうちに傷つけてしまう杏藤が、せつなかったです。
ラストのまとまるシーンについては、ちょっと都合よかったかな?とも思うのですが、そのくらいの強引な持って行き方がなければ杏藤は積極的になれないし、珠希もさらけ出すことができなかったんですよね。
もう!初めてのエチなのに、濃厚でしたww

『スイーツキングダムの生活』においても、再び二人はすれ違います。
しかし、杏藤の天然ぶりに思わず苦笑。
でも年相応の珠希の姿が何だか可愛らしくて、愛おしかったのです。
母親と何故か和解してしまうのには、母親がまるで今まで長年暮らしてきた生活と性格を、相手が変わっただけでこんなにも変わるもんか?というのがどうにもガテンがいかないのではありますが・・・
それでも、杏藤の摩訶不思議な「家族」理論に笑わせてもらいましたw

何だろう、それぞれに複雑なモノを持っているのに、すごくあったかくて、優しくて、居心地の良いお話でした。
余り痛いと構えたのも少し空振り?
安心して読めます。

1

王道………のはず。

大企業の御曹司 × 美少年高校生

というBLの王道ど真ん中の設定なのに、ぜんぜん王道に見えないのは何故でしょう; やはりキャラクターwのせいなのでしょうか。

攻めの杏藤は御曹司ですが、超箱入り(これには事情があったのですが)のため言動が宇宙人です。
受けの珠希は高校生でも、経験豊富(これにも事情が…)。スレた子でした。

……完全に立場逆転です。
御曹司×美少年なら、オレ様な攻めを、受けの純粋な心が落とすとか……大抵は、純粋とか純情なのは受けな気がします。

しかし、本書では立場逆転。超純粋で天然なのは杏藤の方です。告白するためにパンについてくるシール集めちゃうくらい純情な奴です。
この時点で、うっかりカワイイとか思ってしまった私はダメですね……。
後は完全に珠希に感情輸入して泣いてしまいました。
珠希も一見スレた感じですが、コンビニのバイトは真面目にやっているし、グズグズの母親を見捨てられなかったりと、本当はいい奴です。

二宮悦巳先生の絵も素敵でした!!! 特に、カラーと、一枚目の美少年珠希とぽ~っとする杏藤の絵が大好きです。大好きな先生方の作品続きが一気に読めて、かなりお得でした〃

この話、続編とか出ないんでしょうか? 王道であれば、この後「同棲」とか「入籍」いう展開になってもおかしくないですが……。宇宙一鈍い杏藤のことです。一筋縄ではいかなそうです(^^;ゞ

本当に面白かったです。

0

ネタバレしてます

面白かったです。出先で読んだのですが、途中なんだかかなしくなってうっかり泣きそうになりました。
主人公は母親の仕事の関係上いろいろあって性格がねじれていて、序盤はそれでちょっと嫌な感じの子だなぁと思ったのですが、斜め上を行く思考回路をしているくせにときどきひどくまっとうで正しいことを口にする杏藤さんに、放任を主義としているわけではなく殆どネグレクトじみた仕打ちを受けてきた珠希君にとってそれは、そういうふうにだめなことはだめだとちゃんと言ってくれたりたいせつにしてくれたりといったことが悪い意味ではなく衝撃で、どんどん絆されていくのを見ているうちに、そして彼のさびしさを知るうちに、気の毒になってきて遣る瀬なくなりました。
年上と付き合うときは小遣いを貰うくらいどうということもなかったのに、杏藤さん相手にはせびることができない。それは相手の誠実さを前に、そんなことをしてはいけないのだということを、本当はよくよく理解していたからなのだと思いました。
自分の派手だった恋愛面の過去を明かしたことで杏藤さんと気まずくなってしまい、別れを切り出した珠希君は、つらいのを隠して励ますようなことまで口続きにして、いい子だなぁと思うと同時、かなしくてならなくなりました。そうして杏藤さんに誰にも言えずにいたことを話した、その素直な気持ちの吐露に、外出先であるからぐっと堪えましたが目の前が滲みそうになりました。
珠希君は杏藤さんと出会えて本当によかったと思います。真面目で温厚、ルックスも申し分ないけどときどき言動が突飛な杏藤さんに、この先ずっとだいじにされて、仲良くしあわせに過ごして欲しいなぁと思いながら読み終えました。
ちょっと笑ってしまったり、せつなくなったりハラハラしたり、そういうのがぎゅっと詰まってて一気に読めてしまうと思います。珠希君は誘い受とか襲い受にあたるのかも知れませんが、私はそれが苦手なのですが問題なく読めました。砂原さんがおすきな方なら楽しく読めるのではないかと思われます。

1

砂原節炸裂です。

やはり砂原作品は心に屈折や痛みを抱えてる人を描くと途端に輝きを増します。シリアスになり過ぎずにコメディーな箇所も散りばめられてあり緩急が効いてバランスが良いです。宇宙人的思考の御曹司(攻)×美少年の馬鹿校の高校生(受)の二人共が育った家庭環境に問題があるが故に一筋縄ではいきません。よくあるシンデレラストーリー身分違い萌えでないのがこの物語に奥行きを見せています。だからこそもどかしいけど、出会うべくして出逢ったという特別感があってとてもキュンときました。ディズニーを出すのは著作権やら難しいのかも知れませんが、架空の夢の遊園地は楽しそうでした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ