わるい男の愛し方

わるい男の愛し方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796401548

あらすじ

敏腕プロデューサー黒崎と出逢いシナリオを書く小説家の東雲。だがシナリオのダメだしで裸になることを黒崎に命じられて…!?

若手作家の東雲はスランプで悩んでいた。テレビ局の敏腕プロデューサーの黒崎と出逢い、シナリオを書くことになった東雲。だが、黒崎のダメだしは過酷だった。東雲のプライドを崩すため、裸になってシナリオを書くことを命じて…!? 若手の小説家は、プロデューサーに調教される!? スキャンダラス・ラブ!!
(出版社より)

表題作わるい男の愛し方

黒崎隆将 チーフプロデューサー
東雲晃司 シナリオライター

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

理解出来ず…。

過去、純文学の登竜門だといわれる賞を受賞した事のある晃司(受け)。
一作目の小説は大学時代、演劇部の為に書いたシナリオを小説にした物が受賞されベストセラーとなったのだが、二作目は酷評で散々な結果だった。
その為三作目を書く熱意もなくなってしまった晃司。
バーで悪酔いしていた晃司の前に思わず見蕩れてしまう程の男が現れた。
彼は晃司が「東雲晃司」だと知っている様だった。
晃司は彼に挑発され、一週間後にシナリオを書いてくる事を約束させられた。


晃司にシナリオを書く指導をする黒崎ですが、彼の心情が殆ど分からなかった。
何を考えているのか、晃司をどう思っているのか最後の最後まで分からなかった。
何故「徹底的に自分を壊す」為に、裸にコートを羽織ってる状態で晃司を外の非常階段へ連れて行き、エロい事をしたのか。
他の人の迷惑だから…。
(-_-;)
次作の為とは言え、晃司を部屋に監禁し、裸で過ごさせるし。
何だそれ。
全く私には理解出来なかった。
そんな行動、必要か?
黒崎の考えてる「必要性」が私には全く理解出来ず、逆に笑っちゃったよ。
あと、晃司のプライドの高続きさが嫌で、最後まで読むのが面倒になってました(読みましたけど)。
私の好みの作品じゃなかったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ