あなたのためならどこまでも

あなたのためならどこまでも
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×27
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

263

レビュー数
11
得点
81
評価数
23件
平均
3.7 / 5
神率
26.1%
著者
作品演出・監督
郷田ほづみ・松下一美
音楽
イマジン
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
中村明日美子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
75 分
枚数
1 枚
ふろく
封入特典: キャストサイン+一言コメント+写真付き メーカー通販特典:トークCD(出演:鳥海浩輔・三木眞一郎)ブックレット
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

堅物メガネ美人刑事・高千穂巧は、一年間追い続けたイケメンたらし犯・七海洋一をついに離島で逮捕した! このまま手錠に繋いで本庁に連行するはずが、なぜか「蜜月旅行[ハネムーン]」(七海談)になっちゃって!? ちょ~受難BLラブコメ決定版!!! イケメンの結婚サギ犯人・七海×堅物メガネの美人刑事・高千穂の、ぶらり離島逮捕の旅がついにドラマCD化! 
「あなどこ番外編~奈落何処絵巻~」に加えて、中村明日美子原案・監修のオリジナルストーリー「奈落何処絵巻・其の二」も特別収録!

表題作 あなたのためならどこまでも

七海洋一 → 三木眞一郎

高千穂巧 → 鳥海浩輔

その他キャラ
漁師[小野友樹]/ ラッシー[江口拓也]/ 先輩刑事[興津和幸]/ ナレーション[井上剛]

評価・レビューする

レビュー投稿数11

スラップスティック・コメディ

原作は既読ですがあまり印象に残っていませんでした。ところが…このCDは面白かったです。鳥海さんと三木さんが再現した「間」に、「あ~…なるほど!」と原作の持つ面白さがやっと分かった気がしました。

追う男と追われる男のスラップスティック・コメディです。ドタバタなエピソードが重なった末に迎えるハートフルなエンディングはさすがだなぁと思いました。脇役が驚くほど豪華なのも聞き所の一つです。平安編も楽しかった。

原作の絵のイメージからするとお二人ともちょっと違うかなぁとは思うので、私の場合はそこまで原作に思い入れがないのが逆に良かったのかも。

0

エロは少なめですが(ちるちるさん調べ)爽やかではない

隙あらば高千穂さんが剥かれてた気がするんだけど、
エロ度「少なめ」なんですね。ちるちるさん。

原作未読。
三木眞さん×鳥さんというと「ボーダー・ライン」ですが、
あ、しかも、鳥さんどちらも刑事役だ。
そういえば、三木眞さんのお声もチャラいトーンが似てますね。
でも、ぜんっっぜん別物です。まったーく別物です。

高千穂(鳥さん)のテンションの乱高下が激しくて、
お得意のちょっと裏返ったテンパったお声が堪能できます。
七海(三木眞さん)は飄々としていて、動じない感じで、
テンパってる高千穂さんを宥めたりしてる。
ほぼほぼそういう境遇に陥ったのは七海の仕業なんですけど。

チャラさや嘘に紛れて、ちらちらと七海の本心が見えたりして、
ただのドタバタではない(8割方そうですが)
素直になれない大人の、かわいらしいラブストーリーです。

0

ぴったり

今さら、という感じですが、アニメイトを物色している時に そういえば聴いてなかったな~と思い購入。原作既読です。

いや~、ほんと三木さんはなんでこんなにもちゃらんぽらんな役が似合うんでしょうね!!鳥海さんも相変わらずツンデレがお似合いです。ひょうひょうとしてるけど影のある七海、必死なのに空回りしてる真面目な高千穂、どちらも良かったです。ベテランなお二人なので原作の独特のおかしなテンションが楽しめました。一方で七海の本音とか、そんな七海の救い?になる高千穂のシーンはしっとりと仕上がっていて、これもまた流石。大半は気楽に聴けるシーンなので、作業中に流しても楽しそうです

0

ドタバタ可愛い

原作既読です。

原作も読んでいて、こちらのCDも楽しみにしていました。
七海役の三木さんも、最初聴いたときはしっくり来ませんでしたが、
気になる部分を聴きかえしてみたら、違和感もなくなりました。

鳥海さん演じる高千穂は掛け合いも突っ込みも面白くてよかったです。
色っぽいシーンは少ないけれど、雰囲気はとても好きだし萌えました。
しかし、眼鏡ツンデレキャラは本当に萌えますね。
それを大好きな鳥海さんが演じて下さるなんて、贅沢で幸せなことだなぁと
思いました。

2

しっくりこない…?


原作既読です。

現在も時折続いている、明日美子さんの『あなたのためならどこまでも』。
本当に大好きで大好きで、こちらのドラマCDも相当楽しみにしながらスイッチON。


…こちらのドラマCDのファンの方に申し訳ないと思いつつ、私の個人的な感想を。

原作を大好きだからこそ、のイメージの相違というのでしょうか。
正直、のっけから全然楽しめていない自分が居ました。

高千穂さん好き、七海好き。
鳥海浩輔さん好き、三木眞一郎さん好き。

なんですが。
どうしたものか、最初から最後までイメージがかち合わない!
「高千穂さんってこのトーン…じゃない気がする」
「七海ってこんな喋り方…じゃない気がする」
ばかりが頭の中を駆け巡ってしまって。

もうどうしたものか、全然内容が頭に入ってこなかった。
印象が一切残らないなんて、私にとっては珍しすぎる現象で思わずうろたえました(苦笑)


…こういうことってあるんですね…。
原作も、演じてらっしゃる声優さんも、全て大好き要素が詰まっていたはずなのに、残念です。
嫌いな訳じゃない、続き面白くない訳じゃない。
しっくりこない。
この言葉が、真っ先に浮かんでしまいました。

1

BL版ロードムービー

 原作既読

 中村明日美子先生のギャグテイストをめいっぱい詰め込んだライトなBLCDです。
 良く考えると設定は結構重いのだけれど、楽しめます。
 会話が漫才というかコントみたいで。
 三木さん演ずる七海が繰り出すボケの数々に鳥海さん演ずる高千穂が頭の血管ちぎれそうになりながらツッコむ様子が可愛くて少し可哀想で面白いです。
 いろんなところを転々とする様子が日本や海外のロードムービーを思い起こさせます。
 手錠がまたとんでもなくラブアイテムになっていて。
 七海に翻弄されながら絆されていく高千穂と高千穂の人間としての誠実さに癒されていく七海をお二人がコミカルにけれど少し切なく演じていらして。
 さすがだなって感じです。
 平安編は単純に楽しいです。映像が目に浮かぶ(笑)

 楽しい一枚を聴きたい方、ぜひお聴きください。

 
 

1

う~~ん・・・

中村先生が原作です。
コミックの方も萌えれなかった私です。
ギャグも有り Hも有りだというのに。
やっぱり血が飛び散らないといけないのかなあ。
手錠だけでは 何かが足らない感じです。
CDも 萌える事が出来ませんでした。
話の流れがとても単調で途中寝てしまった。
どこが話の山なんでしょうか。
私には見つけることが出来なくて
何回も聴いたのだが その度に寝るという悪循環。
結論 しゅみじゃない。
声優は三木さんと鳥海さんだったんだけどなあ。
ごめんなさーーい。自分にはダメでした。

1

み、み、三木さんのチャラくてけだるい敬語!!!

『あなどこ』は、私にとって中村明日美子さんを好きになった
メモリアルコミックスだったんですけども。

そのCDのキャスティングが三木さんと鳥海さんだなんて!!!!
テンション上がらずにいらいでか!!

あのですね、鳥海さんのキリッとしつつ
叫びながら怒る高千穂さんにめっさ萌えなんですが、
私的に、こんな三木さんが
もう、もう、ニヤニヤしっぱなしなんですよ!!!
なんですか、三木さんは好きな声優さん五本の指に急激にランクイン!!

『よくある話。』でもフェロモン全開すぎだろ…と思っていたいのですが
(もちろんあのオヤジ受けも神)
年下攻めっていうのもいいし、いちいち本当にセクシー!!
ラブコメBLなのにもかかわらず、悶えまくりです!!!
キスの時の「ん」ですら、えーーーろーーーいーーーー!!
Track4の「…きゅんときた」に、こっちがきゅんだよ!
「あーコレは…惚れ だな!!」に、マジ惚れだってば!!

Track5
高千穂さん「大っ嫌いだ も… 俺のこと 忘れたのかと思った…!!」
七海「…ごめんね…」
の一連のシーンに、吐血……。
続き論その後の甘いシーンにも♪

はぁぁぁぁ、すんごくいい、ものすっっっごくいい!!!
(聴きながらレビュってます)
鳥海さん、こういう叫び&テンパり系がすごくお上手。素敵!!

コミックスのセリフ+わかりやすく説明的なものも足してくれているので
原作片手じゃなくても充分楽しめます。

……って、あれ?これムービックさん!?
お一人でも沢山の方に聴いて欲しい良作です!!



1

あぁ~楽しかったです!

ハイテンションな叫び声連発の鳥さんと、3枚目でも
フェロモンだだ漏れの三木さんはホントたまらんですww
鳥さんのこのテンションはまんま『トラさんと狼さん』で、
私の大好きなツンデレバージョンの鳥さんだったから
もうそれだけで萌×2です★
特に「こてこてでんがな」「いやぁーーー!」って
吉本漫才的な展開の後の鳥さんのエロさのギャップには激萌ww

脇にこれから売れてきそうなお気に入り声優さんが
ポツポツ出てたとこもうれしかったです♪
本編では影薄かったんですが、番外編ではしっかりエエ声
聞けて満足ですww
特に小野さんはこれからどんどんBLに出て欲しいなぁ~
できればメインの受で、攻で...

平安時代編はこれまた雰囲気変わってお得感たっぷりでした。
2人のラブラブっぷりと、アホっぷりがさらにUPしてて
ニヤニヤものです。
2人揃ってのヒーヒーフー、マジでウケる~!!
もっとロングバージョンで聞きたかったなぁ~

本編でも番外編でもエロ面に関しては期待しないで下さいね。
でも、このコミカルなストーリーにはこれぐらいの薄さが
しっくりくると思う続きんです。
チューが何回かあるんですが、これがエロかった~
さすが三木さんと鳥さん!
漏れ聞こえる二人の吐息がたまらなくエロいです...
手錠でつないだままでのイチャイチャシーンは
やっぱりマンガでも見てみたいですね~
原作未読なので、近いうちに原作も読んでみたいですww

1

掛け合い漫才です

飄々とした結婚詐欺師の攻め(三木さん)と真面目ツンデレ刑事(鳥海さん)の掛け合い漫才がとても楽しい作品。トムとジェリーみたいな二人です。や、ルパン三世と銭型警部かな。
原作がそうなんですが、微妙にシュールなドタバタコメディです。テンション高め。
なので、中村明日美子さんの原作特有のセンスやノリが好きなら楽しめるし、そうじゃないなら楽しめない、意外とはっきり趣味の分かれる作品じゃないかなと思いました。

三木さんと鳥海さんの息はぴったりでした。
原作の空気をちゃんと理解して演じてくださってました。
真面目になりすぎない必死さっていうんでしょうか。棒読みする箇所での絶妙な棒読み加減とかさ。

あと、平安時代編もちゃんと入ってたのが嬉しかったです。
平安時代編のほうは原作で続きがあるみたいで、オオッと思いました。

フリト
三木さんがよく喋っておられました。なんか嬉しいですね。相手が鳥海さんだからやりやすかったって。

1

激萌!

ボーダー・ライン以来ですね 三木さんと鳥さんの再共演
本当に待ちに待ったぞ!!!

もともと中村先生のファンではないのですが
この作品をきっかけに見直しました
本当にいい作品です!
面白さとせつなさも全部ツボでした!
人物の設定もかなり好みでした。

今回もまた鳥さんが警察を演じられましたww
佳也と違って、高千穂は真面目でも、ちょっと鈍いところがあります。
三木さん!!!!三木さんかっこうかわいいですよ三木さん!!!!!!
三木さんが演じられた七海は本当に面白いです!!
結婚詐欺師ですが高千穂に対してかなり一筋、こういう攻めが大好きだよ!!!
二人の相性にも感心しましたww

特典ftはまだ聞いてないですが
どんな話をしてるのか楽しみです!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ