「是-ZE-」ついに完結!!

Dear+ 2011年 05月号(雑誌著者等複数)

Dear+ 2011年 05月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
33.3%
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN

あらすじ

5・6・7月号連動描き下ろし番外篇マガジン
「ディアプラス・ヘヴン7」応募者全員サービス!! (※応募者負担あり)
麻々原絵里依×岩本 薫/門地かおり/夏目イサク/扇ゆずは/
木下けい子/梅太郎/阿部あかね/花村イチカ

表紙&巻頭カラー大増56ページ!! 
「是-ZE-」志水ゆき
スーパー人気連載、ついに完結!!

カラーつき新連載スタート!!
「愛しのドクターコート」梅太郎
梶×哲、その後のイノセント・ロマンス

カラーつき新連載スタート!!
「愛おしいってそれだけで」阿部あかね
桃色ラブ・ディスティニー

カラーつき新作読み切り!! 
「俺とお兄ちゃんの普通の生活」山中ヒコ
平凡弟×美形兄のワンダフルライフ

「プリティ・ベイビィズ」麻々原絵里依×岩本 薫

小説「プリティ・ベイビィズ〜have a sweet taste 3.14〜」岩本 薫

「リアリストによるロマンチシズム」木下けい子

「レオパード白書」扇ゆずは

「イケズ彼氏の堕とし方」左京亜也

「仲良し2」三池ろむこ

「がっこうのせんせい」松本 花

「お星様キラキラ」志々藤からり

「シェイクスピア・シンドローム」冬乃郁也

「ほしあらし」橋本あおい

「フィーリング・インパクト」倉本まさき

「ひまわり畑で会いましょう」北沢きょう

表紙/志水ゆき
もれなくもらえるペーパーコレクション/志水ゆき
リレーエッセイ/牛乳リンダ
(出版社より)

表題作Dear+ 2011年 05月号(雑誌著者等複数)

複数/学生・会社員・刑事・ホスト他
複数/学生・会社員・牧師・医師・漫画家他

その他の収録作品

  • 志水ゆき「是-ZE-」
  • 梅太郎「愛しのドクターコート」
  • 阿部あかね「愛おしいってそれだけで」
  • 山中ヒコ「俺とお兄ちゃんの普通の生活」
  • 麻々原絵里依×岩本薫「プリティ・ベイビィズ」
  • 木下けい子「リアリストによるロマンチシズム」
  • 扇ゆずは「レオパード白書」
  • 左京亜也「イケズ彼氏の堕とし方」
  • 三池ろむこ「仲良し2」
  • 松本花「がっこうのせんせい」
  • 志々藤からり「お星様キラキラ」
  • 冬乃郁也「シェイクスピア・シンドローム」
  • 橋本あおい「ほしあらし」
  • 倉本まさき「フィーリング・インパクト」
  • 北沢きょう「ひまわり畑で会いましょう」

評価・レビューする

レビュー投稿数3

やっぱりツンデレが好きv

今回からディアプラス・ヘブン7の全員サービスが始まるということで買ってきました。

まずは連載作品で一番の注目は「是」(志水ゆき)
いよいよ最終回です。
コミックは読みましたが、雑誌はちゃんと追ってなかったので間かなり抜けてるんですが。
なので、和記編についてはちゃんとコミックスで完結までの道のりを読みたいな、と。
ここにきて雷蔵が出てきて。
雷蔵と紺のつながりみたいなのについて述べられてるシーンになんかキュンです。
この2人にはそれほど思い入れなかったけど、なんだかじんわり温かく感じるものがありますね。

ほか気になった作品。
「レオパード白書」(扇ゆずは)
イチャラブですね。
独占したくて仕方ない感じの燐花もかわいいし、初々しい薬師寺もかわいい。
かわいくて綺麗で強くて。
そんな薬師寺の背中にベッタリは燐花が非常に大好きですvv

「仲良し2」(三池ろむこ)
前作を読んでないので、今作から察するしかできなのですが。
ツンデレな感じが非常にかわいいです。
野上、もろ好み~vv
フテ寝みたいな感じとかたまりません。
上條も気付けよ!とか思わな続きいでもないですが。
この続きがまた読めればいいなー。

ちなみにディアプラス・ヘブンの執筆陣は麻々原絵里依×岩本薫、門地かおり、夏目イサク、扇ゆずは、木下けい子、梅太郎、阿部あかね、花村イチカです。

0

「是-ZE-」とうとう最終回~~~

付箋は見事に回収されましたね~
しかし正直まだまだ読みたかった!
知りたかったこともてんこ盛りに残ってるし~(>_<)

和記と真鉄に関しては、ラストの1ページは表紙に続くのだろうな♪
ふたりの幸せそうな表情を見る限り、和記の願いは届いたのだろう。

満開の桜の下、見事な大団円だと思う。

「……奇跡ってなぁ 絶対に起こらんから奇跡なんやのぉて
たまに起こるから奇跡ってゆうんやと思うで 和記」

阿沙利の言葉が胸に残った。





0

最終回!!ZE-------------ッ!!!!!!!???

<是:志水ゆき>
志水ゆき『是-ZE-』 この為だけにDear+を購入していた!といっても過言ではございません。 
 とうとう迎えてしまいました最終回!! う~~~んんん・・・・ 物足りない!! 謎は解けた!といえば解けた・・。力一の最期、真鉄の最期、彰伊が何故皆に疎まれていたか・・解りましたよ。和記の想いも・・・でも、読者としてはもう一歩先まで、読みたかったwwwwww。 あの後どうなるのか!! きっと今度こそ奇跡は起きて、和記にも春が来るんでしょう。って読者の想像に任せる様な終わり方って、志水先生!!酷ってもんですよ。 BLの読者ってのは、スピンオフが大好きなように、その先・その後がとても楽しみであり、醍醐味な訳で、和記のその後、玄間の氷見のその後、阿沙利と彰伊のその後、守夜達はどうしてる?って、それはそれは気になり、終わるならしっかりみんな笑って終わって欲しい場合もあるでしょう!! 私は今作品に関しては特にその最期が欲しかったwwwwww。 そして、あんな非道の和記が最期の最終回にきて、なんだか素直に最期の望みをかけて行動する・・ってのも納得いかない。力一の死に様だって、どう続きやったから腹の中が無くなったのか!左足先がなくなったのか?? 言霊使って彰伊を助け様としたから、厄災の返りがあったのか???? ええ!!ええ!!納得いかないのです!!(><) もっと続きが読みたかったワァァ━゜(p゚´エ`゚q)゜。━ン!!!  7月末に最終回収録の11巻発売との事、描き下ろしがあるんでしょうか?? とにかく、もう一度通しで読んだら、少しは納得いくんだろうかぁ・・。  なんだかモヤモヤですが、これはこれで終わり方も有りかぁ・・!?そして、Dear+9月号から 新連載!! ・・・新連載より続きが・・・・ いつまでも往生際が悪い私ですp(´⌒`。Q)グスン
<レオパード白書:扇ゆずは>
 とりあえず、教授に脅迫されて復縁を迫られていた薬師寺先生。 おじ様好きの薬師寺先生のことだから、ふらふら行っちゃうのかと思いきや、男前だったvvv 燐花との濡場はしっかりラブラブvvでよかったですv
<愛しのドクターコート:梅太郎>
梶と哲シリーズ第一話スタートですが、何!! 別れてたの????ってな展開からです。目が離せません。二人ともどうやら、未練タラタラみたいですvv

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ