gateau Vol.3

gateau Vol.3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥933(税抜)  ¥1,008(税込)
ISBN
9784758071482

あらすじ

表紙、小椋ムク先生!!!!

漫画ではVol.1で『眼鏡着用ノススメ』が好評だったウノハナ先生が登場♪

そして『ひとりじめボーイフレンド』のありいめめこ先生が待望の新連載スタート!!

(出版社より)

表題作gateau Vol.3

アンソロの為割愛
アンソロの為割愛

その他の収録作品

  • ありいめめこ「ひとりじめマイヒーロー」
  • 秀良子「春の月」
  • 高岡七六「戦国BushoLove」
  • 鬼嶋兵伍「ハミングバード」
  • 雲之助「男の子と恋」
  • ウノハナ「願いましては!」
  • 雨森ジジ「その如月の望月のころ」
  • さがのひを「ろくでもないあなた」

評価・レビューする

レビュー投稿数1

やっぱり秀良子さん作品がずば抜けてイイ!!

今回のgateauの表紙は小椋ムクさんですよー!
絵が細かいし良く見ないとわからないけれど、それでも何だかほんわりした絵で思わず額に入れて飾っておきたいような花の雨を降らす絵です☆
いや、本当に切り取って飾っておきたいかも?

多分、今回のこの本の目玉はありいめめこさんの単行本『ひとりじめボーイフレンド』のスピンオフ、大柴のお兄ちゃんとパシリの勢多川が主人公の『ひとりじめマイヒーロー』
秀良子さんの前号掲載『金持ちくんと貧乏くん』のスピンオフ的、金持ちくんのおじいちゃんのお話でしょう!

めめこさんの本編単行本、自分的には今一つだったのですが、そこで大柴のお兄ちゃんの登場が?で、このお兄ちゃんと勢多川の話だったら見たいな、なんてレビューしてたんですが、、、やはり伏線だったのか!?な展開でした。
もちろん、あの本のカプ達ももちろん登場します。
勢多川ってば不良にパシリに使われてたんですが、最近不良狩りをするヒーローが現れると言う噂の中、パシリにしていた不良達が狩られるという事が起き、何とそのヒーローは大柴の兄・コースケだった!
とても先生とは思えないハチャメチャなコー続きスケが愉快ですが、勢多川は元々パシリ性格なのよね、、、
しかも先走りすぎた思い込みの人!?そしてドSなんかーーー!?
一体勢多川はコースケにどう料理されてしまうんでしょうか?
ちょっと最初一回読んだだけだと、何だかよくわからなかったんですが、繰り返し読んでやっと理解できた、みたいな、、わかりにくい展開が難点。
多分単行本を読んでいないとわかりにくいかもしれません(涙)

かたや、秀良子さんのは、胸につまりました!!
ちょっとTATSUKIさんの「八月の杜」のおじいちゃんの話ににてなくもないですし、おじいちゃんの話でBL展開といえばこの流れは定番でしょう。
おじいちゃんの青春時代は戦時中でした。
その時、やはり貧乏君のおじいさんと同級生で、「あなたは私の太陽」と、そのモノローグが切ない想いを代弁しています。
貧乏君とデートする時、おじいちゃんは若返ります!←多分にそれは気持ちの具現化ではありますが、、、
こんな青春を送ってみたかったと言うおじいちゃんの密かな切ない想いだったんですね(涙)
この二人はおじいちゃんの気持ちを実現してくれるんだろうか?
本当切ないのにやっぱり心があったかくて、、、この作品だけなら「神」ですっ!!

◆草食系雑誌に肉食の鬼嶋作品が!?ということで前号注目した麻雀マンガは、まだ恋も愛も見えてきません。
しかし、何やら、、、麻雀覚えてみませんか?ww
◆雲之助さんは、今回もちょっと切ない片想いのお話。
小さい頃から童話が好きでメルヘンが好きだった為に、学校の同級生から虐められていた主人公を守ってきた幼馴染の姉弟。
この弟が主人公に切ない片想いを・・・次回期待!
◆ウノハナさんも幼馴染の片想いのお話です。
真面目で優秀な行員である主人公が、幼なじみが告白して海外へ行ってしまった事で彼の存在の必要性を感じるという、始まりの物語。
ちょっとツンデレな主人公が魅力的。

自分的に注目&気になった作品は以上です。
ちょっと落ち着いてきて、作品も小振りな感じになってきましたが、少し”かわいらしい”な感じが前に出ている感じがするので、少しそこを控えめにしてほしいかな?という気がしないでもない。。。
次号は何が目玉なんでしょうか?


0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ