空中遊泳 真夜中クロニクル初回特典ペーパー書き下ろし

空中遊泳 真夜中クロニクル初回特典ペーパー書き下ろし
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
13
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
大誠社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
真夜中クロニクル

あらすじ

ニュージシャンとしてデビューしたニーナは立ち止まって考える。
本編後のひとコマ

表題作空中遊泳 真夜中クロニクル初回特典ペーパー書き下ろし

8歳年下の俳優 真下陽光
ニーナ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

w

本編を終えて~なひとコマでしたね。
これといって何か突飛なことがあるわけでなく
8年も一緒にいる二人なので、初々しい感じでもなく。
けれど枯れた熟年カップルのそれでもなく。
二人の関係をよく表しているというか、ふわんとした
二人の柔らかい雰囲気が伝わるひとコマでした(*´∀`*)
それこそ、タイトルにあるとおり、そらをふわふわ浮いているような
くるくる空を旋回する鳥になったような。そんな気持ちにさせていただきました。
ニーナの太陽というべき陽の光・陽光。
幸せな絵図が浮かびました。や、うん。好き

0

このペーパー、あってこその本編だよ!

2人の会話だけですが、癒される1枚です。好きだ!

二ーナは、業界からの妬みをネタに、陽光と話しています。
二ーナは音楽家、陽光は俳優として、今は順調な2人だけれど、暗く足掻いていた時期はあった。
「何も知らないからね」「まぁな・・・」
(何だか、長い付き合いの納得が微笑ましい~♪)

そこにふと、二ーナが、
「だけど、たまに自分がどこにいるか分からなくなる」と提議。
陽光も
「俺も時々、今、人生のどこら辺にいてどこに行くのかって(分からなくなる)」と同意する。
だけど、陽光は前向きに、
「出来る事は1つだけ、後悔しない様に、やりたいようにやる」ときっぱりと言い切った。
(カッコイイぞっ!陽光!)
周りがどう変わろうと、二ーナと陽光の互いの価値は変わらない。
この揺るぎないものがあれば、
人生という重力の無い海の、どこで浮かんでいようと流れていようと淀んでいようと、自分の足元は確かなのだ。
2人は、これから先の人生のそれを思い巡らしていく・・・。

本文は、その時々の2人の動きもちゃんとあって、会話も詳細です。
その雰囲気が、とてもとても良いので続きす。
2人のこれからの人生語りを、隙間から覗かさせてもらったような、そんな素敵なSSでした♪

0

陽光、あんた偉いよ!!

本編後、デビューを果たして上京してきたニーナは陽光と同じマンションの3階と5階に住んでいます。
実質デビューとなった映画の主題歌がヒットしたニーナ。
売れない下積みも経験し、映画の成功でスターダムに上がった陽光。
二人の立場はにているのかもしれない。
ヒット曲を出したことで同業に嫌味を言われたニーナは、ふと考える。
一体自分はどこにいるんだろう。
そんな時、7歳も年下の陽光は的確な言葉ニーナにくれる。

「先のことはわからない」
「世間の評価は変わっても自分にとってのニーナの価値は変わらない。」「そういう場所があるからどこへでも行ける」

一瞬不安になって自分がどこにいるのかも解らなくなる時、互いの存在がその目印としていつもあることの安心感。
そんな関係であることが、とてもとても素晴らしい二人なのだと、
改めて感じさせるショートでした。

何でもないエピソードなのに、言葉が胸を打ちます!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ