恋も愛も分からない。ただ君が欲しいだけ──。

LOST CHILD

lost child

LOST CHILD
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048546256

あらすじ

和真と直樹は双子の兄弟。ところが両親の離婚によって別々暮らすようになった矢先、直樹が「本気で和真のことが好きだから」と言い出して…?

☆2011年度 あべ美幸連続刊行企画☆
5/1 「LOST CHILD」「バッシング恋愛」
6/1 「八犬伝1」「八犬伝2」
7/1 「八犬伝3」
8/1 「八犬伝4」「八犬伝5」
9/1 「八犬伝6」「八犬伝7」
10/1 「八犬伝8」「八犬伝9」

(出版社より)

表題作LOST CHILD

日浦直樹(父親の姓)双子の弟 高校生3年~バンドベーシストでデビュー
成瀬和真(母親の姓) 双子の兄 高校生3年~大学1年

評価・レビューする

レビュー投稿数1

本当に懐かしいデビュー作!

90年代に他誌で発売されていた、あべ先生のデビュー作新装版です。
再読した感想は、角川さんから出版された新装版の中でも、デビュー作なので、絵柄•設定•内容共に一番稚拙しているなあと…ただ2凄く懐かしかったの一言でした。

あべ作品のルーツを追いたい方にはオススメですけど、今のあべ作品が大好きな方には、旧版の中でもこの作品はオススメしにくいかもしれません。
表紙と中身のギャップが凄まじいので(笑)
私は昔の作品も大好きなのでオススメしたい所なんですけど!
こちらの作品だけは、旧版の時から苦手な印象の方が強かったので、再読してみてもやっぱり萌えられませんでした。

内容は、弟•直樹×兄•和真の兄弟&双子もの。
兄弟&双子ものは基本苦手なのですが、それにしても近親相姦ものにしては、全体的にゆる過ぎる印象です。
相互依存&強い執着系タイプの2人。
一応、生きるか死ぬかというピリピリ感のある、ひと昔前のBLを彷彿するお話ではあるんですけど、エロが中途半端なせいか、ブラコンの域を完全には達していない印象で、禁忌な痛々しい雰囲気はないかと思います。
執着系といってもそこまで凄続きいものも感じられません。
どちらかというと、ラブラブな双子くん達といったイメージの方が強かったです(笑)
あと、絵柄の見分けにくさに振り回され気味になって物語に入り込めないのも難点でした。

昔の作品を読まれた方は、エロの中途半端さを感じていると思うんですけど⁉︎
そこにはある仮説が囁かれていて…中傷的な部分に触れてしまうので詳しくは書きませんけど(知っている方には分かると思うんですけど…)
その仮説が事実ならファンとして悲しいお話というか…複雑というか…やっぱりどんな世界でも色々あるんだなあと考えさせられる部分でもあります(泣)
暗いことを書いてしまいすみません…。

このお話の好きな所は、いつも直樹が振り回してるようで、実は和真の方が直樹の手綱をとっている展開がいいんです。
でも、主導権を握っている和真の、時折見え隠れする弱い部分も印象的。
双子なんですけど、素直な直樹と、今ひとつ本性が分かりにくい腹黒い部分をもった和真。
もう少し掘り下げて読みたい作品でもありました。

あとがきを読んで、私的に初発見が!
あべ先生の作品は、デビュー当初から読み続けてますけど、先生が双子萌えだったとは初耳!
そう言われてみれば思い当たる節がたくさんありました!

本当に内容も絵柄も古いので、その辺の驚きを十分覚悟して(笑)
あべ先生のルーツでもあるデビュー作が気になる方は読んでみて下さい。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ