戦神、恋うる雛

戦神、恋うる雛
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×28
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
50
評価数
14件
平均
3.7 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784592850755

あらすじ

秋隆は小姓として憧れの主・龍景に仕えていたが、主好みではないため名も覚えてもらえずにいた。龍景に寵愛されていた美貌の兄の出奔を機に、秋隆は龍景の近習に召し上げられることになるが…。
(出版社より)

表題作戦神、恋うる雛

龍景(国主)
秋隆(小姓)

評価・レビューする

レビュー投稿数7

戦国乱世の主従もの

何度も読み返している、お気に入りの小説です。
せつなさ加減が丁度良いというかw
秋隆は自分の容姿が龍景の好みでないと分かっています。それでも龍景の役に立ちたい一心で、他の小姓に押し付けられた雑用を文句も言わずに、槍の稽古を自ら進んで日々黙々と行っています。
もうその様子が健気で堪りません!
そんな秋隆のことを、龍景の近臣・成秋が認めて可愛がってくれます。さらに、龍景に諫言までしてくれます。
成秋がいなかったら、龍景はずーっと秋隆の気持ちに気付かなかったに違いありません!人の上に立つ男の傲慢というか、酷い男です。
成秋が庇ってくれるから、せつなくなりすぎずに、何度も読み返したくなります。

0

努力家で真面目な健気受け

某ブログサイト様のレビューで気になって購入したものの、歴史物独特の文体に二の足を踏んでいた私は阿呆です。
確かに独特だし、馴染みの薄い言葉とかも出てきますが、するすると抵抗なく読めます。

秋隆が一途で健気で一生懸命で…なのに中々報われないわ、仕事仲間に意地悪されるわ…成秋様が側に居なかったら読むの辛くて堪らんかったと思います(´・ω・`)
本当にね~真面目で努力家の秋隆にはとても好感が持てます。

意地悪だった春日や東雲も根は良い子(*´∀`)
それも急に態度が変わるのではなく、ある出来事を経て、そして“武士の誇り”もあり…自然な流れで秋隆を認めるようになるんですよね。
ってか戦後に秋隆に懐いている春日がえらい可愛いwww
SSの三人で喋っているとこなんて、話の内容はともかくとしてほのぼのしい~!

これデビュー作なのですね。
他作品読みたいと思って検索するも見つからず…新作出たら買うわ!

1

健気受

戦国時代を舞台にした小説なので、適度に堅い文章です。
その時代の風俗や言葉遣いを面白がらせてなんぼの時代小説なのでそれが嬉しいです。

冒頭の数行で堅実でしっとりした雰囲気を掴め、一ページ目で
早くもこの作品の受が不足なく描写されていたのを後から感じました。

登場人物の価値観はむしろ現代に近く、
若い受や周りの人達がふと現代語を話すのですが
そのおかげか堅実ながら堅すぎる、難しすぎるということはありませんでした。

受は浅黒い肌の健康的な少年なのですが、この作品は
健気な受の魅力がなにより強かったです。

0

私の中でのマンネリ化

片想い受と聞いて購入いたしました。
そして、私にとっては初めての時代もの小説。これまでちょっと避けてきたジャンルでした。小難しい表現や言語もありましたが案外読みやすくて一気に読ませていただきましたw

簡単に言ったらシンデレラストーリーです。しかしながら、王子様は嫌なやつ。奇麗なものしか好まない色恋大好きな節操なしの龍景(攻)。毎夜毎夜好みの姫君や家来たちを侍らせる龍景に想いを寄せるのは小姓の秋隆(受)。寵愛を受けていた美貌の持ち主、兄の春隆の弟ということで龍景に仕え始めた当初は名前も覚えてもらえず、容姿も整っていない秋隆に同じ小姓たちは春隆への嫉妬心を含め嫌がらせをする毎日。

それでも、どんなにひどい仕打ちを受けても龍景の役に立てれるならと他の小姓たちから押しつけられた仕事もこなし、暇さえあれば槍の稽古に励む姿はホントに健気です。これまで周りから傷つけられてきた分、温厚な性格をしています。その優しさや真面目さ、謙虚さは龍景の右腕であり最大の信頼の持ち主・成秋をはじめ、徐々に龍景も魅かれていきます。

秋隆自身、龍景の近習となり、成秋との出会いにより少しづつ自分自身に自続き信がもてるようになり成長していきます。それは龍景たちも同じです。

そんな龍景達が治める国には戦がつきものです。大きな戦も近づいていく中、龍景と秋隆の関係にも変化が。秋隆が報われ、愛されて行く姿を最後まで見守りたくなるような作品です。

読み終えた感想は…うん、萌えなかった。大好きすぎる設定なはずなのに萌えなかったのはきっと私が同じような設定の作品ばかり読んでいたせいかも。私の中でのマンネリ化だと思われます。
個人的に受の扱いが理不尽であればある程萌えるタイプなんです。もっともっと秋隆が想い苦しむ姿が見たくて、龍景がひどく秋隆を傷つけてきたことに後悔する姿も見たかったです。…なんて発言をしている私は大丈夫なのか…(笑)

好き放題言ってますが、私ほど受の片想いものを渇望していない方には十分切なくて胸が苦しくなる作品じゃないかと思います♪

0

片想い、主従関係の切なさ

私もあらすじが購入理由◎
片想いの切なさを期待して読んだのですが…
もう期待以上に切なかったです

秋隆が健気すぎます
尊敬する主のためとはいえあそこまで尽くすなんて!
龍影が愛しいと思うのも当然でしょう
自分に振り向いてもらえなくてもいい、主のためになればそれだけでかまわない
どんな時でも揺るがない、そんな秋隆の想いが周りをも変えた
でも本当はそんなことなくて
好きな人に自分だけ見てほしいと思うことは、少しもおかしくないですよね
それを成秋に言われるまで秋隆は気づけなかった訳で…
そこもまた切ないです

個人的に成秋と春隆が大好きですv
成秋はこれからも秋隆と共に、龍影のよき両腕となっていただきたい
春隆はこの本の中で一番人間らしいと思います
人間だもの、嫉妬もするよね

初めての戦国もの
難しい漢字の読みもありましたがすらすら読めました
ただ想像力のない私は戦の場面が全然想像できないというw

そういえば作品紹介の秋隆の項目にブサイクとありますが、そんなことはありませんよ
むしろ並の若干上をいく容姿だとか
龍影のストライクゾーンに入っていなかっただけ(秋隆にはそこが重要なのですが)続きです

1

胸が苦しくなる切なさでした。

あらすじに惹かれて購入しました。
新人作家様です。歴女にはたまらないお話なんじゃないでしょうか♪
すこし難しい漢字とか出て来て、ん?なんて思ったりもしましたが、かなり良かったです。
すごく健気で真摯でこれぞ主従愛?なんて思いながら、読みました。
と言ってもこの主は好色なんです。綺麗もの好き。だからこの受けの秋隆に振り向く事は無いだろうって感じでお話が進んで行くので、すごく切ないです。

片想いのキュンキュンではなくて胸が苦しくなる切なさでした。


秋隆の兄は主:龍景の寵愛を受けいます。
龍景は綺麗なものが大好きで、女でも男でも綺麗で色の白いのが好みです。兄の春隆はそれはそれは綺麗なんですが、弟の秋隆は似ても似つかない浅黒い肌をしています。

それでも秋隆は龍景を慕っています。殿の為ならば、この命も惜しくはない!と言う感じですね。

殿の小姓として城に上がってからはや5年が経とうというのに殿からはもちろん夜伽呼ばれることも無く声も掛けて貰えずに、そして名前すら覚えてもらっていない状況です。それでも真摯に殿の事だけを思って日々過ごしています。

そんな続きある日兄の春隆は殿からの寵愛を一番に受けているにも関らず他の男女にも手を出す殿に耐え切れずに出家してしまいます。
そして殿からの許しを経て秋隆は殿の近習組に籍を置いて殿にもっとも近い親しい関係の成秋の烏帽子子となりました。
そんな秋隆に周囲の人達は辛く当たります。秋隆の容姿は殿の好みから外れているから、といって雑用ばかりさせて、殿の側には行けない感じです。それを見かねた成秋が自分がした事は最後までやり遂げなさい!と秋隆の尻を叩きます。

ようやくこれまでの功績?といっても雑用なんですけれど、殿に認められて近くにいることが許されます。段々と殿も秋隆の仕事態度に好感を持ち、夜伽の間の番(不寝番)を任されます。これは秋隆にとってはとても辛いものですが、自分の容姿を変えれる訳でもないし、ただただ殿の御身のみが大事といった感じで、夜伽が無理ならば武をといった感じです。

これだけ真摯な気持ちは無いだろうというぐらいに健気で切ない心情でした。
なのに龍景ときたら、自分の気持ちが分からないんでしょうね、しかも主としてのプライドもあるんでしょう、今までの相手と違う秋隆に対してキツイ言葉を投げつけたり、なんの気まぐれか一夜、夜伽をさせます。
秋隆にしたら幸せで・・・、でもたった一夜だとちゃんと理解している。この思いだけで一生過ごしていけるみたいな感じで、すっごく切なかったのに!!龍景ときたら、今回の戦には連れて行かないと・・・。それは武士にとってはひどい言葉ですよね。
まぁ怪我をさせたくないくらい大事なんだろう!って想像はつくんですけど、本人はまだ分かっていないというヘタレさ・・・。

そして秋隆は殿の言いつけを破って戦に着いていき殿を庇って瀕死の重体になります。
そこでやっと自分の気持ちに気づく龍景・・・。
そこからはもう甘かった♪

すっごく気に入りました!ちょっとだけ気になったのは本文中に【浅黒い肌】と何度も出てくるんです。閨の中でも、容姿がどんなでも心が大事なんだ!!って言いたかったんだと思うのですが、ちょっと書きすぎって感じがしました。特にラストの甘~いHの時はいらなかったんじゃないだろうか?

それでも他はとても素敵なお話でとっても満足しました。

2

傲慢で色好き国主×健気な小姓

あらすじはすごく好みなんだけど戦国時代の設定だし、読みにくいだろうなあと余り期待はしていなかったのですが、予想以上に良かったです。殿に一途すぎる秋隆がホント愛おしいです。そんな彼に殿も参謀もメロメロになるのは納得。それに今まで秋隆をいじめていた小姓の春日、東雲も心を許して仲良くなるのも良かった。あとがき後のSSも甘さがあって良かったです。健気受けが好きな人にはオススメです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ