…一生きみを愛して幸せにする

ピュア・エモーション

ピュア・エモーション
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
14
評価数
6件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576110653

あらすじ

きみのすべてをわたしのものにしたい―ヨーロッパ旅行中、持病で苦しむ少年・マルコを介抱したことが縁で、彼の兄で青年実業家のジェラルドの屋敷に滞在することになった和己。当初、自分に対してどこかわだかまりを感じさせるジェラルドを不審に思っていた和己は、その原因が彼の辛い過去にあると知る。だが、和己の純粋な言動に心動かされたジェラルドは、和己を特別だと言い、熱い視線で見つめてきて…。自分はただの旅行者。彼とは住む世界が違うとその想いを受け入れられずにいた和己だが…。

表題作ピュア・エモーション

ジェラルド/宝石店経営者/30才
中里和己/旅行者(無職)/25才

その他の収録作品

  • アメイジング・グレイス

評価・レビューする

レビュー投稿数1

確かにピュアなんだけど・・・

会社が倒産して無職の受け様が亡くなった母の日記に
海外に行ってみたいとの思いを知って母が行きたかった
場所を1か月の予定で旅行をする事に。
そしてヨーロッパ旅行中に病気の子供を介抱したことで
その子供に懐かれ、兄である攻め様に誘われて攻め様の屋敷に
しばらく滞在する事になった受け様。
歳の離れた兄弟は母親が違うという事で似ていないが
それだけではなくて兄の弟に対する態度に違和感を持つ受け様。
そして自分を見る攻め様の視線にも何処か嫌がっているような
感じがしている受け様。
受け様は弟のマルコの為に攻め様にマルコの思いを告げますが
攻め様は苛立ちも露わに忙しいと・・・
やはりどうやら受け様は嫌われているらしいと感じる。

そしてマルコの病院の付き添いでマルコの母の主治医だった
老医師に攻め様の母親がマルコの母親の為に心労で亡くなったと
そして受け様がマルコの母親に似ていると言われ・・・
攻め様が自分を見る目やマルコに対するどこかよそよそしい
雰囲気の原因を知ってしまった受け様。
その事で受け様は自分がいる事で攻め様を傷つけていると解かり
屋敷から出続きようとしますが、攻め様に引き留められる。
そこで全ては事実だが、受け様からマルコの思いなどを
お節介に言ってきた受け様を、面影は似ているが違う人だと
はっきり言われ、今までの態度も改めると、そして過去の
わだかまりも受け様と接するうちに薄れてきたと打ち明けられる。
それからは互いの気持ちが少しだけ近づいて、でもそれだけでない
思いまで育ってしまっていて・・・

攻め様の父親が不倫をしていて実母がその事で悩み苦しんでいた
のを見ていた攻め様、そして後妻にきたマルコの母親が不倫相手とは
知らないで義母として仲良くして来たつもりが義母が亡くなる時
罪の意識からか攻め様に過去の過ちを告白して許しを請う。
それが攻め様の弟に対する微妙な感情や面影が似ている
受け様に対する前半の態度に出ているのですが
なんともピュアな攻め様ですね、マザコンでしょうか?
背景的な重みがちょっと弱いように感じました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ