なりっぱなしの愛の鐘

narippanashi no ai no kane

爱的钟声叮当响

なりっぱなしの愛の鐘
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×27
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
81
評価数
22件
平均
3.8 / 5
神率
27.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403663123

あらすじ

昔はケンカばかりしていた亮達(りょうたつ)だが、今は調理師免許を取り、祖父の中華料理店を手伝っている。
しかし、祖父が騙されて作った借金のせいで、店はヤクザの嫌がらせを受けていた。
そんなある日、出前を届けにヤクザの事務所に行った亮達は、高校の後輩・秀丸(ひでまる)と再会し?

(出版社より)

表題作なりっぱなしの愛の鐘

高校の後輩でフリーター 秀丸・25歳
祖父の中華屋を切り盛りする 長栄亮達

同時収録作品咲き乱れたり恋の花

泰次 大熊の弟分
大熊 屋台を任されているヤクザ

同時収録作品きみと煌めく愛の道

修兵 陽高の側近
陽高 ヤクザの若

その他の収録作品

  • かわいいあの児とあの子とあの仔
  • まっつんの一日
  • マツゴロウとゆかいななかまたち~松竹梅編~

評価・レビューする

レビュー投稿数10

泰次のアホの子っぷりがかわいい

「なりっぱなしの愛の鐘」
わかりやすい年下ヘタレワンコ×男前兄貴の話。
秀丸と泰次が「ねー」とかいってアホの子シンクロするとことか
かわいいです。

「咲き乱れたり恋の花」
「なりっぱなし~」の秀丸の友達のヤクザ、泰次と
泰次が片思いしている、兄貴分の大熊の話。
致すとこまでいってないので、受け攻めは、
たぶんこんな感じ‥なニュアンスです。

「きみと煌めく愛の道」
「なりっぱなし~」でいろいろやってくれた若と
幼馴染で側近の修兵の話。
二人のストーリー自体はせつなくてよかったのですが、
前2作での若の周りへの振る舞いが、
自己中心的で、気分で子分を痛めつけたりと
あまりにひどいので、ちょっと話に入り込めなかった。

0

かわいい。

なりぱなしであることが
作品を読み終えるとよく深く実感できます。

十年昔のことを今でも思い出す。
かわいがった後輩のことを。

十年ぶりの再会はドラマティックでもなかったし
よろしくない感じプンプンではありました

祖父が騙されて作った借金のおかげで、ヤクザから嫌がらせをされる毎日、
そんな中での再会。

25歳になっている後輩は相変わらず・・・保護欲をかりたてるというセリフがあるのですが
それがこれほど、ドンピシャなのは清々しい。

ヤクザからみとか暴力とか
とにかくそれ系は苦手ですし
さけれるならさけたい。
でも、この作品はそれ以上にとても暖かい心がありましたので
大丈夫でした。

0

おバカで一途に絆される

オンボロ中華店とヤクザの事務所とそこに集う人間を泥臭く描いたどこか下町の
風情が感じられる話で、そろいもそろってそれぞれのカップルが色んな意味で
おバカだったりする内容でしたね。
かなり高評価だった作品なのですが個人的にはそれ程ハマることは無かった。

可愛いもの好きの私にはかなりコアキャラのカップルは萌えどころが探せない。
ラストにオマケ四コマがあるのですが、それが1番良かった(笑)
それでも、はっきり受け攻めが分かれていない感じは凄くいいですね。
精神的に抱く方が受けみたいで抱かれる方が兄貴と呼べるくらい男前な
中華店の長栄と秀丸コンビ、これだけワンコみたいに懐かれれば絆されるし
可愛く思えても仕方ないと納得しちゃう。

ヤクザの若とその守役の二人の関係もやっぱりワンコと飼い主みたいでしたね。
もう一カップルのそのまんま同じような展開で、それぞれのカプキャラが
どこか被っている感じでもう少し全然違うキャラも読んで見たかったです。

0

バカ~バカ~無理・無理~一生バカだよ~♪

表題作はふわふわパーマ(天パ?)のおばかなデカワンコ攻め×強気男前受けのお話でした。
お話にヤクザも絡んでいて暴力シーンや流血がちょくちょく入っています。
すぐ人を殴る人ばっかり。
残念な人たちがいっぱいです。

そしてお話自体は無理矢理感が半端ないです。
若さん、そんな理由で借金背負わせるってどういうこと!?
という漫画なファンタジー全開でした。
ん~でもバカでデカいワンコ攻め、意外といけました。

そして表題作で絡みのあったヤクザの若さんとその部下のカップリングも良かったです。
若の若い頃のシーンを読んでいるとやっぱりバカなんですね(笑)
すごいな~、いろんな種類のバカな人がいるw

バカ受け・バカ攻めがお好きな人にはいいと思いますが、同時に割と暴力シーンが入っているので、暴力シーンが苦手な人にはお勧めできないです。

2

アホのコ3カプ連作

この作品、絵が、凄くキャラに合っている。
って言うか、こういう、頭悪かったり、性格悪かったりするキャラクター描かせたら、もう、阿部先生の右に出る者はいないって位、
秀丸や、泰次や、陽高は、見るからにものすご~~~く頭悪わるそうだし
亮達や大熊も男前そうにしているけど、秀丸や泰次に捕まっちゃうあたり、絶対頭良くなさそうだし
修兵に至っては、ムッツリ黙っているクセに、陽高のおもりにノリノリ。
エロかったり、アホかったりの振幅の大きい絵は、作品内容にとってもあっていて、お上手だ。

でも、残念な事に、私、アホの子攻めに萌えないの。

アホの子年下攻めがお好きなら、大満足かもしれない。

0

漢前受揃い!

帯『会えない間、先輩の夢、いっぱい見ました-。』

表題作は祖父の経営している中華料理店を手伝っている亮達。
可愛がっていた馬鹿後輩秀丸がヤクザに出入りする様になっていてそして再会するという再会話。
他作品は、このヤクザの人物を中心にした連作で合計3カップル出て来ますが、どれもタイプは違うもののがっつり漢前受なので、漢前スキーにオススメ。

どのカップルもいいんですが、やっぱ王道の表題作が一番好きかな。
王道ってもまさかワンコでオバカな秀丸が攻だったとは!そして男前先輩が受だったとは!
そして「せっせんぱいっ、入っちゃう入っちゃう」と言いつつ攻める秀丸の馬鹿攻加減がかわういぞー!
ワンコに加えて馬鹿攻なところがひじょーに可愛かったです。

キャラ的に興味深かったのはヤクザの若。
何を考えてんだかよく分からないんだけど、最後でちょっと分かったかなーみたいな。
若話を最後に持ってきた所も連作としての話の組み立て方も上手いなあと感心。

先輩の祖父やその友人達も微笑ましかったし、漢前受堪能しましたー。

2

キャラが皆素敵!

阿部さんの描かれるワンコ攻めというかアホの子がすごく好きなんです。ヤクザも絡んでくるんですが、作者本人もあとがきで述べられてるようにぬるめなので(いい意味で!)ヤクザモノは苦手って方でも問題なしです!

絵柄もシュッとしてて綺麗ですし、鋭い目つきが色っぽいです(主観ですんません)

表題作は年下ワンコ攻め×男前受けです。
学生時代一度は突き放した後輩くんと10年ぶりに再会し、結局ほっとけなくなってしまう先輩。
受けの一挙一動にドキドキしてる攻めがむちゃくちゃ可愛い!
受けは美人ですが性格はとっても男前でかっこいい!精神的には攻めっぽい感じかな。エチシーンの「奥までブチ込め!」というセリフはなかなかの衝撃でしたw

他の収録作も素敵ですよ!舎弟×アニキ。アニキに一方的に恋い焦がれるものの恋愛感情と捉えてもらえない舎弟くん。
裏表紙の二人ですが、そこだけ見たら舎弟くんのがデカく見えますが、中身はアニキのがデカいです。こちらも舎弟くんがアホでよろしい。受攻わかんないんですが、アニキのが受けっぽいです。(見た目は攻めなんですが、てか渋くてかっこいい)

最後がヤクザの若と側近というかお守り役(続き?)であり幼なじみな二人お話。この二人表題にも主要キャラとして登場してます。
若はヒステリーで傍若無人なんですが、実はツンデレでした。いや、ツンツンデレくらいかな?とにかくギャップがもの凄い!色っぽさもエグいです。依存度高め。

とまぁどれも素敵キャラいっぱいで面白かったです。

2

結局バカップル

阿部あかねサン作品の、男前受が好きですww
というわけで、新刊ヨロシク。思わず飛びついてしまった
いかんな。作家買いもそろそろ抑えなければと日々。

表題、鳴りっぱなしの~
後輩×先輩ですね。
ヤンチャしてた先輩も今は、実家の家業を継ぎ真面目に。
そんな先輩、いまは借金とりに悩まされている。
父親が親切心をだしたのが最初。膨れ上がる借金。
そのヤのつく金貸し。再会した後輩は相変わらずの・・・!?
ダメな後輩が、どうにもかわいくなってしまう。
保護欲をぉぉぉおおおおおっ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~
と、ほだされ~絆され~観念し~な展開ですね。
目つき悪くて、態度でかくて。でも今は真面目に働いてて。
昔はヤンチャもしてて・・・・設定は萌が詰まってるはずなんですがもうひとつ。と思ってしまう場面が多かった。
ヘナチョコ攻な初めての合体が言わずもがな。
「突っ込め!(受)」も好きなパターン。
だけど、ん~・・・もうひとつ。

>>咲き乱れたがりの~
期待値ではココのカップルが一番かもわからん。
大熊さんのワガママボディー、これがどんな風に乱れるのか。
続き
これが見てみたいじゃないか゚(人'v`*)
一途な年下攻wwwwスキ

>>きみと煌く~
借金取り~なところのカップリングですね。
ヴィジュアル的にはここのカップル好きです。
横暴で、むちゃくちゃで、暴力的な受。
けれど、攻の前ではっていうのがかわいいじゃないか!
掘られて気持ちよくなりすぎる身体・・・はぁはぁww
ともあれ、なんだかんだでココもバカップル。
暴力を振るう受を見てかわいいと思う攻・・
この人がダメだとおもうv

3

着物エッチ萌!

メインのカップリングじゃないのですが、若と呼ばれている受けキャラのお話がすごーーーい好きでした★

ヤクザの親分で和装!
しかも、機嫌が悪いと手下に切れてかなり暴力的、
な・の・に、着物下はノーパンで攻められ待ち!
萌ましたー!www
攻めの若頭?的存在の人が、大人スーツなんですけど、
若をコントロールしていると見せかけて、
結局、若にめろめろで振り回されているところがあるのも、おもしろかったです。
憎めない、若!

阿部さんの作品は、みんな三白眼なところも個人的に好きです♪

ほかの2カップルも、攻めと受けがちょっとクセありキャラばかりで楽しめました。

1

バカな子ほどかわいい!

珍しく長髪がいない阿部作品。
何だか安心感のある作品ではずしません。
今回は元高校の後輩先輩の再会のお話から始まって、それに関連するヤクザの組員、組長のお話とホモ繋がりで展開されていきます。
どれも共通するのは、「バカな子程かわいい!」
バカワンコの年下攻めが2本あり、このバカさ具合がどうにも攻めでなくても愛おしいデスv
またどの作品にも出張ってくるツンデレ組長がすごく魅力的なんですがww

ワンコのように慕ってくる秀丸と高校で別れてから、借金を負わされた組へ出前を届けた際に再会した亮達。
未だ持ってワンコのように慕ってくる秀丸に亮達の庇護欲は刺激されて側に置くことにしますが、組の嫌がらせは続き・・・
モうっ!どれもキャラがすごく魅力的で実を言うと、男前で潔い一番普通と思われる亮達が実は影が薄くなっちゃってるww
亮達のじいちゃん”まっつん”しかりw、秀丸のダチの泰次くんしかり、組長とその側近しかり、彼等に目移りしちゃう!なんて思ったらしっかり次と次のマンガでフォローされてて、一冊で3度楽しめたお得本でした♪
組長が暴力的で、秀丸や泰次が怪我しまくりでボロボロにな続きるのがちょっと可哀そうなんですが、そうやって体を張って亮達を守ってるその健気さにバカワンコのいいところが出てます。
本当は秀丸を守ってやりたい亮達は一番いいクライマックスで若い頃とは違う力でない格好よさで店と秀丸を守るのが、彼が一番成長したという証なんでしょうね。
彼がこの本の中で一番格好イイ!
しかし、、、描き下ろしで結構淫乱というかノリノリエチをしているのに吹いちゃいましたww

そして、秀丸と同じくアホの子、バカワンコの泰次くんの恋のお相手は同じ組のアニキ・大熊さんv
最初に会った時から惚れて、毎日毎日「好きだ、好きだ」って言ってるのに伝わってなかった哀しい片想い。
この二人、何故か2人ともマダオっぽいんですよねww外見もなんですが(爆!)
そこがツボっていう部分もあるんですが、不器用でバカワンコでやっぱり放っておけないっていう部分にほだされる大熊さん、、、大熊さんの受けシーンが見たかったんですがーーーー!!!なしてないの?それが残念。
ヒゲ×ヒゲ、、大好物なのに・・・

そしてラスト大ボスは、若の右腕・修兵とツンデレ組長・若こと陽高の、やっぱりツンデレアホの子受け(爆!)
他のカプより大人なんで、一見シリアス風味なんだけど若はアホの子だった!?そしてお子様ww
小さい頃から無器用で放っておけない陽高から、「オレの番犬になれ」と言われ忠実に側にいることで自分のモノだけにしてきた、実は腹グロでしたたかな修兵に、実は陽高は甘やかされて守られていたんですね(ウルウル、、)こういう関係大好きだーーー!!
亮達のお店へ因縁つけていたのも、実はお子様な意地っ張りが生んだまるでジャイアンな発想からきた仕返し(爆!)
え、え、え、え、、、ひょっとしてジャイアン受けーーー!?
一見、売れない演歌歌手みたいな着流しの若が、行為の時は前髪を乱して泣きながら修兵に抱かれる姿、たまらんです!!
修兵でなくても色っぽくて、泣かせてみたくなるwww

中々に好みのカプばかりがそろった、気持ちよく楽しめる一冊でしたv
巻末にじいちゃん・まっつんの4コマがあるのが嬉しいw

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ