恋する暴君 3

koisuru boukun

恋爱暴君

恋する暴君 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

276

レビュー数
5
得点
44
評価数
12件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
作品演出・監督
本山哲
音楽
松下一美
原画・イラスト
高永ひなこ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
67 分
枚数
1 枚
ふろく
封入特典: キャストサイン+一言コメント+写真付き メーカー通販特典:トークCD(出演:緑川光・鳥海浩輔)ブックレット 
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

今日はあんたのこと酔い潰して抱くつもりだったのに……。
「お前だから、ギリで我慢できてるんだろーが!」と特別宣言はもらったものの、1週間に1度のHの約束も、うやむやにされ煮詰まっていく森永…。酔った宗一を送る途中、往来で思わず仕掛けてしまうが、それを見ている人物がいた…! 
凶暴凶悪、史上最も手ごわい受・宗一に天敵現る!?
一途で健気な後輩・森永×ホモ嫌いで暴君な先輩・宗一の大人気カップル待望の続編・ドラマCD第3弾がいよいよ登場!

表題作 恋する暴君3

森永哲博 → 鳥海浩輔

巽宗一 → 緑川光

黒川貢 → 杉田智和

巽巴 → 宮田幸季

その他キャラ
磯貝太一郎[関俊彦]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

緑川さんの「ポンチマ~ン」にお腹がよじれました

原作既読…ですが、前回と同様、うろ覚えの状態で聴き始めました。

…そうでしたそうでした、磯貝さんのターン!
聴き進めると、原作の映像が頭に浮かんできて、何だか二度オイシイ感覚を味わいました。

身体を幾度か重ね、身体じゃなく心の結びつきが欲しいと思う森永。
それでも性欲はバッチリ、毎日でも抱きたいと思う森永に先輩は――と進んでいきます。


例に漏れず、先輩役の緑川さん、最高でしたー♪
普段の傍若無人ぶりに、一旦森永に迫られたら抗えない態度。
快楽に腕を引っ張られて堕ちていく感じに、見事な色気を感じました…♡
そして、そんな先輩を懲りずに愛して愛して愛しまくる森永役の鳥海さん。
相変わらずブッ飛んでるトコはブッ飛んでましたねー!(笑)
磯貝さんの思惑通りに思考が振り切るところなんかはもう!
あの慌て具合&妄想具合、さすがでございます。

先に申しましたとおり、今回は黒川さんの友人・磯貝さんが出てきます。
磯貝さん役を関俊彦さんが演じてらっしゃいますが、もうあのちょっと意地悪い感じがお見事♪
しかも、何故か物凄い「当て馬感」出てましたね(笑)
続きの作品に出てくる登場人物全て、想像通りの配役と言いますか、初めて聴いても「そうそう!この人は絶対こんな感じの声質だと思う!」というのを裏切られず、安心して聴けるシリーズだなぁと思います♪

最後に。
先輩の、磯貝さんとのカラオケシーン。
『♪ポンチマ~ン』
と緑川さんの声で聴くと、いろんな意味での破壊力が凄かったです(笑)

1

関さんがいい味出してました

毎回安定して聞けるシリーズ物ですね。

後輩の森永〔攻〕(鳥海さん)と宗一先輩〔受〕(緑川さん)との関係は相変わらず……かな?
暴君な宗一に振り回される森永とのやりとりが楽しいです。

そして今回は脇の磯貝役で関さんが出てるんですが、彼が実にいい味を出してました。
ゲイという訳ではなく、ただ宗一をおちょくって楽しむというなかなかあなどれないキャラを関さんが好演。
やっぱ好きだなー、関さん、上手い!!!

原作のドラ○○ンの曲が変わってしまったのはまあこればっかりは仕方ないので納得、フルーツ戦隊ポンチマンを歌う緑川さんの微妙な音痴っぷりも聞き所のひとつ。

ともかく自分的には磯貝の関さんが聞いてて面白かった!

2

評価難しい…

ストーリーそのものは、暴君シリーズの中でもこれが一番楽しくて好きなエピソードです。
でも、ちまちまと不満が…。
これは、原作が好きすぎるのと、演出が変わったことによるものだと思います。
製作会社がかわったから仕方ないし、続編を出していただけただけでもありがたいとは思ったのですが、1と2がめちゃくちゃ好きだったぶん、演出の細部が気になって、初聴きのときは正直かなりガッカリしたんですよね。
改めて聴くとそんなにガッカリしたのが嘘みたいに、これはこれでいいかもって思ったんですが。

まずBGMにガッカリ。
緑川さんの喘ぎが1や2よりも高めになってることにガッカリ。
主役のお二人も脇役のみなさまも、みなさまの演技テンションがひたすら高くて、逆にのっぺりしてしまった気がしてガッカリ。もうちょい普通テンションを多めにして、メリハリを出しても良かったような。

ただ、CD単体として考えれば、楽しいし素晴らしい作品だと思います。
なにせ話は本当に面白いですからね!
濡れ場は前作と比べたらかなりゆるいですが、これはこれでいいと思います。あんまり濃ゆいのばかり続くと、どんどんハードルが上がっちゃうし。

続きあとはドラ〇もんネタ。これは仕方ないと分かってはいるんですが、やっぱあの本当のドラえもんの歌が良かったなァ。ほんと無理なのは分かってるんですけどね!

1

うーん…。

シリーズ3作目ですね。
…これって、こんなテンションでしたっけ?
久しぶりすぎて忘れてるだけなんでしょうか。
なんかかなりテンションが高いんですが。
宗一が森永に対していろいろ叫んでるイメージはあったのですが、森永がここまで喜怒哀楽てに叫んでるイメージがなかった。
いや、コミックを思い返してみるとガッツリ喜怒哀楽はあるんですが。
それが音声では非常に大きく感じられたというか。
2人ともがそんな感じだから余計にそう思うんでしょうか。
お話としてはコメディだし、そんなテンソンもわかるんですが、前作まではもっとなんか楽しめた気がするんだけど…なんだろ?
コメディ色が強すぎた?
今回の聞きどころは宗一の歌でしょうか。
原作では「ドラ○○ん」だったんですが。
重要ポイントは「あんあん」と「大好き」ですね。
このフレーズが磯貝の悪だくみ(?)に利用されているので。
しかし、原作のままでは著作権もあるし使えません。
それで今回のために作られたのが「フルーツ戦隊ポンチマン」(笑)
ちゃんと重要なフレーズは盛り込まれてました。
そして、フリトで緑川さんもおっしゃってまし続きたが下手に歌えと言われても歌えるもんじゃないよね。
御苦労様です。
今回初登場の磯貝な俊彦さん(関さん)。
飄々として掴みどころがない感じがなんとも。

特典フリトは鳥ちゃん(鳥海さん)司会で、緑川さん副司会(笑)
だったら、司会ばっかで質問に答える人がいないねってことで緑川さんは非司会に。
BLに出張ってくる男としてはノンホモの磯貝は珍しい。
宗一と森永みたいにどっちもギャンギャン騒ぐタイプは珍しい。
続編を出すなら出来るだけ早く。
選手生命も限りある資源。
森永の喜怒哀楽を出し過ぎてもう少し控えめにと言われた鳥ちゃん。

1

おもしろかったけど・・・

待ちに待った第3弾!!元会社の倒産と言うこともあって、続編は諦めていましたが・・・発売決定と聞いて迷わず購入!!

今回もツンデレ具合に磨きがかかった演技をしていただいた緑川さんにへタレワンコにさらにかわゆさを増していい味出してた鳥海さん!!お疲れ様でした!!

今回はどちらかというと全体的にコミカル要素が多かったですね・・・カラオケシーンは必聴www途中でBLCDだということを忘れそうなくらいでした、ですからエロを期待してると肩透かしくらった感じするかも・・・濡れ場は前回に比べたら少なめ・・だけど、なんとなく2人の距離が縮まった・・・かな??みたいな感じです^^緑川さん・・・アハンのお声が前々回、前回に連れだんだん高音になってるよーな・・・飽くまでも低音が好きなのに!!_| ̄|○ ガクッ

一言言わせてもらうならば・・・もうちょっと引き込まれるようなドキドキ感があってもよかったかなぁ・・・と・・

続きものなのでいきなり3から聴くのはお勧めしません・・・一応鳥ちゃんが序盤前回までの流れを説明してくれますが・・・たぶんわかりにくいと思います。

ここまできたら次回続き作が出てくれる事を楽しみにしてます!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ