強いられた口淫よりもむしろキスが苦手だった

深愛 プライベート写真

shinai private shashin

深愛 プライベート写真
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
50
評価数
16件
平均
3.3 / 5
神率
6.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784576110806

あらすじ

七瀬は、横暴な恋人・宅見に金をむしられて放り出された直後、郡上と名乗る報道カメラマンと出会う。力強く端整な郡上に内気な心を解きほぐされた七瀬は、そのまま一夜を共にしてしまう。快感を高め合う初めてのセックスに、あられもなく乱れる七瀬。しかし現実に戻れば自分はちょっと変わった能力があるだけの、地味でつまらない公務員…。郡上の仕事ぶりを知るほどに募る想い。ところがひょんなことからその能力を目の当たりにした郡上に請われ、七瀬は臨時アシスタントをすることに。想いを知ってか知らずか、郡上は試すようなキスや愛撫をしかけてきて…
(出版社より)

表題作深愛 プライベート写真

フォトジャーナリスト 郡上健児・35歳
ある能力を持つ冴えない公務員 上原七瀬・29歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

Tシャツのイラストにビックリ

1冊すべて表題作の長編です。七瀬(受け)の視点でストーリーは進みます。

七瀬は彼氏の宅見に酷い仕打ちを受けた場面を見ていた郡上(攻め)と一緒に飲みに行くことになります。お金をせびられても付き合いを続けようとする七瀬に、郡上はもっと大事にされて良いはずだと誘いをかけてきてという展開です。

初対面でベッドインする二人ですが、遊び人やビッチという感じはありません。
価値がないと思い込んでいる七瀬に、郡上が丁寧にアプローチをするものの思ったように伝わらず。世慣れた年上攻めが、無自覚な年下受けに、じれったい思いをしているのが読んでいて楽しいです。

七瀬が誤解する相手として、郡上の仕事相手・アランが登場します。彼はなかなかのイケメンなのですが、私が印象に残ったのはTシャツ。文中では「和柄Tシャツ」とだけあるのですが、イラストでは般若のアップのTシャツで、和柄でなんでこれなんだ?!と個人的にはかなりのインパクトでした。「ナナァセ」という呼び方も良いなと思いました。

あと気になったのは七瀬が役所勤めの公務員だということ。報酬なしなんでしょうが郡上は仕事を頼みたいという表現を使続きっていたので大丈夫なのかとちょっと心配になりました。
七瀬の記憶能力が仕事にも地味に生かされていたという場面か、逆に仕事ではまったく役に立っていないという場面があると、仕事モノ好きな私はなお楽しめた気がしてます。

ネガティブで不憫だった受けが、成長して攻めにすごく愛されて幸せになる話がお好きな方にはお勧めだと思います。そんなにイラつく印象はなく読みやすかったです。

0

主人公の”能力”が少し惜しい感じも

主人公の七瀬の外見がかわいく、大人しく真面目な上に自分が嫌いで超卑屈、なのにえろえろという、ギャップのある作品です。
ほんとになんでこんなダメ男に引っ掛かってるんだというくらいダメな男に引っ掛かっていて、そこをカメラマンの郡上に助けて貰って身体の関係をもってしまうというストーリーです。

どこがいい、とかこれといって説明しにくいのですが、何となく卑屈過ぎて幸せを手に入れ損ねている七瀬に愛着が湧きました。
しかし、七瀬は見たもの聞いたものを瞬時に記憶する能力があるのですが、それを持っていながら、それを活かした仕事についていない。そしてそれを有用できておらず自分を極端すぎるくらい嫌っている。
それはちょっと不自然な気がします。
私は、主人公にこういう「ちょっと人と違った能力」があるという設定が大好きなので、せっかくのこの特殊能力、ストーリー上でももっと使ってもいいような…という惜しい気がしました。

相手役の郡上はいかにもカッコイイって感じの男性ですが、個人的にはどうも最後まで人となりがつかみ見にくかったです。
それは七瀬もそうで、結局これから郡上のことを本当に知っていこ続きうとする姿勢と、「まだ恋は始まったばかり」という構成が書きたかったのかなという気がしました。
しかしその分、攻め役の人となりがもう少し入り込める感じならよかったとも思いました。

特殊能力といってもストーリーは変わったものでなく、ごく普通の社会人ものになっていますので、日常系が好きで、卑屈すぎる主人公でも大丈夫!という方にはオススメです。

0

人に愛されて自分が好きになれる

七瀬は自己評価と対人スキルが極端に低く、恋人という名の都合よく気ままに扱う最低男からも離れられないし、郡上にも対して自分の気持ちを伝えたり言うべきことも言えずすれ違ってしまう。

自分のような者を愛してくれる人なんていないし、まともに付き合うことなどできるはずなどないと思い込んでいます。
本当はすごい能力(ずば抜けた記憶力)もあるのにとても残念、だれか何とかしてあげてほしいと思わせるいい子なんです。

ご褒美のシーンがキャハっていうくらいエロチックなイラストでした。
シャツをはだけぱんつのままの七瀬の脚の方から郡上が手を入れ根元を擦りながらもう片方の手は布の上から先端を握るような感じです。
でもこの場面ちょっと悲しいんです。
心がすれ違ってて。
郡上にとって七瀬は気になる子なんだけど何考えているかわからない淫乱ちゃんだし、七瀬は郡上に好きな気持ちを知られたら嫌がられるし仕事が終わればニューヨークに帰ってしまう人。

郡上が自分の仕事の手伝だい了承したときその理由を「憂さ晴らしか」と尋ねたのは恋人に振り向いてもらえない憂さ晴らしからかという意味だったのに、七瀬は役所続きの仕事のストレス解消かと聞かれたと受け取り「いいことじゃないけどそういうものだから」…と言っちゃうんですね。
ますます距離ができてしまうじゃないですか。

自分が嫌いで他人が怖くて居場所がない七瀬。
好きになった人から体だけでも求めてもらえる喜びを、残り僅かな時のすべてを記憶しておきたいとコンタクトを買うところが切なすぎる。

だから郡上の「七瀬に関しては狭量になるとか俺専属だというラベルを貼っておきたいとかかわいい」という言葉にたいしてもアシスタントとして高評価をしてくれたと恐縮するばかりなんです。

この自己評価の低い哀れな子には何を言っても理解できないみたいです。
もう二人じゃあどうにも先に進めない、と思った時に郡上の仕事仲間が登場し、やや引っ掻き回し気味に取り持ってくれてようやく信じるところまでこぎつけます。

年上の彼氏に溺愛されて公私ともにパートナーとしていい仕事をしていけばきっと自信もついて一段と成長するんでしょうねということがうかがわせる終わり方ですっきりしました。

公務員を辞めて郡上の秘書として活躍する七瀬を見てみたい気がします。
数年後、しゃきしゃき仕事をするかっこいい七瀬に秋波を送る仕事関係者や同業者が出てきてしまいそうです。

1

ウジウジとジレジレを乗り越えた先が良かった。

面白かったです。
ちょっと受けのウジウジ感はひどかったんですけど、もしこのままもうちょっとこの先の二人を見れたならこのウジウジ感もちょっと成長するかなぁ~♪そのあたりの甘~いのも読んでみたいですね~♪

でも受けの特殊能力が結構良かった!ちゃんと物語にも生きていて楽しめました。

二人のすれ違いというかやっぱり受けのウジウジ感とネガティブな所がなかなか二人がCPにならなくてジレジレしましたね~♪

ウジウジ七瀬。ゲイなんだけど、自分に自信もないし、人とのコミュニケーションが苦手。
そんな七瀬が現在付き合っている?のは宅見というとんでもない男です。
まず七瀬を呼び出してお金を持ってこさせる。様はいいよに扱われています。
気が向けばその後Hをしたりもするんですが、殆どが金づる的な物ですね。

冒頭で呼び出されてお金を渡すとそのまま帰れと言われてしまいます。
酷いことを言われても何も言い返さずに誤ってばかりの七瀬。
そんな七瀬を見ていた一人の男:郡上が何故言われっぱなしなのか?と聞いてきます。
彼にも謝ってしまう七瀬なんですが、郡上はそのまま七瀬を連れて店を出て続き二人で飲みなおすことにします。
そしてそのまま身体の関係を持つのですが・・・。七瀬にしたら彼はとても素敵な男性だったのですが、一夜の関係だと思っていたので、割りと奔放なHを求めてしまいます。
そんな七瀬に煽られてしまいながらも、そんな七瀬に腹を立ててしまう郡上。

七瀬は自分の痴態を思い出して逃げ帰ってしまいます。
それでももう一度彼に会いたくて彼の居るホテルまで足を運んでしまいます。そこで郡上に見つかってそのまま連れて行かれます。
連れて行かれた先が彼の所属する事務所だったのですが、そこに女性が居ました・・・。
どうやら彼女は郡上にストーカーしているみたいなのですが、二人が出会った日に自分と郡上は関係を持った恋人同士だと言い張ります。

そんな彼女に七瀬の能力が発揮されます。
そう!七瀬の能力というのが、写真記憶というもので頭の中で写真のように細かくその時の現状が思い出されるという能力です。
そんな素晴らしい能力を持っているというのにこのウジウジ君はなんなんでしょうね?もっと自信を持ってもいいと思うんですけれど・・・。
すごい写真を撮るカメラマンという事で七瀬にとっては本当に高嶺の花のような存在だったんでしょうね。
でも、郡上に仕事を手伝って欲しいといわれ、仕事が終わった後に彼のホテルに行って秘書のような仕事をします。またアメリカに帰ってしまう彼なので、期間限定という思いもあります。
そんな七瀬の態度にちょっと?かなり郡上の方も煮詰まって?きてます。
彼との仲を最初の段階で掛け違えてしまったのでなかなか修正できないのと、七瀬のウジウジ思考と郡上と噛み合わないのが原因なのか?
そして元彼の宅見がまた七瀬にちょっかいをかけて来て、今度は郡上を脅してお金を巻き上げるみたいな事を言い出します。それを防ぐ為に郡上に嘘をついて、側を離れます!
健気なんですけど、涙はそそられない・・・。切なさもあまり感じはしなかったのですが、お話は気に入りました。
もうちょっとウジウジ感を抑えてくれたら切なさも湧くかな?って感じでしたね~♪

1

メガネにつられた\(^o^)/

表紙の気弱そうなメガネちゃんにつられて購入。
想像よりもずっとネガティブちゃんでした(´∀`)

なににつけても「俺なんか・・・」
自分みたいなダメな人間はどう扱われてもしょうがないんだ・・・って。
でもいそうです。
極端にネガティブで、端から見てると「生きてて楽しいの?」って人間。
だーかーら、あんな暴力ヒモ男につけこまれちゃうんだよッ!

でも実は、七瀬ほどじゃないけど、ちょっとネガティブ思考の自分は共感できる部分もあったり(^_^;)
完璧と思った攻めの、苦手なものを知って「この人にも苦手ってあるんだ」と安心しちゃったり。
うんうん、あるよね、そーゆーの。
自分を下に置いて安心しちゃう、とか。

ウジウジながらも、群上の役に立ちたいと一生懸命だったり、けっこう可愛いです♪
Hの豹変ぶりも見どころ。

あと、個人的にイラスト、◎です!

1

抑制されていたものが爆発して、ああなったのだろうか?

あらすじを読んで好きな感じの話だということで購入。
面白かったけれどなんとなく納得できない部分があり、それが最後まで引っ掛かった。
お話は底辺とは言わないまでも不憫な状況にある受けを、多少の強引さでもって攻めが引っ張り上げ、その状況から抜け出すきっかをくれるというもの。
こういう攻めが受けの救いというお話は、受けのウジウジさや消極的な部分に攻めが苛立ちながらも「何故か放っておけない」と思うのがとにかく私は好きで。この作品もそういう部分が沢山ありました。

郡上は職業柄バイタリティもあり、七瀬とは対極にいるような人。
でも、その対極さが良かったのかも?
郡上に出会ったことで、自分の能力が生かせたり七瀬の人生が僅かながら前向きになっていくのは読んでいて良かったねと言わずにおれません。
七瀬は極度の臆病で気弱な性格で、人生生き辛そうなキャラなので。

おどおどビクビク顔もまともに上げられない七瀬がイタすシーンでは二重人格?と聞きたくなるぐらい乱れます。私はその部分がどうにも納得できなかった。
出会い系で出会った恋人は最低のヒモ男。イタす時は下半身を剥かれ、潤滑液を入れら続きれ性欲を満たすだけで七瀬は放ったらかし、だから終わるまでじっと体を硬くして耐える。そんな経験しかしたことの無い七瀬が郡上とのエチではとんでもない乱れっぷりで。
成り行きで知り合った郡上と一夜を共にしたあと、七瀬は郡上を残しホテルから姿を消すのですが、その時のことを郡上に「やり逃げ」と言われています。
喘いで乱れて求めて求めて・・・・仕掛けたのは郡上でも、もっとと求めたのは七瀬です。やり逃げと言われても仕方がない乱れっぷり。
イタすシーンと普段の七瀬の落差が、違いすぎて、なんだか別人みたい。自虐的なまでに求め尽くす部分は七瀬らしいかもですが。

郡上とのやり取りで色々な理由が絡んでのことですが「選択を間違えたんだ」と自分の答えで怒らせたり、落胆させたりしたと思いこみじくじくと沈む姿は痛々しく、そんなにネガティブにならなくてもというのが正直な所。でも抱えるコンプレックスと年齢の年数分培われた根暗な性格は早々変えられるものではありません。
最後までそういう部分を貫かれていたのは七瀬のキャラを形成する上でマイナスではなく、キャラをよく表しているなぁとプラスに思えました。

普段は眼鏡をかけている七瀬ですが、コンタクトに変えるというシーンがあります。
それは何故か?郡上の体をしっかりと見て記憶に焼き付けるためです。やがて日本からいなくなる郡上。そうすれば彼と肌を合わすことでも出来なくなる、ならいっそ自分の持つ能力を生かさなくては。
健気じゃないですか!!
郡上がいなくなった後、その記憶だけを胸に抱いて生きて行くのだろうか?それはあまりにも寂しい!くっついて良かった、恋人同士になれて本当に良かった!!!

1

エロいギャップ

地味で超ネガティブの受けちゃんが超エロエロに変身するギャップが痛々しくて、一気読みしてしまいました。
帯に「強いられた口淫よりも、むしろキスが苦手だった」
これは的確に受けの気持ちを表わしているようです。
それだけ、酷い目にあっている受けちゃんということですね(涙)
今回の作品はイラストが宝井さきさんであっていたんじゃないかな?前作ちょっと悪いですが悲惨だったんで・・・

あらすじにもありますが、受けちゃんが特殊能力を持っていると書かれていますが、サイコではありません。
脳の突出した才能というべきか、そんなものなんで突飛さはありません。
しかも、ものすごく役に立つというわけではなくて、、、でも攻め様の仕事をお手伝いするにはとっても役に立つと思いますよv

28になりそれまでその性癖と明るく誰からも好かれる弟へのコンプレックスもありネガティブ一直線で生きてきた七瀬は思い切って出会い系で見つけた恋人・宅見というカッコイイ男性と恋人になるのですが、これがまったくもってヒモ気質のたかるだけたかって、愛情の欠片も見えない即物的な男だったのです。
ある日もたかられているところ続きへ偶然居合わせたのが郡上という男性。
二人で飲んでその後、郡上の宿泊するホテルで一夜を過ごすのですが、目が覚めた七瀬は逃げるように出てきてしまう。
その場の行きずりだからと、たった一回だからと今まで満足に宅見に与えられなかったもの、自分の欲求を出せなかった分が弾けたように、郡上が我を忘れて被虐的になるほど煽情的に、官能的だった七瀬に、郡上も忘れられなくなるのですが・・・

この七瀬のエロスイッチは一体どこで押されるんでしょうねw
初めてが宅見で、しかもそれが下半身しか用がないようなエッチしかしてもらえなかったから全身を責めてくる郡上に、めくるめく官能を刺激された?ww
ま、ですね、このとっても自虐的なセックスをする七瀬がとっても、するたびに痛々しいんですよ。
あまりのネガティブさに、どこがいいんだ?こんな男とさえ、ちらっと思うほどに、優しい言葉を掛けられても素直に受け取れない。
思った事を言えなくて呑みこんでしまうために誤解を生みまくる。

また、郡上もさばさばしたイイ人そうではあるんですが、歯にきぬを着せないというか、デリカシーにちょっと欠ける部分がありそう?
七瀬がネガと淫乱の二面を見せるからとまどってしまうのだとは思うのですが、七瀬の精一杯の強がりに本気で挑んでしまうから、それが痛々しさを増すんでしょうね。
七瀬を誤解しながらも気になって、ちょい俺様で傲慢で、わりと自分で突っ走るタイプ。

結局のところ二人の誤解を説くのが、郡上の同業カメラマンのアランという人物。
ちょっときになる存在に書かれてましたね。
やはり、全体を通して七瀬のエロさが一番の見どころでしょう。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ