最遊記外伝 04

最遊記外伝 04
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
ZERO-SUMコミックス(コミック・一迅社 )
発売日
価格
¥743(税抜)  ¥802(税込)
ISBN
9784758054270

あらすじ

『最遊記RELOAD』より遡る事五百年。
舞台は神々の住まいし天界。
常に桜咲き誇る常春の世界に、岩より生まれた黄金の瞳をした少年・孫悟空が金蝉童子のもとに
連れてこられたその日から、悲しみの物語は静かに始まる。
咲き誇る桜の下、残るのは絶望か希望か。
『最遊記RELOAD』へと続く伝説が、約十年をかけてついに完結!!

表題作最遊記外伝 04

評価・レビューする

レビュー投稿数1

生きること、死ぬこと、託すこと



外伝です。
「最遊記」で旅を続ける4人組の一人、孫悟空がどうして500年も幽閉されなければいけなかったか、悟空の犯した罪、それ以前に確かにあった幸せを峰倉先生は1~4巻に渡って描かれています。

私事ですが、これを読む以前に少し人生の坩堝にハマっていて、それとなく「なんで生きているんだろう」、「生きるって何だろう」って考えて落ち込んでいました。
最遊記自体は前々から読んだことがあって、それから忙しくて外伝までは読んでいなかったんです。
「最遊記」は全体を通して、勿論腐萌えもあるんですけど、それ以前に伝えてくる物がビシビシあって…「差別」とか、「生きること」とか。
だから「腐女子のための漫画」じゃないんですよね。グロいんだけど、読んで欲しい。つまらない視点に縛られないで、もっと広く多くの方に手に取っていただきたい。
そして外伝、とにかく号泣しっぱなしでした。
キャラクター一言一言が胸に刺さって、こんなに泣いたの5年ぶりってくらい。
この500年前の事件が無かったら最遊記に繋がらないんだって分かってても、もっと、4人には笑って一緒にいて欲しかったって、読んでいて切なくなりました。

続ききるのに疲れたとか、心がちょっと疲れてて涙も出ないくらいカラカラのとき、読んでみると良いと思います。
本編を読んでいると尚一層感動します。
あと、文庫版も出てるけれど、やっぱり大判の方が峰倉先生の絵の秀麗さ、戦いの勢いが出ていると思います。



1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ