たとえ遠まわりな恋でも

tatoe toomawari na koi demo

たとえ遠まわりな恋でも
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862639660

あらすじ

「俺が守ってやるから――」
天涯孤独の花田希は幼い頃のトラウマで火に近寄れない。幼馴染みの菱崎天馬は消防士になり「約束」通り希を火から守ってくれていた。そんな天馬にずっと片想いしていたが、ある日、火事に巻き込まれて・・・。
ピュアな恋、オール書き下ろし!
(出版社より)

表題作たとえ遠まわりな恋でも

菱崎天馬 消防士 22歳
花田希 八百屋 22歳

その他の収録作品

  • たとえ近すぎる想いでも
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

なんでだろう・・・

設定やキャラクターは好みのはずなんですよ。幼馴染ものも好きですし、希(受)が過去のトラウマでPTSDを持つという設定も、それ自体は別に嫌でもなんでもないんです。むしろ好きな方。天馬のキャラクターも結構好みです。

なのに何が・・・と考えてみると、文章や描写の仕方が合わないのか、ところどころ引っかかってしまいました。特に、希視点が独りよがりな感じがして、せっかく切ないしっとりしたストーリーだと思うのに、上手く入り込めなかった気がします。

それに、切ないトーンと裏腹に、ちょっとあんまりな・・・と感じるシチュエーション(とりわけラブ・H関係の『時』と『場所』)が気になりました。天馬のキャラクターと矛盾してる気がしたんです。
あれだけ生真面目で、しかも希をずっと好きだったというわけでもないんですよね(ずっと好きで、我慢してて・・・だったらまた違った感想だったかもしれませんが)。それがちょっと残念でした。

あえて言うなら、攻の天馬視点のストーリーの方がよかったです。

0

硬派から激甘へ…(^^;) ギャップ萌??

幼なじみのストーリーで
過去にトラウマを持つ受けキャラ視点のお話。


かなりドロドロしたストーリーを読んだ後だったからか、
私は嫌いな話じゃなかったです。
読むタイミングによっては物足りなさのあるストーリーかも…


希が天馬のことが大好きなのはすぐにわかりました。
そして天馬も(恋愛対象として)希の事が好きだから
希の為に消防士になったり、いろいろと世話してるんだよな~
と、読んでいくと…

天馬が希をそういう意味で意識し始めたのは
ストーリーも後半に差し迫ってからという
(@@)な展開で、今更な感じはしましたが
(幼い頃から既に希, 希だったから恋と自覚するには遅すぎなくらい…)
気付いてからの甘々な攻めは結構好きかもですvv

なので後半攻め視点でのストーリーは嫉妬や独占欲丸出しで、
希じゃないけど天馬を可愛いと思ってしまった(^ ^)


0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ