CIEL Tres Tres 2011年08月号(雑誌著者等多数)

ciel tres tres

CIEL Tres Tres 2011年08月号(雑誌著者等多数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
発売日
価格
ISBN

表題作CIEL Tres Tres 2011年08月号(雑誌著者等多数)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

角川BLの双璧

「表紙」
  この人のイラスト見ると、王道だなぁ~としみじみ。
「ピンナップ」
  最近、ホントに増えましたよね。眼帯攻!
「スーパーラヴァーズ」
  タヌキをペットって…受様のほうがタヌキっぽいかも。
「不思議の国で恋しよう」
  扉絵に注目! お二人とも…クラウンが似合わなすぎ..
「バック・ステージ!!」
  某アーティストがモデルって、本当ですか???
「キミに玉砕。」
  お色気作戦…可愛かった~☆
「るったとこだま」
  あと1回で最終回か、早いな…
「恋をする時」
  男泣き、かつ…乙女泣き。
「恋する虎はキスをする」
  恐るべし! 男の娘にして弟…。
「純情ロマンチカ」
  ちゃんと守ってます…連載1回につき1H(!)
「秘密のふたり」
  スペアキーって、ある意味BLカップルの到達点だよね。
「主従関係を結ぼう!」
  実は神父服が、メチャクチャ好きです☆
「君よ、恋して咲き誇れ」
  名セリフ「うにさんぐらい大きかった…。」
「微笑みとあいのコトバ」
  ちょい古めの少女漫画っぽい。
「きみが愛しい理由」
続き  なんか…学生みたいなリーマンだな。
「お熱いうちに召し上がれ」
  この人の絵は、男と同じくらい料理が美味しそう☆

さて…角川雑誌といえば、看板作家が綺羅星のごとく華やかなのが魅力です。
…というより、これでもかというほど看板押しが強い..
「純情ロマンチカ」で一世を風靡した中村春菊氏しかり。
乙女系雑誌なら、「彩雲国物語」の雪乃紗衣氏もいましたっけ。
そして「トレトレ」では(中村春菊氏と並ぶ)双璧といわれる、あべ美幸氏!
連載中の「スーパーラヴァーズ」はもちろん、
「八犬伝」の移籍…もとい、新装版など続々登場とは☆
ファンを嬉し涙で泣かせ、作家を忙し涙で泣かせる出版社です。
願わくば…作家先生、忙しさにダウンしませぬように!
だって続きが気になりますもん。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ