戦う!セバスチャン 2

tatakau sebastian

戦う!セバスチャン 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Wingsコミックス(ウィングスコミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784403617348

あらすじ

その男、愛されすぎて、大めーわく……っ! 今日も今日とて、フラン◯フルト最強の執事・セバスチャンは多忙だった。かまってオーラ全開の御主人様(♂)のおやつを作りつつ、喧嘩上等な謎の少女型生物のタックルをよけ、黒いオーラを発生するお向かいさんと、フラン◯フルトの経済を裏で操る。気づくと膝では御主人様が、さっきのおやつをはぐはぐしている……。そんな、日々繰り広げられる『セバスチャン争奪デーデマン杯』に、セバスチャンを狙う、ホンモノの新シェフ参上! あぶない! セバスチャン、にげてぇぇぇ?っ! ますますハイテンションに加速する、池田乾の最強! 執事コメディ、描き下ろしもたっぷり!な第2巻!!

(出版社より)

表題作戦う!セバスチャン 2

その他の収録作品

  • 戦う!セバスチャンご紹介篇
  • デーデマン家使用人日誌
  • オマケ篇

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ホンモノ登場。

2巻になると、絵も今現在発売されている『♯』や『少年~』に近付いてきて、読みやすく
中途半端だったテンションも上がって来て、キャラも安定してきて読むのが楽しくなってきました。
セバスチャンもどんどんと最強の名に恥じないキャラに。
相変わらず、デーデマンを主人と思わず、主人を動かす為にやさしい顔をし、その後は鬼のような所業でもってデーデマンに仕事をさせる。
実に有能な執事様です。
1巻ではデーデマンの我が儘を執事として叶える、というスタンスがあったはずなのに、2巻ではもはや失われた設定です。

新キャラ、ホンモノの人ディビットさん登場の巻です。
このホンモノというのはニワカではないということで。
なにがホンモノかというと、ディビットさんの性的嗜好について。
彼は自らゲイであるということを高らかに「アイッ アム ア ゲイッ」宣言している。
ディビットの美味しい所は、セバスチャンをハニーと呼び、ナチュラルに迫り、キスをさらっとかますところです。でも、セバスチャンは動じない。
そおんなことで動じるタマではない。
しかしながら、ふたりは並ぶと絵になるので、絡むと萌え萌え続きさせてくれます。

この辺りのネタで、ツネッテ(根っからの腐女子ではない、ミーハーな感覚)がディビットがセバスチャンをハニーと呼ぶと言うことは、セバスチャンは受なのね!と目を輝かせたり。
使用人Aくんも同意して「受けっぽい」とか・・いう話に持っていくあたりが『Dear+』連載のサービス的要素なのか?
だからといって、BL展開になるわけでもないのだけれど。

しかし、陽気で気さく爽やかな兄貴分で、非常に場を和ますオーラを持っているディビットは良い人キャラです。
特に使用人A・Bくん、ツネッテも大変懐いている。
周りの人、闇まとうユーゼフや人間の摂理に反したヘイジの存在(そもそも人間ですらないかもしれない)に精神的にも疲弊してしまいがちな使用人達のオアシス、それがディビットさんなのでした。
老ヨハンさんもかなりの和み癒し系ですが、ディビットの陽気なオーラはユーゼフの陰気なオーラを中和してしまうということで、ユーゼフを恐れる使用人Bくんには特に神様のような存在。

2巻はディビットが登場ということで、新キャラとしては扱いの良いディビット多め、相反する存在ということ絡みでユーゼフも多めの楽しい巻となっておりました。
カバー下オマケ『ヘイジのパンツ』が面白くも気持ち悪い話となっております。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ