カッコいいのに感情表現が不器用な妹尾とコンプレックスまみれの富里のアンバランスラブ他、ドS外科医×ツンデレ研修医も収録!

凸凹な僕たち

dekoboko na bokutachi

与凸凹互补的我们

凸凹な僕たち
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×29
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
80
評価数
21件
平均
3.9 / 5
神率
28.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796401814

あらすじ

ちびでメガネで太眉で…何の取り柄もない地味男子・富里。ある朝目覚めてみると、隣にはゼミで密かに憧れていた妹尾が!お互い酔った勢いで一夜の関係を結んでしまったのだ。無口でぶっきらぼうだけど、長身でかっこよくて真っ直ぐな性格の妹尾が、自分なんか相手にしてくれるなんて夢みたい。良い思い出にしようと思う富里だったが、妹尾は何故かそれからも体の関係を迫ってきて…これってもしかして「セフレ」ってやつ!?無口男子×ブサカワ男子のコンプレックスラブ!

収録作品:凸凹な僕たち/凸凹な関係/凸凹LIFE①(描き下ろし)/凸凹ライフ②(描き下ろし)/凸凹ライフ③(描き下ろし)/凸凹ライフ④(描き下ろし)/ラブ・ホリック/ラブ・シンドローム/ラブ・ウイルス/ラブライフ(描き下ろし)

(出版社より)

表題作凸凹な僕たち

格好イイのに口が悪い大学生 妹尾
チビで眼鏡でイケてない大学生 富里

同時収録作品ラブ・ホリック

医者 遠藤
研修医 諏訪

その他の収録作品

  • 凸凹な関係
  • 凸凹LIFE
  • ラブ・シンドローム
  • ラブ・ウィルス
  • ラブライフ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

コンプレックス萌え

この作品は、コンプレックス、
すれ違い萌えを痛感させられるお話でした。
微妙に思っていることが噛み合ってないところも
じわじわと来て、悶えさせてもらえました。

派手×地味など正反対のふたりのカップリングが大好きなので、
攻めにコンプレックスを刺激されて
ちょっと卑屈になり気味な受けがたまらなくかわいくて萌えました。
攻めも不器用で言葉足らずなところがいとおしいです。

大体受けが悩むのは、攻めの何気ない一言なんですよね。
乳首について触れられてショックを受け、
暫く見せないようにと努力しているにも関わらず
見せろと迫るという場面では、
本当にこいつ無神経だな!と思いました。
しかし、胸中では……という展開も物凄くわたし好みでした!
貸してくれた身内に感謝です!

1

印象的な顔

眉毛すごいことになってますが
とってもいじらしいかわいい作品でした。

同じ大学に通う2人
背が低く眉毛が太く、メガネをかけてとっても地味な富里くん

無口でかっこいい妹尾くんに片思いをしていた。

ある日酔った勢い的な感じで一夜をともにしてしまう

一夜限りでも嬉しいと気持ちを切り替え健気にふるまう富里くんが
かわいい。

実は酔った勢いついでに、妹尾は富里に告白していたわけですが
富里くんはっきり覚えておらず自己完結していたために
話がややこしくなるというものです。

卑屈になる気持ちは男なら尚更つよいのかなと感じますが
男とつきあっているからさらになのかもしれない。

などとぐるぐる考えました

それにしても、眉毛がふとすぎる

1

「差」を楽しむ

 「凸凹な僕たち」
 
 朝起きると、富里は妹尾の部屋で妹尾と一緒に寝ているのです。地味で目立つタイプではない富里は、きっと酔った勢いで一緒に寝たのだと思うのですが、妹尾はそれでも富里に優しくしてきます。妹尾の方が体が大きいのですが、軽々と富里を持ち上げてきてしまう「差」、不細工とイケメンという「差」など本当に凸凹した物語です。

 「ラブ・ホリック」

 物静かなタイプをあえがすのが好きだという諏訪と、プライドの高い男を組み伏せるのが好きという遠藤は、一夜だけの関係だったはずなのに、翌日病院で研修医と医者という立場で再会します。タチ専門を泣かせるのが好きだという諏訪からすれば、昨日のことは全て屈辱でしかないのです。
 それからもふたりとも挑発し合うという、攻めと攻めの関係が珍しかったです。

 遠藤が風邪を引いたとき、嬉しそうだった諏訪、遠藤に激しく攻められたせいで手術着がこすれていたい諏訪、二人の戦いはまだ続いているのかも知れません。(笑)

2

でかいぞ 乳首

出た! ブサイク受け。
最初から 両思いですね。
攻めは独占欲丸出しで めちゃくちゃ受けが愛されている。
飯も作ってくれるし レポートも貸してくれるし Hもうまいし。
げじげじ眉毛もほめてくれるし。
受けにとっては 良い事だらけではないですか! 
完璧な彼氏(攻め)です。
それも攻めは でかい乳首が大好きで 一生懸命愛撫してくれるし。
個人的にはでかい乳首エロくていいと思う。
お風呂のシーンで受けの弟に嫉妬している攻めがかわいかった。
受けのマージャン強いとこ ギャップ萌え。


2

ちょいブサ受けーー!!!!

帯『お前は俺以外にモテなくていーんだよ』

表題作他、短編。

来ました来ました来ましたですよー!!地味ちょいブサ受メガネくんがーーー!!
待ってましたよ!地味受。そしてちょいブサ受!!
もう自分のストライクゾーンド真ん中です、直撃です。
そして攻は美形で、ちょっとぶっきらぼうな所も良い!
美形攻×ちょいブサ受……うっとり。
話も可愛くてほんわかした大学生同士の話でした。
ああっ、もっとちょいブサ受が増えればいいのにーー!!!
富里〔受〕のちょいブサ加減が実にキュートでした。
そしてやはりこの場合、攻は美形で!!

設定モロ好みで話も可愛くてよろしかったです。
ともかくちょいブサ受スキーとしてはちょいブサ受バンザイです。

2

好き要素が多すぎて

表題作は堪らなかった。
辛抱たまらんぐらい萌えさせていただきました、ありがとうございます、んでもってご馳走様です!

まず、体格差。
そして、攻め受けの真逆な性格。
感情表現・愛情表現がふたりともへたっぴ。
それによって起こるすれ違いと思いこみ、誤解。

思いが通じあっている恋人同士と思っている妹尾に、実は片思いしている妹尾と体だけの関係になっちゃったけど自分を相手にしてくれていることが奇跡と思っている富里。

ふたりが『相手』と『自分との関係』の齟齬に気が付いた時の、妹尾の衝撃的な表情が印象的でした。
感情表現や言葉が足りなかったからの食い違いですが、その部分ももやもやもじもじもんもんしながら読めて楽しかった。

一押しなのは、ふたりがお布団で一緒に眠っているシーン。
掛け布団からはみ出た妹尾の足を見て、お布団の中でまだ端っこまで余裕のある自分の足を確認して、こんなに対格差が・・・とほわっとした後にガクッ(自分がチビだなぁ)とする富里。
イイ!この体格差表現イイ!

あと他の方も書かれていますが・・・!
乳首。
乳首の表現がなんともいえないもので続きした。
陥没が・・・弄ると・・・ね?

全部ひっくるめて可愛かったです。

後半はドS医者×研修医のお話。
このお話も面白かったです。
攻めだったのに、ドSな凄腕外科医・遠藤に捕まったばっかりに受けに転向しちゃった研修医・諏訪。
自分はされる方ではなく、する方だ!と思っているのに、遠藤にかかればあれよあれよと気持よくされちゃって。プライドで抵抗しても、やっぱり相手の方が上手。ここは経験差と年齢差かなー
遠藤の傲慢さ強引さに振り回されていると見せ掛けて、実は諏訪が遠藤を知らずに振り回しまくっているところも楽しかったです。
傲慢なドSさんが自分のペースを乱される、けれどそれを相手の前ではおくびにも出さない。そんなシチュが楽しかったです。

おおひらさんの中編作品2タイトルどちらもとても面白かったです!

2

胸がキュンキュンしましたww

ちびでメガネで太眉の富里(受け)は、片想いしていた妹尾(攻め)と一夜を共にします。
幸せな想いで目覚めた富里ですが、地味な自分なんかが妹尾に想われているはずがないと、コンビニへ出掛けた妹尾に何も告げず帰宅します。
そこから二人のすれ違いが始まります。
地味な自分なんかがと思う宮里と、そして言葉も少なく不器用な男、妹尾。
宮里の健気さが可愛くって、何度胸キュンしたことか!
彼の行動、思い、全て可愛くってたまりません。
是非是非読んで頂きたいです。
ヽ(*´∀`)ノ

1

不細工バンザーイ!!

大学生同士のカプと研修医×外科医の2カプが収録されてます。どちらも私は好きでした。大学生同士はあまりの受の卑屈さに笑ったww変な方向に解釈しすぎて、あまりにも攻がかわいそうだわww研修医×外科医は攻に振り回されていているようで結局振り回している受に笑ったww良かったです。

1

イケメン×地味眼鏡

表題(表紙の二人の話)がすき(*´∀`*)
一冊まるっとこの話でも良かったですw

攻の真意がわからず悶々とする受も、受に焦れて色々やっちゃう攻もどっちもかわいい!
最初から好きだったんだね……俺にだけモテてればいいとか言ってくれるぜこんちくしょーwwww
兄に似ず体育会系な弟くんも可愛かった。

受が麻雀に強いのも個人的にツボでした^^
天和とかじゃなくて大三元であがるあたり、リアルに強そうwww

2

好きの形

さてさて、オオヒラ先生の新刊。
この先生の名前を見たときに「あ、この先生好きだった」の一瞬のひらめきで衝動買いwwwどんだけw
まずまずでした。
攻の表情というか、感情表現が無すぎて、そういうそういう演出だったとしてももうすこし何か・・・と物足りなく感じてしまうのが一点。
“カッコイイのに感情表現が不器用”
帯の煽りを読んだら納得・・と思う一作でした。
個人の好みの問題なのだとおもうのですが、私はわかりやすい人が好きw
逆に、受の方は解かりやすかったといえば解かりやすかったですねw

2人の見た目はまるで逆、男前で女にもモテる。
クールな印象の攻。
チビで眉毛ふとくて、ダサい眼鏡の受。
2人はどうみても、世界観が違うようにしか見えないのだが・・・
そんな2人のどたばたラブ。
個人的に萌えたのはやっぱりあれですかね。乳首ですかねww
隠されるとどうしてもみたくなってしまう。
見たいのに隠されるイライラ
シャツの隙間から見えるピンクの乳首とかわいい太い眉
それを見る攻の視線に思わず共感してしまいました。

>>ラブホリック
こんな男を、動けないよう続きに拘束してヒィヒィ言わしたい。
そう思っていた矢先に、ヒィヒィ言わされる受が
なんとも滑稽で面白かったwww
バリタチだったものが、組み伏せられ感じるように開発され
あまつさえ、予想外の再会。
うずくからだと、ときめく心臓~なお話ですね。
いかんせん最後のバカップルっぷりが好きv

3

横からニヨニヨしながら見てたい

表紙は気になってたのですが(特に富里のぶっとい眉毛)
余り好みのタイプの顔でもないのでまずは様子見をしてた次第。
茶鬼さんのレビューがなかったら読んだかどうか・・・。

「凸凹な僕たち」
とにかく見所は富里と妹尾のコンプレックス過剰反応空回り。富里は周り(=読み手)から見て
「あー、今のオマエ、妹尾じゃねぇけど本当に可愛いんだよ、そんなことで悩むなよぉ・・・」
だし、妹尾は妹尾でそのコンプレックスに対して無口で一言足りないばっかりに「特徴だけしか言わない」変な地雷を踏みまくりなので
「あー、オマエ後一言言えよ、そこがスキだって!」
というなんというか凄く「外野になりたい」「二人の男友達になりたい」感を強烈に感じます。
ギリギリのところでフォローが一発当たることでなんとかオチをつけてますが・・・

うん、自分も言葉には注意しよう。結構似たよーな失言やっちゃうんだよねぇ(苦笑)

「ラブ・ホリック」
研修医諏訪と外科医の遠藤。どっちも「屈服させて組み伏せるのが好き」なバリタチ。こういう場合行き着く先はタチ争いの末のリバか、
どっちかが完敗してタチにウケがメロ続きメロかになる事が多いと思うんですが、これはどっちでもない。
なんというか物凄くデレの少ないダブルツンデレがダブルツンデレのままたまにじれたほうが崩れるというのもなかなか見ていてニヨニヨするものがあります。
むしろ焼きもち焼いて焦れるのは立場的にもエッチ的にも上のはずの遠藤だし。君は手のひらの上、なんてフフフと笑ってるつもりでも実はただ単に忙しかっただけの諏訪に振り回されてるのは遠藤じゃね?とか
あと、そこまでいくまでに苦労するだけにこの二人のエッチ、実に激しいですねぇ・・・。こんなエッチしたらごっつい疲れそう。

あと遠藤が意外と「メガネをはずすと若い」というのも野生的なキャラクタとしていいかなぁとか・・・医者って職業はやはりひ弱に見えるし。

なんにせよ
「読みたい感じの内容を丁度いい感じのペース、分量で読ませてくれる」
という事で、いい感じだなと思いました。
「このカップル、横からニヨニヨしながら見てたい」
という意味では完璧です。

4

ツボおされまくりでした!!

久々のオオヒラさんの単行本!待ってましたv
これは好みですが、何かこの作者さんとは波長が合うっていうか、キャラや設定や展開がモロ好みのツボで、自分にははずれがないんですよ!!
それがどこかって言われても、感覚なんで説明できないのがもどかしい~
今回は、表題が見た目も凸凹なら性格も相反する同士な組み合わせ、そしてもう一本のシリーズは鬼畜な医者に負けず嫌いの研修医という、実に自分の好みをついてきていてヤられました!!
派手さはなくて地味なんだけど、すごくイイ!
二組カプの気持ちのすれ違いや持って行き方が断然面白いんです。

チビで眼鏡で地味だけど取り柄なのか、人がいいから他人にいいように使われてしまう富里は、コンパの後憧れていた妹尾と一晩を共にすることができました。
どうせ、一晩だけだからと、いい思い出ができたことで満足していた富里でしたが何故かそれから妹尾がやけに絡んできて、、、えっ?セフレじゃないの??
・・・という具合の始まりです。
何と言ってもポイントは愛想のない攻めの妹尾でしょう!
照れ隠しなのかいつもぶっきらぼうで言葉が足りなくて、思い込んでいて、それで勘続き違い?
富里が振り回されているようでいて、実は妹尾が一人で思い込んで振り回されている。
余りに表情や言葉に出ない人だけに、その不器用さと無骨さが愛おしい!
富里はごくごく普通だとは思うんですが、これもまた可愛らしい!
ゲジゲジ眉毛に情けない顔、それもチャームポイント。
妹尾が何気に言った「お前の乳首は意外に大きい」を気にして服を脱がないことで妹尾が不安に思っちゃう下りも何かかわいらしい!(本人達は全然かわいくないんですよw)
富里の弟も面白いんですが、げじげじ眉毛は男らしさの象徴!とか、眉毛に比べて下の毛は薄いと妹尾に言われて、濃くしようと剃毛する富里とか、何かちょっとした事象がとても愉快で、とっても普通なんだけど魅力的なキャラクター達ですv

『ラヴシリーズ』は冷静で凄腕と評判の高い外科医と、本当はタチなのにその外科医にやられちゃった研修医とのお話。
これのどこがいいかというと、医者という仕事を通して体の関係を抜きにして研修医が自分のまだまだヒヨッコな部分が悔しいと一生懸命頑張るところかもしれません。
外科医は、元々軽くちょっかいを出すだけだったつもりが、全く自分にメロメロにならずに仕事をきちんとこなして逆に自分がないがしろにされているんじゃないか?って思う若干自意識過剰男な部分もあるにせよ、そんな研修医だからこそ、体の相性だけでなくてどんどん彼に本気になっていってしまう部分が好ましいんです。
自分が振り回しているつもりで振り回されている鬼畜w
こういう、土台がきんとしているのってすごく好感度が高いです!

派手さはないけれど堅実でしっかりしたお話を描かれる作家さんだと思います。
本編番外のコネタが楽しいのはもちろんですが、表紙カバーをはずした本体のマンガも見逃さずにネv
ドS先生のああ、勘違いが楽しいですw

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ