自由気ままなデザイナー×生意気なツンデレ営業マンの甘い恋の駆け引き!

恋する回路

koisuru kairo

恋する回路
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
36
評価数
9件
平均
4 / 5
神率
22.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784044520199

あらすじ

営業の西荻に敵視されているデザイナーの田辺。ある日、西荻の失恋についての書き込みを見てしまった田辺は、普段のクールさとは違う一面をさらす西荻の不器用さが次第に可愛いと思えてきて…!?
(出版社より)

表題作恋する回路

広告会社の契約社員で奔放なデザイナー・田辺智空
広告会社の正社員で成績も良い営業マン・西荻恭平

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ツンデレはやっぱり美味しい!!

広告会社に勤めるデザイナー・田辺と
真面目で素直じゃない営業マン・西荻の物語です。

田辺は元々フリーのデザイナーで
西荻のいる会社と付き合いはありましたが
三月から一年間の契約を結んで西荻との関わりも増えます。
ただ、以前西荻からの急ぎの大きい仕事を断った事があり
田辺は西荻に嫌われているようなのです。
その理由は、その件だけではなくて
常に自由人で要領よく仕事をこなし
人間関係でもフットワークの軽さが自分にはないものだからだと
後に判明するのですが。

そんな西荻がnishinoRobotというHNで
Q&Aサイトで質問と回答をしているのを田辺は知ります。
最初は別人かと思うほど誠実ながらユーモアをまじえた回答に好感を持ち
nishinoRobotだとわかっているのを本人に言わないまま
実際接する際にも距離を少しずつ縮めていきます。

田辺は元恋人(女性)に、
「初めて見た時怖くて声をかけられなかった」
と言われるほど堅気に見えないし
簡単に軽口で「好きだよ」とか言ってしまうので
好青年で女性ウケする見た目のわりに
田辺にはひっかかっ続きてくる西荻とのタイプの差が面白かったです!

田辺の方が2歳上なのに、西荻に対して敬語なのも萌えましたし
西荻が徐々に心を許していく様子がもう…!!
でも、ホントに猫みたいにふぃっとそっぽ向いたり
尾瀬の温泉旅行を約束していたのに
仕事で急に行けなくなったのを残念に思い、
早く終わらせて普通の飲みにしたとかかんわい!!!

そしてね…ついつい何度も読み返してしまうのが、
飲みの後、デカイ風呂に入りたかったからと
スーパー銭湯に行ったシーンとその後!!
田辺はのぼせてしまう為一度先に出ていたのですが
いつまでもあがって来ない西荻の様子を見に行くと
サウナで刺青のある男二人に
酒に弱く意識が朦朧としている西荻が撫でまわされていた、と…。
ドノンケの西荻が!!男を誘うような目を!?
飲んでいた時から、田辺もヤバいと思っていて
ましてそんな状態に遭遇してしまったら
我慢きかないよね…。
田辺の部屋へ行き、
酒飲まないとやってられないと言わんばかりの西荻が
またワインあおって
サウナの男に付けられた首筋のキスマークを
「とって」って…頼りない表情と甘えた声で……ぎぃやあああ!!!
その凶悪なことといったら!!!
サウナでの事は気持ち悪かったって言ってたのに
田辺にされる愛撫には流されて気持ち良さそうで…
からの寝落ちはがな゛じい゛ww

その後、自分に歯止めがきかなくなりそうで
微妙に避けていた田辺ですが
西荻に告白して拒絶された方がいいと言うのが切なかった。
また拒むくせにまた近づいて…タチが悪いと言うかw
田辺の、どうしても西荻が可愛く思えて仕方ない気持ちも
西荻の、認めたくないし揺れて戸惑う気持ちも共感できました。
なんといっても攻め視点で書かれているので凄く楽しかったですw

ガラにもなく自分を抑えようとする健気な田辺と
ツンデレな西荻を皆さんにも是非読んでいただきたい!!!
脇の、田辺の友人・タツミもツラい片恋をしていて
田辺の弟・永海もなかなか核心を突くような事を言ったり、
良い味出してました☆

普段はつい新刊に意識がとられがちですが
こういう作品との出会いもあるので
私はまだまだ停滞期とか来る気配が無いですw

3

面白かった

リーマン!(片方は半自由業だけど)
成宮ゆりさん面白いです。

キライだった仕事仲間(受け)のネットでの書き込みを、偶然見つけてしまう主人公。
誠実で可愛くてちょっと天然入った書き込みを読むうちに、どんどん惹かれていってしまう。
でも相変わらず仕事場では犬猿の仲で――。

まずネットを上手く使ってるところが好きです。
ネットって無防備だよね。とくにリアルな知り合いに読まれることはないというときには。
後半になればなるほどそのネットでの書き込みがストーリーの中であまり使われなくなったのが残念でしたが、最後の最後のオチに使われ、それがやたら萌えだったので、ヤラレタ!このためか!と思いました。焦らすのが上手いっす成宮さん。

キャラも好きです。
ツンデレな受けが可愛いし、なにより主人公の攻めの性格のアホ賢いところがツボでした。なんとなく『手に入れたいのはオマエだけ』を彷彿とさせるコンビでしたね。
攻めがぐるぐるしてるのが微笑ましくてさ。

お仕事描写も好きです。
ちゃんと働く男ってもう、それだけでセクシーだわ。

難をいうと、やっぱりもっともっとネットを活用したストーリーにして欲しかったって続きことかなァ。
真面目で可愛いニシノロボット(受けのハンドルネーム)の書き込みをもっといっぱい読みたかったぞ。

0

廻り巡って辿り着くのは

今回は広告会社の契約社員で奔放なデザイナーと
広告会社の正社員で成績も良い営業マンのお話です。

なぜか嫌われている受様に恋をした攻様の顛末。

攻様はフリーのデザイナー兼ライターでしたが
今年の春から広告会社と1年契約を結び
契約社員としてデザイン室に勤務しています。

常駐してデザインするのは初めてですが
以前から仕事で付合いがあった為
職場環境は良好なのですが

攻様は営業部のある男性社員に
なぜか敵愾心を抱かれているので
彼の関わる仕事では
周りをヤキモキさせていました。

この営業マンこそ今回の受様になります♪

受様は二つ下の正社員で
攻様は受様の営業マンとしての姿勢を
かってはいますが

放浪癖があって自由気ままな性格で
仕事が全てという考えではないために
極めて真面目な性格の受様には
反感を持たれるのだろうと思っていました。

ところがある日
検索サイトで何気なく開いた質問サイトで
受様のメアドと同じHMの人物の
気遣いとユーモアな回答を発見、

最初は別人かと思った攻様ですが
意地悪くふった話をH続きMの人物が
質問していた事から攻様は受様を
可愛らしく思うようになっていきます。

また受様が
仕事に支障をきたしかけたところを
攻様の人脈で救った事から受様も
少しづつ攻様に歩み寄りを見せ始め

土日を使った一泊旅行を
計画するまでの仲になるのですよ(笑)

しかし、
受様の仕事が終わらず旅行はドタキャン、
代わって2人で飲みに出るのですが

サウナで汗を流していた受様が
男に押さえつけられた現場を見た攻様は
受様への恋を自覚してしまうのです♪

はたして攻様の恋は実るのか?!

成宮さんの新作は
嫌い嫌いも好きのうちなツンデレ受様に
恋をした攻様のオフィス内恋愛になります。

いつもながら
この厚さでココまで詰め込むかと思うほど
テンコ盛りな一冊でした(笑)

どうしてか受様に嫌われている攻様は
バックハッカーとして世界各国を回っていて
本業であるデザイン業界の他に
いろいろな分野でコネを持っています。

今回は受様の会社と契約して勤務しますが
それ以前にも受様と関わった事があって
ソレが受様に嫌われていた原因なのです。

まとまるまでには
上記したサウナのオヤジ達の他に
会社の同僚や攻様の専攻次代の友人達や
攻様のおちゃめな弟等が

いい感じに次々現れて
最後までドコに行きつくのか
ドキドキ&ハラハラで面白かったです♪

今回は本作同様、
出会いは良くないのに社内恋愛になる2人で
成宮さんの既刊『恋はゲームというけれど』など
いかがでしょう?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ